しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

【航空便遅延補償】知らないと損!アメックスゴールドで費用を請求しました

デルタ航空で台湾に行って来ました。

2016年の夏、台風1号が台湾を直撃しました。
出発日は近づくにつれて台風情報を都度確認しどうなるものかと冷や冷やしていました。そんな中、成田空港へ。恐らく延期で払い戻しかなと思っていましたが、予定より5時間ほど遅れ条件付での出発となりました。

f:id:norikun2016:20160711140621j:plain

ちなみに到着は上空旋回により1時間半の遅れ。現地時間の深夜2時前にホテル到着になったのでさすがに疲れましたが、貴重な体験でした。

norikun-ana.hatenablog.com

 

さて、航空便遅延費用補償について。
航空便補償は基本的には各クレジットカードのゴールドカード以上が対象であり、到着時間の遅れが4時間以上で判断されることが多く航空会社に遅延証明書を貰うことが必要になって来ます。今回アメックスに問い合わせをし、意外に便利、知らないと損、海外旅行を予定の場合は要チェック、と言うことで纏めてみました。

航空便遅延補を実際にクレジット会社に請求してみました

利用付帯と自動付帯

まず、旅行保険は利用付帯(旅行代金をカードで支払った場合)と自動付帯に分けられます。アメックスゴールドは国内旅行だと利用付帯の条件が多く持っているだけでは損害の補償は申請できません。一方、海外旅行だと持っているだけで補償されることが多いです。例えば死亡保険金だと以下のとおり。国内はカード決済時のみ(利用付帯)、海外は利用・自動ともに対象ですが金額が異なってきます。

  カード決済   カード決済しない  
  傷害死亡保険金 傷害後遺
障害保険金
傷害死亡保険金 傷害後遺
障害保険金
国内旅行 最高5000万 最高5000万 補償なし 補償なし
海外旅行 最高1億円 最高1億円 最高5000万 最高1000万

 

航空便遅延費用補償の詳細

遅延補償とは航空便の遅延により臨時に出費した宿泊料金や食事代が補償されることです。また、手荷物の到着遅延や紛失したことにより負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償されます。(カード会社により異なって来ます)アメックスに自動付帯されている航空便遅延費用補償(海外旅行)は以下の通り。

種類 補償額 補償の要件
乗継遅延費用 最高20,000円 航空便を乗り継ぐ予定が、乗り継ぎ地点までの到着便の遅延によって搭乗する予定だった航空便に搭乗することができず、到着便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便に搭乗することができなかった場合、宿泊料金や食事代を2万円を限度として補償される。
出航遅延、欠航、搭乗不能費用 最高20,000円 搭乗する予定だった航空便について、出航予定時刻から4時間以上の出航遅延や航空便の欠航などで搭乗することができず、出航予定時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合、食事代を2万円を限度として補償される。
受託手荷物遅延 最高20,000円 航空便が目的地に到着してから6時間以内に、身の回り品で搭乗時に航空会社が受託した手荷物が目的地に運搬されなかったために、目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を2万円まで補償される。
受託手荷物紛失 最高40,000円 航空便が目的地に到着してから48時間以内に、受託した手荷物が目的地に運搬されなかった場合、手荷物は紛失したものとみなし、到着後96時間以内に目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を4万円まで補償される。

 

今回の私のケースで言えば現地到着ベースで6時間以上の遅延になりますので、その間の食事代が保証されることになります。ここで重要なのが食事代と言うことになります。遅延の間に何も食べなかった、お金を使わなかった、と言うことであれば対象になりませんから、フライトが4時間以上遅延すると分かれば2万円を上限にちょっと贅沢に美味しいものを食べたりワインなんか飲んだりして時間を過ごす、そして帰国後に清算する、なんてことができちゃいます。尚、請求は帰国後すぐをお勧めします。

  

実際にアメックスに問い合わせをしました

聞かれたことは、
遅延便の詳細や、遅延の間にどのくらい食事をしたか、等簡単な質問でした。
アメックスの保険代理店は損保ジャパンになります。1週間~10日ほどで書類が届き返送後30日を目安として清算されるようです。
必要書類は、①遅延証明書、②チケットの半券、③食事のレシート、と言うことになります。遅延証明書はデルタに関して言えばホームページから請求できましたが、その他については各航空会社に問い合わせをすれば簡単に出してくれると思います。

*追記:満額の2万円が保証されました。

航空便遅延補償が自動付帯でついてSPGアメックスはおすすめです。
カード1枚でホテルの上級会員になることも可能です。参考にしてみてください。

www.seize-one-world.com

 さて、アメックス系では他にセゾンゴールド・アメックスがおすすめ。初年度年会費は無料で最大3万円まで補償されます。国内外の傷害保険付きなので安心です。尚、航空便遅延補償は海外のみになるので注意してください。

初年度無料なので1年試して2年目は使い勝手が良ければ継続する、そんな流れが良いのかなと思います。

セゾンゴールドはゴールドカードなので対象の空港ラウンジが無料で使えます。
こちらも魅力、以下参考にしてみてください。

アメックスゴールド以外の航空便遅延補償

例えばANAマイルを集めていれば三井住友カード発行のANAカード(visa、マスター)を持っている人が多いと思いますが、航空遅延補償についてはゴールドはカードで代金を支払った国内旅行の場合のみ(利用付帯)対象となります。

 

一方でJCBゴールドカードは国内・海外旅行共に自動付帯となっており持っているだけで補償の対象となります。詳細は以下の通り。基本条件はアメックスと変わりませんがカードを持っているだけで国内も補償の対象になりますから、遅延補償の面ではJCBが充実しています。

種類 国内・海外旅行 条件
乗継遅延費用 最高20,000円 遅延した航空便の到着時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合
出航遅延、欠航、搭乗不能費用 最高20,000円 出航予定時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合
受託手荷物遅延 最高20,000円 到着後6時間以内に手荷物が届かなかった場合で、48時間以内に購入した場合
受託手荷物紛失 最高40,000円 到着後48時間以内に手荷物が届かなかった場合を紛失とみなし、96時間以内に購入した場合

 

まとめると今回補償の申請が可能になったのはアメックスゴールド(SPGアメックス)を持っていたから申請できました。ANAマイルを貯めている関係でANAマスターワイドゴールドカードを持っていますが、それだけでは補償の申請をすることができませんでした。

となるとANAマイルを貯めている、或いはANA便に搭乗が多い場合に作るカードはJCBゴールドが良いのでは?となってきますが、JCBは海外で利用できないこともありますので、どのメリットを中心に考えるかによって変わってきますので何とも言えません。

ちなみに、JALカードに関して言えば、「海外航空便遅延お見舞金制度」がありCLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナは航空便補償が自動付帯されており領収書要らずで一律2万円が貰えることになります。となるとJALのJGC修行をする場合は年会費もさほど差がありませんからCLUB-Aゴールドカードを作った方がお得でしょうか。まあ、補償をどう見るかですね。

どのような内容のカード付帯保険が付いていますか?

 

今回、航空便遅延補償について纏めてみました。
旅行保険については搭乗回数が多いほど重要になりますし、国内・海外の自動付帯・利用付帯によって違ってきます。台風シーズンも近づいて来ましたので一度手持ちのカードを検証してみることも必要かもしれません。

さて、クレジットカード以外にも航空会社が例外的に補償することもあります。
遅延して終電がなくなったりとかですね。天候や災害等の不可抗力については補償されませんが、長時間の遅延は補償されることがあります。知らないと損なことです。こちらにまとめています、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

関連記事 

www.seize-one-world.com

www.seize-one-world.com

www.seize-one-world.com

www.seize-one-world.com