2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

40分の空の旅。JALで那覇から宮古島へ。プロペラ機を楽しむ。

那覇から宮古島へ。

離島へ旅をしてきました。

2度目の宮古島。

いやー、最高に楽しかった。

本島からの日帰り宮古島の旅です。

利用した飛行機は琉球エアコミューター。
本島周辺で活躍している地元の航空会社です。

JALの連結子会社なのでJAL便として扱われます。

飛行機はプロペラ機。

テンション上がります(笑)

離陸してから40分ちょっとの空の旅。

短いフライトですが最高に面白かったです。

JALで旅する沖縄離島の旅。那覇から宮古島へ。琉球エアコミューターを利用。

先ずはポー玉で腹ごしらえ

朝早かったのでホテルの朝食はパス。

起きてすぐ空港に向かいました。

先ずは到着ロビー1階中央にあるポー玉のお店へ。

年中無休、7時から22時まで営業しています。

開店直後だったのですが並んでいましたね。さすが人気店。

ポー玉とはスパムと卵焼きを挟んだおにぎりのこと。

これは癖になりますよ(笑)

いつもは持ち帰りで食べているのですが今回は店内で。

もずくのスープとともに頂きました。

朝のもずくスープは最高です。

機会があればぜひ寄ってみてください

スポンサーリンク

保安検査通過、ゲートへ

8時前の那覇空港。

便が少ないのでガラガラでした。

そう言えばこんなに早く那覇空港に来たことないなぁ。

人が少ない那覇空港は新鮮でした。

空港のいたるところに飾られている胡蝶蘭。

沖縄に来た!と実感がありますね。

搭乗口は1階のバスラウンジ

琉球エアコミューターは沖止め。

ボーディングブリッジが設置できないのでゲートから離れたところで搭乗します。

1階のバスラウンジからバスに乗って搭乗することになります。

宮古島の前は久米島となっていますね。

ここは離島への搭乗口となっています。

28番ゲート付近から眺める風景。

真ん中の奥にこれから乗る飛行機が見えました。

バスに乗って飛行機がとまっている場所まで向かう

沖止め。

今回のように小型機だけでなく中型機でも沖止めはたまにあります。

沖止めは良いですね~

これから飛行機に乗る!って実感があって。

雨の日は大変ですが。

朝早いこともあって静かな滑走路。

自衛隊の飛行機がとまってますね。

そして到着。

いやー、ワクワクします。

乗る人数も少ないので自分たちだけに特別に用意された感覚になります(笑)

テンション上がりまくりです。

週末とあって観光客が多かったですね。

多くの人がプロペラ機を写真におさめていました。

半分以上の人が初めて乗る感じだったです。

飛行機のプロペラ。

前方から搭乗します。

機体前方に「島あっちい」のロゴ。

これは何だと調べてみると離島観光の促進事業だそう。

スポンサーリンク


ボンバルディア DHC-Q400CC

機材はボンバルディアDHC8。

2016年から導入された新しい機材です。

シートマップは以下の通り。

2-2の配列で50人乗りです。

この日は満席だったようです。

席はこんな感じ。

足元はこんな感じ。

小型機なので狭い足元を予想していたのですが全く違う。

これは広いですね~

ゆとりあり超快適でした。

人数も少なく乗って時間もたたずにドアが閉められました。

スマホが機内モードになっているか確認。

エンジン音と共に短い空の旅のスタートです。

プロペラが回り始めました。

そして滑走路へ。

ぐんぐんとスピードを上げ離陸。

風もほとんどなく機体は安定していました。

機内から見た那覇空港。

暫くすると絶景が待っています。

サンゴで囲まれた孤島。

これを見るだけでも沖縄来て良かったー、ってなりますね。

ただただ眺めるだけ。

暫くするとCAさんから、

「右手に見えるのが慶留間諸島(げるま)です」

とのアナウンスがありました。

本島から近いところにある慶留間諸島。

多くの小さな島々から成り立っています。

ここもいつか行ってみたいなぁ。

那覇からフェリーで日帰りも可能。

スポンサーリンク

機内サービス

オリジナル扇子等の機内販売もあるようです。

希望者にシークワーサージュースが配られました。

40分ちょっとのフライト。

いつもならすぐに寝てしまうのですが今回はずっと起きていて(笑)、

景色を楽しんでいました。

それからすぐに目的地の宮古島周辺へ。

いやー、海がきれい。

その一言につきますね。

天気もよく最高。

宮古島は2度目なのですが前回は梅雨で雨が多く海も少し濁っていました。

今回は晴れ渡る晴天の中での海。

最高の海に出会うことができました。

着陸前。

飛行機の影が見えてきました。

飛行機の影が段々大きくなっていきます。

そして宮古空港に到着。

沖止めで空港内に向かいます。

いつもは空港から見ていた皆が降りてくるこの光景。

やっと体験できました。

空港到着ロビーに飾られているシーサー。

また来たよ!

琉球エアコミューター

琉球エアコミューターはJALの連結子会社。

沖縄本島と離島、離島間、奄美を結ぶ12路線で運行されています。

保有機材は5機。

従って、対象となる路線でも全便での運行ではありません。

例えば那覇から宮古島で言えば早朝の一便だけになります。

便名にRACと書いている便が琉球エアです。

予約はJALで。

機会があればぜひ琉球エア便を選択してみてください。

ちなみに那覇からの宮古、石垣間は便が多くJAL回数修行として多用されています。便が多く運賃が安いので回数を稼ぐのに便利が理由。

今回は1度の搭乗なので楽しめましたが(笑)

詳しくはこちらにまとめているので参考にしてください

JAL回数修行のおすすめ路線まとめ。離島が一番効率が良い。

スポンサーリンク


まとめ

いやー、最高に楽しかった。

短い空の旅でしたが満喫でした。

さて、離島。

離島に行くのはJALが便利です。

宮古、石垣ならANAも便も多いですが今回のようにJALグループ会社が運行している便が多い那覇から離島、離島間、奄美に行く際はJAL便を利用することになります。

奄美、与那国、北大島、南大島、久米等。

機会あれば利用してみてください。

と言うことで離島に行く場合はJALで。

こんな感じでJALとANAは結構違いがあります。

詳しくはこちらにまとめているので参考にしてください。

ANAとJALの違い
ANAとJALどっちがおすすめ? 国内線での違いを徹底比較してみた。 

離島ではありませんが沖縄本島。

短い時間でも楽しめますよ。

時間が余ればこんな過ごし方はいかがでしょうか。

沖縄日帰りも楽しめる!一泊も最高!マイル修行僧のこんな過ごし方。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください