ANA国内線WiFiが2018年4月1日から無料化へ 使ってみての感想

ANA国内線のWiFi。有料にてサービスを提供中でしたが2018年4月1日から無料になりました。JALに続いてANAもついに無料化へ。

2018年1月10日からはANAプラチナ、ダイヤモンドメンバー限定で無料となっていましたがついに全ての利用者を対象に無料化へ。

国内線のWiFi無料化についてはJALが先行し評判もよく私自身乗る度に使ってきましたが快適そのもの。仕事その他の理由で空の上でもインターネットに繋げることが必要な場合にはANAよりJALを選択する人もいたのではないでしょうか。

そして2018年4月1日になり一部機材を除く完全無料化へ。

3月31日に搭乗した際、既に完全無料となっていたのでレポートします。

ANA国内線WiFi無料化へ 2018年4月1日から 利用方法、対応機種、使ってみての感想について

ANA WiFi対応機材

全ての機種で対応ではありません。

全機種で対応する機材はA321、B789、B777‐300、一部の機材で未対応となっているのがB787‐8、B777‐200、B767‐300、B737‐800。

ホームページの予約画面で確認することが可能です。〇は全機種、△は一部未対応。未対応機種があるとは言え、使用した人の話を聞く限りは未対応機材に乗った人は居ないので殆どの機材と考えて良いでしょう。

スポンサーリンク

利用方法

利用するには搭乗までにANA公式スマホアプリをダウンロードしておく必要があります。公式アプリは空席照会、便の予約、運行状況の確認もできます。トップ画面に現在の予約が表示されるので分かりやすく使い勝手抜群。ぜひダウンロードしておいてください。

機内モードをON、WiFiモードをONにして『ANA WiFiサービス』を選択にします。利用方法は簡単です。

先ずはANAプラチナ、ダイヤモンド限定サービス時に使ってみました

搭乗したのはボーイング777‐200で羽田伊丹線。一部の便で未対応とのことでしたが、利用することができました。羽田伊丹のフライトは1時間もないので早く繋げないと、と焦りながら操作を進めました。

機内モード、WiFiをONにしてANA WiFiを選択。その後アプリから接続していきます。

2018年3月31日までは有料となっています。ANAプラチナ、ダイヤモンドメンバーについては赤印から無料へ進んでいきます。

お客様番号とWEBパスワードを入力。ステータスを確認する作業です。これは今までにはなかったパターンです。この1つの過程が増えているのでWiFiに繋がるまでの時間が長くなっている気がしました。

暫く待って以下の画面へ。フルフライトプランが0円で出てますね。WiFiアカウントにログインします。ここで新規登録も可能です。

さらに暫く待って以下。プロモーションプランで0円です。

そして暫く経ってやっと繋がりました。繋がるまでは約20分。待ちました(笑)2018年4月1日以降は全ての人が対象となり一過程減る分短くなると思うのですがどうでしょう。接続後はインターネットはもちろん、メールの送受信も可能でした。重い写真を上げたりする以外は普通にインターネットを利用することができそうです。

スポンサーリンク

完全無料での利用方法

2018年3月31日に乗ってみたところ既に完全無料化となっていたので実際に使ってみました。

使い方は簡単。既述の通りですが画面がシンプルになっていました。

登録しているメールアドレスを入力します。

接続完了。登録まで大分早くなりました。これは良いですね。

感想

4月1日まではANAプレミアムメンバーに対し先行で無料サービスを実施していた関係で繋がるのが遅かったのですが、完全無料となり無駄なシステム的な処理がなくなったのでしょう、繋がるのが大分早くなりました。これはスムーズです。

WiFi無料についてはJALが先行しANAが追いかける形となりました。JALは先行した分WiFi無料の知名度がありますし、ANAとJALを比較してもJALの方が繋がるまでのスピードは短くページ読み込み速度も速いのが感想でしたが、ANA4月1日の無料化でいい勝負、こうなってきましたね。

国内大手2社が競う形でサービスを向上していくことは利用者にとっては選択しやすく有難い。国際線でもWiFi無料化になって欲しい、いや、無理でしょうか(笑)淡い期待と言うことで。

使いやすくなったANA国内線機内WiFi。ぜひ利用してみてください。

さて、ANAとJALの国内線。2社にはこんな違いがあり以下にまとめています。座席シートや路線その他多くで違いを見ることが可能です。参考になれば嬉しいです。

ANAとJALどっちがおすすめ? 国内線での違いをまとめてみました 

コメントを残す