2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

ビジネスクラスでコロンボから成田へ。スリランカ航空の直行便を利用しての感想。

スリランカ航空のビジネスクラスを利用しました。

スリランカ・コロンボから成田へ。コロンボから日本へはスリランカ航空の直行便が週4便あります。当日の乗客を見ていると9割くらいは日本人でした。

スリランカは2009年に内戦が終わってからは治安がよくなりそして急速に発展している国。海で囲まれた島のビーチでのんびりするも良し、自然豊かな国で世界遺産を満喫するも良し、カレーや紅茶を楽しむも良し、アーユルヴェーダと言われる医療(マッサージ等)を受けるのも良し。

家族であるいは一人旅も多いみたいです。色んな楽しみ方があります。

スリランカ・コロンボから成田へ。

スリランカ航空を利用しての感想。スリランカってどんな国?

スリランカ航空とは

1979年設立のスリランカ航空。

コロンボのバンダラナイケ国際空港を拠点にしています。アジア、ヨーロッパ、中東の各国へ直行便があります。インドが最大の便数。モルディブへも運行しています。モルディブはスリランカ経由で行ったことがある人も多いでしょう。モルディブはいつか行ってみたい国。

東南アジアだとマレーシアのクアラルンプール空港、シンガポールのチャンギ空港、タイのスワンナプーム空港から便があります。東南アジアで楽しんで乗り継ぎでスリランカへ、そんなプランも良いでしょう。

往路はバンコク経由でスリランカに向かいました。

機内食のカレーが旨かったです。

機内食が最高に旨かったエコノミークラス。スリランカ航空を利用しての感想。

ワンワールドに加盟。成田への直行便はJALとのコードシェアです。

さて、スリランカ航空はビジネスクラスへの入札制度がありエコノミー搭乗時に入札することも可能です。特典航空券は不可ですがエコノミーの予約クラスは問いません。機会があればいかがでしょう。

ANAもプレミアムエコノミーですが入札を始めています。こうして入札サービスを提供する航空会社は多いですね。流れと言えるかもしれません。

ANAプレミアムエコノミーがオークション制へ JALはどうなの?違いを比較

スリランカについて

スリランカはインドの南東にある島。日本から直行だと約9時間。

最大都市はコロンボ。首都はスリジャヤワルダナプラコッテ。

2009年の内戦終了後、治安が格段に良くなりました。

最近、観光地としての人気が高まっているスリランカですが、日本人は観光中殆ど見かけなかったです。直行便が週4便と少な点があるでしょうね。経済発展が著しくホテルもばんばん建設されている様ですし数年後は人気になっているかもしれません。

こちらはコロンボ・フォート駅近くの市場。

こうして果物が売られています。

スリランカの概要は以下。

面積 北海道の約8割。
人口 2120万人(2016年時点)
通貨 スリランカ・ルピー。1ルピー0.7円。2018年10月現在。
宗教 仏教が7割。ヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教が約1割ずつ
時差 日本と3.5時間。日本が午前11時のとき7時半。
観光ビザ 必要

物価については2分の一くらいでしょうか。ホテルは安かったです。感覚としてはホテル天国のバンコクやクアラルンプールよりも安いです。

移動がっちょっと不便。街中はUBERからトゥクトゥクで。

遠い街(南の観光地や世界遺産)だと鉄道になります。

最大都市のコロンボや世界遺産等の観光地での治安は問題ありません。ただ、どこの国でもそうですが夜遅くに歩くのは止めておいた方が良いですね。

そんなスリランカへはセールをよくやっているマレーシア航空も利用可能です。クアラルンプール乗継になります。

マレーシア航空ビジネスクラス、スイートのセール開始!9月30日まで

バンダラナイケ空港のビジネスクラスのラウンジ

バンダラナイケ空港のスリランカ航空のビジネスクラスラウンジを利用しました。ワンワールド・サファイヤ、エメラルドは利用不可、ビジネスクラス搭乗時のみ利用可能なラウンジです。

お酒の種類は豊富、食事も美味しい。シャワーあり。

かなり良いラウンジでした。

スリランカ航空のビジネスクラスラウンジが良かった!食事、ドリンクが充実。

スポンサーリンク

沖止めで搭乗

待合室で待ってからバスに乗り込みます。ほぼ日本人。観光中日本人にはほとんど会わなかったですが、たまたまツアーで一緒になったご夫妻が居てびっくり。週4便なのでスリランカ観光あるあるかもしれません(笑)

ビジネスクラス利用者は最後に乗り込みます。

沖止めはなぜかテンションが上がりますね(笑)私だけ?

機材はエアバスA330‐300

エアバスA330はスリランカ航空で最も大きな機材になります。

ビジネスクラスは1-2-1の配列で28席、エコノミークラスは2-4-2の配列で269席、計297席。週4便なので日本から約1,200人が向かうことが可能です。

スリランカ航空ビジネスクラス搭乗記 コロンボから成田へ

シート

ビジネスクラス、エコノミークラスともにほぼ満席でした。お盆時期もあったと思うのですが乗車率は高かったですね。ツアーの団体と見える方々もいました。

1-2-1配列のビジネスクラス。中央は2席だとお喋り可能なので2人用として良いでしょう。

窓際だとこんな感じ。

プライベート感満載。フルフラットのベッドにすることも可能。

足元はこんな感じでかなり広いです。

リモコン、USBポート、電源、ライト、リクライニング用のボタン。

アメニティはこんな感じ。スリッパ、靴下、アイマスク。その他、歯ブラシ、くし等が入ったポーチをもらいました。

スポンサーリンク

ウエルカムドリンク

19時50分発なので数時間は食事やドリンクを楽しめます。

と言うことでシャンパンを。旨い!

そして出発

搭乗前の安全ビデオ。乗っている人々が多様で思わず撮ってしまいました。

約9時間のフライトの出発です。出発の遅れはほぼ無し。案内から搭乗、そして離陸まで非常にスムーズでした。羽田、成田等の巨大空港なら混雑し出発が遅れることも多いですが小さな空港はそれが少ないので良いですね。

機内食

メニューは以下。

前菜は2種類。メインはチキン、シーフード、ラム、ベジタリアンから選択できます。

こちらは前菜。エビが旨かった!

 

食後のフルーツ、そしてスイーツ。

食後は映画を少々。11時くらいにはベッドにして眠りにつきました。

スポンサーリンク

そして朝、朝食

離陸後、6時間くらいでしょうか。窓を開けると眩しい。スリランカと日本との時差は3時間半。朝になっていました。

朝食はシンブルです。パン、フルーツ、ヨーグルト。その後は目覚めのコーヒーをいただきました。そしてその後は紅茶も。スリランカと言えば紅茶です。忘れるところでした(笑)

9時間のフライト後、成田へ。

成田へ到着。3時間くらいは寝れました。

旅の疲れはありましたがそれを吹き飛ばすくらいの気持ちの良い朝。

日本の飛行機を見ると日本に着いたんだなぁと実感します。

ブルーの文字が爽やかなスリランカ航空の機体。

まとめ

スリランカ航空を利用しました。往路はバンコク経由で乗継時間も長かったので疲れましたが、直行便は楽ですね~ スリランカに行く際は直行便をおすすめします。

2018年10月現在、日本発着のスケジュールは以下。

成田11時20分、コロンボ17時50分。
コロンボ19時50分、成田翌7時30分。

時間的には良いですね。観光に最適の時間と言えるでしょう。

さて、スリランカと言えば世界遺産、国立公園が豊富。

中でも断トツに人気のあるシーギリヤ・ロックは最高でした。

これ頂上まで登れます(笑)体力のある人いかがでしょう。

食事はもちろんカレー。スリランカだと3食カレーになるでしょう(笑)

3食カレーですが種類を変えれば大丈夫です(笑)

スリランカはワンワールドに加盟。JALマイルを使って特典航空券を発券できます。2018年11月20日から提携航空会社の発券に必要なマイル数が変更になるので注意してください。

【改悪】JAL提携特典航空券の必要マイル数が増加!2018年11月20日から

2 Comments

ruーfun

スリランカ行ってみたい国のひとつです。とっても参考になりましたm(__)m
ところで、私が乗るエアラインは超がつく沖止めばかりで…いつものりさんのブログを思い出してます(笑)

返信する
のりさん

治安も良いですしホテル建設も多く今後さらに行きやすくなる国だと思います。機会あればぜひ♪ えー、ほんとですか、良いですね~ ありがとうございます(笑)

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください