読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ANAダイヤモンドキットが届きました ステータスを半年体験しての感想を少し

ANA ダイヤモンド修行

ANA機材

3月上旬、ANAダイヤモンドキットが届きました。
カード、冊子、特典物とかその類ですね。

2016年5月にプラチナ、9月にダイヤモンドに。
1月から修行を始めた訳ですが決して予定していた訳ではなく。

ダイヤはプラチナの倍の10万プレミアムポイントが必要であり遠い道のりな訳で。
フルマラソン終わった後すぐにフルマラソンを走るみたいな。

ただ、もうちょっと冒険しても良いかな、ダイヤになるのはプラチナの年がラストチャンス、そう思ったのでダイヤまで突っ走ることにしました。勢いのみです(笑)


さて、キットの話。
現在、事前サービスを受けているのでキットが到着しても目新しさはないですが、
やっぱり嬉しい(笑)3月31日までは事前サービス、4月1日から翌3月31日までは本サービスを受けることになります。

事前と本サービスとの大きな違いはアップグレードポイントを使えるかどうか。
国内線だと普通席からプレミアムクラスに、国際線だと上位のクラスにポイントを使ってアップグレードが可能。ただ前借制度もあるので基本的には事前も本サービスも変わりません。

そんなダイヤモンドサービスについて、キットの中身と半年体験しての感想を。

2017年ANAダイヤモンドステータス

ラウンジ利用やボーナスマイル、座席指定の拡大や優先チェックイン等に加えて、
ダイヤモンドサービス限定として7つのコースから選択できる特典があります。 

1、2かで迷ったのですが2のアップグレードポイント12とスイートラウンジ券6枚を選択しました。アップグレードポイントは最悪1ポイント1,000円で交換が可能ですが、それだと1のスカイコインの特典より価値が低いので、①のスカイコインを選択する人も多いと思います。

1 ANAスカイコイン6万コイン 機内販売用クーポン2万円分又はスイートラウンジ利用券6枚
2 アップグレードポイント12ポイント 機内販売用クーポン2万円分又はスイートラウンジ利用券6枚
3 ミシュラン星レストランに1店舗ペアで招待 機内販売用クーポン2万円分又はスイートラウンジ利用券6枚
4 IHG・ANA・ホテルズグループ宿泊・食事に使える
クーポン4万円分
機内販売用クーポン2万円分又はスイートラウンジ利用券6枚
5 ビジネス・ダイニングコース 機内販売用クーポン2万円分又はスイートラウンジ利用券6枚
6 自然保護、サンゴの植え付け  
7 コンシェルジュコース  

アップグレードポイントは本サービスが始まる4月1日以降が対象ですが、
前借り制度があり4月1日以降の便に限り事前サービス中でも使用することが可能です。私も事前サービス中に実際に使ってみました、こちら参考まで。


ANAダイヤモンドキットが届きました

重要なお知らせがございます、と言うことでヤマト便で届きました。
ダイヤモンドサービスの内容について書かれた冊子。

ANAダイヤモンドキット

 

ステータスカードとスーパーフライヤーズ申込書

スマホでのデジタル式カードがあるのでプラスティックのカードは中々出番はないですが、コレクションとしては良いかなと思います。

ANAダイヤモンドのカード

スーパーフライヤーズカードは既に申込んでいます。特典について詳しくはこちら。

 

スイートラウンジ券

有効期間がダイヤと同じ2018年3月31日まで。
ANAダイヤモンドになれば同行者1名を含め無料で利用することができます。

そんなラウンジ券はヤフオク、メルカリ等のオークションで1枚6千円ほどで売却することも可能です。6枚ありますのでオークションで売っちゃうか、どなたかにプレゼントしよう、そんな風に思っています。

ANAスイートラウンジ券

 

 

ANAダイヤモンドステータスを経験して

当たり前ですが飛行機に乗らないと特典は享受できません。
どんどん乗ってやろう!と言うことで、半年で羽田発の国際線2回、国内線は4回利用しました。

良かった点はやっぱり一番はスイートラウンジの利用でしょう。大分早めに行ってゆっくりするようにしています。飛行機に乗らなくてラウンジだけで満足です(笑)


あとは座席指定の拡大(足元にゆとりがある非常口シートが取りやすくなります)、隣席ブロック(席に余裕がある場合、隣の席を空けてくれます)、その他デスク、機内でのサービスもプラチナに比べてより細やかになっている(デスクでは座席等の要望を叶えてくれたり色々相談できます、搭乗時に挨拶があったり)、そんな印象です。これら全てがダイヤ修行分の価値があるかと言えば何ともですが、やはり経験して分かることがあるので、ダイヤになって良かった、そんな風に思います。

特典航空券の枠はプラチナ(SFC)とさほど変わらない、そんな印象です。


その他、ダイヤのステータスを利用して以下の事を。

ヒルトンのなんちゃってダイヤになりました。
2017年もあると良いですね。部屋のアップグレード、ボーナスポイント等の特典があります。ダイヤになって良かった、と思うことの一つです。


香港の自動化ゲートも申請してみました。
ANAプラチナ(SFCを含む)で申請可能です。 香港のイミグレは激混みすることも多いので、これは有り難いです。パスポート切れるまでが有効期限になります。

 

 

今後について

ANAダイヤモンドの維持は今年1年だけになると思います。

出張で飛行機を使用する機会はほとんない、と言うことがあります。少しでも出張があれば考えますが(笑)

あと、国内線搭乗時、国際線を日本から出発する際は手厚いサービスを受けることができますが、国際線で海外発の際はそうしたサービスは期待できません。

ANAダイヤになってもスターアライアンスのステータスはゴールドのままでANAプラチナと変わらないんですね。ANAダイヤでも海外発の場合はあまり恩恵は受けれない、と言うことになります。国内でのサービスは最高ですよ(笑)

それであればJALJGCプレミアの方が魅力かなと思ったり。ワンワールドはルビー、サファイヤ、エメラルドの3つなのでJGCプレミアになればANAダイヤより一つ上のステータスになり国際線搭乗時に威力を発揮することになりますし、ANAに比べてJALの方がステータスを達成しやすい、と言うこともあります。

スターアライアンスゴールドについてはこちらにまとめています、参考まで。


まとめると、私はあーだこーだ、四の五の言わず何事も経験したい、と思うタイプなので(笑)、ANAダイヤになって良かった、そんな風に思います。

ダイヤを目指そう!と言うことであれば、費用もかかることなので慎重に考慮されてください。次の1年で国際線を含めどれだけ搭乗予定があるか、がポイントになると思います。やはり乗らないと意味がないですから。


私自身は2018年3月31日までステータスを有効に活用しよう、そんな感じでしょうか。

ANAダイヤモンドの特典・メリットはこちらにまとめています、参考まで。

スポンサーリンク

 

関連記事