JALマイルはモッピーで。登録で1,000ポイント。

マリオットポイントの使い方。マイル移行は1.25倍。ユナイテッド航空はさらに10%増し。 

万能なマリオットポイント。

マリオットグループでの無料宿泊はもちろん、40を越える航空会社へマイル移行が可能です。

マイルは殆どの航空会社で等倍で移行が可能ですが、ユナイテッド航空のマイル(以下UAマイル)は他に比べ10%増しで移行が可能です。

UAマイルはANA国内線で5,000マイルで利用できます。加えて、UA独自のシステムでANAでは出てこない思わず試したくなるルートも体験できます。

マリオット・リワードポイントは無料宿泊、マイル移行で利用可能。

無料宿泊で利用する場合

2018年8月にマリオットとSPGは統合へ。

世界で6,700軒以上ある世界最大のホテルグループになりました。

マリオットホテルは1~8までのカテゴリーに分かれ無料宿泊に必要なポイント数が決まっています。

カテゴリー スタンダード
1 7,500
2 12,500
3 17,500
4 25,000
5 35,000
6 50,000
7 60,000
8 85,000

 

マリオット1ポイントは1円以上で使いたいところです。週末、繁忙期だと1円以上も可能。日本のカテゴリーは5(35,000ポイント)、6(50,000ポイント)が多いです。

マリオット・ボンヴォイの新カテゴリーは3月5日から実施へ。

スポンサーリンク

航空会社へのマイル移行

40を越える航空会社へ移行が可能です。

https://www.marriott.co.jp/loyalty/redeem/travel/points-to-miles.mi

 

上記からポイント移行へ進み希望するエアラインを選択してください。

 

移行期間の目安は1週間から1か月。

ANA、JALに移行できるのは使い勝手良し。ユナイテッド航空、ブリティッシュエアウェイズ、アラスカ航空と言った人気のマイレージもカバーしているのでマイル交換はポイントを貯めたあとに考えるだけで良さそうです。

アライアンス 航空会社
スターアライアンス ANA、シンガポール航空、ユナイテッド航空、タイ航空
ワンワールド JAL、ブリティッシュエアウェイズ、アラスカ航空、キャセイパシフィック航空
スカイチーム デルタ航空

 

マリオット3ポイントで1マイルと交換可能です。マリオットポイントは3ポイントで1円相当なので実質等倍で交換できます。

 

3,000ポイントから移行可能、1日の上限は240,000ポイントとなります。

加えて、マリオットポイントを60,000ポイント(20,000マイル)交換した場合は15,000ポイント(5,000マイル)のボーナスが付くので交換率は1.25になります。従って、移行は20,000ポイントごとが基本です。

最近、アラスカ航空に移行しました。3日で移行完了。JAL国際線でお得に利用できるアラスカ航空。東南アジアで利用する予定です。

60,000ポイントが25,000マイルへ。60,000マリオットポイントは20,000円相当のポイントなので実質1.25倍で交換できました。

マリオットリワードからUAマイルは10%増しで移行可能。

マリオットポイントは3ポイントが1マイル。

60,000ポイントを移行することで実質1.25倍になりますが、さらにユナイテッド航空だと10%のボーナスあり。

マリオットとユナイテッド航空はステータス共有等で提携しているのでお得に移行が可能となります。

60,000ポイントを移行する場合に15,000ポイントのボーナス(5,000マイル分)がありますが、このボーナス分も10%加算されます。

60,000ポイント(20,000マイル相当)が27,500UAマイルへ。他のマイレージだと25,000マイルなので2,500マイルお得になります。

リワードポイント⇒ UAマイル 交換倍率
3,000 1,100 1.1
15,000 5,500 1.1
30,000 11,000 1.1
60,000 27,500 1.375

 

移行期間は1週間程度です。人により2,3日で完了する人もいるようですが、使用予定がある場合は前もって交換しておきたいですね。

スポンサーリンク

ユナイテッド航空のマイルについて

UAマイルの特徴は以下の通り。

  • ANA国内線が片道5,000マイルから利用可能
  • 区間距離800マイルを超えると必要マイル数は8,000マイルに。
  • 例えば羽田 -札幌だと5,000マイル、羽田 -沖縄だと8,000マイルで発券可能。
  • 前日まで発券可。
  • 家族以外の友人に対しても発券が可能。
  • 予約の変更にはステータスに応じて手数料が必要。(プレミア1Kだと無し)
  • ANAプレミアムクラスの予約は不可で当日空きがあればアップグレード可能。

 

21日前から以下の通り緊急発券手数料が発生。従って、直前での発券は不向きです。

ステータス 21日前からの手数料 コールセンター手数料
プレミアプラチナ 無料 無料
プレミアゴールド 25米ドル 25米ドル
プレミアシルバー 50米ドル 25米ドル
一般会員 75米ドル 25米ドル

 

乗継でも出発地から最終目的地が800マイル以内なら5,000マイルで発券可能。

例えば、羽田伊丹(乗継)千歳とか。これで5,000マイルです。
関西空港から那覇経由の福岡とか。

実際に使って役に立ったのは伊丹→羽田→千歳とか。別々で予約すると倍のマイルが必要になりますが、東京で1泊してから北海道へ。とても効率が良い旅程になりました。

UAホームページで検索すると単純往復以外に色々なルートが出てきて面白いです。UAマイルは色々な形でできるのでANA国内線を利用することが多い場合には持っておいて損はありません。

但し、直前だと手数料が発生し損になるので、その場合はANAマイルを使うのがが良いでしょう。

UAマイルは通常のクレジット決済で貯めるか、ホテル予約サイトのKaligoとか。ロケットマイルズもキャンペーンを実施していて貯まりやすいです。

尚、2019年11月からマイルチャートが変動制になります。ただし、ANA国内線については不透明。実施されるかは分かりません。

直前発券の手数料が無料になるとの記述ありそれだけであれば改善と言えそうです。要チェック案件ですね。

【ユナイテッド航空】特典航空券に必要なマイル数が需給により変動へ。直前発券の手数料は廃止。

マリオットポイント獲得について

マリオットポイントは宿泊することでボーナスポイントが得られるキャンペーンがあります。キャンペーンが実施されている際はマリオット宿泊を一番に考慮にいれたいですね。

マリオットの新キャンペーン。2泊以上で1,500ポイント。7月2日スタート!

 

ポイント購入セールも度々行っています。2019年5月15日まで25%割引で統合後初のキャンペーンがありました。

マリオットポイント購入セール開始!25%割引で5月15日まで。

 

50,000ポイントが52,500円で単価は1.05円でした。ボーナスを狙うため60,000ポイント移行すると仮定した場合、1.25倍で移行できるのでアラスカ航空、JAL等のマイルを約2.5円で購入することが可能になります。

2.5円だと高く感じてしまいますが、ビジネスクラス、ファーストクラス等を発券する場合はありかと。アラスカ航空でビジネスクラスを発券する場合も良しでしょう。

まとめ

マリオットポイントは万能です。無料宿泊、そしてマイル移行。

どう使うのが良いの?

ポイント・マイルの使い方は様々ですが、UAマイル、JAL国際線で優位なアラスカマイル、無料宿泊が個人的にはおすすめです。

BA(ブリティッシュエアウェイズ)への移行も価値が高かったですが、5月30日分より必要aviosが改定になりました。

JAL国内線の4,500avios区間は6,000aviosへ。直近だとまだまだ使えそうですが、お得さは薄れています。香港、台湾等近距離アジアで使う場合でのメリットは残っています。

【必要Aviosの変更】BAマイルを使ったJAL国内線。メリット、注意点まとめ。

 

尚、ポイントの移行等については改定される可能性が常にありますので、
その点注意してください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください