2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

ANAアップグレードポイントの使い道。利用方法は3つ。どれが良い?

アップグレードポイントはANAプレミアムメンバーの特典の一つ。

1月~12月のANAグループ運航便の利用で獲得したプレミアムポイントに応じて、翌年度(4月1日~翌年3月31日)に貰えるポイント。座席クラスのアップグレードや2人目以降のラウンジ利用などに使えます。

使い道は3つ。私自身がどのように使ったかをまとめました。

ANAアップグレードポイントの使い方。国際線・国内線の座席のアップグレード、スカイコインに交換

アップグレードポイントって何?

ANAグループ運航便利用時に加算されるプレミアムポイント数に応じてプレミアムメンバーにプレゼントされるポイント。

重要な点は以下。注意してください。

注意
プレミアムポイントはANAグループ運航便利用に応じて加算される。

 

ANA以外のスターアライアンス便で獲得したプレミアムポイントは対象になりません。

貰えるアップグレードポイントは最高で100。プラチナに必要な50,000ポイントを全てANA運航で利用した場合は20ポイントもらえます。

尚、ダイヤ、プラチナ、ブロンズでかつSFC会員の場合4ポイントプラスされます。

f:id:norikun2016:20170806055049j:plain

 

平SFC会員で一度でもANA便利用があれば(9,999ポイントまで)4ポイントもらえます。

 

アップグレードポイントの使い道は以下の3つです。

  1. 座席のアップグレード
  2. 同行者のラウンジ利用
  3. スカイコインへの交換

 

アップグレードポイントは年度内(4月1日から翌3月31日の搭乗)のみ利用可能です。

例えば、翌年度の4月搭乗分でのポイント利用は不可になります。期限が過ぎるとリセットされるので注意してください。

スポンサーリンク

国際線でのアップグレード

最も価値が高いのは国際線でのアップグレードです。

エコノミークラスからビジネスクラス、ビジネスクラスからファーストクラス。特にビジネスクラスからファーストクラスは夢がありますね。

国際線の必要ポイント数は対象路線によって変わってきます。エコノミーからビジネスクラスだと片道6~10ポイントが必要になります。詳細は以下の通り。

f:id:norikun2016:20170806060105j:plain

 

注意すべき点は以下。

注意
アップグレードは対象運賃での搭乗が必要。

 

例えば、格安ツアーとか特典航空券では利用できません。

対象となる運賃種別は以下の通り。ユナイテッド航空運航便でも対象運賃の場合に利用が可能です。

旅程エリア エコノミーからビジネス ビジネスからファースト
日本地区旅程開始 Y,E,B,M,U J,C,D,Z  *Pは除く
日本地区以外の旅程開始 Y,E,B,M,U,H J,C,D,Z  *Pは除く

 

基本的に高い運賃はアップグレード可な場合が多いです。

国際線はプレミアムエコノミーの種別N運賃の登場で国内発のアップグレードは難しくなっています。種別Eのプレミアムエコノミーはアップグレード対象です。

ANAスタッガードのビジネスクラス
ANA国際線アップグレードが難しくなったという話。修行僧への影響は?

 

尚、ANAダイヤモンドメンバーの特典として当日空席がある場合に限り対象外の運賃でも2倍のポイントを使ってアップグレードが可能です。特典航空券は対象外です。

国内線でのアップグレード

国内線は2日前からアップグレード可能です。

必要なアップグレードは一律4ポイント。

 

国内線は自動チェックインでアップグレードもOK。2日前からWEB上でも利用可能です。

 

国内線のアップグレードについては2018年4月1日より有償については長距離で値上げ、短距離で値下げとなりました。

一方でアップグレードに必要なポイントは4と変わらず。ANAプレミアムメンバーにとってはアップグレードポイントの価値が上がる結果となりました。

アップグレードは国内線、国際線ともに本人以外に2親等以内の特典登録者も利用が可能です。

2人目以上のラウンジ利用

プラチナ以上、SFCだと同行者1名含め空港ラウンジを利用することができますが、同行者が2人目以上の場合はマイルかアップグレードポイントを使ってラウンジを利用することができます。

国際線の場合は3アップグレードポイントか4,000マイル、国内線の場合は2アップグレードポイントか2,000マイルになります。

尚、利用できるのは国内のANAラウンジのみ、世界中のスターアライアンスのラウンジでは利用できません。*ホノルルのANAラウンジは利用可能です。

 

家族カードを持つ場合に1人使えない場合もありますし、友人等と複数名で行く場合に1人、2人入れない時は出てくる時の便利な使い方です。

皆でワイワイ、ラウンジ利用はいかがでしょう。

 

ブロンズメンバーの場合、無料でラウンジを利用することはできませんが、アップグレードポイント(マイルもOK)で利用可能です。

国内線ANAラウンジは2ポイント(または1,000マイル)、国際線ANAラウンジは3ポイント(または4,000マイル)、同行者はそれぞれ4人、1人までとなります。

スカイコインに交換

1アップグレードポイント1,000コインで交換可能です。

使う予定のない場合、中途半端に余った場合に交換するのも良いでしょう。私も余った分はスカイコインに交換予定です。

個人的にはできればアップグレードで使いたいと思っています。国内線だと4ポイント。4,000円ですね。

修行路線である羽田那覇線でのアップグレードは難しいですが、地方路線だと空きがあることも多いので狙いたいところです。

ここで注意点。

注意
アップグレードポイントは翌年度に持ち越し不可。

 

4月1日でリセットされるので余った分は忘れずにスカイコインに交換してくださいね。

スポンサーリンク

2017年にもらったポイントの使い道

私が2017年に貰ったアップグレードポイントは56。SFC会員分、ダイヤ特典分を加えた数字です。

2018年2月現在で使ったポイントは45、以下のように使いました。

 

先ず、前借してエコノミーからビジネスクラスにアップグレードしました。

アップグレードポイントの利用対象は4月1日から翌年の3月31日までですが、事前サービス中でも4月1日以降(本サービス期間)の運航分に限り前借してアップグレードポイントを使うことが可能です。

例えば、2019年7月にプラチナになった場合、2020年4月から本サービスとなりアップグレードポイントがもらえますが、2019年7月でも2020年4月1日以降の搭乗分に限り(2020年3月31日まで)前借りの形で申し込みすることが可能です。

私もANAダイヤになってすぐ(事前サービス中)に翌年度の搭乗分で利用しました。

タッガードだったのでフルフラットにして熟睡することができました。

 

国内線でプレミアムクラスへ。羽田から札幌2回、函館1回、関空1回使用しました。那覇等長距離で使いたいのですが人気路線ゆえ難しい。短い路線なら空いていることが多いです。

ANA国内線プレミアムクラスと普通席を乗り比べてみた。A320neoってどんな機材?

 

あとは2人目以上のラウンジで2回利用しました。

ANAラウンジの利用方法、アクセス、サービスまとめ【国際線まとめ】

 

まとめると以下の通り。

  1. 国際線でビジネスクラスへのアップグレードが2回で24ポイント
  2. 国内線でプレミアムクラスへ4回で16ポイント
  3. 2人目以上のラウンジ利用が2回で5ポイント
  4. 余った11ポイントはスカイコインへ

 

ANAダイヤモンドだったので多くポイントをもらい満足のいく消費となりました。価値が高いのは国際線ですが対象運賃の場合に限られるので難しい面があります。国内線、国際線で使えたので良かったです。

2018年にもらったポイントの使い道

2018年度にもらったアップグレードポイントは8。

8ポイントあればアジア等の国際線でビジネスクラスへのアップグレードが可能。或いは、国内線プレミアムクラスに2回。

アップグレード対象運賃での国際線利用の予定がなかったので国内線でプレミアムクラスへアップグレードすることにしました。1律4ポイント。

 

プレミアム御膳はこんな感じ。

 

国内線で使いたいのですがずるずる行きそうな気も(笑)最後はスカイコインに変えることになりそうですがチャンスがあれば国内線で使ってみようと考えています。

まとめ

アップグレードポイントの価値のある使い道は国際線でのアップグレード、最も使いやすいのはプレミアムエコノミーからのアップグレードでしたが、種別Nの登場で使いづらくなりました。

プレミアムエコノミーでアップグレードする場合は種別Eが必要です。国内発着だと種別Eは少々高くなります。

国際線だとアップグレード対象運賃の種別Eが残る海外発券がおすすめです。

ANA SFC修行に使える海外発券。メリット、デメリット、利用方法まとめ。

 

種別Eのプレエコでスタッガードのビジネスクラスが理想です。180度でフルフラット。かなり快適ですよ♪

ANAビジネスクラスの比較。個室タイプの新シートが登場!今までと何が違う?

 

海外に行く予定がない、アップグレード対象運賃を利用しない場合は国内線のプレミアムクラスで。国内線は一律4ポイントで2日前からアップグレード可能。羽田那覇以外は空席のあることも多いので利用しやすいです。

一律なので長距離で使いたいところ。那覇を絡めた路線は人気ゆえ空きがないことが多いですが2日前、或いは当日に確認してみてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください