JALマイルはモッピーで。登録で1,000ポイント。

JAL国内線運賃のルールが変更。330日前から予約可能に!9月10日から実施。

JAL国内線の運賃ルールが2019年9月10日から大幅に変更になります。

一部を除く運賃、特典航空券が330日前から予約可能になります。

先得運賃は年2回設定されている早割運賃、特便割引は2か月前から購入できる運賃ですが、これらすべてが330日前から購入可能になります。

2018年秋からANAが新運賃で運用しているのでANAに合わせた形と言えます。

どのような影響があるのでしょうか。

2019年9月10日からのJAL国内線での変更点まとめ。予約開始日と取消、払い戻し手数料の変更。

2019年9月10日からJAL国内線運賃が大幅に変更になります。

https://www.jal.co.jp/info/dom/330-change/

①予約開始日が330日前から予約可能になる、②取消手数料が変更になる、の2点。

 

乗り継ぎ運賃等一部を除くすべての運賃が対象になります。

具体的な変更を運賃毎にみていきましょう。

JAL先得運賃の予約開始日の変更

先得運賃は年2回(1、8月)発売されている早割運賃で以下の4種類あります。

  • 75日前までに予約が必要なウルトラ先得
  • 5日前までに予約が必要なスーパー先得
  • 45日前までに予約が必要な先得割引タイプB
  • 28日前までに予約が必要な先得割引タイプA

 

先得運賃は安い、ただし取消規定は厳しいのが特徴です。

2019年6月現在、10月26日搭乗分まで発売中です。

年2回発売されてきた先得運賃は2019年9月10日以降は330日前の9時30分から発売されます。

規定が変わる2019年9月10日当日は2020年8月5日まで分が購入可能になります。

尚、2019年8月発売の先得(10月27日~2020年3月27日搭乗分)は今まで通り発売されるとのこと。さいごの一斉発売になります。

ここで疑問。

のりさん

2019年8月に3月分までの先得運賃を発売する意味はあるの?330日前からの一斉発売を9月10日ではなく8月末にすれば良いのでは?

 

ここで考えられるのは2段階の運賃を作ると言うこと。ダイヤ未決定の3月27日以降は高くするという感じで。

これはANAが2018年に導入した形式です。ANAは355日前から購入可能ですが年2回の設定日(ダイヤ決定)以外の運賃は高く設定されています。高く払ってでも席を確保したい人向けの運賃です。

実際はどうなるのでしょう。プレスリリースだけでは分からない部分です。ANAもそうでしたが、実際の運用を待ってと言うことになりそうです。

スポンサーリンク

先得運賃以外。特便割引、株主優待運賃等

先得以外の運賃は普通運賃、ビジネスきっぷ、株主優待運賃、特便割引運賃等があります。

特便割引は特便割引21、7、3、1とそれぞれ21日前、7日前、3日前、1日前までに予約が必要な運賃です。

これらすべて2ヵ月前の9時30分から発売される運賃です。

この運賃が9月10日から330日前の9時30分から発売になります。

発売開始時期は先得運賃と同じになります。

 

ここで疑問。

のりさん

と言うことはクラスJ、ファーストクラスも330日前から発売になるの?

 

例えば、クラスJは現状先得割引Aタイプの運賃のみ購入可能。ウルトラ先得では購入できず高い運賃のみに設定されていました。

9月10日以降は330日前までの特便割引が購入できるのでクラスJやファーストクラスが購入できることになります。ファーストクラスは不可になるかもしれませんが今のところは何とも言えません。

利用者にとっては嬉しい限り。選択肢が広がりますね。

ただし、ここで疑問。運賃はどうなる?上がる?運賃が今まで通りなら即完売になるでしょう。

従って、今まで販売されてきた期間(特便は2か月前の9時30分から)或いはダイヤ決定以外は高めに設定されると予想します。

購入は可能、ただし需給に応じて、時期に応じて変動する運賃になりそうです。実際にどのくらいになるかは運用を待ってと言うことになりますね。

尚、運用が開始される9月10日まで時間はあるので、何かしらの変更になるかもしれません。

特典航空券

特典航空券は2か月前の9時30分から予約できていたのですが、9月10日以降は330日前から予約可能になります。かなり範囲が広がりますね。

2019年9月10日だと2020年8月5日まで発券可能です。

2019年の年末年始、2020年のゴールデンウィーク、そして夏休み。

これは争奪戦の始まりですね。9月10日は忙しくなりそう。

さて、JAL国内線の特典航空券と言えばブリティッシュエアウェイズ。

変更に伴いJALに合わせるのではと思います。ただし、同時期ではなく少々ずれるかもしれませんね。

【必要Aviosの変更】BAマイルを使ったJAL国内線。メリット、注意点まとめ。

取消規定の変更。先得と特便割引の違いは?

9月10日から取消規定が変更になります。

今まで取消料、払戻し手数料の2つありましたが統一されてますね。分かりやすくなりました。いずれも55日前までは430円で取消可能です。

 

先得運賃は54日前からだと運賃額の50%の取消料が発生します。

9月10日から330日前まで予約・購入が可能になります。55日前までは430円で取消可能。従って、予約だけでもしておこうと言う人が増えそうですね。

9月10日からの先得と特便の違いは以下の通りになります。

購入方法 価格 変更手数料(54日前) ツアープレミアム FOPボーナス
先得 330日前 安い 運賃の50% OK ×
特便 330日前 高め 運賃の5% × 400

スポンサーリンク

先行サービスの変更

JAL会員の先行予約サービスが終了します。8月の一斉発売が最後です。

一斉発売では、FLY ON ステータス(JGC含む)、JALカード会員、JALマイレージクラブ会員の順に発売されてきましたが、今後は購入できる日が同じになります。

JALステータス保有者(JGC)にとっては改悪です。電話が中々つながらないことがありましたが、先行発売は嬉しい特典でした。

尚、JALダイヤモンド、JGCプレミア会員の先行予約については9月10日以降も違った形で継続することになりました。

 

今までは2ヵ月+2週間でしたが、9月10日以降は334日前から可能になります。4日間のアドバンテージが残ってますね。

ダイヤモンド、JGCプレミア会員は年末年始、お盆、夏休み等ではこの4日間を生かし早めに予約をしたいですね。

JALからJGCプレミアの案内が届きました。2019年度のJGP特典まとめ。

ANAとの違い。

ANAは2018年秋より355日前から購入できるようになりました。

JALが変更になれば、ANAは355日、JALは330日前から予約開始となります。

355日前から購入できる運賃は以下の通り。

ANA FLEX、ANA SUPER VALUE EARLY、ビジネスきっぷ、株主優待割引、プレミアム運賃、介護割引き、プレミアム株主優待割引等

 

購入できると言っても年2回設定されているダイヤ以外はかなり高めに設定されています。

ANA国内線は年に2回ダイヤが設定しています。

  • 1月下旬に3月下旬から10月下旬までのダイヤ。
  • 8月下旬に10月下旬から3月下旬までのダイヤ。

 

加えて、355日前から購入できる運賃としてANA SUPER VALUE EARLYがあります。ダイヤ決定から355日前まで購入可能な運賃です。

普通運賃ほどではないですが、例えば羽田那覇だと最も安い早割運賃の倍以上で販売されています。

搭乗55日前まで取消手数料が発生しない点(430円のみ)はJALと同じ。

まとめるとこんな感じ。

  • ANA SUPER VALUE EARLYは355日前からダイヤ決定まで購入できて便利。
  • ただし、運賃は上がる。
  • 55日前までの取消手数料は430円のみ。

 

JALもANAに合わせ、ダイヤ決定以外は高く設定するのでは?と思います。

ちなみに特典航空券は年2回設定されるダイヤ期間ごとに予約が可能です。

2019年1月29日から順次発売される期間では3月31日から10月26日まで特典航空券の予約が可能です。

 

ダイヤ決定までなので、330日から制限なく予約できることになるJAL特典の方が使いやすくなりそうです。

まとめ

9月10日からJAL国内線の運賃発売日が大幅に変更になります。

運賃がどうなるのか(恐らくダイヤ決定以外は高くなりそう)は今のところ不明ですが、330日前から一部をのぞくすべての運賃での発売になります。先得だけでなく特便、株主優待、特典航空券も同じです。

9月10日は大忙しになりそうです。年末年始、春休み、ゴールデンウィーク、夏休みの予定を確認し戦いに望んだ方が良いですね。

今回のJALの決定は昨年にANAが改定した運賃の影響が大きいものと思われます。

日本の大手であるJALとANA。

今回の決定のようにお互いのサービスを研究し新しいサービスを提供する、そんな感じで良い意味で競争し合いながら利用者にとって使いやすくなれば良いかなと思います。

ANAとJALどっちがおすすめ? 国内線での違いを徹底比較してみた。 

2 Comments

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください