しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ANAとJALどっちがおすすめ? 国内線での違いをまとめてみました 

ANAJALってどっちが良いの?

これって多くの人が疑問に感じていることだと思うんですよね。
違いがあるようで、無いようで、実はあったりします。

飛行機は双方ボーイングを主としているので大差ないような気がしますが、
機内のレイアウトは航空会社が独自で仕様を決めているので違いが生じてきますし、
機内サービスとか路線、加算マイル、会社の風土もありますから、やっぱり何か相違するものがあります。

おすすめ度を測る要素は結構あるという訳です。
と言うことで、今回、国内線についてまとめてみることにしました。

ANAJALの路線について

先ずは路線について。
どっちが多いの? どっちが利用しやすい?

結論を言えば国内線の路線の数は地方を網羅しているJALが多いです。
ただ使い勝手が良いかとなると別の話になってきます。

JAL日本トランスオーシャン航空日本エアコミューター琉球エアコミューター等とコードシェア(共同運航)しANAが飛ばない離島へ運航しています。 奄美や沖縄周辺の離島に行く場合はJALが良いですね。ANAは石垣、宮古島へは飛んでいますがその他離島へは飛んでいません。

その他、まんべんなく地方に運航していて、例えば、山形、松本なんかはJALのみとなっています。2017年2月現在で発着空港はこんな感じです。

JAL就航都市

一方のANA
JALに比べて路線は少ないですが、主要空港はもちろんカバーしているので、離島以外であればそこまで気にする必要はりません。

また羽田から新千歳や福岡等へはエアドゥやスターフライヤーコードシェアしているので便数が多くなります。従って、羽田からそうした大都市に向かう場合はANAの方が便が多く時間に融通が利く、と言うことになります。ANAの路線は以下の通り。

ANA就航都市

ANA国内線のコードシェア便についてはこちらにまとめています、参考まで。

 
路線で抑えておくことはコードシェアと言う点です。

JALは離島に飛んでいる日本トランスオーシャン航空日本エアコミューター等とコードシェアしている一方、ANAは北海道や九州に強いエアドゥやスターフライヤーコードシェアしています。結果、離島その他地方だとJALが強く、大きな都市だとANAが強い、そういう構図が出来てくるわけです。

まとめとしては、羽田から主要都市だとANAが便利、地方都市だと地域によってJALが良い、そんな感じになると思います。

 

料金体系の違い

普通運賃(早割等の割引後の値段を含む)についてはANAJALもそこまで変わりはありません。路線によって多少の差はありますが、基本的に同じと考えて良いでしょう。
お互いの価格はもちろんチェックしているでしょうし、大きな開きがあっては航空券は捌けないですから。

ただ購入する際の運賃の取消規定については差があります。

 

ANA運賃の取消規定

ANAの早割はプレミアム旅割28・旅割75・旅割55・旅割45・旅割28・旅割21があり、直前だと特割があります。

2016年10月30日以降の搭乗分より搭乗日55日前まで取消料はかからない、と変更になりました。*航空券1枚につき430円の払戻手数料のみになります。
その他の取消規定は以下の通り。

解約日時 取消料
購入後~搭乗日55日前 取消料なし
搭乗日54日前~搭乗日45日前 運賃の約30%相当額
搭乗日44日前~搭乗日28日前 運賃の約40%相当額
搭乗日27日前~搭乗日14日前 運賃の約50%相当額
搭乗日13日前~出発時刻前 運賃の約60%相当額
出発以降 運賃の約100%相当額

 

取消料がかからなくなりとても利用しやすくなりました。数か月後の予定なんて変わってきますからね。 旅割75が発売して予定は未定だけど取りあえず航空券は押さえて置こう、と言うことが可能になります。取消料がかからないと言っても払戻手数料430円は発生するのでご注意を。ANAの運賃体系についてはこちらにまとめています、参考まで。

 

JAL運賃の取消規定

JALの運賃は75日前から28日まで予約可能な先得、直前で可能な特割、その2つがメジャーな運賃体系です。その他、普通運賃、ビジネスきっぷ、株主優待運賃等がありますが、基本的にはその2つがメインと言って良いと思います。

JALの運賃の内、先得割引(28日・45日前までに予約)、スーパー先得(55日前までに予約)、ウルトラ先得(75日前までに予約)の先得は変更不可で、航空券1枚に対し430円の払戻手数料、加えて取消日にかかわらず、運賃に対し約50%相当の取消手数料が発生します。特便割引は路線によって違ってきますが、例えば羽田―那覇の出発前取消で430円の払戻手数料と1枚につき2,000円の取消料が発生することになります。(先得は約50%の取消料)

JAL国内線の予約についてはこちらにまとめています、参考まで。

まとめとしては、普通運賃はANAJALもそこまで変わりはないですが、取消規定はANAが優位。予定が分からない、でも安いうちに航空券を押さえたい場合はANAの旅割75で取った方が、良いかもしれません。出発55日前までなら取消料は無料になります。(払戻手数料430円のみ)

 

座席(普通席)の違い

普通席については非常口側等もともと広い席以外はそこまでの違いはありません。
JALANA共に国内線での標準シートピッチ(足元)は79センチ になり普通席であれば基本同じです。ちなみに、LCCが71センチ、スターフライヤーが91センチとなります。

ただJALはクラスJと言われるシートがあります。

 

JALのクラスJ

JALには普通席に1000円プラスするだけで座れるクラスJがあります。
シートピッチは97センチと国内線では断トツ、圧倒的にゆとりがあります。

左がクラスJで右がANA普通席。クラスJはひじかけを見ても全然違いますね。
加えて、クラスJのネックレストは動かすことで首を固定できるので、寝るのにも最適。加算マイルも10%上乗せされるので例えば羽田ー那覇等、長距離になればなるほど1000円の価値は高いと思います。

JALとANAのシートを比較

今年に入り久しぶりにクラスJに乗ったのですが、ずっとANAを利用していたので違いにびっくりしました。クラスJがあるので普通席のシートについてはJALに軍配は間違いないと思います。こちら実際に乗った時のものです、参考まで。


ファーストクラスとプレミアムクラス

JALANAともに普通席の上に国際線で言えばビジネスクラス並みのサービスを提供するシートを設けています。ANAはプレミアムクラス、JALはファーストクラス。路線によって、或いは早目の予約によって随分お得に購入することもできますので、特別な日に乗ろうとか、仕事頑張ったから乗ろうとか、色んな利用の仕方があると思います。

 

JALファーストクラス 

国内線の運賃にプラス8,000円で利用可能。区間マイルの50%が加算されます。
導入路線は羽田-福岡、札幌、伊丹、那覇

また優先チェックインやラウンジ利用の特典があります。羽田・新千歳では最上級ラウンジであるダイヤモンド・プレミアラウンジが利用できます。搭乗だけではなくこうしたラウンジが利用できるのは大きな利点です。早めに行ってラウンジでゆっくり過ごすのも魅力です。羽田・新千歳以外の空港ではサクララウンジが利用可能となっています。

JALダイヤモンドラウンジ

機内食は路線や季節によって変わってきます。
シャンパンを飲みながら食事、優雅で良いですね。

JAL国内線ファーストクラスの機内食

シーズンによっては2万円以下で予約ができるので、価格を度々チェックしてみてはいかがでしょう。私も12月に伊丹羽田線で1万数千円で予約をしました。搭乗だけでなく羽田のダイヤモンドラウンジを楽しめる予定を組んでみたいですね。

 

当日空席があれば8000円でアップグレードも可能。手続きは空港カウンターにて。

  

ANAプレミアムクラス 

優先チェックインや搭乗前のラウンジ(ANAラウンジ)を利用することができます。
導入路線はJALに比べて圧倒的に多いので利用しやすく価格も1~2万円で利用可能な路線もあるので、使い勝手はANAのプレミアムクラスが良いと思います。

シートについてはJALファーストと同程度(少し落ちると思います)、
食事に関してはJALでしょうか。

ANA国内線プレミアムクラス

プレミアムクラスやJAL国内線のファーストクラスの良い点は航空会社のステータスを体験できるという点があります。航空会社は自社の会員に対しステータスを設けていて、チェックインから搭乗後の荷物受取までについてステータス会員を優遇しているサービスがあります。そのサービスを体験することで、ステータスの一つであるANASFCJALJGCを取ろうとしている人にとっては良い機会かなと思います。こちら参考まで。


まとめとしては、食事・ラウンジ(羽田でダイヤラウンジが体験できるので)が良いのはJAL、安く利用しやすいのはANAということになると思います。たまに価格をチェックし安いところを狙って体験するのも良いかもしれませんし、当日アップグレードも可能なので、チェックイン時に申請してみてはいかがでしょう。

 

ラウンジ

空港には航空会社が運営するラウンジがあります。(全ての空港にはない)
出発前のひと時をのんびり過ごすことができます。出発前の待合室の様なものです。

航空会社のラウンジは生ビールを含めたアルコールは無料ですし、使い勝手が良いことに間違いはなく、どちらが良いかは好みによるでしょうね。私はJALの方がシックな感じで好きです。それぞれの設置空港は以下のとおり。

 

JALラウンジ

新千歳空港羽田空港伊丹空港(以上はダイヤモンドラウンジがあり)仙台空港、成田空港、小松飛行場  、関西国際空港 、広島空港 、松山空港福岡空港鹿児島空港 、熊本空港 、那覇空港

ANAラウンジ

那覇空港 羽田空港伊丹空港(以上はスイートラウンジがあり)新千歳空港仙台空港 、成田空港  、小松飛行場関西国際空港岡山空港、広島空港 、松山空港福岡空港鹿児島空港熊本空港

 

利用条件としてはANAJALも一定のステータスになる必要がありますが、有償での利用が可能なので一度体験するのも良いかもしれません。私も有償でJALサクララウンジを体験してみましたが、びっくりするほど良かったです。こちら参考まで。

 

伊丹空港ANAラウンジはこんなところです。
生ビールを含むアルコールにソフトドリンク各種、食べ物は軽食程度です。

f:id:norikun2016:20170428094234j:plain

国内線については航空会社が運営するラウンジ以外にクレジットカードで利用できるラウンジもあります。こちらは対象となるクレジットカードを持つことで利用できるので、利用しやすいです。こちら参考まで。

ちなみに国際線だと内容はパワーアップします。
国内線だとつまみ程度だった食事の種類が一気に増えます。成田空港国際線のANAラウンジはこんな感じです。ANAプラチナ以上(SFC含む)かプレミアムエコノミー搭乗以上、若しくは有償での利用も可能です。 

 

マイル加算

どちらが多くのマイルを貯めることができるのか?
それぞれ使い方が違ってくるので一概に比較はできないですが、参考までに羽田ー那覇線で調べてみました。

ANAJALも通常会員とプラチナステータスで、ゴールドカード保有で調べました。

飛行距離はもちろん同じなのであまり変わらないですね。例えば、通常会員でのANAプレミアムクラスで1537マイル、JALファーストクラスで1538マイル。
しかし、JALにはツアープレミアムがあります。

ANA 旅割・特割 - プレミアムクラス
通常会員 922 - 1,537
ANAプラチナ 1,439 - 2,398
JAL 先得・特便 先得・特便クラスJ ファーストクラス
通常会員 923 1,045 1,538
通常会員先得ツアープレミアム 1,169 1,291 1,784
JALサファイヤ 1,513 1,717 2,522

 

ツアープレミアムとは

カード年会費に2,160円(税込)をプラスすると対象割引運賃でJAL搭乗の際、100%マイル加算になります。対象運賃は先得、個人ツアー等になります。

国際線での個人ツアーなんかも対象だと通常50%が100%加算になるのでとてもお得。乗れば乗るほどお得です。このシステムはANAにはありません。

加えて、JALマイルに交換できるPontaポイントの搭乗キャンペーンも度々あるので、搭乗でのマイルはJALが貯まるでしょうね。こんな感じで1搭乗300Pontaポイント(150JALマイル)が貰えるキャンペーンがあるので『JMB×Ponta会員』の登録だけはしておいた方が良いですね。Pontaポイントについてはこちら参考まで。

マイルに関してはどちらのマイルを貯めているかによって変わって来るので、加算マイルが多い少ないだけでは何とも言えないですが、貯めにくいJALマイルは搭乗で貯める、なんてことでも良い訳ですし、JALの方が貯まるでしょうね。

ANAマイルもJALマイルも搭乗以外だとポイントサイトで貯めるのが良いでしょう。
私自身、ANAマイルは年20万マイル以上貯めています。以下、参考まで。

  

マイルを貯める原資になるのがポイントサイトになります。
ポイントタウンでは1,300円相当貰える新規入会キャンペーンを実施中です。
登録は2017年7月31日まで、お早めにどうぞ。

機内エンターテインメント

幾つかありますがオーディオとwifiに絞って考えてみました。

 

オーディオの違い

これは完全に好みになるでしょうね(笑)
とある月のメニューはANAの方が往年のヒットソングをそろえてる?感じでしょうか。

ANA機内オーディオ

Hot Hits Selection、SOOTHING JAZZ FROM CONCORD MUSIC GROUP、JUJU Special、キッズソング・ヒットパレード、Around the 80's~あの頃のJ-POP~
全日空寄席、旅するクラシック

JAL機内オーディオ

ソフト&スムース、クラシック、こどものうた、日本の歌、JAL名人会 、Jポップ・トゥデイ、 Pop Groove、JALスペシャル、ラジオ放送

 

機内Wi-Fiの違い

2017年6月25日追記:JALは、期間限定だったWiFi無料を今後も継続して無料にすることをを発表しました。これは凄いです。ただ利用者が増えてくる分、スピードは落ちてくるかなと思います。便利なのは間違いありません。ANAも追随してくるのでしょうか。

Wi-Fi独自の無料コンテンツもあるので、暇つぶしには良いかなと思います。
こちANAの方ですが参考まで。


ちなみにANAJALwifiのスピードは全く違います。
ANAだと画像1枚送るのに精一杯ですが、JALだと2枚は送れるので快適さが全く違いますね。従って、空の上でのインターネットはJALの方が圧倒的に使いやすいです。JALは無料なので、機会があればぜひ試してください。

 

さいごにまとめ

ANAJALどっちが良いか?
もちろん貯めているマイルとか、身近の空港でどちらの便が多いかで変わってきますが、一つの参考になればと思います。

まとめるとこんな感じです。

ANAの方が良いところ・・羽田からの主要都市だとJALに比べ便数が多い。プレミアムクラスが安く導入路線も多いので使い勝手が良い。旅割で予約する場合、55日前まで取消料が発生しないので(430円の手数料のみ)、利用しやすい。

JALの方が良いところ・・普通席は1000円プラスするだけで利用できるクラスJがあるので、相当快適。離島その他地方都市を網羅している。Wi-FiANAに比べて早くイライラすることがない。

その他、色々あると思いますが、個人的な感想と言うことでご了承くださいませ。

さいごにANAJALの国内線において普通運賃ではなくマイルを使った特典航空券についてまとめてみました。お得に発券できるマイルは便利です、こちら参考まで。

スポンサーリンク

 

関連記事