2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

修行にも使えるANAバリュートランジット。国内線乗り継ぎがお得なケース【2019年8月最新】

ANA東京オリンピック号

ANAバリュートランジットは特定区間の乗り継ぎの場合に利用できる運賃。

搭乗の2ヵ月前の1日から発売されています。

全ての路線で対象ではありません。短距離線だと乗り継ぐ必要はないですよね。長距離線、例えば、羽田那覇、関空那覇等の路線で設定されています。

直行便より安い場合も多く使いようによってはかなりお得です。

*2019年8月31日現在、11月分までのバリュートランジットが発売中です。

ANAバリュートランジットとは?国内線乗り継ぎ運賃の予約、利用方法まとめ。

予約期間

ANAバリュートランジットって?

MEMO
満3歳以上で同日中に乗り継ぐ指定された便の組み合わせ(2区間以上)で一括で予約する場合に適用される運賃。

 

簡単に言えば乗り継ぎのバーゲン価格です。

2か月前の1日から発売されています。例えば10月分は8月1日から一斉発売となります。11月分はなぜか8月27日から発売になりました。

購入日 支払期限
搭乗日の3日前まで 予約日を含めて3日以内
搭乗日の2日前から当日 出発時刻の20分前まで

 

予約変更は不可。ただし、当日プレミアムクラスに空席がある場合は料金を支払うことで当日アップグレードが可能です。

スポンサーリンク

運賃の種類

ANAバリュートランジットの運賃は3種類。

  • ANAバリュートランジット
  • ANAバリュートランジット7
  • ANAバリュートランジット28

 

7、28はそれぞれ搭乗の7日前、28日前までに予約できる運賃です。

航空券は搭乗日に近づくにつれて高くなるので、バリュートランジット28が最もお得な運賃になります。利用する場合は28日前までに予約したいですね。

マイル加算は75%。搭乗ポイントが200加算。

マイル加算は75%。バリュー運賃、スーパーバリュー運賃と言った早割運賃と変わりありません。

一つ違いがあります。運賃表を見てみましょう。

 

マイル積算は同じですが搭乗ポイントが違います。

マイルとは別に積算される搭乗ポイント(プレミアムポイント)。翌年度のANAステータスの基準になるポイントです。

プレミアムポイントを貯めている場合は、搭乗ポイントが加算されないANAスーパーバリューよりお得になります。

プレミアムポイントが付くとは言え運賃はどのくらい違う?あとは比較が大事になってきます。

例えば羽田石垣のバリュートランジット

羽田石垣は1日2便。

11月9日の羽田石垣の最安値は23,490円です。赤丸のところで直行便以外を検索できます。早速みてみましょう。

 

那覇で乗り継ぐ運賃が出てきました。羽田から那覇、那覇から石垣へ。14,430円からの設定。

 

予約に進むとバリュートランジット28の運賃になっていますね。

 

羽田石垣直行の最安値が23,490円。乗り継ぐと14,430円。

 

なぜこんなに違うの?

 

スーパーバリュー28の羽田那覇が安いからです。逆に言えばスーパーバリュー28が高くなればバリュートランジットも上がっていきます。

 

次に羽田那覇、那覇石垣を別々に予約する場合をみてみましょう。

石垣に乗継が可能な羽田那覇の最安値が9,110円。搭乗日の28日前までに予約が必要なスーパーバリュー28の運賃です。

 

次に那覇石垣。最安値が5,320円。

 

まとめると以下。

  • 羽田那覇、那覇石垣を別々で取る場合の最安値が14,430円。
  • 羽田那覇、那覇石垣のバリュートランジット28だと14,430円。

 

差はありません。ただし、基本的にバリュートランジットの方が安いケースが多いです。今回はANAバリュー運賃が発売された直後もありこのような設定になっている可能性があります。

続いてマイル積算。75%運賃なのでほぼ同じ。

マイル プレミアムポイント
羽田石垣 直行 1,147 1,836
羽田那覇、那覇石垣を別々で取る 1,153 1,846
羽田那覇、那覇石垣をバリュートランジット 1,153 2,246

 

バリュートランジットは搭乗ポイントが付くので大分違ってきますね。ANA修行をしている人にとってはお得な運賃です。

スポンサーリンク

関空発石垣のバリュートランジット

大阪もお得なケースが多いです。同じ11月9日の関空発石垣。

直行便の最安値が17,630円。スーパーバリュー28の運賃です。

 

続いてバリュートランジットを見てみましょう。最安値が13,470円。

 

関空から那覇、那覇から石垣へ別々で予約する場合だとこんな感じで。

関空から那覇は8,550円。

那覇石垣の最安値が5,320円。

計13,870円。

 

まとめると以下の通り。

  • 関空那覇、那覇石垣を別々で取る場合の最安値が13,870円。
  • バリュートランジット28だと13,470円。

 

別々で取るよりバリュートランジットの方が400円安いです

マイル、プレミアムポイントは以下の通り。

マイル プレミアムポイント
関空石垣 直行 907 1,453
関空那覇、那覇石垣を別々で取る 923 1,478
関空那覇、那覇石垣をバリュートランジット 923 1,878

 

スーパーバリューもバリュートランジットも75%積算運賃なのでマイルは同じです。

搭乗ポイントが200付くバリュートランジットはプレミアムポイントが多く、ANA修行僧にとってはおすすめの運賃になります。

バリュートランジットのデメリット

バリュートランジットのデメリットをまとめました。

 

デメリット1
乗り継ぐので時間がかかること。

 

11月9日羽田石垣で最安値のバリュートランジットだと羽田を15時45分に出て石垣に到着するのが20時25分。

一方、羽田石垣直行便だと15時前には石垣に到着しています。

 

デメリット2
利用できる便が限られること。

 

直行便の運賃でバリュートランジットの運賃が決まるので安い便が少なくなる点もデメリット。別々で予約する場合は好きな便を選択できます。

あとは乗り継ぎなので、最初の便が遅れたら乗れない可能性もあります。乗り継ぎ時間は多めにする方がベスト。

直行便の運賃、バリュートランジット運賃、そして時間。これらを考慮しベストな便を選んでください。

行きはバリュートランジット、帰りは直行等変えるのも良いですね。

スポンサーリンク


まとめ

バリュートランジット運賃がお得なのは発売される2か月前から28日前まで。直近だと高くなるので、予約する場合はお早めに。尚、変更は不可なのでその点は注意が必要です。

安くないこともあるので、別々で取った場合、直行便との運賃の比較をしてください。

 

バリュートランジットは乗り継ぎ運賃。

那覇空港で2時間くらいあれば色々できます。例えば、空弁を買って食べたり空港食堂に行ったり。ゆいレールに乗って国際通りで沖縄そばを食べるのもあり。時間つぶしには事欠かないです。

沖縄日帰りも楽しめる!一泊も最高!マイル修行僧のこんな過ごし方。

 

台風シーズンは遅延・欠航になる可能性あり。そんな時にクレカの補償が付いていると安心できます。一度クレジットカードの見直しをおすすめします。

飛行機の遅延、欠航時の補償は?アメックスに費用を請求した話。

 

さて、バリュートランジットはその他の運賃と同様に当日空席がある場合にプレミアムクラスにアップグレードが可能です。

こちらは国内線におけるANAとJALのアップグレードの違いをまとめたもの。意外に違いが多く面白いですよ。

羽田空港で見たANAとJAL
国内線アップグレードの方法、料金まとめ。ANAとJALでこれだけ違いあり。

2 Comments

ほにゃ

大阪→石垣で最安値の1737から1777に同日に乗り継げませんが?理論としておかしいです

返信する
のりさん

ご指摘ありがとうございます。スマホでキャプチャするので、以降の便が切れており差し替えました。乗り継ぎ可能です。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください