しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ビジネスクラスが片道9000マイルで発券可能! 超おすすめ!

ビジネスクラスが9000マイル。
大手で発券できる最小マイル数かもしれないです、多分。

ビジネスクラスの楽しみはシートを含めた機内サービスとラウンジ利用にあります。
出発前のひと時をワインを飲みながら食事を堪能する、或いは広々とした空間でコーヒーを飲みながらゆっくり過ごし、そしてゲートに向かう。
搭乗前から機内での一連の過程にビジネスクラスの楽しみがあると思います。

そんなビジネスクラスは必要マイル数が多く敷居が高く感じますが、
片道9000マイルとなればどうでしょう、超発券しやすいですよね。
9000マイルですよ!9000マイル! そしてこんなシートに座れます。

キャセイのシート

あるいはラウンジのヌードルバーで絶品担々麺を堪能できます。

キャセイラウンジのヌードルバー

さて、結論を言うとブリティッシュ・エアウェイズのAvios(マイル)を利用します。
片道9000マイルからキャセイパシフィックのビジネスクラスを体験できます。


ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)について少し。

BAはワンワールドに加盟していてJALキャセイパシフィックその他ワンワールド加盟航空会社の特典航空券を発券できる。その中でBAのマイレージは距離に応じて必要マイル数がランク付けされ、特徴としては、短距離だと他エアラインに比べ必要マイル数が少なくなる。日本国内だとJAL特典航空券の発券がお得。当日発券可能、多くの国内路線で往復9000マイル、家族以外に友人にでも発券できる点が人気の理由になっている


そんなBAマイルをどの路線で使うのが良いか?

色々あったのですが日本から近くて利用しやすい香港ー台北線で考えました。
フライトは2時間を切りますが、搭乗前はラウンジを楽しんだり、搭乗後もシャンパンに機内食を楽しむことができ、これが9000マイルとなればどうでしょう。魅力ですよね?

とは言え、香港ー台北の片道だと旅程不足になるのでそこにLCCを組み合わせればどうでしょう。結果、ビジネスクラスLCCの旅が完成。ちなみにすべて片道発券になります。

キャセイビジネスクラスLCCの合わせ技。
費用も抑えられ、且つビジネスクラスを堪能できる、魅力なプランだと思いますよ。

 

9000Aviosを使ってキャセイビジネスクラス 

香港ー台北483マイル(777キロ)、飛行時間1時間40分の区間で発券します。

BAは片道発券可能なので香港⇒台北、台北⇒香港のどちらでも大丈夫です。
選択の基準はどちらのラウンジが良いかとか、そんな感じになりますが、とりあえず香港⇒台北で考えてみます。

香港から台北までのマップ

香港⇒台北の片道発券となると日本⇒香港、台北⇒日本の航空券が必要になってきますが、そこは片道発券可能なLCCが便利。双方LCCが多数乗り入れしていて選択肢は多いです。香港エクスプレスなんて毎週の様にセールをやってますからね(笑)

それぞれに発着している主なLCCは以下の通り。
香港発着のLCC・・香港エクスプレス、エアアジア、タイガーエア、春秋航空、バニラエア、ジェットスター
台湾発着のLCC・・スクート、エアアジア、バニラエア、ジェットスター

さて、旅程は日本⇒香港⇒台北⇒日本 となります。
日程をうまく調整すれば香港・台北と2ヵ所に滞在し楽しめることになるので単純往復するより2度美味しいということになりますね。LCCの片道購入についてはこちらにまとめています、参考まで。


 

Aviosを使って発券の手順

先ず、キャセイのホームページで正規運賃の確認。

香港⇒台北の片道で6,400香港ドルで86,400円。逆に台北⇒香港の片道は約4,000香港ドルで54,000円になります。*1香港ドル=13.5円で計算。

キャセイの正規運賃

 

往復だと 9,570香港ドルで129,000円になります。
以上から香港ー台北のビジネスクラスは片道5~6万円と言えるでしょう。

キャセイ便往復の運賃

 

次にBAマイルを使っての発券について。 
詳しくはこちらにまとめています、参考まで。


尚、BAのマイレージである『エグゼクティブクラブ』への入会は無料ですし色々と使い勝手が良いので入るだけでもお勧めします。マイルもメイン以外に複数あった方が様々な利用法がありますので。ブリティッシュエアウェイズで検索してみてください。

さて、予約画面に進んでみました。こんな感じで便が出ています。香港ー台北線は1時間に1本くらいの割合で便があるので、時間帯も融通が利きますし、特典は取りやすいでしょうね座席クラスは、エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスの3タイプになります。

BA発券でキャセイ

 

機材についてはボーイング777とエアバス330が主ですが、 
機材名は同じでも仕様が違うタイプがあるので当日まで分からないみたいです。

例えばエアバス330の33K、33Eと言う仕様ならこんな感じで、
ビジネスは1-2-1の配列になっています。エコノミーが2-4-2の8シートなので、ビジネスの快適さがシートマップを見るだけで伝わりますね。

キャセイA330のシート

 

ヘリンボーンと言われるシートになります。

キャセイのヘリンボーン

 

それが33Pと言う仕様だとビジネスは2-2-2になり、エコノミーの2-4-2に比べ2席ほど余裕があるだけになっています。とは言え、足元はゆとりがありますし、機内サービスは変わらないので快適なのは間違いないですが、どちらになるかは何とも。当日のお楽しみになるでしょうね。 

f:id:norikun2016:20161107165939j:plain

 

 

必要なAviosについて 

香港ー台北の片道に必要なマイル数はエコノミーだと4500マイル、ビジネスだと9000マイルになります。加えて、BAでキャセイ便を発券する場合、マイル&キャッシュで発券可能です。ビジネスの場合のマイル&キャッシュはこんな感じです。

BAのマイル&キャッシュ

 

そのAvios(マイル)をどう貯めるか?

についてはSPGアメックスやアメックスと言ったポイントを移行するのが一般的になります。SPGだと20000ポイント移行ごとに5000ポイントのボーナスがあるので、SPG20000ポイントで25000マイルになり交換率は1.25になります。

ポイント移行以外だと購入が一般的です。
こんな感じでセールをやっているので1マイル1.5円で購入可能なります。
その他グループポンを利用したセールもあるので、1~1.5円で購入することが可能になります。


仮に、1Aviosを1.5円で購入した場合、 
香港ー台北片道のマイル&キャッシュでの費用一覧は以下の通りになります。
*Avios費用・・Avios×1.5で計算

Avios(マイル) 諸税 Avios費用 費用計
9,000 3,730 13,500 17,230
8,100 5,530 12,150 17,680
7,200 7,330 10,800 18,130
6,500 8,530 9,750 18,280
5,600 10,430 8,400 18,830
5,000 12,330 7,500 19,830

マイルが多い方が安く仕上がりますが、手持ち数とか利用する人数によって選択すれば良いですね。全て2万円以内に収まるので、購入の場合でも2万円でキャセイのビジネスを利用できることになります。

また手持ちマイルに余裕があれば羽田ー香港の片道4時間のフライトでも良いですね。
2万マイル必要。或いは4万マイルを使って羽田ー香港のファーストクラスも良いと思います。ファーストクラスになれば香港空港でのラウンジもワンランクアップするので一日いても飽きずに十分楽しめると思います。こんな感じで発券しました。


あとAviosを使ってのキャセイ便は直前に枠が解放され取りやすくなる傾向があります。必要マイル数は変わらない訳ですから、思い立った時に弾丸旅行!なんてのも面白いと思いますよ。こちら参考まで。


 

関連記事