2020年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

JAL国内線が実質の値下げ!搭乗キャンペーンが強烈!1区間で1,000ポイント!

JAL国内線の搭乗キャンペーンが出てきました。

いやー、凄い。5,000円以上で1,000e JALポイント貰えます。実質の値下げ。今までにない強烈なキャンペーンです。

コロナの第二波も気になるところですが、、

キャンセル無料期間なのでとりあえず予約だけでも良いかもしれません。

JAL国内線、取消手数料無料キャンペーン。7月4日~10月24日搭乗分まで対象。

JAL国内線は6月末までキャンセル無料だったのですが、約4か月継続することになります。ただし、払戻手数料の440円が必要です。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/ikouze-nippon/change/

 

440円でキャンセル可。コロナもあるのでこれはありがたい。キャンペーンの詳細は以下の通り。

  • 7月4日以降に購入した7月4日から10月24日までの航空券が対象。
  • 払戻手数料440円のみ発生。
  • 予約便の出発時刻までに取消が必要。
  • 対象運賃は、ウルトラ先得、スーパー先得、先得A・B、特便割引1・3・7・21、乗継割引

 

10月24日まで取消手数料無料が継続します。JALも思い切ったキャンペーンを打ってきました。

スポンサーリンク

国内線に乗ってeJALポイントをもらおうキャンペーン

予約率が上がらないんでしょうね。とは言え、ここまでやるの?とこちらが思ってしまう内容です。

キャンペーンは登録が必要です。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/ikouze-nippon/ejal/

 

キャンペーンの詳細は以下の通り。

  • 登録期間:7月10日~8月31日
  • 発券期間:7月10日~8月31日
  • 搭乗日:8月1日〜10月24日
  • 対象運賃:先得、特典航空券(おともdeマイル、どこかにマイルは対象外)
  • 内容:搭乗1回ごとにeJALポイントがもらえる。5,000円以上で1,000ポイント、5,000円未満もしくは特典航空券は500eJALポイント。
  • キャンペーンで加算されるe JALポイントの有効期限は半年。

 

キャンセル無料に続いて搭乗キャンペーン、、、凄すぎます。

減便が続いていた国内線は8月には9割がた元に戻る予定の中、予約率が芳しくなかったのもあると思います。ANAに対抗するのもあると思いますが、それにしても強烈です。

 

なお、先得運賃が対象で、特便は対象外なので注意してください。

おすすめは9月

9月が安いです。例えば、羽田那覇。6,310円、、、1週間前は7千円台だったのですが、さらに下がってました。

 

羽田徳島だとこんな感じ。9月はどの路線も安いので先得カレンダーを使って確認してみてください。

スポンサーリンク

新型コロナは大丈夫?

気になるのは新型コロナの第二波。東京を始め感染者が増えている状況です。

重症患者が少ない、医療はまだひっ迫していない等、3,4月のころとは状況が違うとは言え、感染者が増えているのも事実。

このような中、go to キャンペーンも始まり、本当に旅行して良いの?ってなりますよね。

 

私の考えは、上手く付き合っていくことが必要だと言うこと。再び経済を止めると大きな影響は避けられないですし、経済を徐々に動かしながら、手洗いうがいにマスク着用等の個人の対策をしっかりする必要があると思います。

 

また、状況により柔軟に対応できるよう、キャンセル可の料金で予約し、いつでもキャンセルできるようにしておくのが適切だと考えます。

まとめ

JAL国内線の搭乗キャンペーン。

go to キャンペーンも始まりますし、幾つか予約しようと思います。

キャンセル可の期間内なので安心。実際に行くかは状況を見て判断したいと思います。状況が厳しいようだったらキャンセルする予定です。

JAL国内線は楽天リーベイツを通しましょう。楽天ポイントが1%還元されます。予約時、あるいは支払い時に忘れないように通してください。

JGC修行の途中だった人もこの機会を利用するのは良いかもしれません。

羽田空港のJGCカウンター
JGCカードを保有して3年の感想。JALグローバルクラブの特典・メリットまとめ。

 

マリオットも9月30日までキャンセル無料になり予定が立てやすくなりました。とりあえず予約しておくのはありだと思います。go to キャンペーンも生かしていきましょう!

マリオット、SPGのキャンペーン、セールまとめ。最大50%オフセール開始!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください