モッピー登録で1,000ポイント。9月30日まで。

クアラルンプール空港でファーストクラスラウンジを利用してみた!マレーシア航空の最高峰のラウンジ。

マレーシアの玄関口であるクアラルンプール国際空港。

24時間空港、ハブ空港として、東南アジア、オセアニア、或いはヨーロッパへ。年間旅客数は5,000万人にも上っています。

マレーシアのフラッグキャリアはマレーシア航空。

マレーシア航空が拠点としているクアラルンプール国際空港のゴールデンラウンジは2018年にリニューアルされ評判も上々。

日本発着ゲートがあるサテライトにはビジネスクラス、ワンワールド・サファイア向けのラウンジ、そしてファーストクラス、ワンワールド・エメラルド向けのラウンジ、以上、2つのラウンジがあります。

数回にわたりファーストラウンジを利用したのでリポートします。居心地抜群のラウンジでした。

クアラルンプール国際空港のゴールデンラウンジ(ファーストクラスラウンジ)へのアクセス。

イミグレ通過後、スカイトレインでサテライト方面へ向かいます。

国際線はサテライト発着が殆どです。JAL、ANAもサテライト発着になります。

スカイトレインに乗って数分後、到着。

すぐ上の2階にゴールデンラウンジがあります。降りて、エレベーター、または階段で2階へ向かってください。

 

ゴールデンラウンジ・サテライトの前にやってきました。ここは皆さんがよく写真に収める場所です。

 

レセプションでパスポートと搭乗券を提示します。左に進むとゴールデンラウンジ、右に進むとファーストラウンジになります。ゴールデンラウンジは24時間オープンしています。

 

ビジネスクラス対象のゴールデンラウンジはワンワールドだけでなく、ANA指定ラウンジにもなっています。元々はプラザプレミアムラウンジが指定ラウンジだったのですが、2018年春から変更になりました。

クアラルンプール空港のゴールデンラウンジ。ワンワールド、ANA指定ラウンジを利用しての感想。

 

ファーストラウンジはファーストクラス、ワンワールド・エメラルドで同行者1名も利用可能です。

 

ワンワールド・エメラルドはエコノミー利用時もOKです。一度、クアラルンプールからバンコクへ向かう便で利用しました。

余談ですが、マレーシア航空のファーストクラスは2018年12月にスイートクラスに名称が変わりました。座席はファーストクラスと同じです。

全体的なサービスを落としたものですが、マイル積算は150%と変わらず。運賃が下がった分、利用しやすくなりました。

単価を気にしない場合でのマイル修行に良いかも。

マレーシア航空ビジネスクラス、スイートのセール開始!8月30日まで

ラウンジスペース。休憩エリア。

誰もいない静かさ。落ち着ける感じが素晴らしい。

入ってすぐのところは美術館のようでした。

 

ラウンジに入って右側のダイニングで過ごす人が殆どなので、奥のラウンジスペースは空いていることが多いです。

 

 

 

ゴールデンラウンジに比べると狭さを感じますが、人が少ない分、ラウンジを独占できる感あり。朝一で入った時は私一人でした。

 

ラウンジエリアにはサラダ、パン、ナッツ類、デザートと最低限の食事しかありません。ラウンジでの食事はダイニングエリアになります。

 

 

 

 

 

 

滑走路が見渡せる休憩スペース。ソファが最高に体にフィトするので、お酒を飲んでいると、このまま眠ってしまいそうでした。シャンパン等の飲みものはラウンジのスタッフにオーダーする形式です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ダイニングエリア

一人で食事を取っている人が多かったです。あとは二人とか。右側には4人掛けテーブルもありました。

 

シャンパンを頂きました。

ピクチャーOK?と拙い英語で聞くと、慣れた手つきでポーズを取ってくれました。

 

サラダ、スープ、メイン、そしてデザート。メインはチキン、魚、パスタ、ラクサ、サンドウィッチ。

 

先ずはサラダを頂きました。シャンパンを飲みながら食べていると時間を忘れられますね。至福のひと時でした。

 

そしてこんがりと焼き目のついたシーバス。量も少ないなので、もう一品いけたかも。お酒が進む味でした。

 

最後はデザートも。甘いものは何とやら。

 

そして、別の日にJAL便で成田行きの前の食事。

メニューは昼と同じでした。スープだけ違う様でした。

 

 

食事を終え満足したところでラウンジエリアへ向かうことにしました。

シャワールーム

広いですが豪華さはありません。アメニティも最低限ですが、必要なものは揃っています。

 

 

 

 

一度、混んでいた際にゴールデンラウンジのシャワーに案内されたことがありました。利用する際は早めに声掛けするようにしてください。

尚、仮眠エリアもあります。搭乗まで時間がある場合に利用してみてください。寝過ごさないようにラウンジのスタッフの方に搭乗時間を告げた方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

ラウンジ奥にあるファーストクラススイート

ラウンジ奥にはファーストクラススイートと言われる部屋あります。普段は鍵がかかっています。

 

実はこの部屋、あることを知らなかったのですが、日本テレビ系『沸騰ワード』で特集していたので知りました。へー、こんな部屋があるんだと。

朝早くてラウンジには誰もいなかったので、見せてもらいました。一人で利用するのはもったいないですね(笑)

 

この部屋はファーストクラス(スイート)利用者が使える部屋になります。

ファーストクラスラウンジの利用対象。ワンワールド・エメラルドって?

ワンワールドはルビー、サファイア、エメラルドのステータスがあります。

ワンワールドに加盟している航空会社で一定のステータスになるとワンワールドのステータスを得ることができます。

JALだとこんな感じで。

  • ダイヤモンド、JGCプレミアでワンワールド・エメラルド
  • サファイア、JGCでワンワールド・サファイア
  • クリスタルでワンワールド・ルビー

 

サファイア以上で空港ラウンジを利用できます。同行者1名もOKなのが良いですね。

ワンワールド・エメラルド、サファイアの特典についてはこちらにまとめているので参考にしてください。

ワンワールドのサファイア、エメラルド、ルビー。どうやったらなれる?特典、メリットまとめ。

 

ワンエメラウンジと言えば香港のキャセイラウンジ。乗り継ぎだけでも利用したいラウンジです。ワンエメになれば一番先に行きたいラウンジです。

ファーストクラス・ラウンジを香港空港で体験。キャセイラウンジは特別な空間でした。

 

2019年8月に行ったヘルシンキのフィンエアー・ラウンジには何とサウナもありました。ヘルシンキへは直行便がありますし、ヘルシンキからヨーロッパ周遊も楽しいのでまた行きたい都市です。

フィンエアーラウンジ
ヘルシンキ空港のフィンエアー・ファーストラウンジには何と混浴サウナがあった!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください