2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

ロイヤルヨルダン航空で香港からバンコクへ。ビジネスクラス搭乗記。

ロイヤルヨルダン航空で香港からバンコクへ。

ロイヤルヨルダン航空はヨルダンのアンマンに拠点を置くフラッグキャリアです。

香港空港でキャセイパシフィック航空のラウンジを使いたくてワンワールドの便を探していたのですが、ちょうど空いていたのがロイヤルヨルダン航空でした。ワンワールド便の最終便だったのでラウンジで時間取れたのも良かったです。

ブリティッシュエアウェイズのaviosを使って発券しました。

ロイヤルヨルダン航空って?ワンワールドに加盟。

ヨルダンのアンマンに拠点を置く航空会社。

1963年設立、2007年にワンワールドに加盟。中東初のワンワールド加盟となりました。2013年にカタール航空が加盟し現在は2社。

現在(今までも)、日本発着の路線はありません。

中東を中心に欧米だとニューヨーク、シカゴ、ロンドン、パリ、ローマ等、アジアだと香港、広州、バンコク、クアラルンプール、ジャカルタに乗り入れしています。

保有機材は25機。ボーイング787‐8、エアバスA321等。全ての機材でビジネスクラス、エコノミーの2クラス制。ファーストクラスの設定はありません。

保有機材は多くなく乗る機会が少ないロイヤルヨルダン航空。香港、バンコク、クアラルンプール等のアジア周遊で機会がありそうです。

スポンサーリンク

香港からバンコクは3時間弱のフライト

香港からバンコクは3時間弱のフライトです。

 

香港バンコク間は需要が多くの航空会社が運航している路線です。

  • キャセイパシフィック航空
  • ロイヤルヨルダン航空
  • エミレーツ航空
  • タイ航空
  • バンコクエアウェイズ
  • 香港エクスプレス
  • エアアジア
  • タイスマイル航空

 

以遠権で飛んでいるエミレーツ航空も有名です。 ビジネスクラスが往復6万円弱で乗れちゃいます。短いながらファーストクラスも人気でしたが現在は廃止になっているようです。

今回、ブリティッシュエアウェイズのaviosで発券しました。

MEMO
香港バンコクはエコノミー7,500マイル、プレミアムエコノミー11,250マイル、ビジネスクラス15,000マイルの区間。

 

ワンワールドだとキャセイパシフィック航空とロイヤルヨルダン航空が運航しています。

フライト時間も短くエコノミーを利用したかったのですが空きがなくビジネスクラスで発券しました。日本発着ではないので、直前でも取れると思ってましたがダメでしたね。次回は早めに予約しよう。

香港乗り継ぎにした理由はキャセイのラウンジ

2019年GWにアジア周遊をしました。

香港に寄る旅程にしたのはキャセイラウンジを使いたかったから。JGC、JGPを取ると香港に寄る人が増えますが、その気持ちすごく分かります(笑)

ウイングとピアのラウンジへ。

 

ウイングとピアのファーストラウンジ。久しぶりだったので早めに空港へ行って堪能しました。アジアに行く際はとりあえず香港経由で考えるようになりましたね(笑)

ファーストクラス・ラウンジを香港空港で体験。キャセイラウンジは特別な空間でした。

 

それからビジネスクラスラウンジも寄ってみました。

 

キャセイのビジネスラウンジも豪華。ブリッジはロングバー、ウイングはヌードルバーで有名。はしごするのも楽しいですよ。半日いても飽きないです。JGCで利用可能です。

香港キャセイラウンジ
香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジは最強。JAL JGCで利用可。

スポンサーリンク

ロイヤルヨルダン航空ビジネスクラス搭乗記

ラウンジにいるとあっという間に時間が過ぎていきます。

黒い飛行機。夜は周辺と同化して映えますね。

 

香港からバンコクはRJ183便で21時35分発のバンコク23時25分着の便です。

日本人もちらほら見かけました。

 

ボーイング787-8はロイヤルヨルダン航空が保有している中で最も大きな機材です。従って、ロイヤルヨルダンを利用するなら787がおすすめです。

 

ビジネスクラスの配列は2-2-2。

 

ヘッドカバー、クッション、グラス等、いたるところにロイヤルヨルダンのマークがついていました。

 

離陸するまでアラブの音楽が流れていていつもとは違った雰囲気を楽しめました。あとモニターの画面が変わっていくのでずっと見てました(笑)

 

ウェルカムドリンクはオレンジジュース。アルコールはありませんでした。短距離だったからかな。

ちなみにロイヤルヨルダンはコーヒーが有名みたいです。香港の一日は暑く、熱いコーヒーを頼む気にはなれなかったですが、次回乗る機会があれば頼んでみたいと思います。

 

電源、USBポート、リクライニング用のボタンとか。

 

食事はこんな感じ。サラダがメインでした。

 

スワンナプーム空港で使える優先レーン用のカードをもらいました。

 

イミグレはスムーズ。ホテルに到着したころには日付が変わっていました。

バンコクへ

いやー、暑かったです。5月上旬のバンコクでは日中35度を超えていました。

これだけ暑いと何もする気になれませんね。

深夜に到着した日はスクンビットのホリデイインに宿泊しました。初めて泊まったのですが、想像以上に部屋は広く食事もOK。再訪決定です。

 

朝食はこんな感じ。エッグステーションありメニュー豊富。

 

ホリデイインに宿泊したのは4月末まで実施中だったIHGキャンペーンのため。バンコクの宿泊で狙っていたミッションをクリアすることができました。

IHGはキャンペーンが多く(人により内容が違う)、国内だと北海道から石垣まで、安いホリデイインから高級なインターコンチネンタルまで揃って用途に応じて利用できます。おすすめです。

IHGホテルのキャンペーンとセールまとめ。インターコンチネンタルホテル宿泊プロモーションを追加!【2019年10月現在】

 

次の日はのんびりしようとスクンビットのシェラトンへ。プラチナチャレンジでプラチナになったので、恩恵を受けるべくシェラトンにしました。アクセスもよくおすすめのホテルです。

 

プールに併設されているレストランでビール。至福のひとときです。

 

スクンビットのシェラトンはおすすめです。機会があれば利用してみてください。

シェラトン・スクンビットのロッシーニで朝食を。バンコクでSPGプラチナ特典を体験。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください