読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ANAライフタイムマイルと事後登録 国際線と国内線の違いについて

ANA

ANAスターウォーズジェット

マイルの付け忘れありませんか?

ANA便を通常利用する際は自動的に加算されるので問題ないでしょう。
問題なのは提携航空会社を利用する場合、ANAマイレージに入会していない場合での利用、その他トラブルの場合はシステムを理解した上で事後登録をしたいですね。

話は飛んでライフタイムマイルについて。
これも加算し忘れがちになるもの。

ANAライフタイムマイルって? 

ANAマイレージクラブに入会してからの総飛行距離区間基本マイレージの合計)。ANAグループ運航便の場合は『ANAライフタイムマイル』として、提携会社を併せると『ライフタイムマイル』として表示される。

ライフタイムマイル自体を特典に変えることはできず、まあ、一種の目安のようなものです。これだけ飛んだ!みたいな。話のネタになりますし加算できるものは加算した方がベターでしょう。険しい道のりですが100万ライフタイムマイルを超えてくると各種特典があります。

さて、2017年4月現在の私のライフタイムマイルは以下の通り。
ほぼこの1年半の間に稼いだものです。我ながらよく乗ってます(笑)

ANAライフタイムマイルの実績

このライフタイムマイルですがANA便でマイルが加算される運賃の場合は自動的に反映されます。旅割、株主割引等の普通運賃を始め旅作等のツアーもマイルが加算されると同時に反映されています。

特典航空券の場合は少々ややこしい。ホームページに以下の記載があります。

ANA国内線特典航空券・ANA国際線特典航空券のご利用でLTマイルの積算をご希望の場合は、ご搭乗から6カ月以内に事後登録手続きをお願いいたします。ANAホームページより

特典航空券の場合は事後登録が必要と言う訳です。

そこで忘れがちになるライフタイムマイル、事後登録についてまとめてみました。

ANAマイルの事後登録

 

ANAマイルの事後登録

国内線、国際線ともに手続きは同じです。 
国内線は搭乗後翌日午後から半年以内に申請が必要。
国際線は搭乗後3日午後から半年以内に申請が必要。

方法はウェブサイト、メール、電話、郵送での受付。
マイレージ番号を登録していない場合、マイルが加算されなかった場合、その他特筆すべき理由によりマイルが加算されなかったときに申請します。



ウェブサイトから

ログイン後、会員情報管理から『マイレージ事後登録』に進みます。

f:id:norikun2016:20170417201119j:plain

国内線事後登録、国際線事後登録、提携会社事後登録の何れかに進みます。

f:id:norikun2016:20170417201325j:plain

搭乗券やEチケット控えを見ながら詳細を記載していきます。

f:id:norikun2016:20170418054331p:plain

 

電話、メール、郵送

事後登録に必要なのは以下の3点。
Eチケットの控え。
搭乗券。
ANAマイレージクラブの番号、氏名を記したメモ。

詳細をメールや郵送物に記載して結果を待ちます。
郵送の場合は1ヶ月かかりますのでご注意を。

尚、半年以内に申請する必要があります、お忘れなく。

 

実際に申請してみました

2016年3月にマカオ航空を利用しました。
マカオ航空はスターアライアンスに加盟していませんがANAマイレージ等で提携しています。

何日経ってもマイルは付かない。
ANA運航であれば日付等が分かれば電話してすみますが提携航空会社なのでウェブサイトから申請してみました。

その後、以下の回答があり。加算不可、残念!
なんでやねん!と言うことで問い合わせてみました。

ANAマイルの事後登録の回答

ヘルプデスクへ。
『マカオ航空の便のマイルが加算でけへんてメールがあったんやけどマカオ航空ってコードシェア便やね? どないなってます?』
担当者『はい、ちょっとお調べいたします。・・中略・・搭乗券は今手元にありますか?』
『手元にはないですわ』
担当者『そうですか。予約クラスをお聞きしたったんですが』

ビジネスクラスを利用したのですがビジネスでも加算されないクラスがある、と言うのが理由でした。提携会社の場合は以下の通り予約クラスが重要になってくるので、チケットを予約する場合はお気を付けください。

提携航空会社運航のコードシェア便をご利用の場合、ANA便名の予約クラスではなく運航会社の予約クラスに基づく積算率を適用します。そのため、積算率が異なる場合や積算されない場合があります。あらかじめご了承ください。 ANA HPより 

予約クラスが分からない場合は聞くだけでも聞いてみるのも良いかと思います。
聞くのはタダですから。

 

特典航空券の場合の事後登録

特典航空券の登録し忘れは多く発生します。
前述の通り特典航空券は自動登録されず事後登録が必要、と記載あるからです。

さて、特典航空券はマイル加算されないのに何で事後登録が必要なの?』

と疑問に思うかもしれません。
特典航空券を利用の際は通常マイルは加算されません。

なぜ必要?ここでライフタイムマイルが登場します。
ライフタイムマイルとは総飛行距離のことです。100万マイル以上で各種特典、その他どれだけ飛んだ、と言う目安にもなるもの。登録だけはしておいた方が良いと思います。

ただ国際線と国内線では少々加算の仕方が違ってくるようです。

 

国際線の場合

2017年2月、4月の2度特典航空券で国際線を利用したのですが、
何れも通常マイルが反映される翌日にライタイムマイルが加算されていました。
マイルが0となっている部分が特典航空券での利用になります。このように0と記載があればライフタイムマイルに反映されていることになります。

ANAライフタイムマイルの反映

 

国内線の場合

羽田沖縄の往復を利用したのですがライフタイムマイルの加算はありませんでした。

ANA国内線の搭乗券

そこで、電話で登録をお願いしたところ翌日には反映されました。
電話の場合は便名、搭乗日、路線を伝えればすんなりOK。
面倒くさいと思われがちな事後登録ですが早かったです。

ANAマイルの加算

 

国際線と国内線で何が違うの?

オペレータの方に聞いてみました。

『国際線では自動登録になり国内線はならない、何か理由があるのですか』
国際線と国内線はオペレーティングシステムが違います。国際線の場合は自動で加算されることが多いようです。国内線特典航空券でのご利用の場合は必ず事後登録が必要になってきます。国際線の場合も100%加算、と言うことも言えませんのでフライト後は加算されているかどうか確認お願いします。』

と言うことでした。

国際線の場合、自動加算が多いようですが、念のため確認する必要があるでしょう。
電話1本ですむのでいくらかまとまっての申請でも良いですね。
尚、申請の期限は搭乗後半年なのでお忘れなく。

 

 

デルタ航空のニッポン500マイルもぜひ

デルタ航空が独自にやっているプログラム。
国内線の1搭乗につきデルタ500マイルが貰えるというもの。
通常会員で5000マイル、ステータスがある場合は20000マイルが上限になります。特典航空券の場合も申請できますの忘れないようにぜひ登録を。

 

ミリオンマイラープログラム

ライフタイムマイルはそれ自体、自分の飛行の目安として利用できますがミリオンマイラーになると特典があります。ANAダイヤモンドでの得られる幾つかの特典が生涯利用できる、そんなプログラムです。

 

概要

ANAマイレージプログラムが誕生した1997年4月1日以降に積算されたマイルが対象。
積算されたライフタイムマイルを特典の交換にすることは不可。
特典航空券を積算させるためには6ヶ月以内に事後登録手続きが必要。
ANA以外のマイレージに積算したマイル、提携航空会社の特典航空券は対象外。

 

ANAミリオンマイラーの特典

ミリオンマイラーになる人はダイヤモンドを継続している人で特典自体は普段から利用していることが多いと思いますが、毎年飛行機に乗らなくても生涯利用できる、と言う点が魅力になるでしょね。特典は以下の通り。

 

ANAスイートラウンジの生涯利用

Lounge Access Cardが貰えるのでそのカードを提示し利用することになります。
尚、スターアライアンス加盟運航便を利用の際は対象外になります。
200万、300万ライフタイムマイル到達での特典になります。

出発前のひと時をスイートラウンジで。

ANAスイートラウンジでシャンパン

スイートラウンジはこんなところです。

 

マイルの期限が生涯にわたり延長される

ANAマイルの有効期限は36ヶ月。ダイヤモンドメンバーになれば延長される特典ですが生涯にわたり延長され失効することがありません。このクラスになると使わないと貯まる一方になりますね(笑)100万ライフタイムマイル到達での特典になります。

 

スーパーフライヤーズカードの申込

プラチナになれば申込できるスーパーフライヤーズカード。
カードを持つ続けると年会費を払う限りステータスの特典を享受できるカードです。
100万ライフタイムマイル到達での特典になります。

スーパーフライヤーズカードについてはこちら参考まで。

 

オリジナルネームタグ

ANAラウンジに飾ってあるネームタグ。それが手元に届くことになります。
50万ライフタイムマイル到達での特典になります。(*提携会社を併せた100万ライフタイムマイルも可)

分かる人には分かる、そんな素敵なタグです。

ANAミリオンマイラータグ

 

 

まとめ

マイルの事後登録については提携会社の利用の際、入会前のフライト等で申請することが多いと思います。運賃クラスが分からずマイル加算対象外かもしれない、と言う場合でも聞いてみるだけでも損することはないでしょう。

さて、ライフタイムマイルについて。
100万ライフタイムマイル到達で各種特典がありますが気の遠くなる数字。

これだけ飛行機に乗ってたんだ、すげー、みたいな感じで一つの目安として見るのも良いと思います。1年、2年ではそんなに変化がないかもしれませんが、5年、10年立った時、これだけ飛行機で旅をしていたんだ、と言うことが分かるだけでも感慨深いものになる気がします。

 

関連記事