キャセイパシフィック航空ビジネスクラス・ラウンジ 「ザ・ブリッジ」体験記

香港空港と言えばキャセイラウンジ。

キャセイパシフィック航空(以下キャセイ)のビジネスクラスを利用して、
香港からクアラルンプールに行って来ました。

ブリティッシュエアウェイズ(BA)の2万Avios(マイル)を使っての発券。
BAマイルを使った国際線については東京香港(片道2万マイル)が一番利用しやすいですが、人気のある路線で年末年始とあって取ることが出来ませんでした。

そこで香港まではANA便を利用しました。香港からはBAマイルを使ってクアラルンプールへ。キャセイ本拠地である香港から東南アジアへは便数も多く航空券は比較的予約しやすいのでお勧めです。その際にラウンジを利用しました。

香港国際空港 ビジネスクラス・ラウンジ 「the Brigde」体験記

キャセイの本拠地である香港国際空港のビジネスクラスのラウンジは6カ所。
ザ・ブリッジ、ザ・ウイング、ザ・ピア、ザ・キャビン、ザ・アライバル。
時間の許す限りと言うことで2つのラウンジを体験をしました。*2018年3月、16番ゲート付近に新しく『デッキ』がオープンしました。

アクセス

ザ・ブリッジの場所は35番ゲート付近。出国審査を抜けて少し歩きます。搭乗ゲートが並んでいる長い通路の最後に大きな看板が出ています。

ブリッジは香港空港の真ん中あたりにありどの搭乗口に行くにも便利な場所です。とは言え、巨大な香港国際空港なので時間に余裕を見るのが良いでしょう。

そして35番ゲート付近へ。ここからエスカレーターを下ると受付があります。

キャセイのブリッジ前

スポンサーリンク

レセプション

ラウンジは受付から見て右側が北ウイング、左側が南ウイングと2ヵ所あります。先ずは北ウイングから攻めてみました。

キャセイラウンジ受付

ラウンジの様子

滑走路側に面した空間は見晴らしもよく日当たり良好です。

香港キャセイラウンジ内

広々とした空間をもったいないくらいに贅沢と言うか、
落ち着いた雰囲気でモダンな感じと言うか、ここにずっと居ても良い、
くらいの満足度でした。

キャセイ北ウイングのブリッジ

f:id:norikun2016:20170102070927j:plain

そしてダイニングルーム。こちらは無駄な作りがなくシンプルですね。

キャセイラウンジのダイニングルーム

食事、ドリンク

サーブされている食事の数々。

キャセイラウンジの食事

キャセイラウンジ内の食事の数々

焼きたてのパンやピザ、エッグタルトがありました。
エッグタルトは甘さ控えめで美味しかったです。

キャセイブリッジのパン類

そして、こんな感じで頂きました。機内食が待っているので控えめです。

キャセイラウンジで食べたもの

ロングバー

食事の後は大理石のロングバーへ。滑走路にある無数の飛行機を眺めながらお酒を楽しむ空間です。ビール、ブランデー、ウイスキー、カクテルと何でもそろっています。

キャセイのロングバー

キャセイの名物『キャセイ・ディライト』を。
体に優しいまろやかなジュースと言った感じです。

キャセイディライトを注文

スポンサーリンク

その他のスペース

それから受付の左側にあるラウンジスペースへ。

キャセイブリッジの南ウイング

キャセイブリッジ南ウイングのダイニング

シャワー室

シャワー室は9室あります。
大理石とオーク材で作られた内装は高級感が半端ないですね。

キャセイラウンジのシャワー

まとめ

ラウンジは広く各スペースにゆとりがあるので、のんびり過ごすことが
できました。やっぱり最高ですね、キャセイラウンジは。

65番ゲート付近にある『ピア』もおすすめです。ブリッジから10分ほどでしょうか。

香港空港 キャセイラウンジ 「ザ・ピア」は最高でした

さて、このラウンジ体験+ビジネスクラス搭乗が2万aviosでした。aviosは各種ポイント移行(アメックスやSPG他)やマイル購入が一般的です。各種キャンペーンで1マイル1.5円以下で購入可能。となると2万マイルは約3万円。通常だと8万円を超えますから、1マイル2.7円くらいの価値になります。

aviosはグルーポンでの購入が一番のおすすめです。

グルーポンでのイベリアAviosの買い方、使い方、注意点まとめ

キャセイ(CX)ビジネスクラス・ラウンジ 「the Brigde」
利用時間 AM5:30~ AM0:30
場所:5階35番ゲート付近、連結シャトルバス付近
利用対象:キャセイパシフィック航空、ワンワールド加盟航空会社でビジネスクラス以上で搭乗者1名、ワンワールド・サファイヤ以上で同行者1名可。JALのステータスだとサファイヤ、JGC相当になります。

こちらは台北桃園にあるキャセイラウンジです。こちらも良かったです。

台北桃園空港 キャセイパシフィック航空ラウンジは凄かった!

4 Comments

うさぎ

 いつもウイングがピアしか利用したことがないのですが、この大理石バー素敵ですね〜。今度行ってみます。
 香港は何時間前にチェックインしたら、すべてのラウンジホッピングできるのでしょうか?(笑)

返信する
hypothetical

Google Maps/Local Guidesでは,香港のキャセイパシフィック航空のラウンジの記述を巡ってバトルがあるようです。The WingとThe Pierは場所が全然違うのに,別になっては一つに戻ることを繰り返しているように見えます。笑えます。でも,利用者には非常に危険だと思う。というのも,The PierからThe Wing近くのゲート(若い番号のゲート)に戻るには,シャトル(ターミナル内鉄道)が使えず。延々と歩く必要があるからです。The Pierに入る際,注意されます。https://goo.gl/gsOmte

返信する
norikun2016

うさぎさん、ウイングとピアも良いですよね! こちらはロングバーで一杯は素敵ですよね^^ うーん、どうでしょう、4時間くらいは必要でしょうか笑

返信する
norikun2016

hypotheticalさん、そんなバトルがあるんですか! 確かに遠いですからね、注意が必要です。参考になりました。ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください