しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ANA国際線ビジネスクラスで台北から羽田へ【搭乗記】

2017年2月に台北に行ってきました。

元々は台湾と言うよりは上海が目的でした。
ANAマイルを使って特典航空券を発券したのですが東京上海の単純往復でも、
東京から上海へ、そして台北によって東京に帰る路線でも必要マイル数はあまり変わらないので、欲張って台北を経由して戻ることにしました。

こちらは羽田上海の搭乗記です。


2月の上海は思ったより空気の汚染はなく(それでも東京よりは汚染されている感じです)、そして台北でも晴天となり、冬の寒い時期ながら楽しい滞在となりました。

ANAビジネスクラス搭乗記 台北松山から羽田へ

youは何しに台北へ?

羽田上海で普通に往復すればその分上海での時間が取れるのですが(笑)、今回の寄り道には2つの目的がありました。

先ずは上海台北(桃園)でエバー航空ボーイング747に乗ること。
発券中に調べているとエバー航空ボーイング747があるではないか!と言うことで興奮気味に発券しました。747はいわゆるジャンボですが今後減っていくばかりの機材ですし、せっかくだからと利用することにしました。

機内に乗り込むと重厚感がありました。747はちょっと違いましたね。
離発着する時に機体の重さを感じ取れるというか、何て言うのでしょう。

さて、発券について。
今回は羽田上海の単純往復ではなく間に台北を挟み羽田ー上海浦東ー台北ー羽田と言う旅程にしました。全てビジネスクラスを利用しました。

羽田ー上海浦東の単純往復だと40,000マイル、
台北経由にすると43,000マイルと3,000マイル多いだけです。

ANAマイルを使っての周遊は途中降機(24時間を超える滞在)が1回認められています。日本発・海外発ともに途中降機は、目的地以外に往路・復路いずれか1回可能。 エバー航空ボーイング747と発券手順についてはこちらに詳しく。


台北に行く2つ目の目的は食べることです(笑)皆さんそうでしょう。
今回は台北駅近くにある小籠包のお店『點水樓』に行ってきました。
ちなみに桃園空港からはバスで行ったのですが現在はMRTが開通しているので、
地下鉄の方が便利です。食べて、食べて、そしてまた食べる、そんな滞在でした。


台北松山空港って

台北には桃園空港と松山空港があります。
成り立ちとしては台北に最初に作られた空港が台北松山空港になります。
松山空港は市街地に隣接していて中心部へのアクセスは抜群ですが、1979年に桃園空港が開港されてからは役割を主に国内専用に変えて現在に至っています。

さて、ANA特典航空券を使って台北から東京(羽田)に戻る場合、以下が考えられます。(2017年6月現在)

松山発:7:40、13:30、16:45、16:00(エバー航空で羽田)
桃園発:8:45(成田)、8:50、15:20(エバー航空で成田)

私は羽田ベースで台北に長居したかったので松山発の最終便で羽田に戻ることにしました。

チェックイン

優先チェックインを利用しました。
ビジネスクラス搭乗、スターアライアンスゴールドで利用可能になります。ANAで言えばプラチナ、SFCがあそれにあたります。1日3便しかなく時間もずらして行ったのでどのレーンもあまり混んでいませんでした。

f:id:norikun2016:20170615210115j:plain

保安検査後にあるラウンジは各航空会社の共用ととなっています。
ANAJALを始めチャイナエアライン、エアチャイナ、エバー航空中国東方航空の共用となっています。場所は出国審査を出てすぐのところにあります。

f:id:norikun2016:20170615210331j:plain

ラウンジの中はこんな感じです。 
食事は数種類、アルコール、ソフトドリンクが各種あります。
各社共用となっているのでほぼ満席状態でした。日本語がよく聞こえてましたので、半分くらいは日本人だったような気がします。

f:id:norikun2016:20170615210442j:plain

 

そして搭乗の時間に

ラウンジでのんびりしていると時間が経つのは早いです。

f:id:norikun2016:20170615210541j:plain

ANAビジネスクラスは大きく分けて2つあります。
スタッガード・・完全な個室タイプでフルフラットでベッドにすることも可能。
②いわゆる旧式タイプ。 

欧米路線等の長距離、アジアでもシンガポールバンコクその他(一部を除く)はボーイング787-9のスタッガードタイプですが短距離だと旧式タイプが多いです。

台北羽田線ボーイング787-8で旧式タイプになります。

f:id:norikun2016:20170615213226j:plain

ビジネスクラスは2-2-2で7列の42席となっています。
エコノミーは3-3-3で198席となっています。

f:id:norikun2016:20170615213326j:plain

ボーイング787-8も古い機材ではなく、この機体も導入からあまり時間が経っていないのでしょうか、シートも新しかったです。

f:id:norikun2016:20170615213343j:plain

サイドテーブルはこんな感じで。
コンセント、USBポート、リクライニングのボタンが設置されています。

f:id:norikun2016:20170615213542j:plain

先ずはシャンパンを頼みました。
私はたしなむ程度にお酒を楽しみ方なのですが上空だとあまり飲めません。
シャンパン1杯飲んで、後はソフトドリンク、コーヒーにチェンジします。

f:id:norikun2016:20170615213558j:plain

機内食は和食を選択しました。

f:id:norikun2016:20170615213616j:plain

最近は洋食より和食を好みますね。年を取ってきた証拠でしょう。
美味しく頂きました、シェイシェイ。

f:id:norikun2016:20170615213635j:plain

短いですが楽しい滞在となりました。
台北には2016年の夏にも行ってきました。その時は何をしたのだろうと自分が書いた記事を読んで振り返っていると、やはり食べ歩きでした(笑)夏と言えばマンゴーかき氷です。これは最高です、まだの方はぜひお試しを。

スポンサーリンク

 

関連記事