2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

ソラチカルートがいよいよ閉鎖。東急ルートが今後の主流へ。ポイント移行は忘れずに!

ANAマイルを貯めるソラチカルートは長い間主流でした。

各種ポイントサイトで貯めたポイントをLINEポイントへ。

そして、LINEポイントからメトロポイント経由でANAマイルに交換するルートです。

ANAマイラーに絶大な人気を誇っていましたが、LINEポイント⇒メトロポイントへの交換は12月27日をもって閉鎖になります。

閉鎖に伴いソラチカルートも事実上の終了となります。LINEポイントへの交換は早めに行いましょう!!

LINEポイントからメトロポイントへの交換が2019年12月27日で閉鎖

2019年9月30日、衝撃のニュースが入ってきました。

 

2019年12月27日15時をもってLINEポイントから各種ポイントへの交換が終了へ。

 

メトロポイント以外にもdポイント、nanacoポイント、Amazonギフト券等、主要な交換先が入っています。

LINEペイも12月31日をもって交換できなくなります。ただし、LINEペイコード支払いは引き続き利用可能です。

 

大改悪。LINEポイントを貯める意味が薄れてきましたね。。。

2019年12月27日15時以降はLINEギフトコードのみ使用可能です。2020年1月以降に付与されるLINEポイントはLINEギフトコードで各ショップで使うことになります。

スポンサーリンク

ソラチカルートって?

モッピー他、各種ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルへ移行するルートです。

81%の交換率でANAマイル交換ルートとしては最高の交換率を誇るルートになります。

 

上記のLINEポイント⇒メトロポイントが12月27日15時で閉鎖になります。ANAマイルを貯めるためにLINEポイントを貯めていて残っている場合は、早めに交換するようにしてください。

 

追記:Gポイントのニュースリリースが発表されました。GポイントからLINEポイントへの交換は12月25日9時前に済ませておく必要があります。

 

ハピタス⇒Gポイント、モッピー⇒Gポイント、ポイントインカム⇒Gポイントはそれぞれ3日営業日必要なので、メトロに移行する場合は1週間以上の空きが欲しいですね。

各種ポイントをGポイントに移行しLINEポイントに交換します。2,3日が必要です。

 

尚、メトロポイント⇒ANAマイルへの交換は今まで通り可能です。

では、なぜソラチカルートが終了になるの?

メトロポイントを効率的に貯める手段がなくなったわけですね。

 

またソラチカルートの事実上の閉鎖でソラチカルートを解約しよう、と言う人も多いと思いますが、ちょっと待ってください!

 

対象のJCBカードで12月15日までスマホ利用で20%キャッシュバック中です。登録してスマホで使ってみてください!

ソラチカカードでJCB20%キャッシュバック
ANA JCB ソラチカカードを解約する前にやっておくこと。

スポンサーリンク

ANAマイル代替えの交換先は東急ルートへ

LINEポイントからメトロポイントへの交換が不可になることで、事実上のソラチカルート封鎖になります。

今後はどうやってANAマイルを貯めていくの?

代わりとなるのは以下の東急ルートです。

 

モッピー他、各種ポイントサイトで貯めたポイントをドットマネーへ。その後、東急ポイント経由でANAマイルへ移行します。

MEMO
ドットマネー⇒東急ポイントは等倍、東急ポイント⇒ANAマイルは75%で交換可能。

 

81%のソラチカルートには及ばないですが、75%の東急ルートも以下の通り優秀です。

  • 移行期間が短い。(東急ポイントからANAマイルは最短で2日)
  • 東急ポイントの月の移行上限は100,000ポイント(75,000マイル)

 

尚、東急ポイントを貯めるにはANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必要です。

間違えないようにしてください。以下のクレジットカードです。

 

東急ポイントからANAマイルへは1,000ポイント単位(750マイル)で交換可能です。

 

私も40,000ポイントを移行しました。30,000ANAマイルになります。

 

2日でANAマイルへ移行が完了しました。超早いです。

 

東急ポイント⇒ANAマイルへの月の上限は100,000ポイント(75,000ANAマイル)です。

上限がソラチカルートに比べて緩いのは大きなメリットです。

東急ルートからANAマイルの基本まで詳しくは以下にまとめているので参考にしてください。

【陸マイラー入門編】2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

まとめ

LINEポイントはキャンペーンが多く貯めやすいポイントでしたが、ここに来て大改悪。私もLINEトラベルや各種ポイントを移行して貯めていたので、大きな痛手になりました。

尚、メトロポイント⇒ANAマイルへの交換は可能です。メトロポイントを効率よく貯める手段がなくなったのが発表の要旨です。

今後、大切なことは、

12月27日の終了までにLINEポイントをメトロポイント他に移行する!

先ずはこれが大事です。Gポイント経由だと10日の余裕は欲しいですね。12月中旬には移行は終えたいところです。

ANAマイルを貯める代替えですが、ソラチカルートが事実上の廃止になったとは言え、ANAマイル交換は東急ルートの75%があります。

月の交換上限は100,000ポイント(75,000ANAマイル)と優秀です。

尚、東急ルートはANAカード TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードが必要です。

 

ソラチカルートに比べて移行上限が緩いのでANAマイルへの交換はさほど心配ではありません。

ポイントサイトで掲載は終了しましたが、公式ページから申し込みも可能です。

ポイントサイトで復活する日は分からないので、東急カードを発行するなら早めをおすすめします。

 

さて、ANAマイルを貯めるには原資となるポイントが必要です。

ポイントサイトのおすすめは『モッピー』。

東急ルートを使ってエクスプレスキャンペーンを使えば最大86.3%の交換率でANAマイルに移行が可能です。

モッピー』では12月31日まで2,000ポイントがもらえるキャンペーン中です。この機会にぜひ!

東急ルートからANAマイルの基本まで詳しくは以下にまとめているので参考にしてください。

【陸マイラー入門編】2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

6 Comments

oko123

ラインポイントが30万くらいと大量にあるのですが、どれに変えておくのがいいですか?

返信する
のりさん

メトロポイントからANAマイルへの交換は今まで通り可能なので、
ANAマイルを貯めている場合はメトロポイントへ全ポイントを移行するのもありだと思います。

返信する
oko123

そうなんですね〜!ありがとうございます!移行の上限と期限が気になりますね。。大変残念な改悪です。。

返信する
のりさん

とりあえず移せるものはLINEポイントに移行してメトロポイントに移行させたいですね。

急な展開にびっくりしました。。

返信する
henahena

いつも参考にさせていただいています。
色々ポイントの引っ越しをしようとしているのですが、ポイントタウンからLINEポイントhrの交換が3%の手数料になっていました。たしか等価交換だったと思ったのですが、こういうのも出てくるのでしょうか。

返信する
のりさん

こんにちは。

コメントありがとうございます。

ポイントタウンからLINEポイントへの移行は11月21日から3%の手数料が必要になりました。
また交換先にドットマネーが1月中に追加されるのは朗報ですが、他の移行で手数料が発生する可能性もあります。

今のところポイントタウンだけですが、他のポイントも手数料が発生する可能性は0ではありません。
すぐの実施はなさそうですが。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください