モッピーのJALキャンペーン無期限の延長へ

クアラルンプールを1日観光で楽しむ。マイル修行僧のこんな過ごし方。

マレーシアの首都クアラルンプール。

ANA、JAL、そしてLCCの直行便がありとても便利。

物価は安く他の東南アジアと比べても治安も良い。

亜熱帯気候。

そんなクアラルンプールに行ってきました。

JAL修行を兼ねて1泊したのですが亜熱帯ゆえ天候が不安定。

雨だったらホテルでのんびりそしてモールにでも行こう。

晴れたら動き回ろう、と思っていました。

当日、幸運にも晴れ。ラッキー。

と言うことで朝から観光することにしました。

のりさん

1泊2日でも十分楽しめました♪

ここで言う修行とは

航空会社のステータスを獲得するために飛行機に乗りまくること。

クアラルンプールへの直行便、空港からのアクセス

クアラルンプールってどんな都市?

マレーシアの首都クアラルンプール。

マレー半島の中央に位置し日本からだとシンガポールと同じくらいの距離。

羽田からだと約7時間半のフライト。

北はタイ、南はシンガポールと国境を接している。

クアラルンプール(マレーシア)の詳細は以下の通り。

通貨 リンギッド。1リンギッドは28円。2018年7月現在。
物価 上昇傾向も日本に比べ二分の一程度。ホテル、交通は安い。
気候 亜熱帯。年中暑い。雨多い。
時差 1時間。日本が午前8時ならクアラルンプールは午前7時
ビザ 90日以内の観光なら不要。
交通 地下鉄、モノレール、バスが整備されている。
空港からはKLIAエクスプレスで市内まで28分と便利。
直行便 成田、羽田、関空、新千歳から直行あり。

クアラルンプール市内中心は治安が良い。人も良い。

但し、海外ゆえ油断は禁物、と言ったところでしょうか。

日本からの直行便

日本からは成田、羽田、関空、新千歳から直行便があります。

便の詳細は2018年6月現在。

ANAは羽田、成田共に往復1便。
ANA885:23:30羽田発、翌06:30クアラルンプール着。
ANA886:14:15クアラルンプール発、22:15羽田着。

ANA815・・17:20成田発、翌23:35クアラルンプール着。
ANA816・・07:05クアラルンプール発、15:05成田着。

JALは成田便が往復1便。
JAL723:成田11:20⇒クアラルンプール17:45。(789)
JAL724:クアラルンプール22:50⇒成田翌07:05。

マレーシア航空が成田で往復2便、関空が1便。
MH89:成田10:20⇒クアラルンプール16:45。
MH71:成田21:40⇒クアラルンプール翌04:10。
MH70:クアラルンプール09:50⇒成田18:00。
MH88:クアラルンプール23:30⇒成田翌07:40。

MH53:関空09:55⇒クアラルンプール15:50。
MH54:クアラルンプール22:10⇒関空05:40。

羽田、関空、新千歳からエアアジア直行便あり。機材はA330。
D7523:羽田23:45、クアラルンプール翌05:55。
D7522:クアラルンプール14:25、羽田22:30。

D7533:関空11:00、クアラルンプール16:45。
D7537:関空16:40、クアラルンプール22:25。
D72:関空22:00、クアラルンプール翌04:00。
D7532:クアラルンプール01:55、関空09:20。
D7536:クアラルンプール08:00、関空15:25。
D71:クアラルンプール14:00、関空21:25。

D7551:新千歳09:35、クアラルンプール16:35。
D7552:クアラルンプール23:35、新千歳翌08:25。

日本からの直行便が多いのは便利。

LCCは片道でも往復でも値段が変わらいですし、マレーシア航空は頻繁にセールをやっているのお得に購入可能。

但し、マレーシア航空はマレーシアだと高くなりマレーシアから乗り継ぎすると安くなる不思議な値段設定なのでその点は注意が必要です。

2018年JGC修行に!マレーシア航空ビジネスクラスのセール開始!5月1日まで

空港からはKLIAエクスプレスが便利

空港からのアクセスはKLIAエクスプレス、バス、タクシーがありますが、時間が読めるKLIAエクスプレスが便利でしょう。

セントラル駅まで急行で28分。

税関を抜け到着ロビーで左に進むと紫色の看板で『KLIA ekspres』の表示があります。

到着ロビーは3階、『KLIA ekspres』のホームは1階にあります。

セントラルへは片道55リンギッド(約1,700円)ですがVISAで決済すると15%割引になります。

尚、条件としてvisa pay wave利用となっているので、日本だと使いにくいあまり期待はしない方が良いかもしれません。*2018年9月30日までのキャンペーンです。

ホームへ

路線は2つありKLセントラルへの直行便(KLIAエクスプレス)と各駅停車便(KLIAトランジット鉄道)があります。

ちなみに各駅の『Putrajaya』は有名な観光地であるピンクモスクへ行く場合に降りる駅になります。(そこからバスで移動が必要)

KLIA2はLCC専用ターミナルなのでANA、JALの場合はKLIAになりセントラルへは止まらず1本です。

空港(KLIA)からセントラル駅へは始発が午前5時、終電が午前1時です。

ANA、JALで行く場合時間通りに行けば終電には十分間に合いますが、遅延したり到着が遅れ間に合わない場合はタクシーと言うことになります。

上記時間は2018年6月現在。

購入、時間について詳しくは以下ホームページを参考にしてください。

https://www.kliaekspres.com/

KLセントラル駅について

クアラルンプールで交通(電車、地下鉄、バス)の中心になる駅。

ショッピングモールやホテルが併設されていて便利。

セントラル駅に直結しているヒルトン、ルメディリアン、アロフトと言ったホテルは便利です。

スポンサーリンク

地下鉄

クアラルンプールは交通網が発達しています。

バス、モノレール、そして2017年に開通した地下鉄MRT。

市内中心部を走る地下鉄は便利です。『MRT』を目指しましょう。

プラットフォーム1,2に分かれます。

料金は片道100円から200円。プラスティックのコインをかざします。

尚、硬貨でないと購入できないのでない場合は窓口で両替して貰ってください。

セントラルにあるMRTは『Muzium Negara』駅です。

車内は綺麗です。

地下鉄を一度は体験するのは面白いと思います。

尚、市内移動はGrabが便利。

市内移動なら数百円で済むので時間がない場合はGrabかタクシー。

流れタクシーだと多少ぼったくられることがありますが、その点心配がないGrabが安心、そして便利です。

東南アジアはGrabで決まり!アプリ配車は予想以上に快適だった!

クアラルンプール一日観光

7時ホテルで朝食

クアラルンプールはホテル天国。日本に比べ驚くほど安く泊まれる。

セントラル駅に直結したメルディリアンに宿泊しました。

ヌードルバーがありました。

朝からがっつり。あー、旨い!

8時バスに乗ってバトゥ洞窟へ

バトゥ洞窟はマレーシア随一のヒンドゥー教の聖地の洞窟です。

272段の階段を登ることで有名な洞窟です。晴れたので行ってみることに。

尚、KLセントラルからの直行便(KTMコミューター)があったのですが2018年2月より無くなりました。

無料バスでセントゥル駅まで行ってからの電車になります。

タクシーやgrabでも数百円なので人数が多い、時間がない場合はタクシーで良いでしょう。

私はせっかくだからとバスで乗り継ぎ電車で行ってみることに。

バス乗り場へ向かいます。セントラル駅からヒルトン方面に向かい地下に降りるとバス乗り場があります。

降りて左に進み先頭にあるバスがセントゥル駅への無料バスです。

セントゥル駅から終点のバトゥケイブ駅へ。

片道3リンギッド。20分ほどでしょうか。行きはバスに合わせて出発するので良いですが帰りは電車の時間を確認してから洞窟に向かった方が良いですね。1時間に2本とかなので待つことがありそうです。

バトゥ洞窟へは案内に沿って進んでください。

9時バトゥ洞窟に到着

案内に沿って進み露店を抜けると大勢の人が見えてきます。

いやー、あれを登るのか(笑)気温28度くらい、但し湿度が異様に高い。

気合を入れ直し登ることにしました。

急なのでゆっくりゆっくり。何とか272段を登ることに成功しました。

汗だくです(笑)良い運動になりました。降りるのも怖かったですね。

洞窟周辺にはサルが居てびっくり。野生ですが人に慣れています。

石灰石で成り立つ洞窟内。

19世紀後半にヒンドゥー教寺院が開かれたのが最初ですが洞窟自体は何億年も前から形成されていると言われています。

じっくり鑑賞しながら進みます。へー、こんな感じなんだー

見えるでしょうか。こんなところにもサルがいます。

全体図。神秘的な洞窟でした。

登ったり観光するには1時間あれば良いでしょう。

市内からのアクセスを含めると2~3時間必要でしょうか。

洞窟の近くにはお土産屋さん、食事する場所もあります。

11時 昼食はバビリオンへ

セントラル駅から3駅目にあるブッキビンタン駅へ。

タクシーやgrabでも数百円なのですが折角だからと開通したばかりのMRTを使ってバビリオンへ行ってみました。

バビリオンはショッピングモールですね。ショッピングに最適です。

鼎泰豐(ディンタイフォン)へ。日本にもある小籠包で有名なお店。

メニューは写真付きで分かりやすい。

先ずはビールでかんぱーい。

こんな感じでいただきました。エビチャーハンが絶品。

食事はどこにしようか迷うところですがパビリオン近くに来た際はいかがでしょう。

昼の混みそうな時間帯でしたが並ばずに入ることができました。

鼎泰豐バビリオン店 10時から22時

13時 ホテルに戻る

16時レイトチェックアウトで指定していたのですが一旦ホテルに戻り休憩。

30分ほど昼寝してラウンジに行ってみました。

昼は果物、甘いもの等がさ提供されています。

窓際に座って市内を眺めながらコーヒーを飲んでまったりと。

広くていいラウンジでした。

その後、モールで買い物をしたりのんびり過ごしました。

チェックアウトしましたが荷物は預かってもらい次の目的地へ。

スポンサーリンク

15時セントラルマーケットへ

涼しげなブルーの建物が印象的なセントラルマーケットへ。

セントラル駅からタクシーを使いましたが数百円程度。

お土産ならここ。見て楽しめますし観光には最適な場所です。

1888年に建てられました。歴史があります。

ゆっくり見て回りました。

雑貨類、お菓子類、衣服等、何でも揃っています。

こう言うの見るとアジアって感じがしますね。

2階の奥にマッサージ屋さんを見つけました。

急な階段を登ったので足が悲鳴を上げています(笑)と言うことで入ることに。

70分で75リンギッド(2,300円くらい)でした。良い力加減でしたね。

マーケット内にはフードコートもありました。

セントラルマーケット 営業時間10時から22時。

17時ムルデカ広場へ

セントラルマーケットから徒歩10分くらい。

途中にある公園とモスク。川沿いは良い散歩コースです。

散歩するには良いですね。ちょっと暑いですが。

ムルデカ広場は1957年にマレーシアがイギリスからの独立を宣言した記念の場所です。

マレー洋式の建築物を楽しんだり散歩したり。博物館もありますね。

ここは絶好の撮影スポットですね。

散策を楽しんだ後はMasjid Jamek駅へ向かいます。モスクの裏が駅です。

ちょっとしたお店があるので楽しみながら。

Masjid Jamek駅に到着。セントラルへは乗り継ぎ無しで10分ほど。

地下道はこんな感じになってました。マレーシアの人々。

18時セントラルステーションへ

荷物を受けとる前にモールに行くことに。駅直結で便利です。

ぐるっと見て回ったあとはアイスを。世界共通の味。旨い。

その後、ホテルで荷物を受け取り早めに空港に向かいました。

1泊2日の旅でしたが、到着した日の夜は食事をし2日目は朝から動いて満喫することができました。

JAL修行でもう一度訪ねる予定なのですが今度はブルーモスク、ピンクモスクに行こうと思っています。

疲れたらマッサージを(KLセントラル)

疲れたらマッサージはいかがでしょう。

KLセントラルに直結しているモール(ニューセントラル)のL3階にあります。

アクセス抜群おすすめです。

メニューはこんな感じで。

全身マッサージ、フットマッサージ、オイルマッサージとか。

2,000円くらいから。

街中よりは高いですがアクセス抜群のKLセントラルにあり清潔感あふれる店内なのでおすすめです。

待合室にあるソファー。

施術前、施術後にお茶を貰えます。

90分の全身コースを頼んだのですが最高でした(笑)

首と腰を中心に。良い力加減でした。

KLセントラルにあるモールなのでアクセス抜群、空いた時間にふらっと入るとか。

エクスプレスで空港に戻る前に利用するのも良さそう。

店名:エラワン・ウェルネスマッサージ
営業時間:10時から22時
場所:KLセントラルにあるニューセントラル(モール)のL3階。

クアラルンプールと言えばツインタワー

クアラルンプールと言えばツインタワーでしょう。

インスタ映えには欠かせません(笑)

ニューイヤーのイベントに行ってきました。2017年のこと。

こちらはイベント会場。

ブーブーうるさいと思ったらこうして売られていました。

近くで食事。中華系だったかな、あまり覚えていません(笑)

クアラルンプールはホテル天国

クアラルンプールはホテルが安い。

飛行機修行にホテル修行を兼ねて訪ねる人が多いですね。

1万円ちょっとで大手チェーンホテルに宿泊することができるのでお得です。

SPG、マリオット、ヒルトン、IHG等々。

大手チェーンを含め安く利用することが可能です。

セントラル駅直結のホテルが便利が良いですがタクシー代は安いのでお好きなホテルに宿泊してください。

セントラル駅に直結しているヒルトンとメルディリアン。

今回はルメディリアンに宿泊しました。

ホテル上階からの眺め。

プールもあります。あー、ちょっとは泳ぎたかった(笑)

プールから市内の眺め。

スポンサーリンク

まとめ

1泊2日の弾丸でしたがそれなりに楽しむことができました。

のりさん

海外での飛行機修行と言えば最近はクアラルンプール。治安良し、ホテルは安いので納得。おすすめの都市です。

観光するところはそこまで多くはありませんが暑いクアラルンプールのホテルにあるプールでのんびりしたり、クーラーががんがんに効いたモールでショッピングするのも、それもまた良い時間になるのではと思います。

年中暑いクアラルンプール。ビールが最高です。

私自身、今年中にもう一度行く予定あり、今度はピンクモスク、ブルーモスクを観光しようと思っています。

そして行ってきました。

ブルー&ピンクモスクは最高におすすめです。

ブルーモスク&ピンクモスクへ。クアラルンプール観光で最高におすすめ!インスタ映えにも!

クアラルンプールへはANA、JAL、マレーシア航空、エアアジアの直行があります。

セールが頻繁に開催されているのでセールを利用したいですね。

ANAだとこんな感じで。マイル加算70%。ANA修行には良いでしょう。
ANAクアラルンプールのビジネスクラス特別運賃。115,000円から発売、6月21日まで。

JALも同じくビジネスクラスのセール中。マイル加算は125%。

JALクアラルンプールで特別運賃!125%加算ビジネスクラスが115000円、6月12日まで!

マイル修行って何?

航空会社のステータスを得るために飛行機に乗ること。ポイントを貯めて到達すれば優先チェックイン、手荷物優先、空港ラウンジ利用等の特典がある。

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)はこちらを。

スーパーフライヤーズカード(SFC)を取って2年の感想。SFC修行、特典・メリットまとめ

JALグローバルクラブ(JGC)はこちらを参考にしてください。

JGC修行をして2年の感想。JALグローバルクラブ(JGC)の特典・メリットの全て

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください