JALマイルを貯める。移行率は80%!

JALビジネスクラスでバンコクへ。乗り継ぎは5時間!空港でのこんな過ごし方。

2018年夏、スリランカへ行ってきました。

バンコク経由でスリランカ。

日本からスリランカへはスリランカ航空直行で週3便、バンコク、クアラルンプール、シンガポールからスリランカ航空で乗継で行くことが可能です。

空きがあったバンコク経由でスリランカへ。

成田からバンコクまではJALビジネスクラス、バンコクからはスリランカ航空エコノミークラスの特典航空券を発券しました。

2018年夏、楽しみにしていた旅の始まりです。ただ、バンコクでは5時間の乗り継ぎ。当初はどうしようかなと思っていたのですがそこはスワンナプーム空港。

全く心配ありませんでした。

成田空港の高揚感。サクララウンジ。

成田空港の高揚感

成田に来ると特別感がありますね。羽田の方が近くで便利なのですが何というかこの高揚感がたまりません。同じように感じている人が多く伝染しているのかもしれませんね。

JALサクララウンジへ。サクララウンジと言えばカレー。普段からこココイチで食べたり家でも作ることが多いカレーですが空港に来てもなぜか食べてしまいます。出国の儀ですね(笑)

時間があったので散策していたのですがシャワー室横に仮眠室を発見。これは知らなかった。仮眠室自体はラウンジ奥にあるのですが個室スペースがあるなんて。

受付で時間を言えば起こしてくれますしこれは便利です。2部屋だったですかね。ぜひ利用してみてください。

JALビジネスクラス搭乗記。成田からスワンナプームへ。

バンコク・スワンナプームへ。

直前での発券だったのですが空きがあったので良かったです。

近くでみるJAL機。この角度からいつも撮ってしまいます(笑)

スポンサーリンク

機材はボーイング787-8

ビジネスクラスがSKY SUITEとJAL SHELL FLAT NEOの2タイプあるのですが利用する機材はSKY SUITE。ビジネスクラスがフルフラットのタイプです。

ビジネスクラスがあ2-2-2で38席、プレミアムエコノミーが2-3-2で35席、エコノミークラスが2-4-2で88席、計161席。

ビジネスクラスは全席通路側で便利。個室タイプでプライベート感満載。

窓側は指定できずその隣で。

窓側の席を見るとこんな感じ。プライベートパーティションがあるので開閉可能です。全席こんな感じなので家族、友人等2人で行くときは便利ですね。

23インチの大型モニター。

足元はこんな感じ。広いですね~ 足を延ばしても届きません。下にはカバンも置ける広さ、左には小物入れがあります。

シートの隣はちょっとしたスペースあり。USBポート、電源があります。

隣を見るとこんな感じで。

スリッパ、ヘッドホン、毛布、枕にアメニティが入った小物入れ。アメニティは歯ブラシ、アイマスク、靴下等。

そして離陸。時間通りでした。

スポンサーリンク


機内食、ウェルカムドリンク

アルコールはたしなむ程度に飲みますが機内だとあまり飲めません。1杯、2杯くらい飲めれば満足です。

ウェルカムドリンクはシャンパンで。

ワイン、焼酎、ウイスキー、日本酒あり。

ソフトドリンクもオリジナルコーヒーを始め種類豊富です。

さて、機内エンターテインメント。普段は映画を見ることが多いのですがバラエティを見ると出川哲朗さんの旅番組をやっていたので見ることにしました。沖縄を巡る旅だったのですがちょうど行く予定があったので。

食は和食か洋食で。

東京の名店「くろぎ」のシェフが監修したメニューです。

先ずはこちらから。茄子揚げ出し、そば、酢の物、煮物、お造り。

うーん、これは旨い。機内で食べる和食も良いですね~ 正解でした。

メインはカツの卵じめ、ギンダラのみそ漬け。ご飯に、みそ汁。

デザートは抹茶ロールケーキにコーヒー。

それからハーゲンダッツをいただきました。

食事中はこんな感じで旅バラエティを見てました。

約6時間のフライトはあっと言う間です。寝たり雑誌読んだり音楽聞いたりしているとすぐに乗り継ぎであるスワンナプーム空港に到着しました。

スワンナプーム空港に到着。5時間の乗り継ぎ

バンコクに到着したのが15時30分すぎ。出発が20時20分。5時間の余裕がありました。

のりさん

巨大なスワンナプーム空港。なにしようかな。1,2時間ならあまり考えないで良いですが5時間だと迷います。

到着してすぐに思ったこと。そうだ、マッサージに行こう。

と言うことで検索したらありました。

スポンサーリンク

バンコクと言えばマッサージでしょう

コンコースAにあるExpress SPA(エクスプレススパ)へ。店内は広くスタッフも多いのでいっぱいだったとしても待てばすぐ案内してもらえると思います。

メニューはこんな感じで。ハンドマッサージ、フットマッサージ、バック・ショルダーマッサージ、タイ古式マッサージにオイルを使ったマッサージ、追加でハンド、フットマッサージまで。

120分で1,600バーツ(約5,000円)、90分で1,200バーツ(約4,000円)タイの街中よりは高く空港設定の価格ですがそれでも日本よりは安いでしょう。60分のバック・ショルダーマッサージをお願いしました。

店内はこんな感じ。いやー、めちゃくちゃ気持ち良かった。最後チップを渡したかったのですが乗り継ぎでバーツがなく残念。用意しておけばよかったなぁ。

スワンナプーム空港で時間余ればマッサージは一番のおすすめです。

ラウンジ巡り

60分のマッサージを受けてもまだまだ時間はあります(笑)

と言うことでラウンジ巡り。スワンナプーム空港はラウンジが豊富。赤丸で囲ったところがワンワールドのラウンジです。JAL、キャセイパシフィック航空、カタール航空(ビジネスクラス搭乗時に利用可能)

先ずはキャセイラウンジに行ってキャセイディライトを。キウイベースのノンアルコールカクテルです。優しい味です。

キャセイラウンジは良いですね~ ヌードルバーもあります。アルコール、ソフトドリンクも豊富にあります。営業時間が限定されている点は使いづらいところです。

キャセイラウンジはやっぱ良い!バンコク・スワンナプーム空港で体験。

今回は夕方到着で時間ぎりぎりキャセイラウンジを利用することができました。夜便のJAL便ならサクララウンジを利用することができます。

JALサクララウンジをスワンナプーム空港で利用しての感想。

スワンナプーム空港はプライオリティパスで利用可能なラウンジが豊富。コンコースB以外のコンコースにあるので便利です。

こちらはエールフランスのラウンジ。

ここは超広い。食事、飲み物も豊富。空いているのでゆっくり過ごせます。

エールフランスのラウンジをバンコク・スワンナプーム空港で体験。

のりさん

プライオリティパスで利用できるラウンジはコンコースDのミラクルラウンジ、オマーン航空ラウンジもおすすめです。

スポンサーリンク


スリランカへ向かって出発

スワンナプーム空港での乗り継ぎは5時間。心配していたのですがマッサージしてラウンジでのんびりしているとあっという間でした(笑)何の心配もいらなかったです。ダラダラした時間を過ごしました(笑)

搭乗ゲートへ向かいます。

初のスリランカ航空。機内食はもちろんカレー。中々良かったです。

そしてコロンボへ到着。午後10時半くらい。イミグレ通過はどのくらい時間がかかるんだろう、夜も遅く不安だったのですが飛行機を降りて通過するまで15分くらい。超速でした(笑)

定額タクシーを利用しコロンボ市内へ向かいました。

機内食が最高に旨かったエコノミークラス。スリランカ航空を利用しての感想。

まとめ

JALビジネスクラスとスリランカ航空エコノミーを利用してスリランカへ。ワンワールドなのでJALマイルで特典航空券で発券が可能です。

スワンナプーム空港では5時間の乗り継ぎで正直長いなぁと思っていたのですが、そんなことはなくむしろもう少し時間が欲しかったくらいです(笑)特にマッサージはおすすめです。時間あれば2時間マッサージをトライしたいですね。

スワンナプーム空港はラウンジが豊富。ワンワールド系、スターアライアンス系、そしてプライオリティパスで利用可能なラウンジ。

地元タイ航空を始めとしたスターアライアンス・ラウンジも魅力です。

バンコク・スワンナプーム空港のスターアライアンス・ラウンジ。アクセス、利用方法まとめ。

JALビジネスクラスも良かったですがANAはどうでしょう。

のりさん

ANA最新のビジネスクラスはスタッガード。180度フルフラットで快適です。

JALとANAどちらが良いか、この辺は好みが分かれるところです。

ANAビジネスクラスの比較。新シートRoom(ルーム)は路線拡大中!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください