モッピーのJALマイルキャンペーン延長へ

ANA株主優待券の便利な使い方、メリットまとめ。購入価格はまた上がった?

ANA株主優待券のメリット、使い方をまとめました。

株主優待券は1,2枚手元にあれば安心できます。

2019年5月現在、オークション市場で5,000円前後となっています。金券ショップやオークション市場で高騰し入手しづらくなりました。

株主優待運賃のメリットは以下。

  • 普通運賃の約半分の値段で利用できる。
  • 当日でも購入できる。
  • 変更可能で柔軟。
  • 出発前なら取消料は発生しない。

 

必要がなくなった場合はオークションや金券ショップで売れば良いですし(購入額との差額はマイナス)、手元にあるだけで安心です。

ANA株主の特典。100株以上保有で国内線搭乗優待とANAグループ割引冊子がもらえる。

ANA株主になり優待として貰えるものは以下。

100株以上(3月、9月)でもらえる国内線搭乗優待とANAグループ割引冊子。

 

国内線搭乗優待は保有株式に応じて変わります。優待冊子は1冊のみ。

ANA株主優待券のメリットデメリット、有効期限、変更、取消について

ANAが発行する優待券。

  • ANA株主優待券1枚で普通運賃の半分で国内線を利用できる。
  • 満12歳以上は株主優待割引運賃。満3歳から11歳までは小児株主優待割引運賃。
  • 他航空会社(エアドゥ、スターフライヤー等)が運行するANAコードシェア便も利用可能。他の割運賃との併用は不可。

 

株主優待割引は混雑状況に応じ座席数が変動します。特に直前だと取れない場合もあるのでその点はデメリットです。

メリットは以下の通り。

  • 普通運賃の約半分の値段で利用できる。
  • 当日でも購入できる。
  • 変更可能で柔軟。
  • 出発前なら取消料は発生しない。

 

航空券は直前だと高いですよね。普通運賃の半分で利用できるので急な用事の場合は超便利です。株主優待運賃に空きがあれば当日もOK、無料で変更も可。

のりさん

使い勝手は抜群。1,2枚手元にあれば便利ですよ。

株主優待の有効期間

ANA株主優待券は決算、中間決算の株主優待として年2回発行されます。

有効期間は以下の通り。

基準日 発行月 有効期間
3月31日基準発行 5月 6月1日~翌年の5月31日
9月30日基準発行 11月 12月1日~翌年の11月30日

 

以下は2019年5月中旬に届いたANA株主優待券です。

2019年6月1日から2020年5月31日までが有効期間になっていますね。

 

株主優待運賃は予約後も変更が可能。

登録用パスワードは控えておくか優待券を捨てないで持っておいてください。

変更する場合は有効期間内であれば再度同じ番号を使用することができます。尚、航空券の有効期間は1年となります。

支払期限

支払期限は以下の通り。ANAはJALと違って支払期限は厳しく予約日を含め3日以内です。

尚、株主優待番号については搭乗手続きまでに行えば良いので、購入後に株主優待券を仕入れてもOK。この点は便利です。

予約日 支払い期限
搭乗日の3日前まで 予約日を含め3日以内
搭乗日の2日前から当日 出発時刻の20分前

スポンサーリンク

予約の変更が可能

株主優待番号の有効期間内において予約便の変更が可能です。

ただし、航空券の名義、区間、他社への変更は不可です。

尚、以下区間については空港の相互利用が可能で変更できます。

  • 羽田⇔成田空港
  • 伊丹空港⇔関西空港⇔神戸空港⇔伊丹空港
  • 福岡空港⇔北九州空港⇔佐賀空港⇔福岡空港
  • 広島空港⇔岩国空港

 

尚、上記を変更する場合は所定の旅客施設使用料が発生する場合あり。

予約便を変更しオープンの航空券に変更が可能。航空券の有効期限は1年。プレミアム株主優待割引運賃、プレミアム小児株主優待割引運賃に変更可。

航空券の払い戻し

株主優待運賃の払い戻しが可能です。

航空券の有効期間満了日の翌日から起算して30日以内なら可能。取消手数料は出発前なら発生しません。

出発後なら約20%相当額が発生。尚、払い戻し手数料430円は必要になります。

MEMO
予約変更可能で出発前なら430円の払い戻し手数料だけでOK。従って、予定が分からない場合に株主優待運賃を利用するのはあり。

マイル積算

マイル積算は運賃5の75%になります。

ANAバリュー(旧特割)と同じ運賃種別になります。プレミアムポイントが400付くので修行用としても良いですね。ちなみにANAスーパーバリューは運賃種別7で同じ75%加算ですが400搭乗ポイントはつきません。

羽田那覇線のマイル加算は以下の通り。

普通席 プレミアムクラス プレミアムポイント
株主割引運賃 922 1,537 1,876

株主優待券の使い方

先ずは株主優待運賃を購入します。

 

その後、株主優待券に記載されている『株主優待番号』と『登録用パスワード』を登録します。

番号とパスワードは以下の様に優待券に記載されています。パスワードはコインで軽くこすって確認してください。

 

搭乗手続き前までに番号とパスワードを記入し登録します。

尚、変更する際は再度番号を使用することになるので搭乗が終わるまでは株主優待券を大切に保管してください。

便利な使い方

一週間後の羽田から福岡を例にとってみます。

直前だと高いですね~ ANAバリュー3が28,290円。一方、株主優待運賃が19,890円。その差は8,400円。

株主優待を4,000円くらいで仕入れることができれば4,000円ちょっと得した計算になります。このように直前で使う場合に大きなメリットになります。

 

同じ路線で3か月後をみてみましょう。早割のスーパーバリュー75が22,290円。株主優待割引が20,790円でその差は1,500円。

この運賃で使うのはもったいないですね。オークションで4,000円以上で売った方が特になります。

このように先の運賃を購入する場合の金銭的なメリットは少なくなります。ただし、予約変更可、取消可等のメリットは大きいのでその点は考慮に入れる必要があります。

 

2019年1月29日から3月31日搭乗分以降が発売になります。ダイヤは10月26日までですが、それ以降の便についても355日前まで購入可能です。

ANAスーパーバリューアーリーと普通運賃、株主割引運賃等が355日前まで購入できるようになっています。

【ANA国内線】スーパーバリュー運賃の発売と特典航空券が予約可能!3月31日搭乗分から。注意点まとめ。

 

例えば2019年5月3日のゴールデンウィークだと以下。

スーパーバリューアーリーが33,590円、株主優待運賃が21,940円でその差は11,650円となり株主優待券の仕入れ価格が4,000円としても超お得です。5,000円でも良いですね。

 

2019年のお盆だと以下。やはり株主優待だとお得ですね~

 

ANAスーパーバリュー運賃は355日前までの運賃が予約可能と便利な一方、高いのがデメリット。そこを優待を使って抑えるのは一つです。

スポンサーリンク

ANA株主優待券の入手方法

ANA株主優待券の入手方法は主に①ANA株主になる、②金券ショップやオークションで仕入れる、の2つです。

ANA株主になり優待券をゲットする

ANAの決算は3月、中間決算は9月。

2019年9月の権利付き最終日は9月26日(木)、権利落ち日は9月27日(金)になり、配当及び優待券を得たい場合は9月26日までに購入する必要があり9月27日になれば株を手放してもOKとなります。

 

2019年5月11日の終値は3,702円。きりの良い3,700円とし株取得に必要な資金、株主優待券の枚数を以下の通りまとめました。

所有株数 必要資金 3月 9月
100株 370,000 1枚 1枚
200株 740,000 2枚 2枚
300株 1,110,000 3枚 3枚
400株 1,480,000 4枚 4枚
500株 1,850,000 4枚 4枚
600株 2,220,000 5枚 5枚
700株 2,590,000 5枚 5枚
800株 2,960,000 6枚 6枚
900株 3,330,000 6枚 6枚
1,000株 3,700,000 7枚 7枚

 

400株までは100株につき1枚、400株以上は200株につき1枚、1,000株以上は400株につき1枚、10万株以上は800株につき1枚の株主優待券を得ることができます。

金券ショップ、オークション

簡単に仕入れることができる金券ショップやオークションは便利です。

 

一時期6,000円を超えていましたが2019年1月現在だと4,500円とか5,000円を切っているようです。4月になり5,000円前後となってきました。

のりさん

4,000円を下回れば利用しやすくなりますね。

 

*金券ショップ、オークションで売られている株主優待には割引冊子が入っていないものが殆どです。(国内搭乗優待券のみ)オークションだとセットで売られていることもあります。

2019年5月に届いたANA株主優待

私も優待目的でANA株を保有しています。

2019年5月中旬に届いた優待はANAグループで使える優待券、優待運賃に利用できる券、株主用カレンダーの案内書です。

 

ANA FESTAで10%割引で利用できるクーポンが5枚。

 

2019年4月1日からANAカード割引が10%から5%に変更になったので、10%割引クーポンの価値は高まりました。

ANA FESTAのお土産
ANA FESTAでマイル積算の開始。ANAカードで5%割引、株主優待で10%割引も!

 

IHG・ANAの20%割引券。フレキシブル料金からの値下げとなります。これは使えますね。IHGはIHGとIHG ANAの2通りあり分かりづらいですが、双方の価格を比較して利用するようにしています。

 

冊子はヤフオク等のオークションで数百円で出品されているので、空港のANA FESTAを利用する前に購入するのもありです。

5月13日現在、最安値で100円前後(+送料)です。余ったクーポンは同行する友人に上げると喜ばれますよ。

 

冊子に入っている割引クーポンは以下の通り。

  • IHG ANA宿泊20%割引・・6枚
  • IHG ANAレストラン・バー10%割引・・5枚
  • IHG ANA会議室・宴会の室料 15%割引・・4枚
  • ANAツアー 7%割引・・6枚
  • 武蔵の杜カントリークラブ割引券・・4枚
  • 早来カントリークラブ割引券・・3枚
  • ANA FESTA 10%割引・・6枚

 

*ANAグループで割引利用できる冊子は3月、9月末に100株以上所有している場合にもらえます。

まとめ

ANA株主優待券についてまとめました。

2018年に入り価格は上がり購入しづらくなりましたが、1、2枚あればいざと言う時に便利。安心を買うみたいな感じでしょうか。

必要でなくなった場合は売れば良いですし、逆に下がった時に上昇を予想して数枚買っておくのも面白いですよ。

私は、長期保有分+クロス取引で4枚入手しました。

 

すぐに使う予定はありませんが安心できますね。株主優待はANA修行でも使い勝手抜群です。予定変更可は嬉しいところです。

 

ANAの株主優待がある一方、JALも株主優待があります。JALの方が高めで取引されています。

ANA、JALの株主優待はどっちが便利?どちらを使うかによって変わりますが、ANAとJALの国内線は意外に違いので、どっちが便利かを決める要素は多いです。

ANAとJALどっちがおすすめ? 国内線での違いを徹底比較してみた。 

2 Comments

パナ

私も先月100株だけ購入
ANAとJALと迷いましたが、ANAの方が優待が多くまた9月末も100株だけ持っていても、割引運賃の優待券頂けますので。
購入価格は365.900円 年初来安値が353.700円なのでまずまずかな。

返信する
のりさん

9月だとANAが良いですよね~ しかも絶好のところで買われてますね!私も少し買い増ししておけば良かったです。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください