しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

e JALポイントの使い方、有効期限の延ばし方、ANAスカイコインとの違いについて

 f:id:norikun2016:20170530213219j:plain

e JALポイントとは

JAL国内線、国際線の航空券や国内外のツアー購入代金の支払いに利用できるポイント。1ポイント1円で有効期限は1年。ポイントで購入した航空券は通常購入の場合と同じく対象運賃であればマイルが加算される。

e JALポイントはJALマイルからの交換や各種キャンペーンで入手することができます。

さて、そんなe JALポイントを私自身5,000ポイント保有しています。
1ポイント=1円なので5,000円分の価値になります。

ここまでは何でもないのですが有効期限があと1日に迫っていて今のところ使い道がない、このまま期限切れするのも勿体ない、どうしようかと考えてました。

そんな中、e JALポイントは今後使い道が出てくるだろう、と言うことでポイントの有効期限を延長させました。延長方法はいたってシンプルです。

と言うことで、使い勝手が良いe JALポイント、そして意外に多いANAスカイコインとの違いについてまとめてみました。

JMB e JALポイントの使い方、有効期限の延ばし方 

e JALポイントって何?

JALマイレージバンクの会員が利用できるポイントで1e JALポイントを1円で各種航空券、国内外のツアーに交換することが可能です。使ったポイントは通常購入と同じくJALマイル加算対象となります。

e JALポイントで利用できるものは以下。
JAL国内線・国際線の航空券
②国内外ツアー、マイルツアー、国内ダイナミックパッケージ(海外ダイナミックパッケージは除く)
JAL国際線航空券に含まれる税金、燃料税等

JAL航空券に関わるもので海外ダイナミックパッケージ以外は利用可能です。
申込みはJALホームページ(PC、スマホ)のみ。

 

利用条件

利用できる人は以下。
JMB会員本人、会員の配偶者、会員の2親等以内の親族。

と通常のJALマイルと同じで制限されていますね。

ANAスカイコイン(1コイン1円で航空券、各種ツアーに利用可能)はと言うと以下。

スカイコインでの支払いは本人か特典航空券登録者、友人分の購入はOK。

と言うことで友人分を購入できるANAスカイコインの方が使いやすいと言えるでしょう。

ではJALのe JALポイントは家族以外に使えないかと言えばそうではなく、
『おともdeマイル』を利用すれば友人分をe JALポイントで支払いできます。

おともdeマイルとは

家族や友人と同一便の往復をする場合にお得に利用できる割引制度。本人はマイル、本人以外は本人のクレジットカードかeJALポイントで支払い可能。

f:id:norikun2016:20170531065638j:plain

例えば本人とその友人2人で旅行を計画したとします。
本人は1万マイルで航空券を購入、友人2人分を本人のeJALポイントを使って購入、こんな流れになります。 2~4名で旅行する場合にお得な利用方法と言えるでしょう。

 

払戻しは不可

e JALポイントの払戻しは不可で一度引き落としたマイルは口座に戻すことができません。

さて、ANAスカイコインはどうか。
ANAスカイコインも元々は払い戻しができなかったですが2015年に変更され同年4月12日以降の分については利用者都合であっても払戻しできることになりました。(払戻手数料は差し引かれます)

急な用事等どうしてもキャンセルしなくては、と言う場合はありますからね。この辺はスカイコインが良いでしょう。JAL eJALポイントも変更して欲しいところです。

 

交換できるポイント

10,000JALマイルを15,000ポイントに交換可能です。
交換は10,000マイル単位になります。

今ならキャンペーン中で3,000マイルで3,000ポイントで交換可能、2018年3月31日まで。マイルが余ったけど有効期限がもうすぐ、と言う場合に3,000マイルから交換できるのは有難いですね。

一方、ANAスカイコインはと言うと、
交換が一律ではなく交換するマイル数や会員ステータス、保有するクレジットカードによって1.2~1.7倍に変動します。例えば通常会員だと10,000マイルで12,000コイン(1.2倍)、30,000マイルで42,000コイン(1.4倍)とか。

この辺は少ないマイルから等倍で交換できるJALのe JALポイントの方が使い勝手が良いと言えるでしょう。ANAスカイコインは交換倍率を上げるためには多くのマイルを必要とします。例えば通会員で(ANAカード保有)で1.5倍に交換するとなると40,000マイルを必要とします。

 

有効期限

有効期限は交換を行った日の1年後の同月末。
例えば2017年5月30日だと2018年5月31日が有効期限。
*各種キャンペーンでプレゼントされるポイントについてはキャンペーン毎に有効期限が定められています。

JALマイルは36ヶ月の有効期限があるのでJALマイルの有効期限を延ばす一つの選択肢としても良いかなと思います。

さて、私の場合。5,000ポイント余っていて有効期限が目の前でした。
このポイントはマイルを使って交換したのではなくJALのそらとも倶楽部キャンペーンからのポイントでした。キャンペーンだと有効期限が早いです。

f:id:norikun2016:20170530211639j:plain

マイルからの交換だと有効期限は1年ですがキャンペーンと言うこともあり短い、利用する機会を探っていましたが、とうとう期限が来てしまった、そんな感じでした。

今回有効期限を延ばすことにしました。
方法はシンプルでマイルを使ってポイントに交換すれば有効期限は延長されます。JALのe JALポイントは一度に大量に交換してもメリットはないですから(ANAのスカイコインは交換するマイル数によって変わってくる)1万マイルを15,000ポイントに交換しました。

f:id:norikun2016:20170531054114j:plain

購入後はすぐに反映され元々あった5,000ポイント分の有効期限も1年後に延ばすことができました。

f:id:norikun2016:20170531054953j:plain

さて、ANAスカイコインはと言うと。
ANAスカイコインの有効期限は交換月より12ヶ月目の月末になりここはJALのe JALポイントと同じです。ただ全てのスカイコインに適用されるのではなく、あくまで交換したスカイコインのみでそれぞれに期限があります。例えば以下。交換毎に期限が延長されるe JALポイントとの大きな違いになります。

f:id:norikun2016:20170531055658p:plain

 

まとめ

eJALポイントについてANAスカイコインとの違いについてまとめてみました。

eJALポイントを使うメリットとしては、
JALマイルの有効利用(3,000マイルから交換できる)
②有効期限の延長(JALマイルの有効期限は36ヶ月)
③マイル・FOP(ステータスを決めるポイント)が加算される(特典航空券は加算されない)
④特典航空券は枠が限られているが通常購入やツアーの方が取りやすい。
⑤おともdeマイルを使えば友人分を購入できる。

こんな感じでしょうか。
ちなみに10,000JALマイルを12,000円のJALクーポンに交換することも可能。クーポンは航空券以外にも機内販売や飲食、宿泊にも利用できます。交換比率で言えばe JALポイントが高いですが航空券やツアー以外にも使える点がメリットです、参考までと言うことで。

JALマイルは特典航空券に使用するのが個人的には一番だと思いますが枠が限られていて会員ステータスによっては取り辛いところが出てきます。

そんあ特典航空券。ANAとの違いについてこちらにまとめてみました、参考まで。

スポンサーリンク

 

関連記事