2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

改善されてきた?ANAダイヤモンドの特典、メリット。プラチナとの違いは?

ANAダイヤモンド会員のメリット、特典は?

私がダイヤモンド会員だったのは2017年なのですが、2019年になり特典も少しずつ変わってきました。

良くなっているなぁと言う印象です。そこで、改めてダイヤモンド会員の特典についてまとめてみることにしました。

ANAダイヤモンドメンバーの特典、メリット、プラチナとの違いについて

マイルとは別に加算されるプレミアムポイントで翌年度のステータスが変わってきます。

 

  • 30,000プレミアムポイントでブロンズ
  • 50,000プレミアムポイントでプラチナ
  • 100,000プレミアムポイントでダイヤモンド

 

ダイヤモンドはANA最高峰のステータスです。メンバーの特典は以下の通り。

専用デスク、優先保安検査、スイートラウンジにボーナスマイル。インボラアップグレード等、書かれていない特典もあります。

特典 ブロンズ プラチナ ダイヤモンド
専用サービスデスク
ANA SUITE LOUNGE
ANA LOUNGE マイル利用のみ
コンシェルジュサービス
座席クラスのアップグレード
プレミアムエコノミーへの変更
国内線座席指定の優先
国内線予約の先行受付
予約時の空席待ちの優先
特典航空券の優先
優先チェックインカウンター
(ブロンズはプレエコのみ)
手荷物受け取りの優先
専用保安検査場の利用
空席待ちの優先取り扱い
アップグレードポイント
フライトボーナスマイル 1年目 45% 95% 120%
フライトボーナスマイル 2年目以降 55% 105% 130%
ANA SKY コインへ特別倍率で交換
マイルの有効期限の延長
羽田空港駐車場の優先予約
香港国際空港の優先レーン
手荷物許容量の優待 国際線〇
オリジナルネームタグ
8万PPでスイートラウンジ利用券
ライフスタイルマガジン
ANAセレクション

 

プラチナとの違いは何と言ってもラウンジ。スイートラウンジはANAダイヤモンド特典で一番の魅力でしょう。

羽田空港ANAスイートラウンジの『DINING h』を体験

 

基本的にはプラチナの延長です。

フライトボーナスのUP、アップグレードポイントが貯まる、特典航空券が取り易くなるとか。(特典航空券についてはプラチナとの差はそこまでありません)

マイル積算はゴールドカード保有で那覇往復の場合は以下になります。

  • 通常会員で1,844マイル
  • プラチナ1年目で2,878マイル
  • ダイヤ1年目だと3,246マイル

 

搭乗回数が多い人ほど恩恵がありますね。ダイヤになればマイルが貯まるので、ダイヤ期間は特典航空券ではく有償で飛んでマイルを貯めたいところです。

ANAダイヤモンドステータス限定特典

ラウンジ利用やボーナスマイル、座席指定の拡大や優先チェックイン等に加えて、ダイヤモンドサービス限定として9つのコースから選択できる特典があります。

 

アップグレードポイントは最悪1ポイント1,000円で交換が可能ですが、それだと1のスカイコイン6万より価値が低いので、1のスカイコインを選択する人も多いと思います。

1 ANAスカイコイン6万コイン 20,000スカイコイン or 4アップグレードポイント
2 アップグレードポイント12ポイント 20,000スカイコイン or 4アップグレードポイント
3 ミシュラン星レストランに1店舗ペアで招待 20,000スカイコイン or 4アップグレードポイント
4 IHG・ANA・ホテルズグループ宿泊・食事に使えるクーポン4万円分 20,000スカイコイン or 4アップグレードポイント
5 ビジネス・セレクション 20,000スカイコイン or 4アップグレードポイント
6 ANAスイートラウンジ券6枚 20,000スカイコイン or 4アップグレードポイント
7 機内販売コース。クーポン40,000円。 20,000スカイコイン or 4アップグレードポイント
8 自然保護、サンゴの植え付け
9 コンシェルジュコース

 

*上記は2020年度ダイヤモンド会員(2019年1月から12月までに達成した人)の特典です。スイートラウンジ券は記名式になったりと若干変わっています。

2019年度のプラスアルファ部分は機内販売クーポンだったので、2020年度はスカイコインorアップグレードポイントになり改善になったと言えます。

ANAダイヤモンドメンバーの限定特典が2020年度から変わる?

 

尚、アップグレードポイントは本サービスが始まる4月1日以降が対象ですが、前借り制度があり4月1日以降の便に限り事前サービス中でも使用することが可能です。

私は12アップグレードポイントにしましたが、6万スカイコインにした方が良かったですね。アップグレードをどこで使ってやろうと考えていましたが中々難しい。

アップグレードは対象の運賃である必要があるためです。逆にアップグレード可能な運賃で予定のある人はアップグレードポイントが良いでしょう。

ANAアップグレードポイントの使い道。利用方法は3つ。どれが良い?

スポンサーリンク

ステータスを実感するANAダイヤモンドキット。

重要なお知らせがございます、と書かれた封書がヤマト便で届きました。

ダイヤモンドサービスの内容について書かれた冊子。

 

事前サービスを受けているのでキットが到着しても目新しさはないですが、やっぱり嬉しかったですね(笑)

ステータスカードとスーパーフライヤーズ申込書

スマホでのデジタル式カードがあるのでプラスティックのカードは中々出番はないですが、コレクションとしては良いでしょう。

ANAダイヤモンドのカード

 

スーパーフライヤーズカードは既に申込んでいます。

特典について詳しくはこちらにまとめているので参考にしてください。

ANAスーパーフライヤーズカードを取って3年の感想。SFC修行、特典・メリットまとめ。

スポンサーリンク

スイートラウンジ券

有効期間がダイヤと同じ20年3月31日まで。

ANAダイヤモンドになれば同行者1名を含め無料で利用することができます。

家族、友人にプレゼントが可能です。尚、本人の氏名が印字されるのでヤフオク等で売るのは不可となっています。

 

ヤフオク販売不可(分かればダイヤモンド資格をはく奪される)になり一般の人は入手し辛くなったのでラウンジの混雑解消につながりました。その点は大きな改善点でしたね。

ANAダイヤモンドステータスを経験して

私がダイヤモンドだったのは2017年。

良かった点はやっぱり一番はスイートラウンジの利用です。

大分早めに行ってゆっくりするようにしていました。飛行機に乗らなくてラウンジだけで満足でした(笑)

その他受けた特典としては、

  • 座席指定の拡大(足元にゆとりがある非常口シートが取りやすくなります)
  • 隣席ブロック(席に余裕がある場合、隣の席を空けてくれます)
  • 機内でのサービスもプラチナに比べてより細やかになっている(デスクでは座席等の要望を叶えてくれたり色々相談できます、搭乗時に挨拶があったり)

 

こんな感じです。特典航空券の枠はプラチナ(SFC)とさほど変わりません。

これら全てがダイヤ修行分の価値があるかと言えば何ともですが、やはり経験して分かることがあるので、ダイヤになって良かったと思います。

私の場合は1年なので、何年も継続している人はまた違った特典を受けているでしょう。

2019年以降のダイヤモンド特典の変化。

ANAダイヤモンド特典は変化しています。

ANAがよりダイヤモンド会員を優遇する特典を付けるようになっています。飛行機に多く乗る人を優先する、考えてみれば企業として当然とも思える対応です。

尚、ダイヤモンド(プラチナ)の特典が増えているというよりは、SFC会員の特典が減っていると言う見方もできます。

 

その一つが座席指定の有料化。2019年5月から一部の有償エコノミーの座席指定が有償になりました。プラチナ会員、ダイヤモンド会員は今まで通り指定可能、また特典航空券も指定OKです。

今までとどう違う?ANAエコノミークラスの座席の一部有料化。

 

特典航空券の座席指定は今まで通り無料ですが、将来的には有料になる可能性もあるかもしれませんね。そうなるとANAダイヤモンドの特典は増える形になります。

 

次に2019年9月30日で終了になるプレミアムエコノミーのアップグレード特典。2020年3月いっぱいはアップグレード予約キャンペーンがありますが、2020年4月1日以降、プレミアムエコノミーに席が余ればダイヤモンド会員へ無償アップグレード(インボラ)が出てくるかもしれません。

ANAアップグレード特典が10月1日から大きく変わる!プレミアムエコノミーの予約キャンペーン開始。

 

また、スイートラウンジ券が転売禁止となり、ラウンジ混雑解消につながったのも大きいです。ラウンジでゆっくりできる、これは最高の特典と言えるでしょう。とは言え、週末夜のダイニングhはまだまだ混んでいるようです。

このような流れを考えると、2020年以降も何か変わってくるかもしれませんね。


さて、ANAはスターアライアンスに加盟。国内線搭乗時、国際線を日本から出発する際は手厚いサービスを受けることができますが、国際線で海外発の場合はそうしたサービスは期待できません。

ANAダイヤになってもスターアライアンスのステータスはプラチナ(SFC)と同じゴールドだからです。

それであればJALのJGCプレミアの方が魅力かなと思ったり。ワンワールドはルビー、サファイヤ、エメラルドの3つなので、JGCプレミアになればANAダイヤより一つ上のステータスになり国際線搭乗時に威力を発揮することになります。

ワンワールドのサファイア、エメラルド、ルビー。どうやったらなれる?特典、メリットまとめ。

 

ANAダイヤモンドは100,000プレミアムポイント必要です。SFC修行する際の2倍必要。個人的には厳しい数字なのでSFC特典(スターアライアンス・ゴールド)を最大限に受けるべく旅行を計画しています。

ANAスーパーフライヤーズカードを取って3年の感想。SFC修行、特典・メリットまとめ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください