モッピーのJALキャンペーン無期限の延長へ

JGC修行をして2年の感想。JALグローバルクラブ(JGC)の特典・メリットの全て

JALグローバルクラブ(JGC)。

JALの上級会員の一つ。

入会すると以下の様な特典を受けることができます。

優先チェックイン、空港ラウンジの利用、手荷物優先、ボーナスマイル等。

時間短縮につながり空港ではラウンジを利用することができます。

より快適に旅をすることが可能になります。

では、どうすればJGCに入会できるの?

のりさん

私は2016年に修行しJGCに入会しました。修行と言うより趣味みたいな感じでしたが(笑)

ここで言う修行とは

航空会社のステータスを獲得するために飛行機に乗りまくること。

飛行機にたくさん乗ってJGCに必要なポイントを貯める、そんな感じです。

そんなJGCについて、特典、メリット及びJGC修行、取ってからの感想についてまとめてみました。

JAL(JMB)ステータス、FOP、JGCカードまとめ

JAL(JMB)ステータスまとめ

JALのステータスは以下の4つ。

クリスタル、サファイヤ、JGCプレミア、ダイヤモンド。

条件はFLY ONポイント(以下FOP)か回数を選択しどちらかの基準をクリアする。

サファイヤになるとJALグローバルクラブ(JGC)に入会することができます。

JAL ステータス

FOPか回数か。

どちらを選択するのが良い?

距離で稼ぐ場合はFOP修行にする。

国内線の近距離の往復は回数修行を選択することになります。

のりさん

基本的にFOP修行を選択する人が多いですが、海外他遠くに行けない事情、仕事で乗る機会が多い等がある場合は回数修行が良いでしょうか。

仕事で乗る機会が多い場合も回数が良い場合が多いでしょう。

東京大阪間を月に1回は往復する等。

尚、各数字の半分はJAL運航便の搭乗が必要です。

クリスタル サファイヤ JGCプレミア ダイヤモンド
FOP 30,000 50,000 80,000 100,000
回数 30回かつ10,000 50回かつ15,000 80回かつ25,000 120回かつ35,000

FLY ONポイントとは

FLY ON ポイント(以下FOP)はマイルとは別に積算されるポイント。

翌年度のJALステータスの基準になる数字です。

JALホームページにはこんな感じで搭乗数とFOPが表示されます。

FOP加算状況

FOPの計算方法は以下の通り。

フライトマイルに積算率を掛け搭乗ボーナスを加えたものがFOPになります。

積算率が2倍の国内、1.5倍になる日本発着の中国、香港、アジア、オセアニアが修行に適している路線になります。

その他の地域、JAL運航便以外は1倍です。

FOP計算方法

搭乗ボーナスは以下の通り。

400FOPが加算されるのは普通運賃、往復割引、特便割引等直前に購入することが多い高い運賃になります。国際線の場合だとツアー以外は400ポイント加算されます。

対象運賃 獲得搭乗ポイント
大人普通運賃、小児普通運賃、往復割引、シャトル往復割引、
JALビジネスきっぷ、eビジネス6、株主割引、身体障がい者割引、介護帰省割引、特便割引1、特便割引3、特便割引7、特便割引21、離島割引、特別往復割引など
400
特別乗継割引、小児特別乗継割引、身体障がい者特別乗継割引、
乗継割引7
200
先得割引タイプA、先得割引タイプB、スーパー先得、
ウルトラ先得、当日シルバー割引、おともdeマイル割引、
乗継割引28、スカイメイト、特典航空券、個人包括旅行運賃、
包括旅行運賃、団体割引運賃、修学旅行運賃
0

JALの運賃は大きく分けて以下の2つあります。
①75日前までに購入が必要なウルトラ先得を始めとする早割の先得運賃
②直前での割引になる特便割引

FOPの搭乗ボーナスが加算されるのは特便割引、

加算無しですが安いのは早割の先得運賃。

先の予定が分かっている時は先得運賃が良いでしょう。

国内線のファーストクラスや直前の場合は特便を利用するケースが多くなります。

主な路線のFOPは以下。

先得が一番安いですが搭乗ボーナスの400FOPが付かない。

ファーストクラス以外だと特便クラスJで羽田那覇往復が王道です。

先得 先得クラスJ 特便 特便クラスJ ファースト
羽田那覇 1,476 1,672 1,876 2,072 2,860
羽田札幌 766 868 1,166 1,268 1,676
羽田伊丹 420 476 820 876 1,100
羽田福岡 850 964 1,250 1,364 1,818

JGC入会に必要なクレジットカードの選択

JGCに入会するにはJALカードを保有する必要があります。

注意
JGCに必要なのはCLUB-Aカード以上。

普通カードはダメなので注意してください。

JGCに必要なCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、CLUB-Aプラチナカードの3種類の国際ブランドと年会費は以下の通り。

尚、ボーナスマイル(入会ボーナスを除く)、フライトで獲得するマイルは同じ。違いはショッピング時のポイント加算や、ゴールドカード以上だと航空便遅延保証等のゴールドカード特有の特典があるかどうかになります。

カード種類 ブランド 本会費 家族会員
CLUB-Aカード マスターカード 10,800 3,780
visaカード 10,800 3,780
JCBカード 10,800 3,780
JALカードsuica 10,800 3,780
TOKYU POINT ClubQ 10,800 3,780
OPクレジット 10,800 3,780
CLUB-Aゴールドカード マスターカード 17,280 8,640
visaカード 17,280 8,640
JCBカード 17,280 8,640
JALカードsuica 17,280 8,640
TOKYU POINT ClubQ 17,280 8,640
OPクレジット 17,280 8,640
アメリカン・エクスプレス 20,520 8,640
ダイナース 30,240 9,720
プラチナ JCBカード 33,480 16,740
アメリカン・エクスプレス 33,480 16,740

私はCLUB-Aカードを選択しました。

ゴールドカードは他に持っている、年会費を抑えたかったことが理由です。

詳しくはこちらにまとめているので参考にしてください。

JGCに必要なクレジットカードを比較。メリット・デメリットまとめ

JALグローバルクラブの特典、メリット

JGCの特典・メリットについてまとめてみました。

ボーナスマイル

毎年初回搭乗時に3,000マイル貰えます。

クレジットカードで獲得するボーナスマイルにプラスされるので、合わせて毎年5,000マイルになります。これは大きいですね。

私の場合はCLUB‐Aカードで年会費10,800円なので、JALマイルの価値が1.5円(eJALポイントに換算)としても大方を賄うことができます。

JALカード初回ボーナスマイル

フライトマイルのボーナス

搭乗時のボーナスマイル積算率は35%。

サファイヤは105%になるので、JGCになった年と翌年度は飛べば飛ぶほど恩恵があります。

翌年以降も35%加算されるのは嬉しいところです。

例えば、羽田那覇の片道で特便割引で搭乗、CLUB‐Aカードを保有している場合、通常会員は923マイル、JGC会員1,082マイル、サファイヤ会員1,513マイルになります。サファイヤになるとこれだけ違うのでサファイヤになったら飛べるだけ飛んでおきたいですね。

エアライン ダイヤ JGCプレミア サファイヤ クリスタル JGC
JAL、AA 130% 105% 105% 55% 35%
BA 100% 100% 100% 50% 35%

会員専用デスク

JALグループ運航の際に専用デスクにてスムーズな問い合わせが可能になります。

JALグローバルクラブについては以下の通り。
0120‐747‐300 月曜から金曜の9時から17時半まで。
03‐5460‐6888(携帯・国際電話用、有料)

国際線については以下の通り。
0120‐747‐100 年中無休、8時から19時まで。
0570‐025‐110(携帯用、有料)

国内線については以下の通り。
0120‐747‐200 年中無休、6時半から22時まで。
0570‐025‐120(携帯用、有料)

優先キャンセル待ち

キャンセル待ち可能運賃に限り可能。国内線は搭乗24時間前まで。

スポンサーリンク

前方座席指定が可能

JALホームページ、電話窓口で指定が可能。

前方に限らず予約時に座席指定できる範囲が広がることはJGCのメリットの一つでもあります。乗継、その他急いでいる場合に後方だと辛いですよね。

前方や通路側が指定しやすくなるのは大きな特典です。JALマイル以外、例えばブリティッシュエアウェイズで取った便についても指定が可能です。

のりさん

良席が取りやすくなるのは大きなメリットです。当日カウンターでも解放されていることが多いので聞いてみてください。

専用チェックインカウンター

各空港にて専用のチェックインカウンターを利用することができます。

国内線・・JALグローバルクラブ(JGC)カウンター
国際線・・JALファーストクラス・チェックインカウンター(ファーストが無い場合はビジネスクラス・チェックインカウンターまたはJGC)

羽田、成田、関空ではJGCカウンターになります。

通常カウンターは混んでいることが多いので便利です。

特に繁忙期の主要空港は混みますので嬉しいところ。

チェックインから荷物預入までほとんどタイムロスなく進むことが可能です。

JGC専用チェックインカウンター

国内線のJGCエントランスは以下の空港にあり。

羽田空港、伊丹空港、福岡空港、新千歳(札幌)空港

羽田空港国内線のカウンターはこんな感じです。

国内線JGCカウンター

当日の席の変更、荷物預入、その他特別な要望がある時に便利。

JGC会員専用のカウンターを利用することで時間短縮に繋がります。

こちらは新千歳空港のチェックインカウンター&保安検査場。

激込みすることが多い新千歳の保安検査場ではとても便利です。

ワンワールド アライアンス加盟航空会社の利用時は、
「ワンワールドエリートステイタス」の表示がある優先チェックインカウンターを利用できます。

世界中のワンワールドカウンターで利用可能。

こちらは香港空港のキャセイパシフィック航空のカウンター。

ビジネスクラスを利用している人と同じカウンターになります。

ワンワールドのチェックインカウンター

のりさん

優先カウンターは時間短縮につながりとても便利です。空港によっては通常カウンターだと長時間並ぶことも多いのでこの点は重宝しています。

ファーストセキュリティーレーン

保安検査場の『優先ライン』を利用可能。

設置されているのは成田、ロンドンヒースロー、ニューヨークJFK、ロサンゼルスその他。中に進むと優先保安検査場があります。ほとんど並んでいません。保安検査後、出国手続きになります。

成田空港のファーストセキュリティーレーン

優先搭乗

先ずは国内線から。事前改札サービスの後に優先搭乗を利用できます。

羽田伊丹線だとダイヤ、JGCプレミアの後になり、その他の路線だとダイヤモンドその他と同じ順番で優先搭乗を利用することができます。

JAL国内線の事前改札

国際線だと以下の通り。

事前改札サービスのあと、優先搭乗が始まります。

優先搭乗1はファーストクラス、ダイヤモンド、JGCプレミア、ワンワールド・エメラルド。続いて優先搭乗でビジネスクラス、JGCを含めたワンワールド・サファイヤになります。

JAL国際線の事前改札

空席待ち

優先待ちの種別は以下の通り。

種別S・・ダイヤモンド、JGCプレミア、ワンワールドエメラルド
種別A・・JGC、サファイヤ、クリスタル、ワンワールドサファイヤ、ルビー
種別B・・一般その他

空席待ちは台風時やいざと言うときに便利。

この便しかダメ!、絶対乗りたい!と言うときありますよね。そんな時に優先して空席待ちを受けることができるのは大きなメリットになります。

JAL空席待ち種別

空席待ち(クラスJ、ファーストクラス含む)は路線にもよりますが種別Bだと取れないことが多い。クラスJについては種別Aでも競争率は高いですが確率は高くなります。

手荷物

長期の旅行出張時の荷物の多いときは助かります。

JAL便 国内線 プラス20kg
国際線 プラス1個(1個あたり32kg以内)
ワンワールド運航 通常運航便 プラス1個またはプラス20kg
エメラルド会員(JGCダイヤモンド/JGCプレミア) 通常プラス1個または通常プラス20Kg
サファイア会員(JGCサファイア/JGCクリスタル/JGC) エコノミークラス搭乗時
個数制の場合:通常プラス1個23kg、最大2個まで

空港ラウンジ、サクララウンジ、ワンワールドラウンジ

空港ラウンジを利用できるのはJGCの大きな特典の一つです。

空港ラウンジは同行者一名まで利用可能、クーポン利用で更に2名追加可能。

国内線サクララウンジは以下。

新千歳、小松、仙台、羽田、成田、伊丹、関西、広島、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇、以下は共有ラウンジ・・青森、岡山、中部、宮崎
*新千歳、羽田、伊丹、福岡、那覇はダイヤモンド・プレミア・ラウンジあり

国際線サクララウンジは以下。

羽田、成田、関西(羽田・成田はファーストクラス・ラウンジあり)

ラウンジ特典は大きなメリットの一つ。ラウンジ利用のためにJGCを取りたい、と言う人も多いです。搭乗前のひと時をゆっくり過ごすのは良いですよね。

国内線だと生ビールその他のアルコールあり、食べ物はおつまみとか。国際線だと各種アルコールに加えて(国内線にワイン、スパークリング等が追加されてきます)サラダ、カレー、そば、スイーツその他食事を取ることが可能です。

こちらは成田空港のサクララウンジ。サクララウンジと言えばカレーです。

カレーとビールは相性抜群ですよ。なぜか頼んでしまいます(笑)

成田空港のサクララウンジ

こちらは羽田空港のJALサクララウンジ

広くてシックな落ち着いた雰囲気で初めて利用した際は驚きでした。

窓際だと滑走路を見渡せますしシャワーもあります。

くつろげること間違いないです。

羽田空港国内線のサクララウンジ

ワンワールド・サファイヤとしての特典

JGCになると三大アライアンスの一つワンワールドのサファイヤになります。

JAL運航便を利用する時だけでなくアライアンス内でサファイヤのステータスを獲得、世界中で特典を受けることができます。

ワンワールドのステータス

ワンワールドの加盟航空会社は以下の通り。

アメリンカン航空、キャセイパシフィック、ブリティッシュエアウェイズ、カンタス航空、フィンランド航空、イベリア航空、ラタム航空、ロイヤル・ヨルダン航空、JAL、マレーシア航空、S7航空、カタール航空、ラタム・ブラジル

ワンワールド・サファイヤになるとワンワールド便搭乗時に世界中の空港で特典を受けることができます。

例えば、キャセイパシフィック航空便を利用する際でも羽田のサクララウンジを使えたり、JAL便搭乗時にクアラルンプールでマレーシア航空のラウンジを使うことができます。

JAL便時だけでなく同じアライアンス内で特典を受けることができるので、特に国際線搭乗時に威力を発揮します。

特典は手荷物優先、優先チェックイン、空港ラウンジの利用等。

ワンワールドのステータス別特典

旅行、仕事その他で国際線に搭乗が多い場合はJGCを取ることによる恩恵は大きいです。

JAL便に乗らなくても各種特典を受けることができるのは大きいですね。

特典として例えば香港だとキャセイパシフィック航空のラウンジが魅力。

巨大香港空港を本拠地とするだけあってラウンジは豪華の一言。

香港空港のキャセイラウンジ

香港のキャセイ・ラウンジは一番のおすすめです。

食事・飲み物・雰囲気等々。どれを取っても一流です。

私自身、JGCを取ると香港に行く機会が増えました(笑)

のりさん

名物の担々麺はぜひ試してみてください。絶品です。

香港キャセイラウンジの担々麺

香港ラウンジについてはこちらを参考にしてください。

香港空港キャセイラウンジ 「ザ・ピア」は最高でした

JAL JGC修行について

JGC修行をする場合、

FOP修行か回数修行を選択する必要があります。

50,000FOPか50回(かつ15,000FOP)で内半分はJAL便の搭乗が必要。

尚、JALカード特典としてJAL便初回搭乗時に5,000FOP貰えます。

これはJALカード保有すると毎年加算されます。*キャンペーンが続く限り。

のりさん

FOP修行なら実質45,000FOPで解脱が可能です。

ANAよりJALの方が修行しやすいと言われていますがこのFOPプレゼントを含めたキャンペーンが多いことが理由です。

FOPキャンペーンについてはこちらにまとめているので参考にしてください。

2018年に使えるJAL FOPキャンペーンまとめ。FOP2倍は強烈、マイル修行に最適。

回数修行について

回数は簡単で50回搭乗すれば良いです。

仕事その他で搭乗する機会がない場合は、羽田名古屋、福岡宮崎、那覇石垣等をひたすら往復したり。事情により遠くに飛べない場合や飛行機に乗ることが好き!こんな場合も回数修行は良いでしょう。奄美周辺のアイランドホッピングも良いですね。

1日に何度もフライトを経験することになります。何度も往復するわけですから、行きと帰りの機材が同じ場合が多いです。

その場合、CAさんも同じになるのでちょっと気恥ずかしい部分が出来てきます。そこも修行ととらえてはいかがでしょう(笑)搭乗回数50回のうち半分はJAL運航便、かつ15,000FOPが必要です。

回数修行についてはこちらにまとめています。

JAL回数修行のおすすめ路線まとめ。離島が一番効率が良い。

FOP修行 国内は那覇線が王道

羽田発の主な国内線のFOPは以下の通り。羽田那覇が王道です。

先得 先得クラスJ 特便 特便クラスJ ファースト
羽田那覇 1,476 1,672 1,876 2,072 2,860
羽田札幌 766 868 1,166 1,268 1,676
羽田伊丹 420 476 820 876 1,100
羽田福岡 850 964 1,250 1,364 1,818

FOPは距離に応じて高くなるので効率良く修行するには長距離が適しています。2016年の私の修行は343,000円でFOP単価は6.7でした。

JAL国内線は普通席、クラスJ、ファーストクラスの3つあり席が空いているならぜひクラスJを利用してみてください。革張りシートで座り心地抜群、足元もゆとりあり快適です。普通席に1,000円プラスで利用でき10%マイル加算されるので修行用としても良いでしょう。

JAL国内線のクラスJ

尚、クラスJは魅力でしたが2018年3月25日以降のウルトラ先得、スーパー先得についてクラスJを予約できなくなりました。

今後は先得A、特割等の高い運賃か、当日アップグレードを目指すことになります。痛い変更点です。

2019年3月30日までの先得運賃が発売中です。

2019年のJAL修行のスタート。8月26日から先得運賃の発売開始。注意点まとめ。

国内線ファーストクラスを利用した修行も魅力。ダイヤモンドラウンジが使えたりマイル加算は50%増、普通席に8,000円プラスで利用できます。

路線は羽田‐札幌、伊丹、福岡、那覇の4路線。

修行なら羽田那覇で利用したいですが人気ゆえ取りづらいことが難点。

平日は比較的取りやすいので平日利用できる場合はおすすめします。

あとは株主優待を使う修行。

2018年9月現在、優待券は高騰中。

7,000円を超えてきます。4,000円台なら使いやすいです。

JAL株主優待券のメリット・デメリット。購入価格は高騰中。影響は?

さいごに、飛行機は右側、左側のどちらに座りますか?

一度は壮大な富士山をぜひ見えるシートを選択してください。

例えば、羽田から那覇だと右側、那覇から羽田だと左側で。

富士山が見える列の窓側は皆さん狙っていて取りづらいので早めに座席指定を行ってくださいね。

機内から富士山を見る

国際線、ビジネスクラス、クアラルンプール線

FOP積算が1.5倍になるアジアがおすすめです。

シンガポール、バンコク、クアラルンプールをプレミアムエコノミーで。

プレミアムエコノミーは種別Eとなりマイル積算は100%になります。

プレミアムエコノミーの限定運賃を利用して那覇ー羽田ーシンガポールー羽田ー那覇とか。前後の那覇は国際線乗り継ぎとして1万円ちょっとで加えることができるので単価的には効率が良いです。前後で那覇便を追加する必要があるので体力がある人向けでしょうか。

あとは海外発券。クアラルンプール発がブームです。

JAL海外発券のメリット・デメリット・注意点まとめ こんな場合に便利

海外発券のメリットは何と言っても価格。

諸税込み往復で8万円ちょっとです。

デメリットは現地に行く必要があると言うこと。

国内発のJAL便やLCC片道を利用することになります。

JAL海外発券の運賃

のりさん

2019年も主流は海外発券になるでしょう。運賃が安いのが魅力です。

2018年6月30日までの限定運賃が出てきました。予約クラスXで125%加算。

JALクアラルンプールで特別運賃!125%加算ビジネスクラスが115000円、6月30日まで!

修行僧の聖地クアラルンプールでどう過ごす?

せっかくですし楽しみたいですよね。1日観光も楽しいですよ。

クアラルンプールを1日観光で楽しむ。マイル修行僧のこんな過ごし方。

マレーシア航空ビジネスクラスのキャンペーンも修行向きです。

2017年2月にはビジネスクラスが50%引きと言うのがありました。クアラルンプール乗継で各アジアへ向かいます。

最近だと毎月の様にセールが出ているの予約しやすいです。ビジネスクラスですが単価も10前後と悪くないのでアジア各地に旅行がてらに出向くのはいかがでしょう。

マレーシア航空ビジネスクラスのセール開始!9月30日まで

尚、海外での修行の際はJCBカード一枚持参してください。

レストランやショップで優待を受けることが可能。

便利でお得なのでおすすめです。

海外旅行でJCBたびらばを!レストラン優待とWEB予約は便利でお得!

スポンサーリンク

JAL(FOP)キャンペーン

JALはキャンペーンが多いです。

余分にマイルやポイントが貰えるので搭乗機会が多くなる修行時に取りこぼしが無いようにしたいですね。

りそなJALスマート口座 2018年10月21日で終了

りそな銀行の『りそなJALスマート口座』。

キャッシュカードにデビットカード機能が付いているサービスです。

JGC修行に!りそなJALスマート口座で1000FOPを貰おう。海外で外貨引出しも便利!

JALカードの初回5,000FOPがあるので実質44,000FOPで解脱できることになります。

2018年も継続が決定。海外でのキャッシングにも使えて便利。ぜひ検討してみてください。

*2018年10月21日申し込み分で終了が決定。2019年JGC修行には使えなくなりました。

CLUB-EST

20代限定のCLUB-EST。毎年初回搭乗毎に2,000FOPのボーナスがあります。

特典は豊富で、サクララウンジの利用(年5回まで)、マイル有効期限の延長、e-jalイント を年5,000円分もらえる、ビジネスクラス・チェックインカウンターの利用.、搭乗時のボーナスマイル、 ショッピングでマイル2倍、等々のメリットがあります。20代の方はぜひ利用してみてください。

詳細はこちらリンクからどうぞ。

JAL CLUB EST

Pontaポイントが貰える

JAL国内線に搭乗するとPontaポイントがもらえるキャンペーンがあります。通常のフライトマイルとは別に加算されます。1搭乗で200ポイント、400ポイントとか。これは登録しない理由が見当たりません。ぜひ登録してください。

Pontaポイントって

全国にある提携のお店、オンラインサービス等で貯めたり使えたりするポイントのこと。三菱商事、ローソン、JAL等が出資した株式会社ロイヤリティマーケティングが運営。ポイントの有効期限は最終利用日から1年。

Pontaポイントは1:2でJALマイルに交換が可能。

リンクはこちらで。

デルタニッポン500

デルタ航空が独自に行っているキャンペーン。国内線1搭乗ごとに500デルタマイルが貰えます。JALに限らず、ANAでもスカイマークでもOK。

デルタ通常会員は500マイル×10回の5,000マイル、メダリオン会員は500マイル×40回の20,000マイルが1年に貰える上限。

10,000デルタマイルでJTBクーポン1万円分と交換可能。タダで手に入れたデルタマイルがJTBクーポンに変わります。

特典航空券を含めていろいろと使い道が出てくると思うのでぜひ申請してください。搭乗券を貼ってFAXするだけど手続きは簡単です。

航空券の予約

JAL航空券は楽天リーベイツを通しましょう。

2018年9月6日現在、
国内線1%還元、国際線1%楽天スーパーポイントが還元されます。

JGC修行の費用は大体30~50万円台ですが、JAL運航便だけに搭乗すると、その1%、つまり数千ポイントが余分に加算されることになります。

忘れがちになりますが大きいので取りこぼしがないようにしてください。国内線だと1.5%還元、国際線は何と10%が今までの最高でした。

JGC修行費用、感想まとめ

修行費用について

JGCを獲得するためには30万円から50万円必要です。

大きな出費となります。全て自費だと結構な額ですね。

従って、JALマイルをeJALポイントに変えて修行費用に充当するという人も多いのではないでしょうか。

1万マイル15,000eJALポイント(1ポイント1円)と交換できます。

全ての費用をマイルとする場合25万マイルから35万マイル必要です。

搭乗以外で貯めにくいとされてきたJALマイルですがモッピールートの開通により劇的に貯めやすくなりました。モッピーでJALマイルを貯めて修行する、2017年にはなかった傾向です。ポイントを最大で80%で交換できるモッピールートは優れものです。ドットマネー他中継地点を経由しないのでマイル反映も早いのも嬉しいところです。

詳しくはこちらを参考にしてください。

【モッピー】JALマイルへの交換が最大80%!無期限の延長へ!

スポンサーリンク

まとめ

JGCの特典・メリット、JGC修行についてまとめてみました。

修行理由は様々だと思います。

家族が多いので優先チェックインカウンターを利用したい、

時間ロスを無くすため手荷物優先、

ラウンジを利用したい、

国際線に搭乗する機会が多いのでワンワールドの特典を受けたい、

飛行機が好き、旅行が好き、快適に旅をしたい、等々。

ただメリットは多いですが費用もかかるので慎重になりますよね。

JGC特典を予め受ける方法としては、例えばサクララウンジだとドコモのヘビーユーザーならサクララウンジ利用できる抽選に応募できますし、羽田のサクララウンジは有料でも利用可能です。

或いは羽田伊丹線のファーストクラスを利用するとか。

羽田伊丹なら2万円以内で国内線ファーストクラスを利用することができます。

そうした特典を一度体験して判断するのも良いですね。

修行年は今までにないくらい飛行機に搭乗すると思います。私もそうでした。

のりさん

折角の機会、時間が許せば現地で美味しいものを食べたり、観光したりしてみてください。

たとえば那覇空港。

行く機会も増えると思うのですが最近だとポークたまごおにぎりがブーム。

空港食堂と共に修行僧で人気です。

到着ロビー1階にあるのでぜひ寄ってみてください。

那覇空港のポーたま

修行中は沖縄日帰りが増えるでしょう。

那覇日帰りでどのように過ごしたら良いか?

こちらにまとめているので参考にしてください。

沖縄日帰りも楽しめる!マイル修行僧のこんな過ごし方。

JGCを取って(解脱して)2年の感想

2016年にサファイヤになりJGCに入会。

私自身は国際線に乗る機会が多いので世界中の空港施設で特典を受けたい、と言うのがあります。

チェックインから手荷物受取まで時間を短縮できる点、搭乗までの時間を快適に過ごせるラウンジも大きいです。

旅行もアジアに行くことが多くキャセイパシフィック航空、マレーシア航空と言ったワンワールドの航空会社があるのでエコノミー搭乗時にも特典を受けることができるのは有難いです。

その中でも香港、台湾がおすすめ。キャセイラウンジは豪華なので一度利用すると虜になるのは間違いありません(笑)ぜひ体験してみてください。

ワンワールドだとイベリア航空のマイルが安く購入できるので香港、台湾等の近距離で利用するようになりました。これもJGCを活かせることができる大きな点です。

JAL、ワンワールドはキャンペーンが多いのも魅力。

カタール航空で中東(ドーハ)経由のヨーロッパへ行ってみたいなあ。

行きところが多すぎて困ってしまいます(笑)

さて、さいごに。

費用とメリットを考え、始めるなら修行も楽しんでください。

ブログに修行記録を書くのも良いのではないでしょうか。

そして修行解脱が終わりではなくスタートです。

のりさん

取ったら特典を満喫してくださいね!

長文になりました(笑)

JGC修行の注意事項についてこちらに簡単にまとめています。

2019年JAL JGC修行を始める前の注意点まとめ。

9 Comments

のりさん

ララコージさん、コメントありがとうございます。そう言って頂けると励みになります。今後ともよろしくお願いします。

返信する
PROLINK

初めまして。JGC修行したく、情報を集めてこのページにたどり着きました。
役立つ情報ばかりで、助かります。
Pontaコースに関して、1点質問させてください。、
https://www.jal.co.jp/121campaign/pontacourse_quic18/ を読んでみると
「Pontaコースのご選択により、フライトマイルとPontaポイントを両方ためることはできません。」
と書いてあるのですが、通常マイルもたまるのでしょうか?
もしご存知でしたら、ご教示いただければと思います。

返信する
のりさん

コメントありがとうございます。JAL搭乗時にマイルかPontaポイントかを選択できるコースがあり両方は貯められません。但し、マイルをコースを選択し、別にPontaポイントを貰えるキャンペーンであれば大丈夫です。上記のURLはマイル積算の代わりにPontaポイントが積算される旨が記載ある分です。通常はマイルコースを選択(Pontaコースを選択しない)ので各種キャンペーン申し込みが可能になります。

返信する
PROLINK

のりさん
上記のコメントでやっと理解できました。
通常時とキャンペーン時があるのですね。ありがとうございました。
これからも役立つ情報発信をよろしくお願いします。

返信する
yossy440

素晴らしいサイトですね。
普段、飛行機に乗る機会が年に1~2回でしたが友人に勧められ・・・
昨年、2017年に回数搭乗でJGC解脱致しました。
羽田ー那覇―宮古を主軸にしました。

そして、飛行機の一人旅が好きになり、今年50.000PPでANAのSFも達成しました。
ANA修行では、羽田ー那覇ー新千歳ー羽田を主軸にしました。新千歳の空港温泉の「あかすり」を楽しみにして。。。。。
今では羽田空港が大好きになりました。

返信する
のりさん

ありがとうございます。那覇からの離島ピストンは回数修行に適していますよね。今年のSFCおめでとうございます。私も去年から今年にかけて那覇、及び千歳は行く機会が多かったのでどこかですれ違っているかもです。新千歳の温泉は最高ですね!あかすりは未体験ですがマッサージは何度も体験しました。その後は空港内で食事&ビールです笑

返信する
田中雄介

2018年度にクリスタル、2019年度にエメラルドを目指しているものです。
先日FOPの存在に気が付き焦ってJGC取得へ向け調べを開始しました。

FOPを一発で1万弱稼げるJAL便使用ルートをご教授頂けないでしょうか?
*2018年11月頃帰国予定 
*その後1週間程度休暇がありそこにねじ込もうとしています

現在所有FOP 約15000(ワンワールドグループ)
今年JAL便を使用していない為、
FOPボーナスにて別途5000獲得予定。
今年度にクリスタルになる為にはJAL便使用で、
1万取得する必要が出てきました。

商社に勤めている為クリスタル、エメラルドを取得すると移動が楽になります。
切実に手に入れたいJGC…ご教授頂けると幸いです。

よろしくお願い致します。

返信する
のりさん

こんにちは。一週間ほどの休暇を利用した1万FOPなら選択肢は多いです。

クアラルンプール、シンガポールのプレエコ往復は1万を超えます。
バンコクだと往復9,408FOPで足りないですが出発地を沖縄他お好きなところにすれば1万を超えそう。

路線倍率が1.5倍になり特別運賃が出ている東南アジアがおすすめです。
クアラルンプール、バンコクはホテルも安いですし修行がてらホテルでのんびりするのも良いですね。

プレエコはビジネスへのアップグレード対象運賃なのでプレエコで取ってマイルを使ってアップグレードも魅力です。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください