しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

これは便利!JAL国際線特典航空券とアップグレード空き状況の早見表

f:id:norikun2016:20170625062324j:plain

JAL国際線の特典航空券とアップグレードについて。

予約の取りやすい路線やクラスが一目で分かるJAL公式ページがあります。
空き情報が月に2回ほど更新されていて、予約の取りやすい地域・国が一目でわかるグラフになっていて便利。どこに行こうかと迷っているとき、1つ1つ調べては埒が明かないので、こう言ったシンプルな早見表は便利です。

  • JAL国際線特典航空券とアップグレード空き状況の早見表
    • JAL国際線特典航空券の概要
    • 空き状況の早見表
    • JAL特典航空券の必要マイル数
    • アップグレードとか
  • 関連記事
続きを読む

アメックスのスカイ・トラベラー、プレミアカードのメリット・デメリット

アメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラーカードを申込ました。

f:id:norikun2016:20170624074850j:plain

もっと早めに申し込めば良かった、そんなクレジットカードです。
スカイ・トラベラーには通常のスカイ・トラベラー、プレミアカードの2種類あ、旅行者(出張者)向けのクレジットカードで特徴は何と言ってもポイント還元率。

スカイ・トラベラー・カードで対象航空会社の航空券、対象旅行会社の旅行商品をカードで支払いすると3倍ボーナス(100円で3ポイント)になります。スカイ・トラベラー・プレミアカードだと5倍ボーナス(1円で5ポイント)になります。1,000ポイントを1,000マイルに交換が可能。

さて、決済してポイントが貯まる航空会社は28社。(2017年6月現在)
嬉しいことにANAJALどちらの航空券を決済してもボーナスポイントが貰えます。ポイントが貯まる旅行会社は2社になります。

f:id:norikun2016:20170623153649j:plain

航空券をスカイ・トラベラーカードで支払うと3%ポイントが加算されることになり、
ポイントは各航空会社のマイルに交換が可能。

飛行機に搭乗する機会が多ければ多いほどお得なカードになります。

そんなアメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラーカードのメリット・デメリット、スカイ・トラベラー・プレミアカードとの比較についてまとめてみました。

  • アメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラーカード、プレミアカードのメリット・デメリット
    • カードの概要
    • ボーナスポイントについて
    • ポイントの特徴
      • ポイントフリーダム(ポイントで支払う)
      • ポイントをマイルに移行
    • 年会費と入会ボーナス 
      • スカイ・トラベラー・カード
      • スカイ・トラベラープレミアカード
    • トラベルサービス
      • 空港ラウンジ
      • 手荷物無料サービス
    • 傷害保険
      • 航空便遅延補償 
    • グローバルホットライン
    • ショッピングプロテクション
    • スカイ・トラベラー・カードとプレミアカードとの違い
    • アメックス・ゴールドとの違い
    • まとめ
  • 関連記事
続きを読む

ANA国際線エコノミークラス 香港から成田へ【搭乗記】

香港から成田へ。

マイルを使って特典航空券で利用しました。
東京成田の単純往復ではなく、往路は4月に東京からクアラルンプールへ、復路は6月に香港から東京へ。到着地と復路出発地が異なり復路は目的地移動するオープンジョーと言う発券方法です。

ANA特典航空券は国内線だと片道発券は可能、国際線だと片道発券は不可。
オープンジョーを使いその他の航空券と組み合わせることで国際線において片道発券に似た形で発券することが可能です。こちら参考まで。


今回、香港が目的ではなく乗継で香港国際空港を利用しました。
空港に到着後、時間に余裕があったので先ずはラウンジへ。

  • ANAエコノミーで香港から成田へ
    • ユナイテッドクラブへ
    • ANAエコノミー搭乗記 香港から成田へ
  • 関連記事
続きを読む

ユナイテッド航空マイル購入キャンペーン 最大75%ボーナスで7月4日まで

f:id:norikun2016:20170622062639j:plain

ユナイテッド航空のマイル購入キャンペーン。
最大75%のボーナスで日本時間7月4日13:59まで。

ANAJALと言った日系の航空会社だと直接マイル購入では出来ませんが、外資系だとマイル購入が可能な航空会社が多くキャンペーンも頻繁に実施されています。

さて、航空会社のアライアンスについて。

アライアンスとは

2000年代から急速に広がって来た航空会社の連合。共同運航の拡大、ラウンジやマイレージ提携により、利用者にとってもより快適に旅をすることが可能に。ANAが加盟しているスターアライアンスJALワンワールド、デルタのスカイチームが三大アライアンスになります。

ユナイテッド航空ANAと同じスターアライアンスに加盟。
従って、ユナイテッド航空のマイルを使ってANA特典航空券を発券できます。

中でもANA国内線がお得。
区間距離800マイル以内だと片道5,000マイルで発券できる優れものです。

そんなユナイテッド航空のマイルがキャンペーン中。
セールは何度か実施されていますが今回は最大で75%のボーナスマイル。

セールの傾向から今まで100%が最大なので今回が最高ではなく、為替も円安気味。2016年始めはお得だったセールですが75%だとそれほどお得感はありません。
100%ボーナスを待つか、或いは円高になるのを待つか。

75%の今回でも直近で使う予定がある場合には良いと思います。

  • ユナイテッド航空マイレージ最大75%ボーナスキャンペーン
    • 概要
    • 購入単価
    • ユナイテッドマイルの特徴
      • 乗継が追加マイル無しで可能
    • 例えば羽田からだと何マイル必要?
    • 伊丹発はどうか
    • まとめ
  • 関連記事
続きを読む

特典航空券が取れない、航空券が高い、そんな時のANAマイルの使い方

特典航空券が取れない時、
航空券が高い時、

そんな時はANAマイルを使ってバニラエアはいかがでしょう。 

ANAマイルでバニラエアを発券するメリットは以下。

適用除外期間はない、
繁忙期でも比較的空きがある、
国内線で2ヶ月以上先の発券が可能(ANA便だと2ヶ月まで)、
国際線で片道発券が可能(ANAは不可)、

デメリットは、
LCCにありがちな遅延・欠航が多い、便数が少ない、ANAマイルは単価の良い使い方が他にある(例えばビジネスクラスとか)、

ことですが一つの選択肢として良いのかなと思います。

往復も良し、片道も良し、国内線で2ヶ月以上先の発券も良し。
他の航空券との組み合わせも良し。色んな使い方ができると思います。

  • ANAマイルを使ってバニラエア メリットと注意点
    • 路線と必要マイル数
    • バニラエア発券の注意点その他
    • 空き状況を確認
    • 国内線で2ヶ月先が発券可能
    • バニラエア発券でのこんな使い方 
    • LCCの注意点
    • まとめ
  • 関連記事
続きを読む