2021年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

エアドゥとソラシドエアが統合へ!陸マイラーへの影響は?

ソラシドエアとエアドゥが経営統合することになりました。

噂(先月統合の話がリークされた)はあったので驚きは少なかったですが、ついに来たか、と言う感じです。

ソラシドエアは九州、エアドゥは北海道が拠点。共にANAとコードシェア(共同運航)を実施。路線がかぶらず、共にANA系と言うことで交渉のハードルはそこまで高くなかったのではと推測。コロナが全てを加速させました。

さて、陸マイラーにとっては気になる点あり。ソラシドエアとエアドゥの統合はどのような影響があるのでしょうか。

エアドゥとソラシドエアが統合へ。路線、ブランドはどうなる?

ソラシドエアとエアドゥの経営統合は、両社連名で発表されました。以下のスケジュールで統合予定です。四半期決算の発表に合わせたので5月末発表の流れになりました。

  • 2021年6月~共同持ち株会社に向けた準備開始
  • 2022年6月(予定)各社株主総会で計画の承認
  • 2022年10月(目途)株式移転・共同持ち株会社設立

 

ここで重要な点は持ち株会社と言う点。ホールディングカンパニーを作ってその下にソラシドエアとエアドゥを置きます。これは、ANAもそうです。ANAホールディングスを作って、全日本空輸、ANAウイングス、エアージャパン、全日空商事等を傘下にしています。持ち株会社にしたのは羽田発着枠を維持するため(合併すると減らされる)と言われています。

 

持ち株会社にすれば、ソラシドエアとエアドゥの独立性は維持されます。路線、ブランド、マイレージサービスは基本そのまま。持ち株会社の名称はまだ決まっていませんが、〇〇ホールディングスと言った名前になりそうです。

 

ソラシドエアの就航路線は以下。

  • 羽田⇔宮崎、熊本、長崎、鹿児島、大分、沖縄
  • 中部⇔宮崎、鹿児島、沖縄
  • 神戸⇔沖縄
  • 沖縄⇔鹿児島、宮崎、石垣、福岡

 

エアドゥの就航路線は以下の通り。

  • 羽田⇔札幌、函館、旭川、女満別、釧路、帯広
  • 札幌⇔仙台、中部、神戸
  • 函館⇔名古屋

 

両社の路線が全く被っていなので、撤退がなければこのままになりそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

共同キャンペーンの実施

統合を記念してキャンペーンが開催されます。詳細は後日発表。

https://www.solaseedair.jp/two-wings/

 

気になるのはマイル(ポイント)が相互交換できること。

ソラシドエアとエアドゥのマイルを乗って貯めている人が少ないかもしれませんが、陸マイラーならVポイントからのソラシドルートがお得ですね。

  • Vポイント1=ソラシド2マイル
  • Vポイント20=エアドゥ1ポイント

 

ちなみに、エアドゥ羽田札幌のレギュラーシーズンで1,600ポイント。Vポイントから移行するとなると、32,000ポイント必要です。レート高すぎ。

Vポイントからのソラシドは威力抜群ですが、エアドゥは、、、相互交換になりどうなるか注目。結果的にエアドゥのVポイント交換比率が上がれば改善ですが、ソラシドの交換比率が下がれば改悪。うーん、どうなるんでしょう。

まとめ

航空会社はコロナ禍で大打撃をくらっており、経営統合の話は自然な流れに見えますが、共にANA系の2つが統合することになったのは路線がかぶらない、筆頭株主が同じ等、クリアするハードルが低めだったことがありそうです。

持ち株会社なのでブランドはそのまま。慣れ親しんだソラシドエア、エアドゥの名前は残ることになりました。経営が苦しい中での統合。コロナが落ち着き無事立て直って欲しいです。

 

そして、陸マイラーなら気になるのがソラシドルート。使い勝手抜群、他が高いときに選択肢になりますが、相互交換可能でエアドゥがお得発券に追加されるのか、それとも、、、今後に注目です。

ソラシドマイルのお得な使い方。Vポイント移行で羽田那覇、神戸那覇はおすすめ!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください