モッピーのJALキャンペーン無期限の延長へ

JAL株主優待券のメリット・デメリット。購入価格は高騰中。影響は?

JAL株主優待券。

メリットは普通運賃の半分の料金で利用できること。
当日でも利用できること。
変更可能。
出発前なら取消料は発生しない。

デメリットは株主優待券を仕入れる必要があること。
必ずしも安いわけではないと言うこと。

前もって購入する場合は先得、特便等の運賃が安いです。

当日、そして日が迫っている中で便利。

便利なJAL株主優待券ですがオークションや金券ショップでは高騰中。

入手しづらくなりました。

JAL株主優待券の使い方。メリット・デメリット。

JAL株主優待券とは

株主優待券1枚で普通運賃(小児普通運賃)の半分の価格で航空券を購入できるもの。

優待用の座席に空きがあればいつでも利用可能です。

以下の便で利用できます。

日本航空(JAL)が発行する株主優待券はJAL、JTA、JAC、RAC便で利用可能。FDA(フジドリームエアラインズ)、AMX(天草エアラインズ)のコードシェア便も可能。

基本的にはJAL便名がついた国内線は全て利用できます。

搭乗2か月前の9時30分から当日まで利用可能です。

例えば9月12日だと11月12日分まで利用可能です。

当日使えるのは超便利。

普通運賃は高いですからね~

急な場合に便利です。

尚、お帰り確約サービスがあります。

通常2か月前からの予約が出発日より15日以内なら予約可能になるサービス。

出発日を含め15日以内であれば出発便と同時に予約が可能。

予約は電話のみ。

利用可能な運賃は普通運賃、ビジネスきっぷ、特便割引等。

その他、注意事項は以下の通り。

他運賃との併用は不可。

購入済みの航空券を株主優待運賃への辺変更は不可。

予約日を含め3日以内に購入する必要。

購入が出発2日前なら当日。

キャンセル待ちはできない。

株主優待用の座席は制限があり予約できない場合があります。その便を利用したい場合は空きがでる可能性もあるので何度か空き状況をチェックしてみてください。

スポンサーリンク


有効期間

株主優待券に記載されている期間内に使用する必要があります。

基準日 発行月 有効期間
3月31日基準発行 5月 6月1日~翌年の5月31日
9月30日基準発行 11月 12月1日~翌年の11月30日

有効期間が長いのは嬉しい。

予約後、利用しない場合は変更・取り消しを行ってください。

有効期間内であれば再度利用が可能です。

その場合は「株主割引代替券発券用コード」をもらえます。

株主割引と同じように使えるので利用してください。

予約の変更が可能

株主優待券の有効期間内であれば予約の変更が可能です。

区間および搭乗者の変更は不可。

出発便の15分前までに変更が必要。

予約変更により金額に差が出る場合は金額の調整が必要。

当日、クラスJ、ファーストクラスにアップグレードが可能。

空港で募集している場合もあるのでカウンターで聞いてみてください。

クラスJはこちら。

JALのクラスJは国内線最強か?メリット、普通席との違いを解説

国内線ファーストクラスについてはこちらを。

JAL国内線ファーストクラスを当日アップグレードで体験 羽田ー福岡搭乗記

以下の空港の場合は空港間の変更が可能。

羽田/成田、伊丹/関空、福岡/北九州。

*福岡/北九州はJALグループ運行時のみ。

スポンサーリンク

出発前は取消料が無料

予約便の出発の15分前までに取消が必要。

払い戻し手数料が430円。

出発前の取消料は無料。

出発後は区間に応じて所定の取消料が発生します。

これも便利ですね~

何かがあった場合に役に立ちます。

尚、取消は忘れないようにしてください。

マイル積算

マイル積算率は以下の通り。

普通席75%、クラスJ85%、ファーストクラスが125%。

羽田那覇でclub-aカード保有の場合のマイル加算は以下の通り。

普通席 クラスJ ファーストクラス
株主割引運賃 923 1,045 1,538

FOP(翌年度のJALステータスを決めるポイント)は以下の通り。

株主割引運賃は特便割引と同じで搭乗ポイント400が加算されます。

普通席 クラスJ ファーストクラス
株主割引 1,876 2,072 2,860
先得運賃 1,476 1,672 2,460

取得方法

取得方法は主に2通り。

先ずはJAL株主になるということ。

それからオークション、金券ショップでの購入があります。

JAL株主になって株主優待券を取得する

JALの決算は3月、中間決算は9月。

2018年9月の権利付き最終日は9月25日(火)、権利落ち日は9月26日(水)

従って、配当及び株主優待を得るには9月25日までに購入する必要があり
9月26日になれば売っても良い、そう言う流れになります。

2018年9月11日の終値は3,988円。

必要資金は以下の通り。きりが良い4,000円で算出。

9月は200株所有で1枚の優待がもらえます。

所有株数 必要資金 3月 9月
100株 400,000 1枚
200株 800,000 1枚 1枚
300株 1,200,000 2枚 1枚
400株 1,600,000 2枚 2枚
500株 2,000,000 3枚 2枚
600株 2,400,000 3枚 3枚
700株 2,800,000 4枚 3枚
800株 3,200,000 4枚 4枚
900株 3,600,000 5枚 4枚
1,000株 4,000,000 5枚 5枚
1,000~1,099株 5枚 5枚

尚、株価については一時期に比べれば値下がりしています。

と言ってもここ数年で見れば高いですが。

オークション、金券ショップ

手っ取り早く手に入れるにはオークションや金券ショップで購入が一番。

ただし、価格は高騰中。

値上がりが半端なく2018年9月現在7,000円を超えています。

大分高くなり手軽に購入できなくなりました。

4,000円台だった頃が懐かしい(笑)

尚、価格は需給で決まるのでオークション等への放出が多くなる5月や11月になると幾らか値下がりする可能性が高いです。

利用方法

利用方法は簡単。

以下の様に株主割引運賃に空きがあれば利用可能です。

3日以内に購入する必要があります。

発券用のコードを入力します。

取り消しをした場合は「株主割引代替券発券用コード」をもらえます。

スポンサーリンク

利用時の注意点

予約日を含め3日以内に購入する必要。
座席には限りがある。
便によっては設定がない期間がある。

株主優待運賃はキャンセル待ちは不可。
当日の空席待ちはOK。

当日の購入も可能。
出発便の20分前までに購入する必要あり。

メリット

ゴールデンウィークやお盆等大型連休時にも利用が可能。

尚、株主優待の座席には制限があるのでなくなり次第終了です。

当日の購入、変更やキャンセルが可能な点は使い勝手抜群。

急な用事、変更にはありがたい運賃です。

直前の運賃は高いですよね。

羽田那覇だとこんな感じ。

株主優待の取得費用を考えても株主割引の価格が安くなっています。

デメリット

株主優待券を取得する必要がある。

株主優待券が高騰中の現在はオークション・金券ショップで購入しづらくなっています。1枚でもあれば何かの時に便利ですが。

直前だと空きがない場合も多い。

3日以内に購入(優待コードを入力する)必要がある。

従って、購入の場合には早めに優待券を用意する必要があります。

ANAみたいに後で入力!とはいきません。

あと1日前とか普通席運賃のみ!と言う場合が多いです。

路線によって違ってくると思いますが優待用の座席が少ないのもデメリット。

価格は高騰中。JAL修行僧への影響は?

JAL修行僧にとって優待券は便利。

羽田那覇線で利用している場合も多いでしょう。

ここで言う修行とは

航空会社のステータスを獲得するために飛行機に乗りまくること。

FOPは以下の通りで搭乗ポイント400が加算されます。

普通席 クラスJ ファーストクラス
株主割引・特便 1,876 2,072 2,860
先得運賃 1,476 1,672 2,460

直前だと特便割引は高い。

優待の価格を入れても株主優待運賃が安い場合があります。

ただし、特便割引21(21日前までに購入)が価格メリット大。

羽田那覇のファーストクラスが31,000円台とか。

ただし、空きがすぐなくなります。

私の場合は株主優待ではなく特便21を狙うことが多いです。その方が安いので。空きはすぐになくなりますがキャンセルが出ることも多くそれを狙います。たまにチェックすると空きが出ていることも多いです。

当日アップグレードも可能ですが那覇だとほぼ取れない、と言っても良いでしょう。空席待ちも可能ですがステータスが高い順からの解放になるので種別Aだと厳しいです。

あとは安い先得で。

2018年9月12日現在、2019年3月30日分までの先得が購入可能です。

国内なら先得で羽田那覇の往復が無難でしょうか。

2019年のJAL修行のスタート。8月26日から先得運賃の発売開始。注意点まとめ。

取れば一生のステータス。

JALグローバルクラブ(JGC)についてはこちらを参考にしてください。

JGC修行をして2年の感想。JALグローバルクラブ(JGC)の特典・メリットの全て

スポンサーリンク


まとめ

JAL株主優待券。

当日購入可能、変更、そしてキャンセル可。

使い勝手抜群の運賃。

価格については必ずしも安いとは限らないので比較してください。
*特便割引が残っていれば特便割引が安い場合も多い。

便利な優待運賃ですが、株主優待券は高騰中。

オークション、金券ショップでは7,000円を超えています。

1枚でもあれば何かの時に便利なので持っておきたいですが(涙)

逆に持っている人は良い値で売れるので良い時期だと思います(笑)

何かの時に便利と購入を考えている人は株主に優待券が配布される5月、11月あたりを狙うのが良いでしょう。少しは下がってくれると期待します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください