モッピーのJALマイルキャンペーン延長へ

JALの主力機はボーイングからエアバスへ。今までと何が違う?9月に羽田福岡線で導入へ。

航空機の2大メーカーであるボーイング社とエアバス社。

ANAとJALはボーイングとの結びつきが強かったわけですが、ANAは既に小型機のA320シリーズを導入、2階建て大型機のA380を2019年5月に成田ホノルル線で就航させるなどエアバスとの関係を深めています。

一方JALはと言うと、ジャンボジェット退役後の主力機であるボーイング777シリーズの代替えとして、2013年に最新A350シリーズを35機発注。

JALとしては初のエアバス製品の納入となります。2019年9月から国内線で導入、古い機材との入れ替えになります。

エアバスA350とはどういった機材なのでしょうか?今までと何が違う?

JALボーイング777機の機材入れ替え

ボーイング747が2011年に退役して以来、長距離線の主力機として使用されているのがボーイング777シリーズです。

777シリーズの初号機はボーイング777‐200で1996年4月の羽田鹿児島線で初フライト。今から20年以上も前。

古くなった777機は順次退役し、現在は国内線で16機(772が12機、773が4機)、国際線で24機(772が11機、773が13機)の計40機が活躍しています。

 

777シリーズも古くなり代替えとしてボーイングとエアバス両社を検討しましたが、2013年にエアバス社に決定、計35機(オプション25機)を発注しました。

国内線のボーイング777は2種類

777‐300が4機。クラスJが78席、普通席が422席の計500席。

JAL国内線で最大機であり羽田那覇、羽田札幌等の路線で使われています。修学旅行や社員旅行等の需要に対応しています。

 

続いてボーイング777‐200。ファーストクラス14席、クラスJが82席、普通席が279席の計375席。羽田から那覇、福岡、札幌、伊丹の4路線で使用されている機材です。

 

この2機がエアバスA350‐900に入れ替えになります。

ボーイング777‐200の入れ替えで2019年9月の羽田福岡線が初フライトになるようです。

スポンサーリンク

国際線のボーイング777は2種類

ボーイング777-200ER。後ろにERが付くと国際線仕様です。

266席タイプの3クラス制で、ビジネスクラス42席、プレミアムエコノミー40席、エコノミー154席となっています。

 

ボーイング777‐300ERはファーストクラスが設定されロンドン、パリ、ニューヨーク、ロサンゼルス等で運航されています。

ファーストクラスは8席、ビジネスクラスは49席、プレミアムエコノミーは40席、エコノミーは147席の計244席です。

 

ボーイング777‐200、300はエアバスA350‐1000に入れ替える予定。

ボーイング777‐300ERはファーストクラス設定なので、A350-1000はファーストクラス仕様とビジネスクラス以下の2仕様に分けられるでしょう。

エアバスA350シリーズとは

現在作られているエアバスはA350XWB(extra Wide Body)で再設計されているもの。*A350‐800は製造中止になっています。

  • A350‐800・・全長60.5メートルで標準280席
  • A350 -900・・全長66.8メートルで標準325席
  • A350-1000・・全長73.8メートルで標準366席

 

ボーイングの大型機への対抗機として、長胴型のA350‐900とA350-1000が現在作られている機種になります。

 

特徴としては以下。

  • 炭素繊維複合材を53%、チタン、最新のアルミ合金を使い軽量化
  • エンジンはロールスロイス製のTrent XWB
  • 燃費性能の向上
  • CO2排出量を25%削減
  • 空気を2,3分ごとに入れ替えし温度、湿度を調整

 

簡単に言えば、燃費良し、環境に優しい、機内は静か、お肌に優しい、そんな感じでしょうか。

 

尚、シンガポール航空に納入されたA350‐900ULR(Ultra-long-Range)は350‐900の超長距離型でシンガポールニューアーク間を18時間45分で飛ばしています。世界最長フライトです。

世界最長フライトをプレミアムエコノミーで!シンガポール航空が特別運賃の設定。

 

A350シリーズが納入されている主な航空会社は以下の通り。

  • カタール航空
  • ベトナム航空
  • フィンエアー
  • シンガポール航空
  • エティハド航空
  • ルフトハンザ航空
  • チャイナエアライン
  • アシアナ航空
  • タイ航空
  • デルタ航空

ボーイング777とエアバス350の比較

入れ替えするボーイング777シリーズと比較してみましょう。

777シリーズを意識して作られていますね。ボーイング777‐300とエアバスA350-1000はほぼ同じ全長です。

全幅(m) 全長(m) 座席数
ボーイング777-200 60.9 63.7 375
ボーイング777-300 60.9 73.9 500
エアバスA350-900 59.6 67 2クラスで366
エアバスA350-1000 59.6 73.8 2クラスで412

 

尚、エアバス社の座席数は標準仕様です。ボーイング777のJALの座席数に合わせる形になるでしょうね。

大型機の入れ替えであるエアバスA350‐900が先ずは羽田福岡線で投入される予定です。

どういう仕様になるの?投入は9月の羽田福岡線。

国際線はファーストクラス設定と設定がない2つのパターンに。国内線も同じくファーストクラス設定と設定がない2つのパターンに分かれるでしょう。

 

新しい仕様としては国内線で個人モニターが搭載される点です。

既にANAではエアバスの小型機であるA320シリーズで普通席にもモニターを搭載しています。時間つぶしには最適ですよ。

ANA国内線の進化。最新機種はモニター搭載。機内の過ごし方が変わる。

 

主力機の大幅入れ替えと言うことでちょっとしたデザインの変更もあるかもしれません。初フライトは2019年9月の予定です。初便で乗ってみたいですね。

スポンサーリンク

JALのA350の現在

初号機は2019年6月に日本に到着の予定。

2019年2月15日付のエアバスのプレスリリースを読むと最終組み立てに入っているとのこと。一か月経った今では完成形になっているかもしれません。

A350の乗り心地は?実際に乗ってみました

振り返ってみるとキャセイパシフィック航空とチャイナエアラインでA350‐900に乗っていました。

キャセイパシフィック航空のシートマップ。

 

ビジネスクラスは38席、プレミアムエコノミーは28席、エコノミーは214席の計280席です。

キャセイは機材変更が多く予定変更でたまたまA350‐900に乗ることができました。これはラッキー。

 

乗った感想としては『静か』の一言。

離陸時の騒音が全く気になりませんでした。湿度、気温等についてはそこまで違う感はないものの、快適だったことに間違いはありません。

 

チャイナエアラインのA350‐900ビジネスクラスはかなり良かったです。こつこつ貯めたデルタマイルを利用しました。

チャイナエアラインA350ビジネスクラス 関空から台北へ

まとめ

2019年秋から順次入れ替えとなるエアバスA350シリーズの紹介でした。

 

新しい機材だと何が違う?

 

新車に乗るときを思い出してください。あんな感じです(笑)オニューの飛行機。ワクワクしませんか?

今後、JALの主要路線で運航していくのでぜひ利用してみてください。個人的には羽田福岡の初便を狙いたいです。

エアバスA350が次々に納入される中、エアバスの超大型機であるA380は製造中止に。今後はA350シリーズが長距離線の主力機になっていきます。

ANAのエアバスA380
ANAがホノルル線に導入するエアバスA380が生産中止へ。航空会社への影響は?

 

さて、ボーイングの最新の小型機ボーイング737MAXの事故。ANAも2021年から導入予定だった機材ですが、日本を含む多くの国で運航禁止となっています。早急な原因追求を望みます。航空業界の大きな不安になっています。

半年で2度目のボーイング737MAXの墜落。ANAとJALはどう対応する?

 

ボーイングがダメならエアバスでと言うことになるかもしれませんね。エアバス320の最新シリーズはANAも導入している機材です。

ANA国内線プレミアムクラスと普通席を乗り比べてみた。A320neoってどんな機材?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください