2020年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

陸マイラーが2019年にやっておきたいこと。数千ポイント損するよ!

2019年もあと2週間ほど。

今年はどういう年だったでしょうか?年末年始を控え忙しい毎日だと思います。仕事に家庭行事にやることたくさんの月。

さて、陸マイラー的には何をすべき?

ポイント活動、マイル活動等についてやり残しのないようにしたいですね。

2019年のふるさと納税は終わってますか?限度額を確認しましょう。

ふるさと納税とは都道府県、市町村への寄付で、原則2,000円を除いた額が控除として扱われます。

『寄付』の形で好きなふるさとを応援できるものです。

自営業者だけでなく会社に勤めている人も恩恵があるふるさと納税。やらなきゃ損なサービスです。

ふるさと納税は1月から12月までがひとくくりなので、2019年分は12月までです。

ふるさと納税で大切なことは、『自分の寄付可能額を知る』こと。寄付可能額を算出しいくら寄付できるかを確認します。

そして、実際に寄付。お肉、いくら、カニ、フルーツ、日用品等何でも好きなものを選んでください。

 

のりさん

私は、半分は食べもの。半分はお皿等の日用品にしました

 

自治体の返礼品は寄付額の3割ほどです。

例えば、50,000円を寄付すると15,000円程度の返礼品がもらえます。負担額は2,000円です。

のりさん

これだけでもお得ですが、ポイントサイトを通せばさらにポイントをゲットできますよ♪

 

私の2019年のふるさと納税は楽天とau Wowmaを使って寄付しました。

au Wowmaだとモッピーを通せば8%のポイントがもらえます。モッピーのポイントはマイルに移行可能です。

 

例えば、au Wowmaで50,000円を寄付すると15,000円程度の返礼品と4,000ポイントがもらえます。負担額は2,000円。かなりお得。

楽天を使う場合は、お買い物マラソン中に寄付するのがおすすめです。

のりさん

自治体で旅行カード等が扱えなくなってどれにしようか迷いますが、楽天やポイントサイトを使えば超お得。取りこぼしのないようにしたいですね♪

 

まだやってないわ、と言う人はこちらを参考にしてください。先ずは、寄付金額の確認を行ってください。

ふるさと納税
ふるさと納税でマイルを貯めよう!2019年駆け込み納税はまだ間に合う!

クレジットカードの整理。本当に年会費無料?

陸マイラーはクレジットカードを発行しポイントを貯め、マイル交換への原資にしている人が多いですが、カードが増えすぎると管理できなくなるので、1年に1、2回は整理したいですね。

 

2019年はどのくらい発行したんだろう?

 

不明な場合は信用情報を取り寄せてください。CICはスマホでも開示できます。

のりさん

過去の発行履歴、支払い履歴が見れるので参考になりますよ。

 

クレジットカードの整理は2つ意味があります。

  • 不必要な年会費支払いを回避する。
  • 不正利用の防止。

 

年会費無料だったと思ったら、2年目から発生するケースはよくあります。カード会社側のキャンペーンで1年目は無料だったとか。無題なお金は払いたくないですよね。

解約するにせよ、1回も使わないで解約すると印象は良くないので解約するなら数回は使いたいところです。

使っていないクレジットカードも不正利用の可能性もあります。不正利用の防止と言う点でも解約は大きな効果があります。

スポンサーリンク

マイル・ポイントの整理。改悪は突然やってくる。

マイルやポイントの整理も必要です。

貯めすぎて突然の改悪になると出口に困ります。アナウンスなしの改悪は外資系が多いです。

従って、貯めすぎないようにしたいですね。ANA、JALは安心できますが、外資系だとBAのAvios、UAマイルを中心に貯めて、なくなれば補充するくらいにしています。

Avios、UAは変更の際には事前アナウンスがあるので利用者にとっては使いやすいマイレージです。

 

当ブログでも何回か紹介したポイントサイトのすぐたまは、他ポイントに交換ができない制限がかかっているようです。

紹介したので心苦しいですが、Tポイント、楽天銀行へは可能だったりするので早めに確認してみてください。

メトロポイントの移行は12月27日15時まで。

ANAマイルを貯める主流ルートだったソラチカルート。

LINEポイント⇒メトロポイントへの交換は12月27日15時をもって終了になります。

事実上のソラチカルートの終焉です。

メトロポイントからANAマイルへの移行は今後も可能ですが、メトロポイントを効率的に稼ぐ手段がなくなります。

私は陸マイラーになって4年。ソラチカルードには大変お世話になりました。今後使えなくなるのは寂しさも感じますが、仕方ありません。次の方法でマイルを貯めていくしかありません。

メトロポイントへの移行は早めに済ませてください。移行完了している人は次のルートに目を向けるだけです。

スポンサーリンク

ANAマイルを貯める次のルートは東急ルート。ANA東急カードの発行しよう。

ソラチカルートの次のANAマイルを貯める方法は東急ルートです。

各種ポイントを貯め東急ポイントに移行し、ANAマイルに交換します。ポイントの交換率は75%です。

さて、そのANA東急カードですが、10月上旬でポイントサイトから案件がなくなり(2,000ポイント前後で出てました)、現在はANAカード側のキャンペーンのみとなっています。

 

では、ANA東急カードはいつ発行したら良いの?

 

と疑問に思っている人も多いと思いますが、キャンペーンの恩恵を受けるために早めに申し込むことをおすすめします。

以下の通り各ポイントサイトでANAマイル移行キャンペーンを実施中です。

 

今後は、東急ルートの75%をベースに各社がポイントアップするキャンペーンの利用が主になりそうです。

そのためには東急カードが必要。まだの人は早めに発行するようにしてください。

【2020年最新】陸マイラーのANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

まとめ

陸マイラー的に2019年中にやっておきたいことをまとめました。

一番はやはり『ふるさと納税』です。限度額を確認し寄付をする、負担額は2,000円。

楽天お買い物マラソンやポイントサイトを利用すると、さらにポイントをゲットできます。

マイルを貯めたい場合はモッピー経由のau Wowmaがおすすめですが、他に買い物がある場合は楽天がおすすめ。

私自身、日用品の買い物は楽天セール時に集中させるようにしました。ポイントがざくざく貯まりかなりおすすめです。

 

2019年のやるべきことを終えたらあとは2020年の計画です。

羽田国際線枠の拡大で2020年は新規就航が相次ぎます。どこに行こうかとガイドブック片手に考えるのも楽しいですよ。

マイルの貯め方はこちらにまとめています。貯めたポイントを東急ルートで75%でANAマイルに移行、さらにサイトごとのキャンペーンを利用するのがおすすめです。

【2020年最新】陸マイラーのANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください