2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

ANA国内線の特選フライトが便利!普通席に空きがある限りマイルを使って発券可!

ANA特選フライト

ANA国内線特典航空券の特選フライト。

通常、特典航空券は枠がありますが、特選フライトは普通席に空きがある限り、マイルを使って特典航空券を発券することができます。

対象の路線は限定されますが、直前だと高くなる航空券。マイルで取りやすくなるのは嬉しいですね。

ANA国内線の特典航空券は前日まで発券可能。明日ふらっと旅に出ようかな、そんな場合も便利です。

ANA特選フライト2019年11月から2020年1月は沖縄、北海道の路線が対象。

ANA特選フライトは期間を定めて設定されています。

7月〜10月は那覇線のみでしたが、11月〜1月は那覇に加えて、北海道線が追加されました。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/news/promo_privilegeticket2019/

 

北海道は、新千歳(札幌)、稚内、帯広、釧路、根室中標津、オホーツク紋別の6路線です。

ルールはANA国内線特典航空券と同じです。

  • 1区間(片道)5,000マイルから利用可能
  • 前日まで発券可能。
  • 本人以外が利用する場合、特典利用者登録(10名まで)が必要
  • 当日、空港にて空席があればプレミアムクラスにアップグレード可能
  • 航空券は1年間有効。
  • 利用できないブラック期間あり。GW、年末年始等。
  • 未使用の特典航空券は、1名につき3,000マイルで払い戻し可能。

 

変更については、変更希望便出発日の前日まで、かつ元々の予約便の出発日まで変更可能です。

例えば、11月20日出発分を持っている場合は以下になります。

  • 25日に変更したい場合は、11月20日までに変更する。
  • 18日に変更したい場合は、17日に変更する。

スポンサーリンク

那覇線は、羽田、中部、神戸、福岡が対象。

今回、特選フライトで選ばれた便は以下の通り。普通席に空きがある限り発券可能です。

週によって時間少し変わってくるので注意してください。対象外の日もあります。

 

羽田那覇線は以下の通り。片道9,000マイル。

  • NH1097  羽田17:15 ⇒  那覇20:00
  • NH460 那覇08:00 ⇒ 羽田10:15

 

神戸那覇線は以下の通り。片道7,500マイル。

  • NH3729    神戸16:45 ⇒ 那覇19:00
  • NH3724 那覇11:20 ⇒ 神戸13:10

 

中部那覇線は以下の通り。片道7,500マイル。

  • NH3769    中部14:50 ⇒ 那覇17:20
  • NH304 那覇10:35 ⇒ 中部12:35

 

福岡那覇線は以下の通り。片道7,500マイル。

  • NH1209    福岡14:55⇒ 那覇16:40
  • NH1210 那覇07:10 ⇒ 福岡08:45

 

スーパーバリュー運賃だと最安で1万円を切っているので、航空券が高くなる直前での利用をおすすめします。

例えば、1週間ごの羽田那覇だと以下の通り。25,610円。高いですよねー 9,000マイルなので単価2.8円ほどなのでマイルの方がお得。

もちろん、他の便に空きがあれば好きな便で予約をしてください。

 

片道から発券できるので、JALやLCCとの組み合わせでも良いですね!選択肢が広がります。

スポンサーリンク

札幌線は、羽田、神戸、関西、中部、福岡の5路線。

札幌線で使える特選フライトをみてみましょう。

羽田札幌線は以下の通り。

  • NH987  羽田06:15 ⇒  札幌07:45
  • NH988 札幌21:45 ⇒ 羽田23:30

 

神戸関空札幌線は以下の通り。

  • NH4819    神戸11:40 ⇒ 札幌13:30
  • NH1717    関空16:05 ⇒ 札幌17:55
  • NH1720 札幌20:20 ⇒ 関空22:40

 

中部札幌線は以下の通り。

  • NH717    中部19:25 ⇒ 札幌21:05
  • NH4830 札幌08:25 ⇒ 中部10:20

 

北海道線は、新千歳(札幌)、稚内、帯広、釧路、根室中標津、オホーツク紋別の6路線です。

札幌線以外だと便も少なく特典航空券で取れるのは便利。札幌以外も良いなあ、そんな場合に選択してください。

まとめ

ANA国内線の特選フライト。

便は限定されますが、普通席に空きがある限り特典航空券を発券できるキャンペーンです。

航空券が安く前もって予約する場合にはおすすめできませんが、高くなる直前での利用はおすすめできます。

札幌以外も行ってみたい、そして週末天気よくて晴れそう、

沖縄行きたいけどどうしようかなぁ、

そんな場合に『特選フライト』は選択肢の一つになりそうです。

 

さて、ANA国内線特典航空券と言えば『トクたびマイル』

3,000マイルから発券可能。開催週ごとに対象路線が変わってきます。11月は3週開催予定。

JALの『どこかにマイル』に対抗するキャンペーンですが、自分で選べるANAの『とくタビマイル』は使いやすく、最近対象路線が羽田那覇、伊丹福岡等の人気路線も含まれ充実してきました。おすすめです。

ANA「トクたびマイル」は片道3,000マイルから利用可能!羽田福岡、札幌が5,000マイル。

 

マイルではありませんが、当日も発券可能、変更可能なANA株主優待運賃はおすすめ。

普通席の半分で利用可能。私も何かの時のために1枚持ち歩いて利用できるようにしています。

ANA株主優待券
ANA株主優待券の使い方、メリットまとめ。購入価格が下がってきた!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください