2021年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

ソラシドマイルのお得な使い方、キャンペーンまとめ。早くもエアドゥ発券が改悪へ。

祭りは早くも終わりへ。

2022年後半にソラシドとエアドゥが経営統合することになり、それに併せて7月からキャンペーン実施。かなりお得なので私も発券しました。

さて、キャンペーンですが、8月9日よりVポイントから移行したソラシドマイルはエアドゥポイントに移行不可となりました。改悪へ。移行はお早めに。注意点をまとめました。

宮崎県に本社を構えるソラシドエアは、ANAとコードシェアをしているのでANA便で予約すればANAマイルが貯まります。

ANAユーザーにとっては馴染み深い航空会社になります。そして、羽田那覇線が3月に新規就航。関東に住んでいる人はより利用しやすくなりました。

のりさん

思ったより早い改悪となりました。もう少し持ってくれると思ったのですが、、

ソラシドエアが羽田那覇線で新規就航へ。2021年3月28日より1日3便体制に。

九州方面で利用すると遭遇することが多いソラシドエア。

薄緑の機体がソラシドエアです。後ろでエアドゥの特殊塗装機が見えますが、塗装は各社こだわりがあるので、ANAコードシェア便に乗る際はぜひ注目してください。機体によって塗装が変わることも多いので、その辺も楽しめると思います。

ソラシドエア機体

 

ソラシドエアの路線は以下。

  • 東京(羽田)⇔大分、熊本、長崎、宮崎、鹿児島、那覇(3月28日~)
  • 沖縄(那覇)⇔名古屋(中部)、神戸、熊本、長崎、宮崎、鹿児島、石垣
  • 名古屋⇔宮崎、鹿児島

 

実際に乗ってみました。SFJやエアドゥに比べると地味な感じはしますが快適。
足元は通常国内線と同じです。

ソラシドエアの機内

 

ソラシドエアは全便ANAとコードシェアを実施。ANA便で予約可能。もちろん、ANAマイルを使ってもOK。ANAはコードシェアが多くありエアドゥやスターフライヤーもそうです。

スターフライヤーは普通席最強でANAマイルも貯まる。羽田ターミナル変更で注意が必要!

羽田那覇便で新規就航

これまで羽田那覇線は臨時で飛ばしていたこともありましたが、2021年3月28日から通期で飛ばすことになりました。コロナで海外は暫く無理、となれば国内。沖縄へと考えるのがスムーズ。各社沖縄線は増便しています。

ソラシドエアの羽田那覇線は以下になります。

  • 羽田発が7:05、14:05、18:10。
  • 那覇発が10:15、14:50、20:15。

 

新規就航を記念してのスペシャル運賃を発売しました。羽田那覇5,900円は安すぎますね(笑)

スポンサーリンク

ソラシドエアとエアドゥの相互マイル&ポイント交換キャンペーン。

2022年後半のソラシドエアとエアドゥ統合で相互ポイント&マイル交換キャンペーンを実施することになりました。

https://www.solaseedair.jp/campaign/mile-exchange-2021/

 

当初は期待していませんでした。その理由はVポイントを使った交換率にあります。

  • Vポイント1=ソラシド2マイル。
  • Vポイント20=エアドゥ1ポイント。

 

Vポイント⇒ソラシドマイルは圧倒的優秀。一方、エアドゥポイントは、、、

 

しかし、ふたを開けてみれば驚くべき内容でした。2,400マイルで1,600ポイント?はい、サプライズ来ましたー 1,200Vポイント(1,200円相当)で移行できるのは衝撃です。

 

1,600エアドゥポイントがあれば、レギュラーシーズンの羽田札幌、羽田函館、名古屋札幌、神戸札幌で利用可能です。春休み、GW,年末年始、お盆の杯シーズンを除けばレギュラーシーズンで利用できる日が多いです。

 

交換ルートをまとめてみました。

MEMO
1,200Vポイント⇒2,400ソラシドマイル⇒1,600エアドゥポイント。

 

のりさん

羽田札幌、函館が1,200円で利用できるとは正直予想をはるかに超えてました。途中で変更の可能性もあるので、早めに利用したいところです。

 

早速、エアドゥマイレージに加入し特典航空券の空き状況を確認しました。マイページの『特典航空券予約』から見ることができます。

 

8月お盆後の週末を調査。空き0もありますが、比較的容易に取れそうです。他の週末も取りやすいです。

 

キャンペーンの内容は以下の通り。ソラシドマイルからエアドゥポイントへの移行は15営業日ほど必要とのこと。逆にエアドゥからソラシドに移行することも可能です。

  • 2021年7月1日~2022年3月31日まで。
  • 600マイル⇒=エアドゥ400ポイント。
  • 1,500マイル⇒=エアドゥ1,000ポイント。
  • 2,400マイル⇒=エアドゥ1,600ポイント。

 

エアドゥポイントの特徴を整理します。なんと、友人にも発券可能。

  • ソラシドから移行したポイントの有効期限は12ヵ月。
  • 変更可能。当日は不可。
  • 払戻し可。ただし、200ポイント必要。
  • 友人にも発券できる。
  • 発売は年2期に分けられる。7月現在、10月30日まで発券可。以降は8月末に一斉発売。(3月末まで)

 

のりさん

友人にも発券できる点は大きいです。ANA、JALにはないメリット。使い道が広がりますね♪

7月1日スタート!申込方法。

7月1日、申込スタート。ソラシドのマイページを確認しましょう。

『AIRDOポイントの交換を申し込む』から次のページへ。

ソラシド、エアドゥの会員番号、氏名等を入力します。1回の交換は最大2,400マイルが上限です。従って、それ以上交換した場合は続けて申し込みしてください。

 

申し込み後はメールが届きます。確認しましょう。

10日営業日前後で加算されます。交換したエアドゥポイントの有効期限は12ヵ月です。

ソラシドからエアドゥポイントまでの必要日数

エアドゥポイントまでの必要日数を見てみましょう。

  • 各種ポイント⇒Gポイント⇒Vポイントまでは即日。
  • Vポイント⇒ソラシドマイルは2日程度。

 

ソラシドマイルまでは早いです。その後は15日前後かかると思っていましたが、、

  • 7月1日、ソラシドマイル⇒エアドゥポイントに移行。
  • 7月5日、ソラシドマイル減算反映。
  • 7月6日、エアドゥポイント反映。

 

僅か4営業日でした。これだけ早いとストレスないですね(笑)尚、人によって違うので目安としてください。

8月9日よりVポイントから移行したソラシドマイルはエアドゥポイントへの移行は不可へ

8月9日よりVポイントから移行したソラシドマイルはエアドゥポイントへの移行は不可となりました。

 

VポイントからソラシドマイルはOKなのでソラシド発券は可能です。エアドゥキャンペーン(Vポイント⇒ソラシド⇒エアドゥポイント)が不可となります。

 

再度、移行期間を見てみましょう。各種ポイント⇒ソラシドマイルは2日程度。8月9日申し込み分よりエアドゥポイントへの交換が対象外となるので、まだまだ間に合います。ソラシドカード作成も1週間程度と考えると8月9日は大丈夫そう。ただし、駆け込み発行も予想されるので、新たにソラシドカードを作る場合は最悪間に合わないケースも想定しておく必要があります。

  • 各種ポイント⇒Gポイント⇒Vポイントまでは即日。
  • Vポイント⇒ソラシドマイルは2日程度。

 

エアドゥポイントの有効期限は交換して1年。8月9日までにいくら移行しようか考えている場合は期限に注意してください。

スポンサーリンク

ソラシドマイルのメリット、発券方法まとめ

エアドゥのキャンペーンも熱いですが、ソラシド発券もお得。

Vポイントからソラシドマイルに移行して発券する流れは以下になります。

  • ソラシドエアクラブへの入会。
  • ソラシドエアカードを保有する。
  • Vポイントを貯める。
  • 三井住友カードのVpassでソラシドエアカードを選択しVポイントをソラシドマイルに移行する。

 

Vポイントを使って発券する場合、重要な点はソラシドエアカードを保有する点です。普通カードは初年度無料。2年目からは1,250円。入会キャンペーン、継続マイルも貰えるのでソラシドを利用するなら作って損はないカードです。

https://www.solaseedair.jp/members/card/

 

羽田那覇線に必要なマイルは以下。レギュラーシーズンだと13,000マイル。Vポイント移行で6,500ポイントなので、6,500円相当で往復発券可能。お得ですよね?

 

羽田那覇以外でも中部那覇、神戸那覇もおすすめ。ちなみに特典航空券の空きはANAからの予約に比べて取りづらい傾向にありますが、那覇線の選択肢を増やすには良いと思います。

 

実際に発券にかかった日数は以下になります。

  • ソラシドエアカードを発行する。(審査1日でOK)
  • 2日で入会キャンペーンのソラシドマイルが着弾。(3,000マイル)
  • さらに2日でVポイントからソラシドマイルに移行完了。

 

6,000Vポイントを移行し、12,000マイルになりました。

 

そして、発券。ソラシドエアで発券すると座席指定は取り放題でした。

 

確認のため同日同便でANAから見てみると、、、、制限されていることが分かります。ソラシドから予約するメリットは大きいですね。

Vポイントの貯め方。

航空会社のマイルは乗って貯めるのが基本。しかし、乗らなくても貯めるのがマイラーの世界。

ソラシドエアマイルは、Vポイントを各種ポイントサイトから移行し発券します。

  • ソラシドエアクラブへの入会。
  • ソラシドエアカードを保有する。
  • Vポイントを貯める。
  • 三井住友カードのVpassでソラシドエアカードを選択しVポイントをソラシドマイルに移行する。

 

Vポイントは、ポイントサイトで貯めたポイントをGポイントやPeX移行で貯められます。PeXからVポイントは翌月25日なので、移行が早いGポイント⇒Vポイントがおすすめです。Gポイントに直接移行できるハピタス(2日程度)やモッピー(即日)、ポイントインカム(3日)ならスムーズです。

  • ECナビ、ライフメディア⇒PeX⇒Vポイント
  • ハピタス、モッピー、ポイントインカム⇒Gポイント⇒Vポイント

 

Vポイントからの移行はソラシドエアが交換率抜群。1ポイント(1円)2マイルです。ソラシド便は九州、沖縄に行く際は便利です。

 

ちなみにVポイントは4月から移行レートが変更になる部分がありますが、Gポイント⇒Vポイント、Vポイント⇒ソラシドは変更なし。ただし、Vポイント⇒ソラシドの移行レートは抜群なので、いつ変更になるか分かりません。利用できるうちに利用するのがおすすめです。

まとめ

ソラシドエアの神戸那覇、中部那覇線でVポイント⇒ソラシドを使うのはお得だと分かっていましたが、関東に住んでいるので、そこまで気にしていなかったソラシドマイル。

3月28日から羽田那覇線が1日3便体制になったので、遅ればせながらソラシドエアクラブに入会、ソラシドエアカードも申し込み早速発券しました。

ソラシドクラブに入会するだけで特典の空き状況が分かるので確認してみてください♫

 

そして、7月1日からのソラシドエアドゥキャンペーン。これは強烈です。羽田、神戸、名古屋を利用する方はぜひ。

私は、ANAやJALに乗ることが多いですが、ソラシド便を選択肢として持っておく予定です。かなりお得なので、Vポイントに移行可能な各種ポイントを貯めておきます。発券したい時にVポイントに移行しソラシド(エアドゥ)に移行する予定です。

 

そして、改悪。エアドゥ祭りは早くも終わりへ、、ただし、ソラシド発券はまだOKなのが救いです。こちらも改正される可能性もありますが、、

のりさん

Vポイントからのエアドゥキャンペーン利用はお早めに。ただし、交換したエアドゥポイントの有効期限が1年。この点は注意しましょう。

 

さいごにソラシドエアドゥキャンペーン利用のまとめ。

  • キャンペーンは、2021年7月1日~2022年3月31日まで。
  • 2021年8月9日よりVポイント経由のソラシドマイルはエアドゥポイントへの移行が不可。
  • ソラシドエアクラブ、エアドゥのマイレージ会員になる。
  • Vポイントからソラシドマイルに移行するためにソラシドエアカードを申し込む。
  • 必要エアドゥポイント、必要ソラシドマイルを確認する。
  • 1,200ソラシドマイルをエアドゥ1,600ポイントに交換し羽田札幌等を発券。
  • 旅を楽しむ。

2 Comments

kazuwox

ソラシドエアマイルに交換しようとしたら、vポイントからのマイル移行ができないみたいです。PCだとそもそもソラシドエアが選択肢に表示されないし、タブレットだと表示はされるが「ご指定提携先へのポイント移行・交換はご利用いただけません。」となります。システムのバグかなんかで一時的ならいいけど、みんなが一斉に群がって閉じられたのかもしれません。ちなみにvポイントからエアドゥへの移行もできません

返信する
のりさん

こんにちは。

ソラシドエアカードは持ってますか?

Vポイント⇒ソラシドエアへの交換はソラシドエアカード(クレジットカード)が必要です。
(必要な日数等は記事を確認ください)

初年度無料、多くはないですがキャンペーンマイルももらえるので、おすすめです。
すぐに発行できるので検討してみてください!

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください