JALマイルを貯める。移行率は80%!

【2024年最新】UA特典航空券に必要なマイル数、注意点、使い方まとめ。直前の発券手数料が無料に!

ユナイテッド航空(UA)の特典は、ここ数年変更(改善・改悪)の繰り返しです。

  1. 2019年11月15日搭乗分から、『必要マイル数は固定制から需給に応じた変動制』へ、『21日以内の発券で必要だった発券手数料最大75ドルが廃止』
  2. 2020年7月より、ANA便を含むスターアライアンス特典の必要マイル数アップ。ANA国内線5,000マイルが5,500マイルへ。
  3. 2020年10月より、ANA国内線のコードシェア便が予約不可に。数週間後、復活。
  4. 2023年6月より、UA米国発着の必要マイル数がアップ。
  5. 2023年8月より、ANA国内線1泊乗継不可に。
  6. 2024年1月より、直前の発券手数料(必要マイル増)が無料に。←new

 

尚、変更についてはアナウンスされることもありますが、事前予告無しが多いです。この辺は外資系ならでは。日系なら間違いなく事前(半年~1年以上)に予告されます。

 

コロナ過で無料になっていた変更・取消手数料が2023年からも引き続き無料になったのは朗報ですが、2023年6月からUA国際線が必要マイル数アップ、8月ANA国内線1泊乗り継ぎ不可に。2024年一発目のニュースになった直前の発券手数料無料は朗報です。

ユナイテッド航空のマイレージプラスの概要。メリットデメリット。

ユナイテッド航空(以下UA)は1926年設立。1997年に初期メンバーとしてスターアライアンスを立ち上げました。アメリカの超巨大企業です。

UAマイルは以下の特徴があります。

  • マイルの有効期限はなし。
  • 燃油サーチャージの必要なし。
  • 家族以外の友人にも発券可能。
  • 片道から発券可能。

 

元々、有効期限自体は18ヵ月でマイルの変動があるたびに延長になり実質無期限になっていましたが、2019年8月28日より、UAマイルの有効期限が無期限になりました。

 

ちなみに、デルタ航空も同じようにマイルの有効期限を撤廃しています。今後、他のマイレージに波及するかどうかも注目したいところです。

 

JAL、ANAのマイル有効期限は36ヵ月です。JALは国際線に必要なマイル数を変動制にするなど変えてきています。数年後にはANAもJALも、、、こればっかりは分かりません。

JALマイルの有効期限は36ヵ月。延長させる方法はある?

 

UAマイルは各種クレジットカード決済、アメックス等のポイント移行で貯められます。購入する場合はセールがおすすめ。最高は100%ボーナスセールです。

ユナイテッド航空マイル購入セール開始。最大100%ボーナスで8月25日まで。

UAマイルのメリット

有効期限の無期限、燃油サーチャージなし等の大きなメリットがありますが、日本に住んでいる場合はこれでしょう。

800マイル区間は5,500マイルでANA国内線を発券できる。

 

例えば、羽田発でANAマイルを使う場合の必要マイル数は以下。

ANA-Lはローシーズン、Rはレギュラーシーズン、Hはハイシーズン。

ANA便
空港 ANA-L ANA-R ANA-H UA
新千歳 6,000 7,500 9,000 5,500
青森 6,000 7,500 9,000 5,500
秋田 5,000 6,000 7,500 5,500
山形 5,000 6,000 7,500 5,500
名古屋 5,000 6,000 7,500 5,500
伊丹 5,000 6,000 7,500 5,500
広島 6,000 7,500 9,000 5,500
高松 6,000 7,500 9,000 5,500
福岡 6,000 7,500 9,000 5,500
鹿児島 6,000 7,500 9,000 5,500
那覇 7,000 9,000 10,500 8,800

 

沖縄以外は5,500マイルで利用できるイメージです。

私の場合、UAマイルを使って国際線を発券することは少なく(必要マイル数が多めなので)、主にANA国内線で利用しています。

UAのマイレージは乗り継ぎ旅程が醍醐味です。例えば、羽田から札幌。先ず伊丹に飛ぶ。乗り継ぎ時間は9時間。梅田に行って食事、買い物、友人に会って、、その後札幌へ。空きがあれば好きな旅程を選択できます。

 

直行便だけでなく、空きがあればこうして乗り継ぎ(2回まで可)旅程が出てきます。この乗継は1泊も可能でしたが、2023年8月中旬より検索しても1泊旅程は出て来なくなり数日経っても変わらず。事実上、閉ざされたと言えます。うーん、残念。ここ数年で一番の改悪と言えるかも。今までが良すぎたと言えばそれまでですが、、

 

加えて、ANA国内線は夏、冬で年2回のスケジュールが組まれてますが、UAマイルには適用無し。ANAが販売する前から発券可能です。大きなメリットです。UAマイルを使ったANA国内線は330日前から発券可。

 

尚、2022年春頃からANA国内線を発券できる便が少なくなってきました。乗り継ぎも以前より少なく無くなりましたね、、、理由はANAが特典枠を絞ったこと。UA側に理由はありませんが、この点は今後も注視する必要があります。

2019年11月15日から必要マイル数が変動制、直前の発券手数料が廃止へ。

UAのマイレージプログラム(マイレージプラス)が2019年11月15日から大きく変わりました。

  • 必要マイル数が固定から変動制へ。
  • 21日以内の発券に必要だった発券手数料が廃止。

 

変動制は既にデルタ航空が導入している仕組みです。JAL国際線特典航空券も需給に応じて必要マイル数が変わっています。

必要マイル数が変更になる点は改悪。例えば羽田サンフランシスコだとエコノミー片道が35,000マイル。

 

変動制の高い時期だと80,000マイルとか。

 

変動制にして多くのマイルを必要とする一方、直前発券を無料にしてバランスを取っている感じです。現状より少なくなることはなさそうなので、実質改悪です。21日以内の発券は最大75ドル必要でした。

スポンサーリンク

2020年7月1日からスターアライアンス特典で必要マイル数が10%増加

2019年に大きな変更点があったUAマイルですが、、、

2020年7月1日からスターアライアンス特典において10%マイル数が上がりました。

  • 800マイル以内・・5,000マイル⇒5,500マイル
  • 801マイル以上・・8,000マイル⇒8,800マイル

 

尚、30日以内は8,500マイルでしたが、21日以内での発券は6,000マイルに変更されました。直前(当日)で6,000マイル。これは悪くない。

 

800マイル区間は、通常5,500マイル、21日以内は6,000マイル。直前手数料が必要だったことを考えると使いやすくなったと言えそうです。

2021年10月、空港使用料徴収へ

ANA国内線特典について2021年10月31日から徴収されるのでいつかはと思っていましたが、、、UA特典を使ったANA国内線も徴収されることになりました。

  • 2021年10月30日までは到着空港の使用料が徴収される。
  • 2021年10月31日以降は利用空港ごとに徴収される。(ANAと同じ)

 

羽田伊丹(片道)の場合、10月30日までは260円(伊丹空港の使用料)、10月31日以降は550円(羽田290円+伊丹260円)となります。

徴収される空港使用料は以下の通り。(下記以外の空港は徴収されません)

発着空港 使用料
新千歳 270円
仙台 230円
成田 450円
羽田 290円
中部 440円
伊丹 260円
関西 440円
北九州 100円
福岡 110円
那覇 120円

 

10月31日以降は利用空港ごとの徴収なので乗継で上記の空港を利用すると高くなります。

例えば、中部札幌。中部仙台、仙台札幌で乗り継ぐ場合、それぞれで徴収され1,170円。高いけど、仕方ないですね、、

2023年1月~ 変更・取消手数料が無料に。

変更、取消手数料が大きく変わったのはコロナ禍以降。

直前の手数料が125ドル必要だったのが無料に。2023年1月以降も同様となりました。

https://www.united.com/ual/en/us/fly/mileageplus/awards/travel/ticketing.html

 

電話での発券は25ドル必要なので注意してください。変更・取消無料は助かりますが、外資マイルは変更が多いのでまた手数料が復活する可能性もあります。

改善、改悪、改悪、改善。メリットが多いUAマイルですが変更も多く上手に付き合っていく必要があります。

スポンサーリンク

2023年6月~ UAマイルを使った米国発着便の必要マイル数が増加に。

UAマイルを使って米国に行く予定があった場合は改悪です。

なぜUAマイルが人気かと言うと燃油サーチャージが不要な点。ここ1~2年はANAマイルを使うよりUAマイルを使って米国旅行を計画している人が増えました。

例えば、日本発グアム。15,000マイルから利用できたのが20,000マイルに改定。往復で1万マイルの負担増。燃油サーチャージが不要とは言え、発券するメリットが薄くなりました。

 

その他、ホノルルは27,500⇒47,500マイルに、ニューヨークも35,000⇒55,000となり大幅増。このマイル数だとUAマイル使うメリットはないですね、、、

尚、今回の改訂は米国発着の便が対象となっています。その他地域のスターアライアンス便に変更は見られず。例えば、ANAやタイ航空を使ってバンコクへ。今までと変わらず22,000マイルから発券可能となっています。この辺は他社との兼ね合いもありそうです。

2023年8月中旬~ ANA国内線での一泊乗継旅程が不可に

例えば羽田から札幌に行く場合、

羽田から伊丹へ、一泊して伊丹から札幌へ行く便が発券可能でした。

この1泊旅程が不可に。1泊して2度楽しめる旅程がなくなり当日(乗継含む)現地に行く便しか出てこなくなりました。まぁ、これが本来と言えばそれまでですがUA乗継の大きなメリットがなくなった感じです。

 

とは言え、当日発券可、変更キャンセル無料、家族以外にも発券できる、最安5,500マイルのメリットは大きく、まだまだUAで発券するメリットはありそうです。

2024年1月10日~ 直前での発券手数料が無料に

久しぶりの改善。

20日以内の発券だとANA国内線で800マイル区間は6,000マイル必要でした。21日以降だと5,500マイル。10%上乗せされていました。

2024年1月10日からは発券する日に拘わらず5,500マイルとなり手数料が徴収されなくなりました。

 

もちろん、空きがあれば当日も発券可。5,500マイル。

 

直前でのマイルアップ(手数料)が無くなりいつ発券しても同じマイル数に。ちなみに、往復で発券すると復路が割引になり、5,500マイル+5,000マイル=10,500マイルで発券できます。発券するなら往復がおすすめです。

まとめ

UAマイルは改善&改悪の繰り返し。

2024年最初の話題は直前での手数料廃止となり朗報でした。

UAマイルはANA国内線で乗り継ぎ(12時間以内。乗り継ぎは2回可。当日現地着のみ)で重宝されているマイレージです。5,500マイルならお得と言えますが、今後さらなる改悪も予想されるので、使えるときに使うのが得策です。

 

UAマイルは購入、またホテルポイントの移行で貯めている人も多いと思います。私も、ホテルポイントからUAマイルへのボーナス期間で、UAマイルに移行しました。

【10/31迄】マリオット、IHGポイントをUAマイルに移行すると30%ボーナス。

 

各社のマイレージプログラムは年々変化しています。改善、改悪で言えば改悪の要素が強いですが、マイルを貯めて特典航空券で乗るお得さはまだまだ変わりません。とは言え、こうした制度は直前での変更が多いので貯めたマイルは早めに使いたいところです。

ユナイテッド航空が加盟するスターアライアンスは世界最大のアライアンスです。北米だけでなく、ヨーロッパ、アジアで路線が多いので最も使いやすいアライアンスになります。

スターアライアンス
スターアライアンス・ゴールドメンバーの特典、メリットまとめ。ANA SFCで利用可。

4 Comments

タカハシヨシノリ

11/15の時点では直前発見手数料なくなら喜んでいたら、結局30日前から必要マイル上がってがっかりですね!
21日前から30日前になって逆に改悪なった感じですね

返信する
のりさん

個人的には、21日⇒30日への変更は痛いですが、
5,000マイルでの乗り継ぎが残っている点は歓迎すべきところだと思っています。

返信する
take884

一部自慢&メンバーシップでお金貰いたいYouTuberがYouTubeでUPするからユナイテッドも改悪するんだよね:-(

返信する
ひろさん

23年8月改悪は一泊乗り継ぎ不可だけでなく、当日中乗り継ぎでも乗り継ぎ時間に制約がかかっているようです。朝イチ→最終便みたいな乗り継ぎは出来なくなっていますね。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください