しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

函館空港での過ごし方 ラウンジ、アクセス、魅力について

空港は実に面白い、そして空港毎に特色がある。

展望デッキや各種アトラクションを独自に演出し飽きさせない工夫をしていてる。大人から子供まで楽しめる。飛行機の利用が無くても週末にふらっと空港に立ち寄る、と言うのも面白いと思う。

最近では空港ごとに面白いネーミングを付けたりしている。

例えば、鳥取砂丘コナン空港、おいしい山形空港、富山きときと空港、米子鬼太郎空港、とくしま阿波踊り空港、出雲縁結び空港、とか。

地方ならではと言った感じが素敵。
何かの際に名前を呼ぶにはちょっと恥ずかしい感もあるが親しみが湧いたのは事実だと思う。

そんな魅力ある地方の空港について。
今回、函館空港を利用しました。そのレポートを少し。

函館空港のラウンジ、過ごし方について

概要

北海道では新千歳空港に次ぐ規模。
年間の乗客数は約170万人、全国だと20位で高松空港、大分空港、小松飛行場と同じくらい。(数字は国土交通省の統計より) 

函館の中心へは約9キロでバスを使うと約20分と近くて便利。

航空会社は、国内線だとANAJAL、エアドゥ、バニラエアが乗り入れし、
国際線だとANAエバー航空、タイガーエア、天津航空とか。

 

市街地へのアクセス

函館空港からのバスの便は、
湯の川温泉、競輪場前、大森駅函館駅前、函館国際ホテル前、ベイエリア前、ホテルWBFグランデ前で停まる便が出ています。

函館空港発は8時15分から15~20分おきで19時20分が最終。
函館駅前発は7時50分発で15~20分おきに運航、18時30分が最終。

短い15~20分間隔でバスが出ているのでとても便利です。

さて、今回駅前にあるフォーポイントに宿泊しました。
アクセスは抜群、朝は絶品、スターポイントだと3,000ポイントで宿泊できるのお得です。こちらにまとめています、参考まで。


バスは函館駅前以外にも五稜郭新函館北斗駅、フェリーターミナル発着の便もあり。

 

空港内へ

国内線と国際線は隣接しています。
国内線については1階が航空会社のカウンター、到着ロビー、案内所に。
2階は出発ロビー、レストラン、ラウンジ、待合室その他。
3階は送迎デッキ、待合室その他。

f:id:norikun2016:20170618230928j:plain

2階の中央に出発口となっています。

f:id:norikun2016:20170618230959j:plain

子供の遊び場があります。

f:id:norikun2016:20170618231143j:plain

各種ゲームコーナー。暇つぶしには良いでしょう。

f:id:norikun2016:20170618231209j:plain

レストランとか。

f:id:norikun2016:20170618231321j:plain

有料(10分200円)ですがマッサージチェアも。

f:id:norikun2016:20170618231359j:plain

自動販売機にガチャガチャがある待合スペース。

f:id:norikun2016:20170618231417j:plain

 

空港ラウンジ

国内線の各空港にはビジネスラウンジがあって各種クレジットカードで無料で利用することができます。出発前の時間を雑誌を読んでまったりしたり、仕事をしたり、或いは複数名で談笑したり。思い思いに過ごす、そんなラウンジです。

f:id:norikun2016:20170618231440j:plain

対応するクレジットカードはJCBUFJ、NICOS、DCカードMUFG、ライフ、アメックス、ジャックス、UC、楽天、エポス等となっています。有料(1,030円)でも利用可能です。

f:id:norikun2016:20170619052944j:plain

禁煙席は29席あります。

f:id:norikun2016:20170619053044j:plain

喫煙席は10席ですが中は広々しています。

f:id:norikun2016:20170619053335j:plain

各種ソフトドリンクは無料。缶ビールは有料です。

f:id:norikun2016:20170619064808j:plain

雑誌コーナーにはスポーツ新聞もありますね。

f:id:norikun2016:20170619053707j:plain

 ビジネスコーナーもあります。禁煙、喫煙エリア共に6ブース。

f:id:norikun2016:20170619053734j:plain

空港ラウンジは待合室的な意味でも利用可能です。
無料となるのはゴールドカード以上での利用となるものが多いですが、
年会費は5,000円からと利用しやすく、加えて旅行傷害保険、ショッピング保険、各種ポイントの優遇、入会キャンペーン、初年度無料等々の特典があり、飛行機に乗ることが多い、と言うことであればクレジットカード会社と提携している空港ラウンジを無料で使えるゴールドカードを持つことをおすすめします。

空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードについてはこちらに。


展望デッキへ

空港と言えば展望デッキ。晴れた夏の日は最高だと思います。

f:id:norikun2016:20170619062235j:plain

エアドゥ機がいました。羽田に向かうのでしょうか。

f:id:norikun2016:20170619062255j:plain

そしてJAL。これに乗って帰りました。
こんなワンワールド塗装の飛行機が好きです、余談ですが。

f:id:norikun2016:20170619062312j:plain

夏の期間はビアガーデンを開催中。
12時から20時まで。何とも素敵、週末寄った際はいかがでしょう。

f:id:norikun2016:20170619062336j:plain

ビアガーデンの会場はこちら。デッキにもテーブルとイスが設置されているので、
晴れた日は外で乾杯!といきたいですね。

f:id:norikun2016:20170619062354j:plain

 

お土産も豊富

2階にあるお土産屋さんの種類も豊富です。

f:id:norikun2016:20170619065346j:plain

f:id:norikun2016:20170619065401j:plain

今回『ANA FESTA』で購入しました。ANAカード(クレジット機能付き)を提示すると10%の割引になる、のが理由です。10%割引はお得ですね。(*割引は1,000円以上購入時に限る)

f:id:norikun2016:20170619065555j:plain

 

まとめ

函館空港についてまとめてみました。
展望デッキにビアガーデン、そしてキッズコーナー。
子供から大人まで楽しめると思います。

さて、函館は最高に面白い。そんな旅行記をまとめてみました。

スポンサーリンク

 

関連記事