モッピーのJALキャンペーン無期限の延長へ

エールフランスのラウンジをバンコクで体験。プライオリティパスで利用可!

バンコク・スワンナプーム国際空港。

イミグレも混むので早めに空港へ、

と言う人も多いと思いますがそんな時に空港ラウンジは便利。

余った時間をラウンジでビール飲みながら食事したり、

コーヒー飲みながらゆっくりしたり。

使い勝手抜群ですね。

今回、エールフランスKLMのラウンジをプライオリティパスで利用しました。

航空会社ラウンジとあって広くて食事類も豊富でした。

シャワーもあって便利。

さて、巨大なスワンナプーム空港にはプライオリティパスで利用可能なラウンジが7か所あります。

どこを使ったら良いの?

おすすめのラウンジをまとめたので参考にしてください。

エールフランス・KLMオランダ航空のラウンジ。バンコク・スワンナプーム空港にて体験。

アクセス

スワンナプーム空港は広いです。

制限エリア内はこんな感じ。

出国審査場を背にして左側にコンコースA、B、C、

真ん中の長い通路がコンコースD、

右側にコンコースE、F、Gがあります。

ラウンジを利用する前に出発ゲートを確認してくださいね。

プライオリティパスで利用できるラウンジは7つあります。

基本は出発ゲートに近いラウンジが良いでしょう。

端から端までは早い人でも20分くらいかかるので注意してください。

今回紹介するエールフランスのラウンジはコンコースFにあります。

スカイチームのエリート会員、そしてプライオリティパスで利用可。

スポンサーリンク

コンコースF、ラウンジの外観

出国手続きを終えて歩くこと10分ほど。

コンコースFにはスターアライアンスのエバー航空、

プライオリティパスで利用可能なミラクルラウンジもあります。

搭乗券とプライオリティパスを提示。

プライオリティパスは基本的には1名のみ無料。2名からは発行したクレジットカードに応じて料金が発生します。

入って左側のエリア

ラウンジ内はとにかく広いです。

しかもかなり空いていました。

航空会社(スカイチーム)のラウンジなのでスカイチームの搭乗時間近くになれば混むと思いますが、

私が行った時はほとんど人がいなかったのでびっくりしました。

空いていると落ち着いて時間を過ごせますね。

中央には長テーブルがあり複数名の時は良いでしょう。

プライベート感があるソファー席。

ゆとりあるスペースに敷居があるので人目を気にせずゆっくり出来そう。

サイドに飲み物を置けるスペースくらいはありますが食事は難しそうなので、

食事をした後にこちらでくつろぐのが良いでしょう。

テーブル付のソファー席。

コンセントも各箇所に設置されています。便利ですね。

2つのマッサージチェアもあります。

雑誌、新聞類。

飲み物、軽食類。

尚、本格的な食事は入って右側のスペースにあります。

クッキー、タルトとか。

コーヒーでも飲みながらのんびりするには最適。

ソフトドリンクはこんな感じ。

入って右側のダイニングスペース

こちらでは食事やアルコールがサーブされています。

食事、ドリンクがサーブされているエリア。

鶏肉やフィッシュを使ったメインの料理。

野菜を煮たのとかチャーハンとか。

定番のミートソーススパゲティ。

ちょっとスパイシーなサラダ。

シュウマイに豚まんかな。

トマトのクリームスープ。

カップラーメンもあります。

エールフランスのラウンジはパン類が豊富にありました。

ピザとか。

ミニバーガーにキュウリの上にツナサラダが乗ったもの。

ピザトースト的なものとポテトサラダのカナッペ。

ハムとチーズのクロワッサン、パルマハムのサンドウィッチ。

それから甘いもの。

アップルパイにロールケーキ。

チョコレートのエクレア。

チョコのクリームケーキ。

個人的にはシンプルなこれが一番好きですかね。

アイスクリームもありました。

ソフトドリンク類。

ビールはハイネケン、そしてタイと言えばシンハー。

ワイン、そしてスパークリングワインとか。

ウイスキー類。

こんな感じで頂きました。

この後、搭乗を控えていたのでお酒は飲まず控えめに。

スポンサーリンク

シャワー室は3つ

シャワー室は3つ。

空いていたのですぐに利用できましたが混むと時間がかかるのでシャワーを利用する場合はお早めに。

シャンプーとボディーソープは分かれています。銘柄は分からず。

使ってみての感想

空港ラウンジとあってさすがのクオリティ。

広々としたラウンジ、食事、飲み物が豊富、そしてシャワーあり。

使い勝手抜群のラウンジでした、

個人的には空いているのも良かった。

時間帯によるのでしょうが混んでいると落ち着いて食事もできないですし、

ゆっくりできるのが良かったです。

スワンナプーム空港エールフランス・ラウンジ
場所・・コンコースF
営業時間・・24時間

利用方法はスカイチームのエリート会員、そしてプライオリティパスで利用可能。

プライオリティパスは世界中の空港ラウンジを無料で利用できる魔法のようなカード。

提携するクレジットカードからの申し込みが一般的。

中でも楽天プレミアムからの無料発行が人気です。

関空でのプライオリティパス利用は価値が高い。

制限エリア外でのお好み焼き『ぼてじゅう』が無料で食べられたり。

関西空港でプライオリティパスとクレジットカードを使って無料でラウンジを利用してみた。
スポンサーリンク

スワンナプーム空港で利用できるプライオリティパス・ラウンジ

巨大なバンコク・スワンナプーム空港。

プライオリティパスで利用できるラウンジがB以外のコンコースにあり全7か所あります。

ミラクルラウンジが5か所、オマーン航空、そしてエールフランス。

これだけ多いと迷いますね~

どこを利用したら良いのか。

利用する上で先ずは搭乗するゲートを確認してください。

近いところを利用するのが良いでしょう。

あとは食事、飲み物、営業時間、そしてシャワーの有無。

個人的なおすすめはオマーン航空。

航空会社のラウンジで食事・飲み物の質が高い。

シャワーあり。但し営業時間が20時30分までなのが難点。

スワンナプーム空港のオマーン航空ラウンジは最高でした プライオリティパスで利用可!

続いてコンコースDのミラクルラウンジ。

24時間営業、シャワーあり、そして綺麗。

中央のコンコースDにあり便利。ここもおすすめです。

スワンナプーム空港のミラクルラウンジが便利!プライオリティパスで無料!

そしてエールフランスのラウンジ。

広々として比較的空いているのがありがたい。

まとめるとこんな感じです。

コンコース ラウンジ 営業時間 シャワー おすすめ度
A ミラクルラウンジ 24時間
C ミラクルラウンジ 24時間
D ミラクルラウンジ 24時間
E オマーン航空 5~20時半
F エールフランス 24時間
F ミラクルラウンジ 24時間
G ミラクルラウンジ 24時間

一か所だけ選ぶとしたらコンコースDのミラクルラウンジでしょうか。

中央にあるので左右どちらのコンコースにも遠くない距離になり便利。

食事類多い、シャワーあり。

そして24時間営業。

さて、スワンナプーム空港はタイ航空が本拠地としていることからスターアライアンス系ラウンジが多い。

以下にまとめているので参考にしてください。

スターアライアンス・ゴールドの特典・メリットの全て。世界中のラウンジが利用可能に!

スターアライアンス・ラウンジはANAプラチナ、SFCで利用可能です。

スーパーフライヤーズカード(SFC)を取って2年の感想。SFC修行、特典・メリットまとめ

2 Comments

のりさん

PPでの利用人数は制限されると言うことでしょうか。なるほど、参考になりました。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください