2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

飛行機の過ごし方。2020年JAL国内線はこう楽しむ。

飛行機は移動手段でしょ?

はい、その通りなんですが、せっかくのフライト。楽しみたいですよね。

国際線だと機内食やエンターテイメントが楽しみの一つ。最新の映画を観ながら食事をする。典型的な機内の過ごし方です。

では、国内線はどう?

短いフライトだと1時間ありません。沖縄線の長距離フライトだと2時間ちょっと。

本を読んだりスマホやPCをいじる以外に何かないかなぁ。と思っている人へ。飛行機のサービスも年々変化しているので新たな発見があるかも。

JAL国内線の都道府県シールの後に電子スタンプが11月より登場!

短い時間でも利用客との繋がりを大切にしたい、とのJALの思いから誕生したJAL国内線の企画。

第一弾は、2017年3月からの千社札シール、

第二弾は、2017年10月から都道府県シールが始まりました。

飛行機に乗ってCAさんにシールを貰う、ただそれだけの企画なのですが、好評だったようです。私も貰っていました。

また、それぞれ全都道府県を集めるとコンプリートシールがもらえ、収集する人のモチベーションにもなっていました。

CAさん一人一人がそれぞれゆかりの都道府県シールを持っているので、一回のフライトで複数のシールを集めることも可能でした。

 

私も集めていましたがコンプリートできず。たまに貰うのを忘れてしまったことが原因かもしれません(笑)

都道府県シールは2019年3月で終わったのですが、11月から新企画が登場しました。

都道府県電子スタンプの登場!

11月から始まった企画は都道府県のスタンプが貰える企画です。

シールではなくスタンプです。スマホをかざして読み取ります。デジタル化が進みましたね(笑)

JAL国内線の全路線が対象。全国を6つのステージに分け、ステージをクリアするとコンプリートスタンプがもらえます。

まずスマホアプリの『JAL FLIGHT FUN』をダウンロードしてください。

使い方は簡単。CAさんが持っている名札を青丸で囲んだ『STAMP SCAN』で読み取ります。

 

貰い方は簡単です。

のりさん

すいません、あのー、スタンプもらえますか?

担当の方

はい、かしこまりました。京都ですが、よろしいですか?他の方もいますので。

 

集めている人のために丁寧にそのスタンプで良いか聞いてくれます。初めてのスタンプだったので、お願いしました。

 

スタンプをもらうだけですが、ちょっとした話の会話になります。スタンプが増えてくると収集したくなってきますよ(笑)

尚、スタンプは一度もらうと6時間はもらうことができません。ん、6時間あれば良いんじゃない?

一般の方は大丈夫ですが、修行僧にとっては大問題(笑)

羽田那覇を行って帰ってまた行って。何往復もする修行僧対策としか思えません(笑)

羽田空港のJGCカウンター
JGC修行をして3年の感想。JALグローバルクラブの特典・メリットまとめ。

スポンサーリンク

エアバス、ボーイングの新機材を楽しむ

2019年秋からJALは新機材を国内線に投入しています。

エアバスA350、ボーイング787。これらの新機材に乗るのも楽しめます。

羽田、札幌、伊丹、福岡、那覇等の路線限定ですが、機会があれば最新機材を選んでみてください。

エアバスA350は羽田福岡で就航。札幌、那覇に路線拡大へ

2019年9月に羽田福岡で就航したエアバスA350の新機種は2019年10月末に羽田札幌、2020年2月から羽田那覇線でもデビューします。

最新のエアバスA350は静かで快適。普通席にもモニターあります。

JAL国内線の長年主要機として使われてきたボーイング777の入れ替え機として登場しました。

ファーストクラス設定の機材で路線は羽田発の札幌、福岡、那覇に限られていますが、便を選べるなら『A359』と書いた機材を選んでみてください。

普通席にもモニターありで楽しめますが、おすすめはクラスJ。1,000円プラスで利用できるシートは超快適です。

JALのクラスJは国内線最強か?メリット、普通席との違いまとめ。A350はさらに進化!

スポンサーリンク

ボーイング787は羽田伊丹線で活躍中

10月末に登場したボーイング787は、2020年春には羽田伊丹線に3機目が投入され主力機として羽田伊丹を往復します。羽田伊丹線で搭乗すると新機材に当たる確率は高くなります。

私も早速乗ってきました。新機材の機材はピカピカです。

 

今回もクラスJにアップグレードしました。アップグレードは空席待ちも可能。修行路線の羽田那覇以外は落ちてくる可能性も高いのでぜひ空席待ちしてみてください。

 

前が壁になっているシートなので前方にモニターがありました。

 

羽田伊丹はわずか1時間のフライトなので、そこまで楽しむことはできませんが、ちょっとした気分転換になります。

ニュース、バラエティを見るのも良し。ミュージックビデオ付きの音楽も良いですね!

まとめ

2019年11月7日から始まった都道府県スタンプ。

一度に一か所しかもらえないので全都道府県の制覇は難しそうですが、6つあるエリアごとにコンプリートシールがもらえるので、ぜひCAさんに話しかけてください。

私も一度中央席で言いにくかったですが(笑)、ドリンクサービスの時にお願いしました。

新機材も路線は限られますが、機会あればぜひ。静かな機内、エンターテインメント充実で楽しめますよ。

 

さて、新機材は羽田中心の路線になります。搭乗前はJALサファイアだとJALラウンジ、なければパワーラウンジを利用してください。

パワーラウンジは対象のクレジットカードで利用可。到着時にも使えます。おすすめの空港ラウンジです。

羽田空港パワーラウンジ
羽田空港のラウンジまとめ。POWER LOUNGEは国内線で最強か?

2 Comments

kazz

のりさん、こんばんは。
私の最近の機内でのお楽しみは、flightradar24.comで搭乗機の位置と近くに飛んでいる航空機の位置を見て、窓側に座っている時は対向する機や並走する機を探してます。もちろんflightradar24.comなら登場予定の便のレジも分かるので、そのシップの直前のフライトが順調なのか遅れてるのかなどを把握できるメリットもありますね。

返信する
のりさん

kazzさん、

フライトレーダーも楽しめますよね!
私もたまに使っています。先日、ちょうど並走機が飛んでいたのでタイミングよく見ることができました。

那覇線の2時間を超えるフライトで何しようか、いつも悩みますね笑

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください