2020年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

ついに!JALが国際線の運賃を値上げ?エコノミーの激安運賃が消えた。

JAL国際線

ついにJALも、、、

アジア、東南アジア方面で航空会社にこだわりがない場合、ANAとJALどちらを購入してました?

私の場合、ここ1、2年で有償の場合はJALが殆どでした。

なぜ?JALの方が安いからです。特に東南アジアのエコノミーはANAとJALの差が顕著。

JALのシンガポール、バンコク等はエコノミーが3万円前後から発売されてました。一方のANAは2倍近く。

JALの安い運賃はセール運賃ですが、1年を通して利用できていました。

先日その運賃がなくなっていることに気づきました。これはひょっとして値上げ?

*1月24日追記:少し運賃が上がったみたいですが、セールは運賃は復活したようです。

JAL東南アジアでのエコノミーのセール運賃がなくなった?値上げ?

例えば、バンコクでこんなセール運賃が出ていました。

 

8月31日までとなっていますが、延長につぐ延長で一年を通して購入できた運賃でした。

  • 路線・・東京・大阪・名古屋⇒バンコク
  • 販売期間・・2019年6月14日から8月31日まで
  • 設定期間・・2019年9月12日から2020年3月14日まで
  • JL032,033,707,708,727,728が対象
  • 予約クラスQの30%

 

バンコク線の33,000円は安いですね。諸税込で5.3万円。

 

現在の最安値(片道)だとこんな感じ。往復で5万円以上です。

 

その他、シンガポール、ハノイ、ホーチミン、クアラルンプール等でセール運賃が一年を通して購入できていました。

中でもハノイ、ベトナムが安く往復28,000円でしたが、こちらも5万円以上となっています。

1月中旬を過ぎこれらのセール運賃が出てこなくなっています。なぜ?

スポンサーリンク

ANAに合わせてきた?

JALのセール運賃(東南アジア方面)がなくなり実質の値上げ状態になった理由の一つとして、ANAに合わせたことが挙げられます。

ANAはここ1、2年ずっと強気の運賃設定でした。

JALの1.5倍以上していたので普段ANA派の人も高く感じることが多かったと思います。ANAの通常運賃は以下。高いです。

 

JALの方としてもいつまでも続ける訳にはいかずタイミングを計っていたと思いますが、東京オリンピック前で売り上げを伸ばしたいJALにとっては閑散期の1月が良い時期だったのかも。

のりさん

セール運賃もいつかはなくなると思っていましたが、急になくなりびっくり。2020年は新規就や東京オリンピックで話題が多く、その前に値上げしたかったのかも。

スポンサーリンク

ZIP AIRが2020年5月から成田スワンナプームで就航

JALの中長距離LCCである『ZIP AIR』が2020年5月成田バンコクからデビューします。

7月にはソウル線で就航。近い将来、欧米等の長距離線にも投入することも予想されています。

2020年5月就航なので新運賃の発表が近づいています。

のりさん

JAL本体の東京バンコクのセール運賃が3万円ちょっとだったので、JALのLCCは一体いくらにするの?と思ってました。

 

同じ額ならもちろんインパクトなし。2万円くらい?しかし、それだと利益は少なそう。

JALのセール運賃がなくなった現在。ふむふむ、これはなるほどですね(笑)

通常の運賃に戻ったので『ZIP AIR』の運賃を出しやすくなりました。恐らく成田スワンナプームの『ZIP AIR』は3万円前後、3万円を少し切るくらいかもしれません。となるとJALセール運賃とそこまで変わりません。

セール運賃をなくし発表しやすくなりましたね。どれくらいになるのでしょう。楽しみです。

 

さて、『ZIP AIR』はビジネスクラスもあります。LCCにしては珍しいフルフラット。今後、長距離線で導入することも視野に入っていると言うことでしょうか。

ビジネスクラスの運賃は10万円は切ってくると思いますが果たして。『ZIP AIR』の詳細についてはこちらにまとめているので参考にしてください。

JALのZIPAIR
【ハワイに就航へ】JALのLCC『ZIP AIR』のシートが凄い!バンコク、ソウル線に投入。

まとめ

JAL国際線の東南アジア方面で出ていたセール運賃がなくなり、実質の値上げの形となりました。*欧米のセール、東南アジアのビジネスクラスのセール運賃はまだ出ています。

一時的なものであれば良いですが、分かりません。安い運賃もいつかはなくなりますね。うーん、しょうがない。

『ZIP AIR』、羽田国際線枠の拡大、東京オリンピックと話題が多い2020年ですが、その前に運賃を元に戻したかったのかもしれませんね。ANAに合わせると言うのもあります。

さて、JALですが、2020年に入り修行僧にとっても大きな変更が相次いでいます。

  • プレミアムエコノミーのマイル積算が100%から70%へ
  • 国際線区間の国内線のマイル積算の変更

 

2020年はまだ猶予期間ですが、2021年からは厳しくなりそう。詳しくはこちらにまとめているので参考にしてください。

JAL国際線アップグレード
ついにJALも!2021年から国際線のアップグレードは難しくなりそう。

 

カードの年会費を払い続ける限りステータスを維持できるJGC(JALグローバルクラブ)。制度はいつかは変更されるものですが、こうした特典も享受できるときは享受すると言うスタンスが良さそうです。

羽田空港のJGCカウンター
JGCカードを保有して3年の感想。JALグローバルクラブの特典・メリットまとめ。

4 Comments

パナ

ほんとに高くなってきてますね
BKK行き、セントレアから直行はなくなってしまうし。
新型コロナの影響か?JAL株年初来安値に届きそう、ANAも一枚追加しょうかな。

返信する
のりさん

はい、かなり高くなりましたね。

今後使いづらくなりそうです。

はい、コロナの影響がありそうですね。ただ売られすぎ感があるので私も追加考えてます。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください