デルタ・アメックスゴールドでスカイチームの上級会員に!メリット・デメリットまとめ

デルタ・アメックスカードはお得なのか?

デルタ・アメックスカードは以下の2種類あります。

左がデルタ・スカイマイル・アメリカンエクスプレス・ゴールドカード。
右がデルタ・スカイマイル・アメリカンエクスプレス・カード。

デルタ・アメックスの最大の特徴はカード1枚で航空会社(デルタ航空)の上級会員になれること。

取得するだけで上級会員へ。通常だとそれなりに飛行機を利用する必要がありますが(年数十万円)、デルタ・アメックスを持つだけで優先チェックイン、手荷物優先等の特典を受けることが可能です。

デルタ・アメックスゴールドはデルタ・ゴールド会員、一般カードはデルタ・シルバー会員。

加えて、入会キャンペーンの特典も大きく1年目は相当数のスカイマイルが貯まります。デルタ航空の上級会員、そしてキャンペーン。その2つが魅力です。

そんなデルタ・アメックスのメリット・デメリットについてまとめました。

デルタ・スカイマイルアメリカンエクスプレスカード、ゴールドメダリオンの特典まとめ

カードの概要

カードの概要は以下の通り。獲得マイルはデルタ航空のスカイマイルです。海外傷害保険付き、初年度ボーナスは多くデルタのステータス付き。アメックスカードとしてゴールドか一般では殆ど差はありません。デルタ航空のステータス(ゴールドかシルバー)が一番の違いです。旅行好き、デルタ航空が加盟するスカイチーム搭乗が多いほどメリットが大きいカードになります。

デルタアメックス・ゴールド デルタ・アメックス
年会費(税抜) 26,000円(税抜) 12,000円(税抜)
家族カード年会費(税抜) 12,000円(税抜) 6,000円(税抜)
通常ポイント 100円で1スカイマイル 100円で1スカイマイル
国際ブランド アメックス アメックス
海外旅行傷害保険 最高1億円 最高5000万
空港ラウンジ利用
初年度最高ボーナス 29,000マイル 18,500マイル
継続ボーナス 3,000マイル 2,000マイル
デルタステータス ゴールド シルバー

デルタ・スカイマイル・アメリカンエクスプレス・ゴールドカード

通常ポイントは100円で1マイルで還元率1%。海外利用時は1.25%に。
100万円につき5,000マイルのボーナスがあり(年3回まで)最高で1.5%。
デルタ航空便支払い時は3%。

旅行における特典

傷害保険は利用付帯だと海外旅行が最高1億円、国内旅行が5千万円。
自動付帯だと海外旅行が最高が5千万円。アメックス・ゴールドと言うことで障害保険は手厚くなっています。

アメックスと提携している空港ラウンジが無料で利用可能。同伴者1名もOK。

新千歳、函館、青森、秋田、仙台、羽田第1、羽田第2、羽田国際、成田国際第1、成田国際第2、新潟、富山、小松、中部国際、大阪国際、関西、神戸、岡山、広島、米子、山口宇部、高松、松山、徳島、北九州、福岡、長崎、大分、熊本、鹿児島、那覇、ハワイ、韓国・仁川

こちらは函館空港。こんな感じで利用できるクレジットカードの表示があります。有料でも利用可能です。国内だと殆どの空港でラウンジがあるので便利です。

しかも空いていることが多い。国内線だと空港ラウンジは利用しない人も多いかと思うのですが時間が余った時、ゆっくりしたい時は便利です。ソフトドリンク無料、新聞・雑誌が置かれています。

空港ラウンジについてはこちらに詳しく。

空港ラウンジはこんなに魅力 無料で使えるクレジットカードまとめ

その他、手荷物無料宅配。1人1個まで。成田空港、中部国際空港、関西空港で利用可能。空港で荷物どうしようって思う時ありますよね。助かります。

海外旅行先でも24時間サポート。

その他、インターネットで商品購入の際の保証等。

デルタ航空での特典 ゴールドメダリオンへ

デルタ航空のゴールドメダリオンのステータスが与えられます。
優先チェックイン、優先搭乗、空港ラウンジの利用等。

空席があればデルタ・コンフォートプラス(プレエコ相当)が72時間前より、アメリカ国内線ファーストクラス(当日)等への無料アップグレードが同伴者1名と共に可能です。

上位クラスへの無料アップグレードは大きい。デルタ便に搭乗する機会が多いほど恩恵があります。

私も国際線で一度コンフォートプラスへのアップグレードを体験しました。エコノミーと配列は同じですが足元が違います。エコノミーに比べ10センチほどゆとりあるので快適でした。アメリカ国内線、デルタ便搭乗の際はメリットが大きいです。

日本路線は撤退が相次いでいますがメダリオン会員の特典は大きいです。

その他、スカイチームのエリートプラスのステータスが与えられます。デルタ航空便だけでなくスカイチーム(チャイナエアライン、エールフランス等)のエコノミークラス搭乗時にも恩恵を受けることが可能です。

日本路線撤退が相次ぐデルタ線だけだと恩恵は少ないですがデルタ航空と同じアライアンスのスカイチーム搭乗時にもメリットがあります。

デルタ・スカイマイル・アメリカンエクスプレスカード

通常ポイントは100円で1マイルで還元率1%。
デルタ航空便支払い時は2%。

旅行における特典

傷害保険は利用付帯だと海外国内旅行ともに最高5千万。

アメックスと提携している空港ラウンジが無料で利用可能。同伴者1名もOK。

新千歳、函館、青森、秋田、仙台、羽田第1、羽田第2、羽田国際、成田国際第1、成田国際第2、新潟、富山、小松、中部国際、大阪国際、関西、神戸、岡山、広島、米子、山口宇部、高松、松山、徳島、北九州、福岡、長崎、大分、熊本、鹿児島、那覇、ハワイ、韓国・仁川

手荷物無料宅配。1人1個まで。成田空港、中部国際空港、関西空港。

スポンサーリンク

デルタ航空での特典

デルタ航空のシルバーメダリオンのステータスが与えられます。
優先チェックイン、優先搭乗等。

空席があればデルタ・コンフォートプラス(プレエコ相当)が24時間前より、アメリカ国内線ファーストクラス(当日)等への無料アップグレードが同伴者1名と共に可能です。

そして、スカイチームのエリートステータスが与えられます。デルタ航空便だけでなくスカイチーム(チャイナエアライン、エールフランス等)のエコノミークラス搭乗時にも恩恵を受けることが可能です。

スカイチームについて

航空会社はアライアンスを組んでいます。共同運航で自社便では飛べない地域に飛んだり利用者にとっては同じアライアンスで様々な特典を受けることが可能です。

世界には三大アライアンスがあります。
①ANA、ユナイテッド航空等のスターアライアンス
②JAL、キャセイパシフィック航空等のワンワールド
③デルタ航空、チャイナエアライン等のスカイチーム

デルタ航空はスカイチームになります。

スカイチーム加盟航空会社は20社、詳細は以下の通り。

デルタ航空、アエロメヒコ航空、エールフランス、大韓航空、チェコ航空、KLMオランダ航空、アエロフロート・ロシア航空、エア・ヨーロッパ、ケニア航空、中国南方航空、アリタリア-イタリア航空、タロム航空、ベトナム航空、チャイナエアライン、中国東方航空、厦門航空、アルゼンチン航空、サウディア、ミドル・イースト航空、ガルーダ・インドネシア航空

スカイチームは就航都市1074、就航国数177、1日あたりの出発便17,000便以上、年間乗客数6億6540万人、ラウンジ数636カ所、2000年設立となっています。数字は2018年3月現在スカイチームHPより。

デルタ・アメックスゴールドを取得することによりスカイチームのエリートプラス、デルタ・アメックスでスカイチームのエリートステータスが手に入ります。

エリートプラスは優先チェックイン、優先搭乗、空港ラウンジの利用、手荷物優先等の特典があり、エリートステータスは優先チェックイン、優先搭乗でより快適に空の旅を楽しむことが可能になります。

デルタ航空とスカイチームのステータスをゲット

カードを持つだけでスカイチームの上級会員へ。

特にデルタ・アメックスゴールドだとANAで言えばプラチナ(SFC)、JALで言えばサファイヤ(JGC)と同じステータスを得ることができます。通常だと50,000マイルか60回搭乗で獲得する資格でデルタ航空便だけでなくスカイチーム便に搭乗する際にメリットを受けられます。デルタゴールド(スカイチーム・エリートプラス)のメリットを具体的に見ていきましょう。

優先チェックイン(シルバー以上)

優先チェックインでスムーズな手続きが可能です。通常レーンだと混むことが多いので時間短縮に繋がり時間が読めやすいです。

セキュリティチェック(ゴールド以上)

こちらは成田空港の優先セキュリティチェック。手荷物検査の後、出国手続きとなります。(空港によって無い場合あり)

優先搭乗(シルバー以上)

早めに行って荷物を上げたいと言う時には便利でしょう。

優先手荷物扱い(ゴールド以上)

優先手荷物扱いもとても便利。長旅の後は早くホテルに向かいたいですし次の行動に移りたいのでこうした優先は有難い。たまに前後して遅くなることもありますが基本的委は早いです。

空港ラウンジの利用(ゴールド以上)

スカイチームのラウンジ利用(ロンドンヒースロー空港、イスタンブール、シドニー、香港に専用のラウンジを利用できるほかスカイチームメンバーのラウンジが利用可能に)

こちらは台北桃園空港にあるチャイナエアラインのラウンジ。国際線だと余裕を持って早めに空港に到着することになるので食事ができて時間つぶし可能なラウンジの存在は大きいですね。


スポンサーリンク

デルタ・アメックスゴールド 入会キャンペーン

2018年7月31日申込分までのキャンペーンを開催中。


入会ボーナス8,000マイル
②初回カード利用で1,000マイル
③カード利用計15万円で5,000マイル
④カード利用計30万円で15,000マイル
で計29,000マイル。
*キャンペーンは入会後3か月以内に達成の場合に付与されます。

上記入会ボーナスの他に、最初のフライトボーナスとしてビジネスクラスで25,000マイル、エコノミーで10,000マイルが貰えます。入会後半年以内に達成する必要あり。

その他、100万円利用時に5,000マイル(年3回まで)、毎年カードを継続する毎に3,000マイルが貰えます。

キャンペーンは大きいですね。2018年7月31日まで。デルタ・アメックスHPからの申し込みになります。

デルタ・アメックス 入会キャンペーン

2018年7月31日申込分までのキャンペーンを開催中。


入会ボーナス5,000マイル
②初回カード利用で500マイル
③カード利用計10万円で3,000マイル
④カード利用計25万円で10,000マイル
で計18,500マイル。
*キャンペーンは入会後3か月以内に達成の場合に付与されます。

上記入会ボーナスの他に、最初のフライトボーナスとしてビジネスクラスで25,000マイル、エコノミーで10,000マイルが貰えます。入会後半年以内に達成する必要あり。

その他、毎年カードを継続する毎に2,000マイルが貰えます。

ニッポン500マイルキャンペーン

航空会社を問わず国内線に搭乗した際に1路線で500マイル貰えます。ANA、JAL、スカイマーク、ピーチ何でもOK。デルタ独自のキャンペーンです。

一般会員だと500×10=5,000マイルが上限、シルバー、ゴールド等のメダリオン会員だと500×40=20,000マイルを上限に申請すると貰えます。

毎年1年ごとに更新されているキャンペーン。2018年度も延になりました。

旅行期間は2018年4月01日~2019年3月31日。

デルタニッポン500が2018年度も延長!スカイマイルの使い道について

搭乗券を貼ってFAXするだけでOK。こんな感じで貯まっていきます。

マイル修行を予定している人、出張が多い人であれば、カードの入会キャンペーンに加えてお得。メダリオン会員(シルバー以上)で年40回(20,000マイル)が上限なのでデルタ・アメックスを持つだけで獲得マイルの上限を上げることが可能です。搭乗数が多い人ほどお得なキャンペーンです。

尚、ニッポン500キャンペーンは1年毎に更新されています。

キャンペーンまとめ

入会ボーナス+ニッポン500で獲得可能なマイルを纏めてみました。

デルタ・ゴールドだと入会で29,000マイル。
30万利用したとして3,000マイル。
仮に20フライト搭乗するとニッポン500で10,000マイル。
計42,000マイル。年会費は税別26,000円。

デルタ・アメックスだと入会で18,500マイル。
25万利用したとして3,000マイル。
仮に20フライト搭乗するとニッポン500で10,000マイル。
計31,500マイル。年会費は税別12,000円。

上記に加えてデルタ航空のステータスが付いてきます。1年目は相当お得だと思います。2年目以降はスカイチーム搭乗があるか、ニッポン500キャンペーンを利用できるかによるでしょう。

加えて、紹介キャンペーン中。デルタ・アメックスゴールドは以下。

①入会ボーナス8,000+5,000マイル
②初回カード利用で1,000マイル
③カード利用計15万円で5,000マイル
④カード利用計30万円で15,000マイル
で計34,000マイル。

通常申し込みより入会ボーナスが5,000マイルプラスされます。
*キャンペーンは入会後3か月以内に達成の場合に付与されます。

デルタ・アメックスは以下。

①入会ボーナス5,000マイル+3,000マイル
②初回カード利用で500マイル
③カード利用計15万円で3,000マイル
④カード利用計30万円で10,000マイル
で計21,500マイル。

通常申し込みより入会ボーナスが3,000マイルプラスされます。
*キャンペーンは入会後3か月以内に達成の場合に付与されます。

紹介での入会の方がゴールドだと5,000マイル、普通カードだと3,000マイル多いことになります。と言うことでデルタ・アメックスが紹介からの入会がお得です。

スカイマイルの使い道

入会キャンペーン、デルタニッポン500を利用すると相当貯まります。

デルタ・スカイマイルの特徴はマイルに有効期限なし、デルタ自社便だとサーチャージ不要、家族以外にも発券可能。

そして、その使い道が重要になってきます。こちらにまとめてみました。特典航空券、JTBクーポン、スカイマーク特典航空券が主な使い道です。

デルタ・スカイマイルの使い道 JTBクーポンか特典航空券か

特典航空券を発券

特典航空券は多めに設定されています。

欧米だと使い辛いのでアジアが便利でしょう。

デルタ直行便がない場合は大韓航空、チャイナエアライアン、中国東方航空等の直行、または乗継便になります。仁川が最小で7,500マイル。以下は、羽田、成田からエコノミー片道に必要マイル数になります。

仁川 台湾 香港 バンコク シンガポール ロサンゼルス
7,500 17,500 17,500 22,500 22,500 64,000
大韓航空  チャイナエア 他社便
乗継
他社便
乗継
他社便
乗継

デルタは改悪が多く必要マイル数が多めに設定されていて使い辛いですがアジア券だとマイルがあるだけ安心な面があります。便が多く片道発券可能なので何かの時に便利です。

私自身、関空発台北行きでチャイナエアラインのビジネスクラスを発券しました。最新A350に乗りたかったのですが思ったより良くてびっくり。良い旅になりました。

JTBクーポンへ

デルタマイルをJTBクーポンに交換可能。1万マイルを1万円分で。メダリオン会員(シルバー以上)限定のサービスとなります。

購入方法はホームからスカイマイルに進み『マイルのご利用』をクリック、次の画面で『マイルでショッピング』に進みます。そして以下の画面で『スカイマイルマーケットプレイス・アジア』 をクリックするとJTBの画面になります。

こんな感じで表示されます。1万円、2万円、3万円のクーポンです。年3万マイルまで交換可能。こうして1万マイルが1万円クーポンと交換できるの最低1マイル1円の価値になります。キャンペーン、ニッポン500で得られるマイル数を考慮の上、発行するかどうかを決めるのが良いですね。

まとめ

デルタ・アメックスのメリットは入会ボーナス、ニッポン500でマイルが貯まること、そしてデルタ航空の上級会員になれること。デメリットは年会費でしょう。ゴールドだと26,000円(税抜)、一般カードだと12,000円。

入会ボーナス、キャンペーン、デルタ500マイルにゴールドスカイチームの路線に興味があり搭乗予定があれば良いカードです。

私は一般カードを保有しています。入会キャンペーンとニッポン500が目的でした。スカイチーム便は搭乗予定があまりないので一般カードにしています。現在、4万マイルほど貯まっていてアジアで特典航空券を発券したいのですがいざという時のために貯めている、そんな感じです。片道で発券できる点は優れものです。

デルタ・アメックスは旅好きの人におすすめするカードです。

1年目はキャンペーンを攻略する、2年目以降についても国内線の搭乗が多ければ多いほど1搭乗500マイルが貰えますので、お得かなと。後はデルタのステータスをどう見るかですね。

スカイチーム搭乗予定が多いほどゴールドにして空港ラウンジ等の特典を受けるゴールドの方が良い、逆に少ない場合は一般カードでも良いかなと。

さいごにステータスマッチについて。ANA、JALと言った他アライアンスからのステータスマッチを受け付けています。例えばANAプラチナ、JALサファイヤからデルタ・ゴールド会員になります。但し、3か月と期間限定。この間に予定がある場合はステータスマッチも魅力でしょう。

デルタ航空へのステータスマッチ、申請方法、ゴールド会員のメリットについて

コメントを残す