JALマイルを貯める。移行率は80%!

ANA「トクたびマイル」で国内線が3,000マイルから発券可。今週は羽田札幌が対象!

2019年5月に始まった「トクたびマイル」

はや4年半。私も愛用しています。2023年から運賃は少しずつ値上げしてますが、マイルを使ったトクたびの必要マイルは変わらず。お得度は増しています。

ANA国内線の特典航空券は1区間5,000マイルから発券可能ですが、「トクたびマイル」は1区間3,000マイルから利用できます。超お得。マイルを国内線で使うならトクたびが最強です。

 

のりさん

ローシーズンは今週で終わり。3月からレギュラー、3月中旬からハイシーズンとなります。

ANA国内線特典航空券の『トクたびマイル』は片道3,000マイルから利用可能。

『トクたびマイル』は、旅行だけではなく帰省で利用できればかなりお得です。

トクたびマイルの醍醐味は直前だと運賃が高くなる路線が3,000マイルから利用できる点。羽田伊丹が3,000マイルとかなり魅力的なサービスとなりました。

路線発表の翌日から予約開始するので、発表後は気になる路線の特典空き状況をチェックしておくのがおすすめです。

のりさん

羽田から伊丹、福岡等の主要路線が含まれる週も頻繁に出ています。今後も期待しましょう。

概要、スケジュール

2023年度のトクたびマイルは対象外期間(春休み 3/30~4/5、年始 1/4~1/10)を除き、毎週開催予定です。

 

尚、対象搭乗期間は直近での設定です。

 

従って、週末予定ないけど飛行機は高い。そんな時、ANAマイルを使ってどこかに行きたい場合に良し。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/promo/wa_k/

2月22日~2月28日の対象路線と必要マイル数

人気路線はすぐに無くなるので早めの予約をおすすめします。予約は2月21日から2月27日、搭乗期間は2月22日から2月28日まで。3/1~3/7までレギュラーシーズン、3/8~4/3までハイシーズンです。その後、4/4~4/24までローシーズンとなり3,000マイル祭りが続きます。

ローシーズンは3,000マイル区間がメインです。今週は3,000マイルのみ。

路線 トクたび ロー(L)マイル
羽田富山 3,000 6,000
羽田小松 3,000 6,000
羽田神戸 3,000 6,000
成田中部 3,000 6,000
羽田札幌 3,000 6,000
羽田大館能代 3,000 6,000
羽田山口宇部 3,000 6,000
羽田鳥取 3,000 6,000
羽田徳島 3,000 6,000
羽田高松 3,000 6,000
羽田大分 3,000 6,000
伊丹松山 3,000 6,000
伊丹秋田 3,000 6,000
伊丹仙台 3,000 6,000
伊丹新潟 3,000 6,000
伊丹鹿児島 3,000 6,000
中部仙台 3,000 6,000
中部熊本 3,000 6,000
中部鹿児島 3,000 6,000
札幌函館 3,000 5,000
札幌秋田 3,000 6,000
札幌小松 3,000 6,000
札幌新潟 3,000 5,000
札幌富山 3,000 6,000
福岡五島福江 3,000 5,000
福岡新潟 3,000 6,000
福岡小松 3,000 6,000
福岡対馬 3,000 5,000

 

最後の画面で『キャンペーン適用』を選択すると3,000マイルになります。注意してください。

 

その他路線は以下。

路線 トクたび ロー(L)マイル
関西宮古 4,000 7,000
福岡新潟 5,500 8,500

 

片道からの発券も可能です。予定ない場合にピッタリ。2月21日0時から予約開始です。人気路線はすぐに埋まるのでお早めに!

スポンサーリンク

予約方法

特典航空券から通常通り予約をします。

 

キャンペーン期間内で検索します。

 

片道7,500マイルと出ました。この時点では通常マイルでの反映です。

 

続いて搭乗者を選択する画面でキャンペーンを適用するかの画面が出てきます。

『キャンペーン適用マイル』にチェックを入れ進んでください。

ANAトクたびマイルのメリット、デメリット

片道3,000マイルから利用可能

 

ANA特典航空券は片道5,000マイルから発券できますが、キャンペーンでは3,000マイルから利用できます。

羽田発の必要マイル数をみてみましょう。

Lはローシーズン、Rはレギュラーシーズン、Hはハイシーズンです。UAはUA(ユナイテッド航空)マイル。

空港 ANA-L ANA-R ANA-H UA
新千歳 6,000 7,500 9,000 5,500
名古屋 5,000 6,000 7,500 5,500
伊丹 5,000 6,000 7,500 5,500
広島 6,000 7,500 9,000 5,500
高松 6,000 7,500 9,000 5,500
福岡 6,000 7,500 9,000 5,500
鹿児島 6,000 7,500 9,000 5,500
那覇 7,000 9,000 10,500 8,800

 

こうした路線が3,000マイルから利用可能になります。路線、必要マイルは対象搭乗ごとの発表になります。

スポンサーリンク

JALどこかにマイルとの違い

JAL『どこかにマイル』は4つの候補地がある中で申し込みます。どこになるかは最後まで分かりません。このスリルさが一つの売りです。

一方、ANAのトクたびマイルは対象の候補地から選択できます。

MEMO
好きな場所に少ないマイルで行けるのがコンセプト。

 

自分で選択できる点がJALのどこかにマイルとの大きな違いになります。トクたびマイルの候補地はどこになるかが重要になりますが、空きがある路線で設定することになります。

その中でも行きたかった場所に出会える可能性もあるので、当日発表の際はすぐにチェックすることをおすすめします。

前日まで予約可能

2018年秋の国内線システムの変更により前日まで特典航空券が予約可能になりました。それに合わせ、トクたびマイルも前日まで予約可能。かなりフレキシブル。

ANA国内線の夏ダイヤ特典航空券争奪戦が1月29日から順次スタート!2024年10月26日搭乗分まで。

 

明日暇だけどどこかに行こうかな、そんなことが出来ちゃいます。あとは候補地が重要ですね。

注意事項

注意事項は以下の通り。

  • トクたびマイルはインターネット申し込み限定。
  • 対象路線、必要マイル数は搭乗の2日前12時ごろに発表される。
  • 発表の翌日0時より予約可能。
  • 予約変更はキャンペーン期間内かつ同一区間のみOK。
  • キャンペーン対象外期間への変更は不可。
  • 払戻は未使用に限り1名3,000マイル必要。
  • キャンペーンの適用を受けるには1区間ごとに予約する必要がある。

 

片道から利用できるので有償、他のマイレージとの併用も可能です。色々な組み合わせができそうです。

まとめ

JALどこかにマイルに対抗する形で出てきたANAトクたびマイル。


こんな人におすすめ。

おすすめ1
ちょうど今週末空いているわ。

 

対象期間が直近なので予定がない場合に良し。ぜひチェックしてみてください。

 

おすすめ2
対象路線がちょうど行きたかった場所だった!

 

対象路線から好きな場所を選択できます。国内旅行、帰省に良し。私も何度も利用しています。さて、利用するにはマイルが必要マイルの原資となるポイ活はこちらを参考にしてください。

「ポイ活」でマイルを貯める方法とおすすめサイトを紹介!

 

国内で利用できるプライオリティパスラウンジ増加中。うまく利用したいですね!

日本国内で使えるプライオリティパス・ラウンジまとめ。羽田第1でボディケアショップが追加!

3 Comments

リゾートダイバーM

過去の傾向等、推定の範囲で構いませんので教えて下さい。
次回のトクたびマイル(8/19-8/25)はハイシーズンとレギュラーシーズンが混じる事になりますが、必要マイルはどちらをベースに計算されるのでしょうか?

返信する
のりさん

こんにちは。

GW前のときも同様の状況でしたが全てハイシーズンで計算されたマイル数でした。

それにならうとハイシーズンの可能性が高いと思います。よろしくお願いします。

返信する
リゾートダイバーM

ご返信ありがとうございます!
やっぱりそうですよね。
レギュラーシーズンベースだったらラッキーくらいで、見ておきます。
これからも情報発信楽しみにしています。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください