最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

ANA国内線に新機種導入!モニターは最大。狙う価値あり。

12月9日、羽田那覇線でANA国内線に新機材が就航します。

ボーイング787の国内線仕様では初めて全座席にモニター付き。大きさは国内線最大。

いやー、かなり快適でしょうね~ 機会あればぜひ!

スポンサーリンク

ANA国内線、ボーイング787-9が就航。モニターは国内最大

待望の新仕様機が登場。生まれ変わったボーイング787-9。

https://www.anahd.co.jp/group/pr/202112/20211208-3.html

 

プレミアムクラス28席、普通席347席の計375席仕様です。

 

プレミアムクラスの特徴は以下の通り。

  • 国内最大15.6インチのモニター。
  • 国内最大の座席幅56センチを実現。
  • 隣席とのプライバシーを確保する大型ディバイダー

 

高級感と重厚感がありますね。これはもうビジネスクラス。修行で羽田那覇を1往復したくらいでは疲れないでしょう(笑)

 

 

普通席の特徴は以下の通り。こちらもモニターは国内最大。

  • 国内最大の13.3インチの最新モニター
  • PC電源、USBポート整備。

 

国内線ボーイング777機で採用されているシートを採用しています。

 

2019年から国内線でモニター仕様機を増やしてきました。2021年度末までに61機を予定しています。(うちボーイング787-9は2機)

 

国内線で予約する際、78Gに注目してみてください。数か月は話題性がありプレミアムクラスは取りづらそうですが(もしくは高い)、28席あるのでアップグレード等で狙ってみてください。

スポンサーリンク

国内線で他社との比較。JALはどうなの?

スターフライヤーが有名ですね。サービス産業生産性協議会が毎年発表している顧客満足度調査では国内長距離部門で毎年上位になっているスターフライヤー。

LCCと同じエアバスA320を使用していますが機内はかなり違います。お金をかけていることが分かります。機内サービスも抜群。

スターフライヤーは普通席最強でANAマイルも貯まる。羽田ターミナル変更で注意が必要!

 

JALは2019年9月から導入されたエアバスA350において個人モニターが設置されました。こちらも快適。A350機はどんどん増え、羽田⇒伊丹、札幌、那覇、福岡に加え、伊丹那覇線でも就航しています。

JALのクラスJは国内線最強か?メリット、普通席との違いまとめ。国際線ビジネスクラスを利用できるチャンス到来!

 

両社攻めてますね。利用者としては良くなった点を上手に享受したいところです。

ANAとJALの比較。意外に違いがあり面白いですよ。

ANAとJALの違い
ANAとJALどっちがおすすめ? 国内線での違いを徹底比較してみた。【2021年から変化あり】 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください