モッピーのJALマイルキャンペーン延長へ

マリオットの新プラチナチャレンジはお得?メリットデメリット。

申込月と3か月の間に16泊すればマリオット・プラチナへ。

マリオット・プラチナになるには1年に50泊必要。

16泊ならお得じゃん!

ん、待てよ。申込月と3か月なので最大で約4か月。16泊なので月に平均4泊。

宿泊の予定がある人なら達成しやすい。統合前で終了の可能性もあったのでチャレンジがある点は良しですか。でも自分がやるとなったらきつい。統合前の9滞在でもギリギリだったのに。

そんなマリオットチャレンジについてまとめてみました。

マリオットの新プラチナチャレンジの概要。ラウンジアクセス、朝食無料。

マリオットとSPGの統合

マリオットとSPGが2018年8月に完全統合。

新ステータス、無料宿泊でのホテルのカテゴリー、ポイント全てが統合されました。統合直後は大規模なシステム変更によるトラブルもあったのですが徐々に落ち着きを取り戻しました。

2018年8月まではSPGアメックスを持つことでマリオットのゴールド会員になりラウンジ利用や朝食無料が大きな特典としてあり絶大な人気となっていました。

統合後は新ゴールド会員と名称は変わらないのですがラウンジ、朝食、レイトチェックアウトが16時から14時となり改悪になった部分が大きい。

ポイントの価値、無料宿泊が継続しSPGだけでなくマリオットからも選択できるのは改善。

統合前がボーナス期間だったわけですが特典の数々がなくなりSPGアメックスを解約した人も多いのは事実。

しかしながら、マイル移行や無料宿泊に利用できるポイントの価値の高さ、2年目以降の無料宿泊特典もあり旅行好きにとっては魅力あるクレジットカードであることには間違いありません。

マイルの還元率は1%なので他に比べると高くはない。やはり無料宿泊特典をどう使うかだと考えます。

スポンサーリンク

マリオットのステータス

マリオットのステータスは以下の通り。

ラウンジアクセス、朝食無料、レイトチェックアウトが16時となるのはプラチナから。ウェルカムギフトはゴールドはポイントのみ、プラチナ以上でポイント+朝食またはアメニティとなります。

シルバー ゴールド プラチナ プラチナプレミア プラチナプレミア アンバサダー
宿泊数/年 10~24泊 25~49泊 50~74泊 75~99泊 100泊+年200ドル
無料インターネット
会員料金
モバイルチェックイン
完全予約保証
ポイントボーナス
優先レイトチェックアウト
予約専用ライン
ウェルカムギフト
アップグレード
ラウンジアクセス
ルームタイプの保証
48時間前予約保証
アンバサダー特典
年間チョイスアワード

 

やはり朝食無料、ラウンジアクセスが大きいですね。

 

プラチナは通常50泊必要ですがプラチナチャレンジをすることで申込月+3か月で16泊でプラチナになります。通常のルートよりはお得という訳です。

通常よりはお得ですが16泊。うーん、厳しいなぁ。

ちなみにヒルトンのダイヤモンドへのステータスマッチは8滞在。マリオットに比べると楽に感じますね(笑)ヒルトンダイヤはラウンジアクセスが付くのでこっが良いかなと思ったり。

ヒルトンのステータスマッチは2019年も継続中。

統合前のチャレンジ

2018年7月の統合前にもチャレンジは受け付けていました。

2018年7月までの条件は以下。

申込月+3か月で9滞在

 

統合後の条件は以下。

申込月+3か月で16泊

 

滞在が泊に変わりました。チェックインとチェックアウトで1滞在なので連泊の場合は不可。1泊になったのは予定が立てやすく改善ですが16泊は結構な数字。

2018年3月くらいまではメガボーナスで宿泊すればもらえるポイントも多かったのですが最近は渋め。

ただ最近期間中は毎日できるポイントバラマキゲーム(29Ways to Stay)が出てきたりしているので2019年以降は良くなってくるかもしれません。

3月19日からマリオットの新キャンペーンがスタート。ポイントが2倍に!

私がチャレンジしたのは2017年年末でちょうどモクシーがオープンしたころ。ボーナスキャンペーンをやっていたり宿泊料金も1万円以下だったりでお得感がありました。

それでも最初9滞在するのは大きな抵抗がありました。やり易いと言っても無駄に宿泊を重ねてチャレンジするのはどうかなと。ちょうど宿泊予定も少し重なったので良かったですが。

晴れてプラチナへ。統合後はプラチナプレミアとなりました。

あとはこれをどう生かすかですね。

スポンサーリンク

統合後のプラチナチャレンジ

統合後は申込月+3か月で16泊必要。

ここで注意点。マリオットでは毎年1月の基準で翌年のステータスを決めるのでチャンレンジをする場合は2019年2月以降に終わるようにしてください。

そうすると2021年2月までプラチナ会員としての恩恵を受けることができます。

プラチナチャレンジをするにはマリオット・ゴールドのステータスが必要。

ステータスがあれば(ユナイテッド航空からのステータスマッチ等)SPGアメックスは持っていなくても大丈夫ですが、ない場合は保有が必要です。

うーん、でも16泊かぁ。予定がなければきついですね。

東京、大阪だとモクシーが安く大阪はシェラトンもお手頃。

ただこの値段だと20万円を超えますね。あとは函館フォーポイントとか。

今からやる場合は年末年始を挟むのでそれに合わせるのが良いでしょう。

チャレンジはマリオットデスクに電話すればOKです。

03-5423-6726

実際に受けたプラチナ特典

プラチナになってからは予定に合わせ宿泊してきました。私はIHGも利用しているのでIHGと価格を比較しお得な方、キャンペーンの有無、時間がありゆっくりしたい場合はマリオット、時間がない場合は他のホテル等、使い分けをしています。

プラチナとして一番良かったのはポイントで泊まった翠嵐です。プラチナ会員としての部屋のアップグレード、朝食無料(1名4,000円)でこれは大きかった。リゾートのカテゴリーなのでレイトチェックアウトはありませんが超満足の滞在でした。

マリオットポイントを利用して無料宿泊!2018年中のボーナス期間がお得!

 

あとは神戸シェラトンも良かった。温泉付きでラウンジからの眺め良し。

 

プラチナになっても泊まらなければ意味がないのでどんどん泊まりたい。ただ、国内は高めなので基本は海外かなぁ。特にアジアですね。

まとめ

新プラチナチャレンジについてまとめました。

プラチナとしての特典は大きい。ただ個人的には16泊必要なのでお得かどうかを考えると中々できないですね。お得かどうかよりも宿泊予定があるとか、チャレンジ中は自分へのご褒美とか遊びととらえるのが良いでしょうか。

月初から始めると約4か月。1か月だと平均4泊なので週一ペース。これだと可能かなと思ってみたり。でも、やっぱり週一でもきつい。

さて、ベストレートは通りにくくなってきました。何でだろう。これは絶対いける!と思っていたのがことごとく惨敗。

惨敗続きですがゲーム感もあり楽しいのは間違いない(笑)ベストレートする場合はキャンセル可の料金でするようにしてください。

ホテルを公式サイトより安く予約する方法 最低価格保証を狙う

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください