しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ANA国内線で乗るならこれ! コードシェア便のすすめ

あれ、ANAで予約したのに飛行機はANAじゃないんだな。

なんてことはよくあります。
ANAが他の航空会社とコードシェア(共同運航)しているために起こること。
理由は様々ですが、販売の拡大とか飛べない路線の共有とか。
それぞれの航空会社がメリットを享受し合う、そんな感じです。

コードシェア

運航会社だけでなく複数の航空会社で便名を付けて運航しているもの。例えば国内線で運航エアドゥで便名はANAとか。


国内線コードシェアのマイル積算について

IBEXエアラインズAIR DOソラシド エアスターフライヤーおよびオリエンタルエアブリッジが運航する日本国内のコードシェア便は、ANA便名にてご予約・ご搭乗の場合のみ、ANAグループ運航便として積算されます。 ANAホームページより

さて、今年はSFC修行でANA国内線に乗りまくったのですが、強く印象に残っているのはANA運航便ではなくコードシェア便なんですね。まあ、乗りすぎたこともありANA便への慣れがあったのかもしれませんが、幾つか乗ってみてコードシェア便も乗りがいがあるものだと気づきました。そこで、対象路線であえてコードシェア便を選択することで、旅や出張その他、ちょっと楽しくなるかもしれないと考えたわけです。


ANA国内線でのコードシェアは以下の5社。
エアドゥ、スターフライヤーSFJ)、ソラシドエア、IBEXエアラインズオリエンタルエアブリッジ

私自身、IBEXエアラインズオリエンタルエアブリッジはまだ搭乗はありませんが、その他3社は搭乗があり、とても良かったので紹介したいと思います。

尚、コードシェア便に乗る際に重要なことは(今回は国内線に限っての話です)、
①運航はANAではないので、機内サービスその他は運航会社のサービスに基づく、
ANAから予約をすればマイル加算はANA規約に基づく、と言うのがあります。

デメリットは便数が少ない、座席指定の幅が少ない、ことでしょうか。
ただメリットも十分あるので、やりくりして片道だけでもコードシェア便を選ぶのもありかなと。とても楽しめると思いますよ。

ANAコードシェア 先ずはスターフライヤーSFJ)

2002年創業、北九州空港を拠点にA320を9機保有(2016年9月現在)。
羽田発着を主に以下5つの路線で運航しています。
羽田ー北九州、羽田ー福岡、羽田ー関西、中部―福岡、羽田―山口宇部

ANAホームページから予約画面を見るとこんな感じになります。
とある12月の予定ですがSFJ運航の旅割は結構埋まっていますね。
他に比べて座席数が少ないこと、SFJ側でも航空券は売っているので、その関係でしょう。時間帯にもよりますが、早く取らないと埋まってしまう可能性があります。
ちなみにANA25便中8便がSFJとのコードシェアになっています。

ANA羽田福岡線


SFJで何が良かったか?

足元が広いということです。ANAプレミアムクラスやJALのクラスJの様に別料金を払って乗るシート以外で断トツにゆとりがあります。こんな感じで。

シートピッチ(足元)
LCC標準が71センチ、
JALANA他主な国内線で79センチ、そしてスターフライヤーが91センチ。
通常シートとは思えないほど快適でした。

その他、カッコいいし、コーヒーのお共にチョコレートはもらえるは、
沖止めの可能性は高いは、と言うことで一番のお勧めがSFJになります。
対象路線に乗ることがある際は、ぜひ片道だけでも体験してください。

エアドゥのサービス

 

実際に搭乗した際の投稿です、参考まで。


 

続いてエアドゥ

エアドゥは12路線で36往復で運航、詳細は以下の通り。
主な発着地域は北海道になります。(2015年10月現在)
羽田⇒札幌、旭川、女満別、帯広、釧路、函館
札幌⇒仙台、名古屋、神戸、岡山、広島
函館⇒名古屋 

エアドゥの良かった点は中のシートピッチは変わりないのですが、
機体そのものを楽しむというか、キャラクターがいて雰囲気がちょっと違うので、
全体を楽しむ、と言った感じです。機内サービスではオリジナルブレンドコーヒーも飲めちゃいますので、機会があればぜひ。

エアドゥの機内サービス

こんな感じでベアドゥのキャラクターの付いたグッズも機内販売されているので、
お土産には最適かもしれませんね。私も思わず買っちゃいました。

ベアドゥのボールペン

 こちらが搭乗記、北海道に行く際はぜひまた利用したいです。


 

さいごにソラシドエア 

九州方面で利用すると遭遇することが多いと思います。薄緑の機体、ソラシドエア。
後ろでエアドゥの特殊塗装機が見えますが、塗装は各社こだわりがあるので、
コードシェア便に乗る際はぜひそこを注目してください。機体によって塗装が変わることも多いので、その辺も楽しめると思います。

ソラシドエア機体


対象路線は以下。
東京(羽田)⇔大分、熊本、長崎、宮崎、鹿児島
沖縄(那覇)⇔名古屋(中部)、神戸、熊本、長崎、宮崎、鹿児島、石垣 

実際に乗ってみました。SFJやエアドゥに比べると地味な感じはしますが。
足元とかは通常国内線と同じです。一度体験すれば話のネタにもなるでしょう。

ソラシドエアの機内

 

IBEXエアラインの路線は以下。 
成田⇔仙台、小松、広島
伊丹⇔仙台、福島、新潟、福岡、宮崎、大分
中部 ⇔仙台、福岡、大分、宮崎
仙台⇔広島、小松、福岡
福岡⇔小松、宮崎 

オリエンタルエアブリッジは以下。
長崎⇔対馬、五島福江、壱岐
福岡⇔五島福江

IBEXエアラインは乗る機会があるかもしれませんが、オリエンタルブリッジはどうでしょう、離島に旅行する、機会があれば良いですね、小型機なのでこれもまた違った体験ができると思います。

その他、コードシェアではないですがANAボンバルディアも良いですね。
九州方面が多く座席数70席ちょっとの小型機。これ良くないっすか?

ボンバルディア機


まとめとしては、国内線でコードシェアの対象路線で乗る場合は片道だけでもぜひ
と言う感じです。ANAから予約をすればマイルは通常通りなのでその点は心配ありません。おすすめは、スターフライヤーとエアドゥ、九州の離島に飛ぶオリエンタルブリッジも良いかもしれません。今だとふっこう割もありますので、そちらを利用するのもありかなと思います。尚、コードシェア側から乗れば安くなることが多いですがその場合はANAマイルは積算対象外になります。ANAマイルを貯めていない、と言うことであれば各航空会社のマイレージに加入するのも一つかなと思います。

 

関連記事