読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

香港空港の自動化ゲート e道(e-Channel)を申請 出入国がスムーズに!

旅行準備

香港国際空港でe道(e-Channel)を申請しました。

e道(e-Channel)とは出入国の際の自動化ゲートのことです。
パスポートチェックのゲートを並ばずに通過することができそうです。特に香港は激混みすることが多いので非常に便利。ずっと申請したいと思ってたのですがようやく申請できました。1度申請しようと思っていたのですが忘れていましたので(笑)

有効期間はパスポート残存期間と同じなので、今後出入国審査の行列にイライラすることなくゲートを通過することができそうです。

さて、重要な点を先に。
先ず、香港から出国する際は申請できません。香港へ入国する際に申請可能です。
日本からでも良いですし、他の国からの入国からでもOKです。あと申請する際、1度入国審査を受ける必要があるのですが、その後は前方の荷物受取所には向かわない、左右どちらかの申請所に向かう、これが大事になります。荷物受取所に向かうと申請は次回になってしまいます。

香港国際空港 e道(e-Channel)申請について

 

 

e道の概要

香港国際空港にはe道(e-Channel)と言われる無人の自動化ゲートがあり、
一定の基準を満たせば申請することが可能、一度申請すればスムーズに出入国審査を通過することができます。最近の香港だと通常でもパスポートにスタンプを押さないので、自動化で通過してもさほど影響はないと思います。

適格条件は以下。
①18歳以上であること
②有効な旅券、そして必要に応じてビザを持っていること
③以下の身分証明書のいずれかを所持していること
a)裏面にHKGと印字されたAPEC・ビジネス・トラベル・カード
b)香港国際空港フリークエント・ビジター・カード
c)所定の航空会社が発行したマイレージ会員カード
12ヶ月以内に3回香港に入国したことがある。

日本人が申請する場合は、12ヶ月以内に3回の入国履歴か(4回目で申請可能)所定の航空会社のステータス保持になると思います。航空会社の詳細については以下で。

 

ANAの場合

適格条件は以下の通り。
①18才以上であること
②有効な旅券またはビザを保有していること(日本国籍で、観光・商用目的で香港に90日以内の滞在の場合、ビザは不要です)
ANAプレミアムメンバーであること(同行者は利用不可)

ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ、スーパーフライヤーズ(本会員、家族会員)が対象となっています。私も今回ANAステータスから申請しました。申請時にプラスティックのステータスカードが必要なのでお忘れなく。スマホでデジタル画面を見せるとダメでした。

 

JALの場合

①申請者本人が18才以上であること
②香港入国に際し、有効な旅券もしくはビザを持っていること
③ステータスを保持していること

JMBダイヤモンド会員、JGCプレミア会員、MBサファイア会員、JMBクリスタル会員、JALグローバルクラブ会員が対象となっています。

クリスタル会員でも申請可能なのでANAの場合より基準が低くなっていますね。

 

 

キャセイパシフィック航空の場合

香港が地元のキャセイの会員になると申請が可能になります。
対象はマルコポーロクラブ全員(緑、銀、金、DIA)なのでステータスは必要なくANAJALに比べて基準は低いです。ただ会員になるには100米ドル必要です。

以前、会費は50米ドルだったのですがその際にはe道(e-Channel)を申請するために会員になった、と言う人も多くいたようですね。

 

 

e道 申請方法

香港国際空港に到着してイミグレーション(入国審査)に向かいます。尚、搭乗便は関係ありません。ANAJAL以外でも何でもOKです。

香港空港のイミグレ

イミグレに到着して入国審査を受けます。審査後の前方には手荷物受取所がありますが、絶対にゲートを出ないでください。出てしまうと申請は次回、と言うことになってしまいます。審査後は前方ではなく左右にあるどちらかの申請オフィスに向かいます。

香港空港e道のオフィスの場所

北側のオフィスは10時~18時、南側は7時半~23時となっています。

申請方法はいたって簡単でパスポートとステータスカードを渡すでけでOKです。
特に聞かれることもなく写真撮影、指紋登録を済ませれば5分程度で終わります。
私の場合は2人並んでいたのですが、それでも15~20分程度でした。完了後はパスポートの裏にバーコードを貼ってくれます。

パスポートの裏にe道のバーコード

その後、出国の際にe道を利用してみましたが、楽なこと楽なこと(笑)
びっくりするほどスムーズでした。利用方法はバーコードをかざして指紋認証するだけですが、ゲートによって違うようなので、その点は注意が必要ですね。

一度登録すれば無期限に利用できます。パスポートが切れれば新しいパスポートで再度申請すれば可能とのことなので、香港に行く機会が多い人は申請してみてはいかがでしょう。

『まるとANAの旅事情』のまるさんもANAのステータスを利用して申請されています。
まるさんはANA路線や価格についての知識、調査は凄いものがあるので私自身とても勉強にしているブログです。こちら併せて参考まで。


自動化ゲートは日本にもあります。成田、羽田、関西、中部の各空港で申請することができ、どの空港でも利用可になります。特にゴールデンウィーク等の大型連休時には便利だと思います。激混みしますからね(笑)こちら参考まで。


スポンサーリンク

 

関連記事