JALのクラスJは国内線最強か?メリット、普通席との違いについて

JAL国内線のクラスJは最強です

普通席との差はわずか1,000円。一度試してみてはいかがでしょう。

クラスJってどんなシート?先ずJALとANAの国内線を整理します。

JALは3クラス。一方でANAは2クラス。

JALの方が1クラス多いんですね。JALには普通席と国内線ファーストクラスの中間に位置するクラスJシートがあります。

JAL ファーストクラス クラスJ 普通席
ANA プレミアムクラス 普通席

普通席とクラスJの差は1,000円。いったい何が違うのか?

先ず、足元が違います、広い。横幅も広い。そして革張りのシート。

左がクラスJ、右が普通席。ひじ掛けが全然違いますね。ヘッドレストがあるのも魅力。頭を固定することでより心地よい体感を得ることができます。寝るには最適です。

JALクラスJと普通席の違い

そんなクラスJ。普通席との差は1,000円です。

お得なのでぜひ体験してみてください。

JAL国内線のクラスJ 普通席との違い、料金、マイル、変更、当日アップグレード

JAL国内線の普通席シート

国内線の普通席は非常口側、一列目等もともと広い席以外はほとんど違いはありません。

例えばJAL・ANA共に国内線での標準シートピッチ(足元)は79センチ 。ちなみに、LCCが71センチ、ANAとコードシェアしているスターフライヤーが91センチとなります。

JAL普通席はこんな感じ。機材はボーイング777-200。ファーストクラス、クラスJ、普通席の3クラスで運用されている機材で定員375人。主に羽田から伊丹、沖縄等の利用客が多い路線で運行されています。普通席の配列は3-4-3です。

JAL国内線の普通席

参考までにANAの普通席。こちらもボーイング777-200で3-4-3。
普通席についてはANAもJALも違いはほとんどありません。

ANAボーイング777の普通席

座るとこんな感じ。普通に座れば問題ないですが、例えば中央だと、ちょっと失礼してお手洗いへ、なんてことが難しくなるのでそこが難点でしょうか。

ANA国内線普通席の足元

スポンサーリンク

JALのクラスJシート

次にクラスJシートを見てみましょう。

国内線でJALにはあってANAにはないシート。

JALには普通席に1,000円プラスし利用できるシートがあります。シートピッチ(足元)は97センチと79センチの普通席に比べて圧倒的なゆとりがあります。JALのファーストクラス、ANAプレミアムクラスに次いで広いシートです。

クラスJのメリット

メリットは幾つかありますが先ずは何と言ってもシートピッチでしょう。普通席に比べて座席間隔は国内ダントツです。

クラスJのシートピッチ

普通席に比べて18センチ、LCCだと26センチの差になります。この差は大きいですね。普通席に比べて広いので窓側に座っていてもお手洗いのために通路側に出やすくなっています。

普通席 クラスJ
JAL 79 97
ANA 79
スターフライヤー 91
LCC 71

横のゆとりも違います。こちらはボーイング777-200の座席配置。
クラスJが2-4-2、普通席が3-4-3なので2席分クラスJにゆとりがあります。

JAL777のシートマップ

クラスJは普通席に比べ足元は18センチ、横幅もゆとりがあります。

レッグレスト、ヘッドレストがあるのも大きいです。足元が広い分レッグレストはありがたいですね。ヘッドレストは左右で頭を固定できるので、ちょっと寝たいなあと言うときには最高です。

JAL国内線のヘッドレスト、レッグレスト

マイル加算も違います。マイルが10%上乗せされます。例えば羽田ー那覇。JAL、ANAの通常会員、それぞれゴールドカード保有で調べました。

飛行距離はもちろん同じなのであまり変わりません。JALのクラスJだと普通席に比べて122マイルの差。ちなににJALのステータスを決めるFLY ONポイントが196違ってくるのでJALステータス獲得を目指している場合にはお得なシートです。

JAL 先得・特便の普通席 先得・特便クラスJ ファーストクラス
通常会員 923 1,045 1,538
ANA 旅割・特割の普通席 プレミアムクラス
通常会員 922 1,537

利用方法

通常購入する場合にクラスJを選択します。普通席に比べて1000円の差です。空席状況により変動する運賃の場合は差額1,000円になることもあります。

JAL国内線の運賃

尚、2018年からクラスJの取り扱いが変更になりました。

2018年3月25日以降のウルトラ先得、スーパー先得、先得割引タイプBでのクラスJの設定がなくなり購入できなくなりました。

JAL先得運賃の規定の変更

直前で購入する特便か先得Aで購入が可能です。

ちなみに先得の運賃は、
75日前までに購入可能なウルトラ先得、
55日前までに購入可能なスーパー先得、
45日前までに購入可能な先得割引タイプB、
28日前までに購入可能な先得割引タイプA、
になります。

普通席からのアップグレード

普通席で予約していても当日空席があればアップグレードが可能です。特典航空券もアップグレードOK。料金は1,000円。当日チェックイン時に可能かどうか聞いてみてください。

尚、空席がある場合、チェックインカウンターの前に表示されていたり、空港でアナウンスされることも多いです。地方空港だとアナウンスしていることが多いですね。私は特典航空券で普通席を予約して当日空港でアップグレードすることが多いです。

JAL国内線アップグレードの領収書

ちなみに普通席購入後でもクラスJに変更が可能でしたがJAL予約システムの変更により、2017年11月16日からはできなくなりました。

【追記】JAL予約システムの変更 座席予約、eJALポイント、アップグレードについて

スポンサーリンク

クラスJで国際線ビジネスクラス

成田から伊丹、新千歳、中部その他の路線で国際線機材で運航されています。
臨時便として上記以外にも運航されることがあります。

国際線機材だと何が違うのか。

国際線機材のクラスJシートはビジネスクラスが指定されています。例えば以前成田伊丹で1便運航されていたボーイング777-300。国際線長距離で運航されている機材でフルフラットを体験できます。フルフラットとは言え飛行時間は1時間。眠りにつくことは難しいですがビジネスクラスを体験できる、と言う点で楽しめます。尚、成田伊丹の現在はボーイング767―300に変わっています。

JAL国際線機材で国内線

国際線機材は購入時に分かります。クラスJのマークが白になってますよね。
これは国際線機材運航となります。予定が合えばぜひ予約をしてみてください。

JAL国際線機材でクラスJ

詳しくはこちらにまとめています、参考まで。

JAL国内線で国際線ビジネスクラスを体験

実際に乗ってみました クラスJ搭乗記

私は普通席で予約、当日空港でアップグレードして乗ることが多いです。
こうしてみると重厚感ありますね。会社の重役の革張りチェアと言った感じ。

前列のクラスJシート

前が壁になっている席でした。クラスJの標準シートピッチは97センチですが、前が壁だとそれ以上ですね。足を延ばしても前に届きません。とても快適でした。

JAL国内線クラスJの足元

羽田空港到着。第一ターミナルのエアポートラウンジは到着時にも利用可能。たまに使っています。

羽田空港POWER LOUNGEを体験 カードラウンジ最強か?

夜の羽田空港、絵になります。

夜の羽田空港で見た滑走路

まとめ

普通席とクラスJの大きな違いは足元、そして横のゆとり。実際に乗っていても疲れ方が全く違います。クラスJの料金はどこでも1,000円なので長距離になればなるほどその価値は増していきます。

例えば羽田那覇だと飛行時間は2時間を超えます。この距離で夜の疲れている時、或いは早朝だと寝たくなりますよね。そんな時にはクラスJがおすすめです。

マイル加算も10%違います。これも大きい。尚、特典航空券でクラスJをアップグレードした場合にはマイル加算はされません。ご注意を。

そして国際線機材でのビジネスクラスの体験。運航路線は限られていますがこちらも面白い。ぜひ一度体験してみてください。

普通席とクラスJの差は1,000円。いかがでしょう。マイル加算もされますし長距離だと更にお得ですしコストパフォーマンス抜群だと思います。

このクラスJがあるので国内線はJAL!と言う人が多いです。快適さが全く違います。当日アップグレードも可能(空席待ちも可)なのでチェックイン時に聞いてみてください。

さて、2018年に入りJAL国内線の予約方法が変わりました。ウルトラ先得、スーパー先得でクラスJの予約ができなくなりました。先得運賃だと先得Aのみです。あとは直前割引の特割で予約が可能です。ウルトラ先得で予約ができなくなった点は痛いです。こちらにまとめているので参考にしてください。

JAL先得が2018年1月23日から先行発売 注意点をまとめました

さいごにJALマイルについて。

2017年にモッピールートが確立しJALマイルは劇的に貯め易くなりました。ポイントサイトで貯めたポイントを最大80%でJALマイルに交換可能です。1年でビジネスクラス、ファーストクラスも可能です。一人旅、家族旅行、或いは親を旅行に連れて行く。ビジネスクラス、或いはファーストクラスで。夢が広がりますね。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.