エコノミークラスの比較 航空会社でシートがこれだけ違う。ANAとタイ航空搭乗記

東京からバンコクへ。

ANAマイルを使って特典航空券を発券。

往路はANAエコノミーで羽田発。復路はタイ航空エコノミーで成田着。

羽田発着で取りたかったのですが人気路線で直近だったこともあり空きがなく復路は成田着のタイ航空になりました。成田到着後、仕事場へ直行で憂鬱だったのですが、深夜便にも拘わらずよく眠れて結果的に満足いくフライトになりました。

往復で違う航空会社を体験。

どっちが自分に合うのだろう、どっちがよく眠れるのだろう、そして快適だろう。

機内食、エンターテインメント、シート、その他サービス。搭乗する上で重要視する要素は幾つかありますが今回は往復共に深夜便。どっちがよく眠れたか、と言うことで比較してみました。

深夜便エコノミークラスを比較 ANAとタイ航空 東京バンコク搭乗記

スポンサーリンク

往路はANAボーイング787‐9

機材はボーイング787‐9でANAの主要機材。ローンチカスタマー(初号機の開発を携わる)としてボーイングと共同開発した機材。主に中長距離線で運行しています。

東京バンコクはボーイング787-8と787-9が運航されています。

私が利用したのは787‐9でビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスの3シートある機材です。ビジネスは1‐2‐1、プレミアムエコノミーは2‐3‐2、エコノミーは3‐3‐3の配列になっています。

ANAボーイング787-9シートマップ

ビジネスクラスはスタッガード仕様。フルフラットでベッドにできます。

利用したのは羽田0:05発、スワンナプーム04:35着のNH849便。

エコノミークラスは3‐3‐3の配列。

ANAエコノミークラス3-3-3の配列

ANAエコノミーの機内風景

枕と毛布がありました。枕は薄く頭の下に置くとずり落ちちゃうので半分に折って腰に下において固定させました。この辺は人によって使い方がありそうですね。

ANAエコノミーのアメニティ

シートピッチは86センチ。国内線の標準が79センチなので国内線に比べて7センチゆとりがあります。3‐3‐3の国際線だと通路側を取るようにしていて指定できました。本当は窓際が好きなのですが深夜便で寝るだけですし中々通路に出れそうもないので通路側が良いですね。

ANAエコノミーのシートピッチ

深夜便なので到着2時間半くらい前に朝食が提供されます。

ANAエコノミーの深夜便機内食

6時間ほどのフライトですが1時間ちょっとしか眠れませんでした。

基本、布団に入るとすぐに眠りにつくタイプなのですが首ががくがく上下に振れ寝ているか起きているか分からない状況でした。安眠できる枕等のグッズが必要でしょうか。

ボーイング787‐9のシートの特徴は以下の通り。9インチのタッチパネルモニター、PC電源、USBポートがありフットレスト、ヘッドレストがあります。スマホを充電できるのは良いですね。暇つぶしに使っているとすぐに電池が無くなります。

国際線ANA787-9のシートの特徴

余談ですが、プレミアムエコノミー搭載機において(789、788の一部、777)プレミアムエコノミーに空席があればチェックイン時にアップグレードできるANA上級会員向けの特典があります。

ただし、有償で埋まることも多く加えて人気路線、ビジネス路線だと24時間前のアップグレードは渋くなってきている感じです。

詳しくはこちらを参考にしてください。

【ANA】プレミアムエコノミーへのアップグレードに成功!

スワンナプーム国際空港にて

スワンナプーム国際空港のイミグレは混むので早めに空港に。イミグレ通過するだけで1時間半ほどかかりました。2時間前空港着だと厳しそうですね。

イミグレ通過後は先ずオマーン航空のラウンジへ。プライオリティパスで利用できるラウンジです。飲み物、食事とミラクルラウンジに比べてちょっと豪華。比較的空いているので便利ですが20:30に終うのが残念なところ。

飲み物、食事ともにバンコクでは個人的に一番。

機会があればぜひ利用してみてください。

バンコクのミラクルラウンジ

スワンナプーム国際のスターアライアンスラウンジ、プライオリティパスで利用可能なラウンジはこちらにまとめているので参考にしてください。

スワンナプーム空港のスターアライアンス・ラウンジ アクセス、利用方法をまとめました

ラウンジでのんびりしていると搭乗時間に。

スポンサーリンク

復路はタイ航空TG640

TG640は22:10発、6:20成田着です。フライトは6時間ほど。

沖止めだったのでバスに乗ってエアバス330まで向かいます。

バンコクでバスに乗って機内へ乗り込む

沖止めのタイ航空機材

エアバスA330-300はビジネスクラスとエコノミーの2クラス制。ビジネスは2‐2‐2の36席、エコノミーは2‐4‐2の263席となっています。
タイ航空エアバスA330-300のシートピッチ

2‐4‐2のエコノミーシート。この日はほぼ満席でした。

タイ航空エコノミー機内

タイ航空エコノミー安全のしおり

枕と毛布がありました。

タイ航空エコノミーのアメニティ

モニターは9インチでANAと同じ。USBポートが付いているのでスマホ充電が可能。

シートピッチは81センチ。ANAが86センチだったのできつく感じました。

A330エコノミーのシートピッチ

驚いたのがこれ、ヘッドレスト。ANAと比べても分厚くないですか?

タイ航空エコノミーのヘッドレスト

ANAとタイ航空のヘッドレストの比較

厚さだけでなく曲がり具合が抜群に良し。左右を折って頭を固定できるのですが大きい私の頭もどんぴしゃでした(笑)深夜便だと中々眠れないですが固定すると頭が上下に振れることなく気づいたら朝食が終わっていました。目が覚めず4時間くらいは眠れました。深夜便だけでなく飛行機でこんなに眠れたのは初めてですね。

シートに固定されたネックピロウが付いている感じです。

成田着だから嫌だなあ、と思っていたのですが結果的によく眠れて大満足。違う航空会社、或いは違う機材に乗るとどれが自分に合っているか、快適かが分かります。今回で言えばタイ航空のA330が良いですがANAの場合は上級会員向けにアップグレードがあるので難しいところ。

私の場合は深夜便でいかによく眠れるかと言うことを比較したのですが、エンターテインメントや機内サービス等違いが見れる要素は多くあるので、違う機材、航空会社を体験するのも面白いでしょう。タイ航空はシートの様子をホームページで確認できるので比べてみるのも面白いです。

こちらはANAビジネスクラスを比較したもの。同じ航空会社でもこれだけ違います。

ANAビジネスクラスの比較 機材によってこれだけ違いあり。おすすめは?

ANA国際線 特典航空券の概要

ANA国際線の特典航空券の概要について簡単にまとめました。

ANAマイルを使うとANA便以外にスターアライアンス加盟便の特典航空券を発券することが可能です。

①ANA特典航空券
往復12,000マイルより利用可能。
片道での利用は不可。
搭乗の355日前の午前9時から第一区間出発の96時間前まで申込可能。
必要マイル数は、出発地・目的地のゾーン、シーズン、クラスによって異なる。

ANA特典は、ローシーズン(L)、レギュラーシーズン(R)、ハイシーズン(H)の3つに分かれていて、例えば2018年の日本発アジアのシーズンは以下の通り。

L:1/8~2/28、4/1~4/26、12/1~12/21
R:3/1~3/15、5/7~8/9、8/21~11/30
H:1/1~1/7、3/16~3/31、4/27~5/6、8/10~8/20、12/22~12/31

②スターアライアンス特典
往復15,000マイルより利用可能。
片道での利用は不可。
搭乗の355日前の午前9時から出発の96時間前ま申込可能。
必要マイル数はシーズンによって変動しない。

必要マイル数はゾーン毎に分かれていてアジアでの必要マイル数はこんな感じ。

ANA特典の必要マイル数

6月の東京バンコクのエコノミーだとこんな感じで。ローシーズンだとANA特典の方が少ないマイル数で可能、レギュラーシーズンだと同じになります。

ANAバンコク線のエコノミー

東京バンコク線は需要が高くタイ航空は増便になりANAも2018年6月から増便が決定しています。タイ航空はA330のほか、世界最大のA380、ボーイング747に加えて最新のエアバスA350が運航していて面白いダイヤとなっています。

ANAバンコク線のダイヤ

ちなみにタイ航空A350エコノミーはこんな感じです。こちらのヘッドレストも分厚くよく眠れそうなのでいつか試してみたいですね。

タイ航空A350エコノミー

ANAマイルの効率的な貯め方についは2018年4月1日より大幅に変更になります。詳しくはこちらを参考にしてください。

ソラチカルート改悪後のANAマイルへの交換先について【まとめ】

2 Comments

outblue69@gmail.com

エコノミークラスでもシートピッチの長さ各車違うんですね~。しかも5センチ違うと狭く感じるのか~、これ大事ですホント。
私事で恐縮ですが、今週末ANAで大連行ってきます!久しぶりのフライト楽しんできますね✈

返信する
のりさん

はい、全然違いました。タイ航空の方が寝れたので良かったですが、昼便だとまた違う感じでしょうね~おー、大連、楽しみですね!お気をつけて!

返信する

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.