ロンドン1日観光 バッキンガム宮殿からロンドン塔へ

2017年の夏、ヨーロッパに行ってきました。

ドイツではフランクフルトとミュンヘンを訪ねました。フランクフルトからドイツ鉄でケルン大聖堂、ミュンヘンからはツアーでザルツブルクへ、そして古城巡りではノイシュバンシュタイン城リンダーホーフ城を見学。ルードヴィッヒ2世が建てた有名なお城を見学しました。

元々はドイツだけを訪問する予定だったのですが中々行く機会がないヨーロッパと言うことでロンドンに飛び一泊することにしました。

ロンドン1日観光 バッキンガム宮殿からロンドン塔へ

レスタースクエアからスタート。緑豊かでショッピングや食事、舞台を見るにも最適な所です。周辺は観光地として有名で夜遅くまで賑わっていてホテルも多く観光するには最適の場所です。バッキンガム宮殿へは徒歩20分、セントポール大聖堂へは徒歩30分、ロンドン博物館へは徒歩40分ほどです。

バッキンガム宮殿へ

レスタースクエアからバッキンガム宮殿へは徒歩20分くらい。緑豊かな周辺を散歩するのは最高でした。

この辺、ジョギングしている人も多く見ていると走りたくなってきますね(笑)

途中にあるセントジェームス公園。地元民、そして観光客の憩いの場となっています。時間あればのんびりとピクニックするのも良いでしょうね。天候にも恵まれ最高でした。

さらに進むと宮殿の入り口になります。

そしてバッキンガム宮殿へ。エリザベス女王の公邸であり実際に執務している場所になります。1705年に建設、1837年にビクトリア女王が即位すると公邸として使用されるようになりました。

宮殿の前に立つ『クイーンビクトリア記念碑』

バッキンガム宮殿の見所は徴兵交代式。黒い帽子に赤い服を着た兵士が行進するのですが一番の見所です。時間が合わず今回は見れなかったですが次回リベンジしたいですね。

そしてバッキンガム宮殿を後にしました。

スポンサーリンク

トラファルガー広場へ

バッキンガム宮殿から歩いてトラファルガー広場へ。ここも観光の中心。ナショナルギャラリーありレストラン、ショッピングに最適。2011年のハリーポッター最終章のプレミアになったことでも有名な場所です。ここで何をするというわけでもないですが広場に座って読書をしたりお喋りしたりとのんびり過ごすには最高だと思います。

広場の前のライオン像。ヴィクトリア女王お気に入りの彫刻家の作品です。

広場中央にあるのは英雄ネルソンを記念して建てられました。50メートルあります。バッキンガム宮殿からトラファルガー広場は近いので両方行ってみてください。イギリスの街並みを眺めながらの散歩は最高でした。

アンガスステーキハウスへ

何か食べれるところを探していたのですが目にとまったステーキ屋さんへ。イギリス中心部に何店舗かあるのですがトラファルガー広場から一番近いCONVENTRY STREETにあるお店。日本のファミレスの様な雰囲気で入りやすかったです。

ギネスビールでかんぱーい。

こんな感じでいただきました。旨い!イギリスと言えばやはり肉でしょう。

スポンサーリンク

世界遺産のロンドン塔へ

今回のイギリス旅は時間がなかったのですが一番楽しみにしていたのがロンドン塔です。1000年の歴史があり世界遺産に認定されています。

Embankmentから地下鉄に乗りました。Tower Hill駅へ向かいます。

駅に着くと案内があるので表示に沿って進みましょう。

暫く進むと見えてきました!圧巻!周辺にテムズがあり高い城壁に囲まれたロンドン塔。イギリス観光の人気スポットです。

ロンドン塔の前にあるタワーブリッジは歩道が広く散歩には最適です。時間をとって周辺を散歩するのも良いでしょう。

月曜、日曜は10時から、それ以外は9時からの営業で17時30分まで。

入場料は28ポンド。オンラインだと値引きできるようで失敗しました。

そして中に。

ロンドン塔は牢獄として使われてきた時代があります。こちらは『トレイターズ・ゲート』囚人たちはテムズ川に面したこの水門を通じてロンドン塔に入っていったとのこと。

中央にはロンドンの街を表すかのような建物が並んでいます。

囚人の拷問用として使われていた道具が展示されています。

ロンドン塔での人気エリアがクラウン・ジュエル。数々の宝、宝石類が展示されています。何と言うか、目がくらむと言うか、凄いの一言でした。中々見ることができないものばかりなので、ここは押さえておきたいスポットです。撮影不可となっています。

ロンドン塔では7羽のカラスが飼育されています。ロンドン塔には6羽のカラスが場外へ飛ぶと国が亡びる、と言う伝説があるので飛ばないように羽の一部を取られ飼われているとのこと。

ホワイトタワーにある鎧や武器類。鎧にみをまとった騎馬は圧巻です。

2時間くらい見学しました。周辺の散策を含め半日あれば十分でしょう。塔内の豪華な宝石類、精巧な武器類を堪能してみてください。

周辺を散策

歩いて大英博物館へ。普通に入れるかなと思ったのですが長蛇の列だったので時間の関係で諦めました。1日ゆとりを持って午前中から行った方が良さそう。

映画館かな。

そして近くのカフェへ。

ここでは数々のビールが楽しめます。

ビールにハンバーガー、そしてポテト。これは外しませんね。旨い!

まとめ

1日観光だったのでもう少し時間を取って観光したかったのが正直なところ。次回は今回入れなかった大英博物館をリベンジしたいですね。

今回は元々はドイツメインの旅でした。ソウルフランクフルトでアシアナ航空、ルフトハンザ航空のエアバスA380乗り比べができたのも楽しい体験でした。

ビジネスクラスの比較 こんなに違うアシアナ航空とルフトハンザのA380【搭乗記】

フランクフルトからロンドンへはブリティッシュエアウェイズで。

マイルを使ってヨーロッパ周遊 ブリティッシュ・エアウェイズのaviosはこんなに便利

観光もして飛行機乗り比べが出来て良い旅でした。基本、弾丸アジアが多いので休みを取ってヨーロッパも良いなあと再認識しました。さて次はどこにしよう。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.