SPGスターポイントからユナイテッド航空のマイルへ 効率が良い移行手順について

外資系のホテルポイントは航空会社のマイレージに移行できることが多いです。SPG、マリオット、IHG、ヒルトン等々。

そんな中、ユナイテッド航空のマイル(以下UAマイル)交換についてはレートが悪いのが実情でしたが、2016年のSPG、マリオットの合併以降、効率よくUAマイルを移行できるルートが誕生しました。

UAマイルはANA国内線で5,000マイルで利用できます。加えて、UA独自のシステムでANAでは出てこない思わず試したくなるルートも体験できます。

そんなUAマイルへの移行についてまとめてみました。

SPGスターポイント、マリオット・リワードポイントの利用方法

無料宿泊で利用する場合

マリオットリワード・ポイントはマリオット宿泊でポイントを獲得することが基本ですがSPGからマリオットへ移行が可能です。

詳細は以下の通り。SPG、マリオットのポイントは相互移行が可能です。

マリオットのリワードポイントからスターポイント、またはスターポイントからリワードポイントへ1,000ポイント単位で移動が可能で3リワードポイントが1スターポイントに、1スターポイントが3リワードポイントとなります。

ポイントの使い道は無料宿泊かマイル移行が基本ですが、無料宿泊で利用する場合、マリオットで使った方が価値が高くSPGで使うより少ないポイントでマリオットで使用することが可能です。SPGスターポイントをマリオットに移行した上で使用する、そんな感じです。詳しくは以下にまとているので参考にしてください。

SPGとマリオットの2018年カテゴリー変更 国内は改悪多く無料宿泊に影響あり

スポンサーリンク

航空会社へのマイル移行

相互交換が可能なSPGスターポイントとマリオットリワードはどちらからマイルに移行すればよりお得なのか?

先ずSPGスターポイントは各航空会社へ1:1で以降可能です。(例外あり)そんなSPGスターポイントからリワードポイントを経由することで交換比率が1以上になるマイレージがあります。ブリティッシュエアウェイズ(以下BA)、アメリカン航空等です。140,000リワードポイントは46,667スターポイントになります。46,667スターポイントが50,000マイルになる計算です。

マリオットポイントからBAへ

移行倍率は以下の通りで最大で1.07%になります。しかし、スターポイントを20,000ポイント以上交換した場合は5,000ポイントのボーナスが付くので交換率は1.25になりその場合はSPGから移行した方がお得になります。基本、マイルへの移行についてはSPGからがお得です。20,000ポイントごとが基本です。

マリオットリワードからUAマイル

マイルへは(トラベルパッケージを除く)はSPGから移行した方がお得ですが、ユナイテッド航空だけはマリオットからがの移行がお得です。

SPGスターポイントはANA、JALをはじめ多くのマイレージと1:1の交換が可能ですが、UAマイルにいたっては半分のマイルにしか交換ができません。これだと勿体ないですよね、UAマイルに移行する魅力がありません。

SPGスターポイントをマイルに

そんなSPGですが、マリオットによる合併の結果、双方のステータスの統合、ポイントの移行が可能になりました。

マリオットとユナイテッド航空については共同で様々取り組みがあり、ポイントのマイル移行に関し他より20%少ないポイントで交換可能です。

その20%少ないルートを使いUAマイルに移行するのがベスト。

ルートはSPGスターポイント⇒マリオットリワードポイント⇒ユナイテッドマイルになります。宿泊等で獲得したマリオットポイントがあればマリオットリワードポイント⇒ユナイテッドマイルでシンプルですね。

詳細は以下の通り。

スターポイント⇒ リワードポイント⇒ UAマイル 交換倍率
2,667 8,000 2,000 0.75
5,333 16,000 5,000 0.94
8,000 24,000 10,000 1.25
18,667 56,000 25,000 1.34
37,333 112,000 50,000 1.34

スターポイントからユナイテッドマイルへ直接移行した場合は前述した0.5ですが、リワードポイントを挟むことにより最大1.34まで引き上げることが可能と分かりました。そして実際に手続きをしてみました。

*1,000単位の交換になりますので、例えば19,000スターポイントを57,000リワードポイントにして、必要でない1,000リワードポイントを更にスターポイントに変えれば(2,000追加し1,000スターポイントへ)端数なく交換が可能です。
*リワードポイントからユナイテッドマイルへの交換比率は1程度なので、SPGからリワードポイントへの交換に価値が生まれています。
*ポイント交換は双方の会員になる必要があります。

スターポイントからユナイテッドマイルへの交換手続き

SPGからユナイテッド航空への移行については先ずSPGからマリオットに移行する必要がります。SPGホームページ上の『ご予約&交換』から以下でスターポイントの交換に進みます。

SPGスターポイントの交換

中央部に以下リンク先が出て来ますのでそこから移行手続きに進みます。

SPGからマリオットのポイント

スターポイントの使い道は迷っていますがユナイテッドは集めたいマイルでしたので、10,000マイルに交換可能な8,000ポイントのみ交換することにしました。

スターポイントからリワードポイントへ

SPGからマリオットへのポイント移行は即時反映されました。

マリオットポイントの反映

そしてトラベルリワードプログラム からUAマイルへの移行、今回は24,000ポイントを利用してみました。たまに表示がなかったり日本語バージョンだと割引になっていないケースがあるので注意してください。

下部にある以下の表示から進んでください。

こんな感じで20%割引された交換ルートが出てきました。

マリオットポイントの移行

ユナイテッドへの移行は数日必要です。
8,000スターポイント⇒24,000リワードポイント⇒10,000マイル(ユナイテッド航空)と言う形になりました。

マリオットからユナイテッド

2日後にマイル加算されていました。

f:id:norikun2016:20160928053537j:plain

トラベルリワードプログラム はその他マイレージへの交換も可能ですが20%お得に交換できるユナイテッド航空が魅力。その他マイレージはSPGからの移行がお得です。リワードポイントは年5万ポイントまで購入が可能ですがレートが低く必要分を補う程度であれば良いと思います。

スポンサーリンク

ユナイテッド航空のマイルについて

UAマイルの特徴は以下の通り。

ANA国内線が片道5,000マイルから利用可能。区間距離800マイルを超えると必要マイル数は8,000マイルに。例えば羽田 – 札幌だと5,000マイル、羽田 – 沖縄だと8,000マイルで発券が可能。60日以内、4日前までに予約が必要。

予約可能期間は出発の60日前から4日前まで。
家族以外の友人に対しても発券が可能。
飛行距離が800マイル以内だと片道5,000マイルで発券可能。
801マイル以上だと片道8,000マイル。
予約の変更にはステータスに応じて手数料が必要。(プレミア1Kだと無し)

ANAプレミアムクラスの予約は不可で当日空きがあればアップグレード可能。

21日前から以下の通り緊急発券手数料が発生。
従って、直前での発券は不向きだと思います。

ステータス 21日前からの手数料 コールセンター手数料
プレミアプラチナ 無料 無料
プレミアゴールド 25米ドル 25米ドル
プレミアシルバー 50米ドル 25米ドル
一般会員 75米ドル 25米ドル

乗継でも出発地から最終目的地が800マイル以内なら5,000マイルで発券可能。

例えば、羽田ー伊丹(乗継)ー千歳とか。これで5,000マイルです。
関西空港から那覇経由の福岡とか。

実際に使って役に立ったのは伊丹→羽田→千歳とか。別々で予約すると倍のマイルが必要になりますが、東京で1泊してから北海道へ。とても効率が良い旅程になりました。

UAホームページで検索すると単純往復以外に色々なルートが出てきて面白いです。UAマイルは色々な形でできるのでANA国内線を利用することが多い場合には持っておいて損はありません。但し、直前だと手数料が発生し損になるので、その場合はANAマイルを使うのがが良いでしょう。

UAマイルは通常のクレジット決済で貯めるか、ホテル予約サイトのKaligoとか。ロケットマイルズもキャンペーンを実施していて貯まりやすいです。

SPGスターポイント獲得について

スターポイントやリワードポイントについては宿泊することでボーナスポイントが得られるキャンペーンが多くあります。ぜひ登録してください。

2018年冬 SPGとマリオットのキャンペーンまとめ

スターポイント購入セールも度々行っています。2018年3月16日まで35%割引になっています。

3万ポイントが682ドル(73,656円)で単価は2.45円になり最大1.34倍でUAマイルに移行できるので上記のリワードプラス経由にすると最大で1ユナイテッドマイルを約1.8円で購入することが可能になります。尚、スターポイント購入は年3万ポイントまでなのでセールを利用した方がお得です。

スターポイントは使い勝手が良く20,000ポイント移行で5,000ポイントのボーナスになり移行倍率1.25になります。BAマイルやJALマイルに移行するのも良いですが、ユナイテッドも一つの選択肢としてありではと思います。SPGの無料宿泊も魅力ですね。

まとめ

SPGからUAマイルへのルートについてはマリオットとSPGのリンクが強化されたことにより可能になりました。ポイント・マイルの使い方は様々ですのでSPGスターポイントからのユナイテッドマイル移行も一つの選択肢として見てもらえればと思います。

マイル移行についてはBA(ブリティッシュエアウェイズ)は購入キャンペーンンが多くイベリア航空のグルーポン等を利用するのも一つ。

JALマイルはモッピールート、ANAマイルはソラチカ改悪で2018年4月以降は貯めにくくなりますが各種ポイントサイトで貯める方法があります。

SPGスターポイントやマリオットポイントはUAマイル、JAL国際線で優位なアラスカマイル、無料宿泊、マリオットのトラベルパッケージ(宿泊とマイルが一緒に交換できる)が個人的にはお得だと思います。一番価値が高いのはトラベルパッケージですがは7日(9日)連続で宿泊しないとダメなので、その点長期で休暇がとれる場合に限らるでしょう。

尚、ポイントの移行等については改定される可能性が常にありますので、
その点注意してください。

ユナイテッド航空は各エアラインからステータスマッチを受け付けています。UAにマッチ後、マリオットゴールドへのステータスマッチも可能なのでJALやデルタ航空等のゴールドステータス以上の場合は考慮に入れてください。

ユナイテッド航空へのステータスマッチで航空会社とホテルの上級会員を獲得する方法

コメントを残す