モッピーのJALマイルキャンペーン延長へ

ANAウイーン線の新規就航。これは便利!旅行者への影響は?

ANA羽田ウイーン線が2019年2月17日に開設。

羽田ウイーン線は欧州で7路線目となります。

ロンドン、パリ、ブリュッセル、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフに続き7路線目。フランクフルトは1日2便、ブリュッセル、デュッセルドルフは成田線、他は羽田線。

フランクフルトは1日2便なのでヨーロッパへは1日8便体制となります。

旅行者にとってどのような影響があるのでしょうか。

のりさん

ウイーンからの乗り継ぎで欧州各都市へアクセス抜群。鉄道網が発達しているのでオーストリア周辺観光にも最適です。

ANA国際線羽田ウイーン線の新規就航。ヨーロッパで7路線目。

概要

2019年2月17日から羽田ウイーン線が開設します。

NH205:羽田1:55⇒ウイーン6:00
NH206:ウイーン11:50⇒羽田翌6:55

羽田ウイーンは10時間を超えるフライトになります。

のりさん

深夜便なので時間を上手く使えますね~ 東京在住だと仕事で家に帰ってから空港に向かのも良さそう。

機材は3クラス制のボーイング789。

ビジネスクラスが1-2-1の配列で48席、プレミアムエコノミーが2-3-2で21席、エコノミークラスが3-3-3で146席で計215席。

プレミアムエコノミーはビジネスクラスとエコノミークラスの中間のクラスです。エコノミークラスに比べシートピッチ(足元)は20センチくらい広く横もゆったり。羽田ではANAラウンジ(その他はANA指定のラウンジ)が利用可能です。

詳しくはこちらで。

ANAプレミアムエコノミーのメリット・デメリット。エコノミークラスとの違いは?

ビジネスクラスはANA最新のスタッガード。180度フルフラットタイプです。

長時間のフライトで深夜便なのでフルフラットなら快適。マイルを使って特典航空券で利用したいですね~

ANAビジネスクラスについてはこちらを参考にしてください。

ANAビジネスクラスの比較。機材によってこれだけ違いあり。おすすめは?

スポンサーリンク

ウイーンからの乗り継ぎ

オーストリアの首都ウイーン。ヨーロッパの中央に位置しています。

羽田からウイーンへ。音楽の街ウイーンで観光を満喫するのも魅力ですが欧州各都市への乗り継ぎが便利です。NH205の羽田便が6時に到着。

のりさん

到着後、ヨーロッパ各都市へ向かうと便によっては午前中には到着しそう。時間を有効に使えますね!

ウイーンからはオーストリア航空でヨーロッパ68都市へ乗り継ぎ可能。

ウイーン国際空港の利便性

ウイーン国際空港はウイーンから南東18キロの位置にあります。

ウイーンに到着し中心地への移動は楽ですね~

またウイーン空港自体の利便性もあります。

それは乗り継ぎが便利と言うこと。MTC(ミニマム・コネクティング・タイム;最短乗り継ぎ)は25分で、羽田からウイーンに到着しヨーロッパ各都市へ向かう際は超便利です。*30分から25分に短縮されました。

MCT(最短乗り継ぎ時間)がそんなに短いかと言うと空港がコンパクトなこと、到着ゲートと出発ゲートが近いことがあります。

到着し約30分以内のフライトでヨーロッパ各都市へ。これは便利ですね~

ANAウイーン線の開通はウイーンに向かうだけでなくヨーロッパ各都市への移動において大きなインパクトになりそうです。

オーストリア航空について

オーストリア航空はウイーン国際空港を本拠地にしています。

ルフトハンザ航空のグループ会社でANAと同じスターアライアンスに加盟。2009年にルフトハンザ航空グループがオーストリア航空の株式90%以上を取得し傘下に入りました。

ウイーンからのヨーロッパ各都市への乗り継ぎはオーストリア航空を利用します。ウイーンからはこんな感じで便があります。

パリ、ベルリン、アムステルダム、リヨン、ナポリ、ストックホルム等々。

例えばウイーンからパリ。パリ直行便が取れない場合にウイーン経由で。

ウイーン到着が6時なので7時のパリ行きに間に合いそうですね!

のりさん

ウイーンから68都市への乗り継ぎは便利です。直行便が取れない場合に良いですね!

スポンサーリンク

オーストリア観光

乗り継ぎではなくオーストリア観光も良いですね!

ウイーンは音楽の街、芸術の街。歩くだけも絵になる街並みを楽しめますしカフェでザッハトルテを食べながら休憩するのも良し。何をしても絵になります。

鉄道も各都市へ広くカバーしているので周辺観光も便利です。

ウイーンから2時間半で行けるザルツブルクとか。

ザルツブルクへはドイツ南部のミュンヘンから行きました。

ザルツブルクはモーツァルト誕生の街。ザルツブルク音楽祭は有名です。

カフェが並びます。やはりザッハトルテでしょう。

馬車が通ります。

1日観光だったのですがほんと歩くだけで楽しめるというかビールも旨いですし(笑)、時間が足りませんでした。ウイーンは乗り継ぎとしても便利ですがこうしてウイーンそして周辺観光地へ向かうのも魅力です。

ザルツブルクはおすすめです!

ミュンヘンからザルツブルクへ。オーストリア1日観光はおすすめ!【ドイツ旅行記】

特典航空券の解放

ANAマイルを使っての特典航空券。

解放されたばかりとあって現在、取り放題となっています。

エコノミークラスが55,000マイル、ビジネスクラスが90,000マイル。

週末の良い日程でも空きがありますね。

ビジネスクラスで行きたいけど必要マイル数が多くなるしなぁ。

何て時はクラス混在も良いですね。ビジネス+エコノミーで72,500マイル。必要マイルを抑えることができます。クラス混在から検索してみてください。何れにせよ空きは多いので現状取り放題となっています。

ウイーンから各都市へ乗り継ぐ場合は「複数都市・クラス混在」から行きたい都市を入力し確認してください。

スポンサーリンク

ANAJCBカード

まとめ

ANA羽田ウイーン線の就航。

ANAヨーロッパ線はロンドン、パリ、ブリュッセル、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフに続き7路線目です。

ヨーロッパへ行きやすくなると同時に乗り継ぎが便利なウイーン国際空港を利用して各都市へ。或いは音楽、そして芸術の街であるウイーンを堪能するプランも最高でしょう。今回のニュースはヨーロッパ好きには超朗報ですね!ヨーロッパへの選択肢が増えたのは大きいです。

新規就航はワクワクしますね。あー、行きたい(笑)

昨年はアシアナ航空とルフトハンザ航空を利用してフランクフルトへ。

スターアライアンス便を使うのもありですね!

アシアナ航空とルフトハンザ航空のA380を体験。ビジネスクラス搭乗記

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください