2020年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

国内線はいつから通常運航?いつから乗れるようになる?

新型コロナウイルスでの緊急事態宣言が39県で解除され、関西2府1県(大阪、京都、兵庫)でも基準を満たし、解除されることになりました。

残る首都圏の1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)と北海道は継続となりますが、近いうち(5月末?)に解除される公算が高そうです。

緊急事態宣言が出されて以降、日本は暗い雰囲気に包まれていましたが、感染者数が減っていくにつれ明るくなってきました。第二波に備え、気を引き締めるときでもあります。

さて、緊急事態宣言が解除されると、通常の経済活動が再開されることになります。もちろん、元に戻るには時間が必要です。

その中で、当ブログのメインテーマでもある飛行機利用はどうなるの?通常運行はいつになるの?について考えてみました。

ANA、JALを始めとした国内線キャンセル無料期間は6月14日まで。

3月から続いた航空券のキャンセル無料。

海外の航空会社はキャンセルではなく振替やバウチャー発行で対応している中、日本は足並みを揃えキャンセル無料対応としています。頭が下がりますね。

ANAは6月15日まで、JALは6月14日搭乗分までキャンセル無料です。首都圏を含めた緊急事態宣言の解除が5月末になることを想定しての対応でおそらく最後のキャンセル無料期間となりそうです。

ANA国際線は2021年1月12日まで延長!航空券、ホテルキャンセル対応まとめ。

スポンサーリンク

JALは6月14日まで72%減便の発表

5月20日、JALは6月14日までの減便対応を発表しました。

東京都で外出自粛要請が出て以降減便が続き、緊急事態宣言が出された4月16日の次の週には60%を超える減便率となりました。直近は71~72%の減便です。

 

3月末からの累計は66%の減便。通常の3分の一の運行状況です。

羽田伊丹線を見てみましょう。5月31日だと6便予約可能です。ビジネス路線であり通常だと1時間おきに運行してますが、出張も減り、リモート対応により塔乗する人も殆どいないようです。

6月15日から6月30日も減便予定。

5月末に緊急事態宣言が解除される可能性も高くなり、需要が少しずつ回復すると予想される6月以降の運行予定を見てみましょう。

5月20日、JALは6月30日まで減便を検討すると発表しました。この期間は減便が確定するまで対象便が満席表示になり予約できない表示となります。

 

こんな感じで予約できません。6月15日以降、どのくらい減便するかは首都圏での緊急事態宣言解除を見てと言うことになりそうです。

スポンサーリンク

7月1日からはどうなる?

6月30日まで減便を予定していますが、7月1日以降はどうなる?

すぐに元通りとは行かないまでもかなりの数で運行を再開すると思います。

ただ、塔乗率はすぐには戻らないでしょう。と言うのも、リモートワーク、リモート会議推奨となり出張利用は減るでしょうし、国内旅行もすぐに戻るとは思えません。

時間をかけてゆっくり回復と言ったところですかね。少しずつ経済活動は戻って来そうです。夏の帰省、あるいは秋の旅行シーズンには飛行機利用が通常通りできる雰囲気になると良いですね。雰囲気って大事です。

新型コロナで大打撃を受けた航空業界。ANAもJALも2020年3月期は無配。再び配当を実施できる日が早く来ることを願っています。

ANAは2020年3月期を無配へ。気になる優待はどうなっていく?

まとめ

新型コロナウイルスは思った以上に広がりましたが、思った以上に早く感染者数が減少傾向に入りました。

これもひとえに、医療現場で働いている人、スーパーやコンビニ等で働いて生活を守っている人、また外出自粛を徹底した人のおかげだと思います。感謝。

こうなると次の焦点は経済活動再開に向けられます。少しずつ回復していくでしょう。ただし、遊びに行って夜食事してお酒飲んで帰ってくるみたいなパターンはすぐには戻らなさそう。時間が必要ですかね。

飛行機も国内線は乗れそうですが、国際線は相手国との兼ね合いがあり、すぐに渡航と言う訳にはいきません。本格的な回復は来年以降になるのでは?と思っています。

飛行機修行はステータスが1年延長になっているので私自身はしばらく修行の予定なし。

特典で国際線予定がありますがキャンセルになりそう。国内線は旅行できれば良いかなと。

JAL、2020年のステータスを1年延長へ。新型コロナ対応で2022年3月まで。

 

新たに開始する場合は、国際線(特に東南アジア)が本格的に利用できるようになってからがおすすめです。クアラルンプール、シンガポール、バンコクも感染者数が減って徐々に運航も再開しているようです。

羽田空港のJGCカウンター
JGCカードを保有して3年の感想。JALグローバルクラブの特典・メリットまとめ。

5 Comments

まめ

はじめまして。
7月にJALの国際線特典航空券を予約しております。現在.6/30までは無料キャンセル可能な状況ですが、7月も延長されると予想されますか?
無料キャンセルかどうかにかかわらず、旅行は中止と思っておりますが、戻ってくるマイルが毎月期限切れになっており、全部戻ってくるかひやひやしてます。

返信する
のりさん

こんにちは。

場所にもよりますが渡航制限がある国が多くキャンセル無料は続くのではと考えています。
私も7月予約分がありますが行けそうもないので無料キャンセルになるのではと。

返信する
まめ

コメントありがとうございました。行先はロンドンINフランクフルトOUTです。6月の上旬くらいには発表と思ってます。

返信する
青海1988

のりさん、
>解除が5月末になることを想定しての対応でおそらく最後のキャンセル無料期間となりそうです

 6月30日まで運休を想定した満席表示が出ていますので、5月28日辺りに6/15~6/30の期間の搭乗分のキャンセル変更無料対応が発表されると予想します。運休便が減るのに従ってキャンセル変更無料対応便を減らしていくのではないでしょうか。

返信する
のりさん

こんにちは。

6月30日まで満席表示なので、仰る通り6月30日までも無料になるかもしれませんね。
いずれにせよ、キャンセル無料期間は減っていくものと思われます。7月からの運航状況も気になるところです。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください