モッピー登録で1,000ポイント。9月30日まで。

ANAブロンズとJALクリスタルの違い。特典・メリットまとめ。

ANAとJALには上級会員の仕組みがあります。

マイルとは別に加算されるポイントで翌年度のステータスが決まります。

最初のステータスはANAがブロンズ、JALはクリスタル。

どのような特典・違いがあるの?

のりさん

基本的なところは同じですがそれぞれの限定サービスに違いがあります。

ANAステータス。プレミアム会員の種類。

ANAステータス

マイルとは別に加算されるプレミアムポイント。

ホームページ上で確認できます。

 

1月から12月までのポイントで翌年度のステータスが決まります。

ANAステータスは3つ。

  • 30,000ポイントでブロンズ
  • 50,000ポイントでプラチナ
  • 100,000ポイントでダイヤモンド

 

それぞれ半分はANA運行便での獲得が必要です。

 

SFC修行で目指すのはプラチナ。

プラチナになればスーパーフライヤーズカード(SFC)の申し込みが可能。SFCを持てばカードの年会費を払い続ける限りプラチナ相当の特典を受け続けることができます。

ANAスーパーフライヤーズカードを取って3年の感想。SFC修行、特典・メリットまとめ。

 

ブロンズはプラチナの一つ前のステータスです。

ANAブロンズ会員の特典

ANAブロンズは私にとって初めての航空会社のステータス。

嬉しかったですね~

こんな感じでカードが届きます。

 

具体的な特典をみていきましょう。

国内線の先行予約

国内線において先行予約が可能になります。

ANA国内線は年2回期間を定めて発売されます。プレミアム会員(ブロンズ会員含む)はANAカード会員に先立ち予約が可能です。

ANA国内線新運賃の発売!プレミアムメンバーは8月26日から。修行用の争奪戦がスタート!

 

のりさん

良い席はすぐに売り切れますしこの特典は大きいですね。発売当日はシステムが混みますが、少しでも先に予約できるのは嬉しいところ。

ANA国内線の座席指定の広がり、空席待ち

国内線の座席指定の範囲が広がります。

足元にゆとりがある非常口付近、窓側、通路側等選べる範囲が広がります。

申し込み時に座席指定できなかった場合でも搭乗2日前には座席が解放されます。尚、席がない場合等は除きます。

 

のりさん

初めてブロンズになったときにびっくりしたことの一つ。大分範囲が広がりますね。

 

その他、空席待ちが優先されます。空港での優先待ちもあります。

ボーナスマイル

搭乗時のボーナスマイルがあります。

ブロンズ 1年目は45%増、継続2年以上で55%増。

例えば羽田那覇線の旅割(スーパーバリュー)の場合は以下。

  • 普通会員で738マイル
  • ANAカードゴールド会員で922マイル
  • ANAカードゴールド会員のブロンズで1,143マイル

 

乗れば乗るほど恩恵がありますね。ステータスがある期間は乗ってマイルを貯めたいところです。

スポンサーリンク

アップグレードポイント

ANAグループ運航便利用時のプレミアムポイントに応じてアップグレードポイントがもらえます。

貰えるアップグレードポイントは以下の通り。

 

例えばANA運行便でブロンズの基準となる30,000プレミアムポイントを獲得した場合は10アップグレードポイントもらえます。

10アップグレードポイントあれば国内線でプレミアムクラスへのアップグレードを2回、国際線でアジアでビジネスクラスへ片道アップグレードが可能です。

国内線のアップグレードは路線関係なく空きがあればアップグレードできます。

プレミアムクラスはプレミアム御膳と言われる食事があります。

 

これは大きな特典ですね。詳しくはこちらを参考にしてください。

ANAアップグレードポイントの使い道。利用方法は3つ。どれが良い?

 

尚、アップグレードポイントはJALにはない特典です。

JALとの違いの一つです。

その他特典

ANAブロンズのその他の特典は以下の通り。

  • プレミアムメンバー専用のサービスデスクが利用可能。
  • 国際線において対象外運賃の場合でもプレミアムエコノミーのチェックインカウンターが利用可能。
  • 国際線において手荷物許容量の優待。
  • スカイコインの交換率のアップ。
  • 香港の優先レーンが利用可能。

ブロンズ特典まとめ

国内線における座席指定の拡大、ボーナスマイル、プレミアムポイントに応じてアップグレードがもらえる点が主。

SFC修行でプラチナを目指す場合は通過点でありそこまで恩恵を受けることはできませんが、国内線の座席指定の拡大についてはその後のフライトでも特典を受けることができ有難い特典だと言えます。

JALステータスの種類

マイルとは別に加算されるFLY ON ポイント(FOP)

1月から12月までのFOPで翌年度のステータスを決めます。

こんな感じでホームページ上に表示があります。

 

JALステータスは4つ。

のりさん

ANAは3つなので先ずここに大きな違いがあります。

 

先ず抑える点としてJALはポイントの他に回数を選択が可能なこと。

  • 30,000ポイント(or30回)でクリスタル
  • 50,000ポイント(or50回)でサファイア
  • 80,000ポイント(or80回)でJGCプレミア
  • 100,000ポイント(or120回)でダイヤモンド

 

それぞれ半分はJAL運行での数字が必要です。

 

JGC修行では50,000ポイントor50回の搭乗でサファイアを目指します。

サファイアになればJALグローバルクラブ(JGC)入会が可能です。

羽田空港のJGCカウンター
JGC修行をして3年の感想。JALグローバルクラブの特典・メリットまとめ。

 

のりさん

基本的にはFOP修行をする人が多いですが、仕事その他で乗る機会が多い、遠くに行けない理由がある場合に回数を選択している人が多いです。

スポンサーリンク


JALクリスタルの特典

JALクリスタルのカード。

使う機会はあまりないですが届くと嬉しいですね~

予約・座席指定・空席待ち

国内線の先行予約。

JAL国内線は年2回期間を定めて発売されます。

クリスタル会員はJALカード会員に先立ち予約が可能です。

JAL国内線の先得運賃。2019年3月30日までが発売。注意点まとめ。

 

国際線の座席指定の広がり。

その他、空席待ちが優先されます。空港での優先待ちもあります。

ボーナスマイル

55%増しのマイル加算。

例えば羽田ー那覇線の場合は以下の通り。

  • 普通会員で812マイル
  • JALカードclub-a会員で923マイル
  • JALカードclub-a会員のクリスタルで1,144マイル

 

乗れば乗るほど恩恵がありますね。

スポンサーリンク

ラウンジクーポン

羽田空港国内線で利用できるラウンジクーポンが10枚もらえます。

本人のみ利用可。

2020年3月31日までのキャンペーン。羽田空港国内線のサクララウンジはこんな感じ。生ビールもありソフトドリンクも充実しています。

 

実質クリスタルで羽田のサクララウンジが利用できるのは嬉しいですね。

羽田空港のサクララウンジ
羽田空港国内線JALサクララウンジは凄かった!アクセス、利用方法まとめ

 

のりさん

JGC修行中もサファイアになる前に利用できる点はメリット大。ANAはプラチナにならないと利用できないので(有料は除く)その点は大きな違いです。

その他特典

JALクリスタルのその他の特典は以下の通り。

  • クリスタル専用のサービスデスクが利用可能。
  • 国際線においてビジネスクラスのチェックインカウンターが利用可能。
  • 国際線において手荷物許容量の優待。
  • WAON交換時のボーナス。
  • 香港の優先レーンが利用可能。

会員限定サービス

先ずはアップグレードにおけるマイルバックキャンペーン。

クリスタル以上での特典。2019年度も継続が決定。

JALマイルバックキャンペーン

 

私自身、クアラルンプールで利用しました。プレミアムエコノミーからビジネスクラスへ。

 

ディスカウントマイルで18,000マイルのところ15,000マイルになりました。

こんな感じでマイルバックされます。これは大きな特典です。

 

次にディズニーシーのJALラウンジが利用可能な点。

 

クリスタル会員は年に2回利用可能。1回の予約につき最大5名まで利用できます。

週末等は取りにくくなりますがディズニーファンには嬉しい特典です。

ディズニー特典があるのでJALが良い!と言う人も多いです。

それからFLY ON ポイント2倍キャンペーン。

クリスタル以上だと翌年度の好きな月を選びFOPが2倍になる特典。

JAL FOPキャンペーンまとめ。2019年はFOP2倍、初回5,000FOP共に継続へ。

 

これは強烈です。

のりさん

とりあえずクリスタルまで行って2倍月を1月に設定し修行しようかな、と言う人も多いです。尚、キャンペーンは翌年も続く保証はないのでその点注意してください。2019年度もあると良いのですが。

ANAブロンズとJALクリスタルの共通点、違い

それぞれのステータスの違いを見てみます。

特典の共通点

ANAブロンズJALクリスタルの特典の共通点については以下。

必要ポイント ボーナスマイル 座席指定の拡大 空席待ち 荷物許容量
ANAブロンズ 30,000 55%
JALクリスタル 30,000or30回 55%

 

基本的な特典はほぼ同じです。

JALの方はステータスを達成する基準について回数が選択できるのは多きな違いです。

香港でe道を申請できる点は共通のメリット。e道とは空港での自動化ゲートとのこと。

香港空港の自動化ゲート e道(e-Channel)を申請 。出入国がスムーズに!

 

香港空港のゲートは混むことが多いので、香港が好きでよく行く人にとっては大きなメリットです。行く機会があればぜひ申請してみてください。

特典の違い

主な特典の違いをまとめるとこんな感じで。

ANAブロンズ アップグレードポイント
JALクリスタル ラウンジクーポン アップグレード時のマイルバック ディズニ FOP2倍

 

以外に多いですね~

特典だけだとJALクリスタルが多いです。修行中にJALサクララウンジが使えるのもうれしいところ。

ただANAアップグレードポイントは国際線でうまく使えば大きなメリットです。

個人的にはJALのFOP2倍が魅力です。例えば羽田那覇の先得だと通常は1,476FOP。

2倍だと2,952FOPに。片道ですからね、これは強烈です。

 

のりさん

このFOP2倍があり、JALカード特典として初回搭乗時に5,000FOPのボーナスがあるJALの方がステータスを達成しやすいです。

スポンサーリンク


まとめ

ANAブロンズとJALクリスタルの特典、違いをまとめました。

修行をする場合には通過点でありそこまで特典を受けることがないかもしれません。私自身、そうでした。ブロンズやクリスタルになってあまり時間がかからずANAプラチナ、JALサファイアになりました。

と言うことで改めてまとめてみたのですが結構違いがありますね~

どちらが良い、悪いではないですが修行をする際にどちらがするかの判断材料になれば嬉しいです。

修行する上ではこうした特典の他にANAが使いやすいか、JALの方が便が多いとか。判断する材料はありますよね。

例えば国内線。ANAとJALの違いについてまとめたので参考にしてください。

ANAとJALどっちがおすすめ? 国内線での違いを徹底比較してみた。 

 

クレジットカードの年会費を払い続ける限り上級会員の制度あり。

詳しくは以下を参考にしてください。

ANAはスーパーフライヤーズカード(SFC)

ANAスーパーフライヤーズカードを取って3年の感想。SFC修行、特典・メリットまとめ。

 

JALはJALグローバルクラブ(JGC)

羽田空港のJGCカウンター
JGC修行をして3年の感想。JALグローバルクラブの特典・メリットまとめ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください