モッピーのJALキャンペーン無期限の延長へ

ANAプレミアムメンバーにIHGホテルのエリート特典を提供するステータスマッチ開始

ANAプレミアム会員からIHG上級会員へ。

飛行機とホテルは旅のセット。双方の会社が提携し特典を共有しているところも多いです。

2018年5月10日、ANAステータス保持者(対象者のみ)がIHGグループの上級会員になることになりました。期間限定ですが2019年12月までと長い。

ANAブロンズ、プラチナ会員はIHGプラチナへ。
ANAダイヤモンド会員はIHGスパイアへ。

どんなメリットがあるの?そもそもIHGって?簡単にまとめてみました。

ANAとIHGのステータスマッチ ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドからIHGプラチナ、スパイヤへ

IHGって?

IHGホテルグループ一覧

IHGはホリデイイン、クラウンプラザ、インターコンチネンタル等からなるホテルグループ。国内はもちろん世界中に4,500以上のホテルを展開しているので使いやすいです。

インターコンチネンタル以外はビジネスホテルと比べてもそこまで差はなくポイントキャンペーンも多いのでお得に利用することが可能です。

ANAステータス

ANAは通常会員、ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドの4つ。

マイルとは別にプレミアムポイントと呼ばれるポイントあります。1月から12月までのポイントを集計し翌年度のステータスを決めます。毎年ポイントはリセットされます。各ステータスに応じて特典があります。

ANAステータス一覧

飛行機に乗れば乗るほどランクが上がり各種特典を受けることができます。
特典は優先チェックイン、空港ラウンジの利用、ボーナスマイル、手荷物優先等々。これらも囲い込みの一つ。

スポンサーリンク

ANAとの提携

ANAとIHGは提携している点が多い。

例えばANA株主優待はIHG・ANA・ホテルズグループジャパンの割引があります。詳細は以下の通り。

ベストフレキシブル料金20%割引 × 6枚
飲食10%割引 × 5枚
婚礼の飲食10%割引 × 1枚
会議・宴会割引15%割引 × 2枚

その他、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンで宿泊する際の特別プランがあります。(後述)

と言うことで今回のステータス共有はその流れの一環と言えるでしょう。

ANAステータスマッチの経緯

今回の件はステータスばら撒きとも言えますが2016年も同様のことがありました。
ANAダイヤモンドからヒルトンダイヤモンドへ。

私もちょうどANAダイヤモンドだったので有難くヒルトンのステータスを貰い、通常と何も変わらない形でのステータス恩恵を受けることができました。

ただ2016年のヒルトン時に比べ今回はステータスの幅があります。

理由はIHGとヒルトンのステータス特典に見ることができます。

ヒルトンはダイヤだとラウンジアクセスが付きましたが、IHGはプラチナ、スパイアになってもラウンジアクセス、朝食無料が付きません。

従って、上級会員が増えてもラウンジ混雑には繋がらないとの判断でしょう。但し、プラチナだと部屋のアップグレードが可能なのでアップグレードされる率は低くなり、通常ルートでステータスを保持している人を含めアップグレードはし辛くなることが予想されます。

今回のANAプレミアムメンバーからIHGステータス提供はブロンズからなのが正直驚きです。プラチナからが自然な流れだと思うのですが。

ANAプレミアムメンバーからIHG上級会員へ

該当者についてANA公式のMYページから確認できます。確認してください。

ANAプラチナからIHGプラチナへ

2018年5月10日から2018年6月30日までに登録が必要。IHGステータス期間は2019年12月31日までと長いです。2018年6月30日までに新たにANAブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドになった場合、同様に対象となるかは今のところ不明です。

ANAからIHGへのステータスマッチ

該当者でIHG入会がまだに人はまずは入会してください。

IHGへの入会

IHGプラチナ、スパイアのメリットは?

IHGプラチナ、スパイアはラウンジアクセスがなく朝食無料もありません。

では何のメリットがあるの?以下の通り。

先ずはボーナスポイント。プラチナは50%増し、スパイアは100%増しになります。

その他、レイトチェックアウト、プライオリティ・チェックイン、アップグレードとか。

IHGステータスの特典

メインはボーナスポイント、レイトチェックアウト、アップグレードでしょうか。

思ったより少ないですね。ではIHGがなぜぞれほど人気なのでしょうか。

IHGはポイントが貯まりやすい、ゲーム感覚あり

IHGはキャンペーンが多くポイントが貯まりやすいです。

IHGホテルのキャンペーンとセール状況のまとめ【20185月現在】

加えて、国内外でも驚くほどお得に宿泊できるホテルもあります。

例えばとある日の香港。5,000ポイントのボーナスパッケージだと14,565円で6,818ポイント(プラチナの場合)加算されます。*ボーナスパッケージは国、地域によって内容が変わってきます。

香港ホリデイインの価格

これにスピードアップキャンペーンを加えるとさらに1滞在2,000ポイントとか。

TopCashbackMr. Rebatesを経由するとさらに6~10%キャッシュバックされます。尚、キャッシュバックはPayPalでの受け取りになります。

*2018年5月19日現在、TopCashBackは8%、Mr.rebatesは10%還元です。

キャンペーンは人によって変わってきますが上記をまとめると、約13,500円で9,000ポイント近くは稼げることになります。

1ポイントは0.5~0.7円。週末、繁忙期だと1円以上にもなることもあります。

香港はそもそもホテルが高い。

お得じゃないですか?

モンコックなので立地も最高です。

IHG香港】5000ポイントパッケージでホリデイインに泊まってみた

国内だと札幌クラウンプラザとか。夏が近づきシーズンとなっているので高くなっていますが平日だとかなり安い。キャッシュバックやキャンペーンを考えると相当お得ですね。

札幌クラウンプラザの価格

ANAクラウンプラザ札幌はすすきのから若干離れますが駅近で便利です。

ANAクラウンプラザ札幌宿泊記201712月に全日空ホテルからリブランドオープン

スポンサーリンク

SFCプラン

IHGグループはANAと提携しているのでANA上級会員プラン、ANAカード割引プラン等がありANAユーザーにとってはメリットが多いです。

SFCプランは公式サイトからの予約が必要。SFCプランだと朝食無料、ウェルカムドリンク1杯無料、ベストフレキシブルレートから10%割引、と言った特典があります。割引対象はベストフレキシブルレートからになるのでご注意を。

チェックイン時にクーポンが貰えます。

IHGのSFCプラン

尚、IHGの公式サイトはIHG本体とIHG ANAの2通りあります。

例えばクラウンプラザ札幌だとTopcashbackやMRリーベイツからIHG本体のベストフレックスレートを予約し、当日フロントにてSFCプランに変更する方法が一番でしょう。9,500円から10%引きの8,550円になります。これに朝食無料、ドリンク1杯無料が付きます。最低料金は7,200円ですがベストフレキシブルは変更可能な料金なので例えば予約時TopCashBackの還元率が6%でその後10%に上がった場合、予約の変更も可能なので便利な運賃です。

IHGでの最安値

IHGでフレキシブルレート

IHG・ANAにもSFCプランがあります。どちらで予約してもOKですが金額が違うことも多いので比較してください。例えば同じ日のSFCプランだと9,000円(10%割引後の価格)になりIHG公式だと8,550円になるのでIHG公式から予約した方がお得です。

IHGANAのSFCプラン

IHGANAのSFCプランの価格

インターコンチネンタルアンバサダー

アンバサダーに入会するとインターコンチネンタルに宿泊する際に特典があり、同時にIHGゴールドステータスになります。

初年度年会費は200ドルか40,000ポイント。更新は150ドルか200ドル(15,000ポイントバック)か40,000ポイントです。各種キャンペーンでポイントを貯めポイントで払うのも良いですが2018年に入り24,000ポイントから40,000ポイントになったので現金で支払う方が良いでしょうか。

特典はインターコンチネンタルに宿泊の際の部屋のアップグレード、午後4時までのレイトチェックアウト、ウィークエンド無料宿泊(週末料金で2泊の場合に2泊目が無料に)、入会特典として5,000ポイント貰える等があります。

https://www.ihg.com/intercontinental/content/jp/ja/ambassador

プラチナ、スパイアになってアンバサダーを更新するとそのステータスも更新になっていましたが今後はIHGステータス会員が増えることを鑑みると今後はあまり期待しない方が良いでしょうか。

ウィークエンド無料宿泊あり、インターコンチネンタル宿泊時に優遇されるので、今後インターコンチを含めIHGをどんっどん宿泊したい、という場合には入って損はない制度です。

貯まったポイントはどうするの?

以下は2018年度で無料宿泊に必要なポイント数。ポイントは5,000ポイントから利用可能。ブラックアウト期間なし。

ホテル名 無料宿泊 2018q2ポイントブレイク
ANAクラウンプラザ札幌 40,000
ホリデイインすすきの 20,000
クラウンプラザ千歳 25,000
クラウンプラザ稚内 20,000
クラウンプラザ釧路 10,000
ホリデイイン仙台 15,000
ホリデイイン金沢 15,000
クラウンプラザ新潟 20,000
クラウンプラザ金沢 30,000 15,000
クラウンプラザ富山 25,000
クラウンプラザ名古屋 25,000
インターコンチネンタル東京 50,000
ストリングスホテル東京 55,000
インターコンチネンタル東京ベイ 50,000
横浜インターコンチネンタル 50,000
成田クラウンプラザ 20,000
インターコンチネンタル大阪 60,000
クラウンプラザ大阪 30,000
ホリデイン難波 40,000
クラウンプラザ神戸 35,000
クラウンプラザ京都 30,000
クラウンプラザ岡山 20,000
クラウンプラザ広島 30,000
クラウンプラザ宇部 20,000 5,000
松山全日空ホテル 20,000
クラウンプラザ福岡 35,000
クラウンプラザ長崎 20,000
クラウンプラザ熊本 10,000
ホリデイイン宮崎 20,000
インターコンチネンタル万座 70,000
クラウンプラザ沖縄 25,000
インターコンチネンタル石垣 60,000

週末や繁忙期で利用してください。1ポイント1円以上も可能。

IHGは宿泊でポイントが貯まるのでマイル交換も魅力。ANA、JAL、UA、BA他多数。但し、10,000ポイントが2,000マイルとレートは下がります。

IHGポイントをユナイテッド航空のマイルに移行してみました 移行方法、期間について

まとめると

IHGは各種キャンペーンが多い、ステータスのメリットはボーナスポイント、アップグレード(空きがあれば)、レイトチェックアウト、SFCプランあり。国内だとお得に泊まれるところも多いです。広島、岡山、山口、札幌とか。横浜インターコンチネンタルも15,000円前後で宿泊できる日もあり。

私は現在プラチナですがアップグレードはあまりありません。従って、有難いのはポイント、レイトチェックアウトでしょうか。

IHGの魅力はポイントがざくざく貯まること。但し、2017年後半からキャンペーンの内容が渋くなってきた感があります。

キャンペーンとキャッシュバック率を考慮し滞在を決める、そんな感じでしょうか。

安くて利用しやすいホリデイインから高級なインターコンチネンタルがあるIHG。用途に応じて滞在先を決めるのも良いですね。

IHGプラチナ、スパイアになった方はせっかくなのでキャンペーンに登録の上、利用してみてください。

IHGからヒルトンのステータスマッチも可能。増えすぎるとIHGからのルートが廃止されるかもしれません。

ヒルトンのステータスマッチは2018年も継続しています

さいごに。今回はANAからIHGのステータスが貰える話でしたがその逆もあるようです。

IHG会員からANAプラチナへ。こちらの対象者は少ない様ですがすごい動きになりましたね~

プラチナになってもSFC(スーパーフライヤーズ)の申し込みは不可の様です。ソースはゴウタロウさんの以下の記事で。

ANAマイルとJALマイルを求めて

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください